松居松葉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
松居松葉

松居 松葉(まつい しょうよう、1870年3月19日明治3年2月18日) - 1933年昭和8年)7月14日)は、劇作家演出家、小説家、翻訳家。別号に、松翁・駿河町人・大久保二八など。

生涯[編集]

父真房・母鶴子の長男として、陸前国塩釜(現・宮城県塩竈市)に生まれた。幼名は雄児、二歳のときに真玄(まさはる)と改めた。養子だった父は、1876年生家に戻り、真玄は親戚に預けられた。母は再婚した。

1877年(明治10年)(7歳)、宮城県師範学校付属小学校に入り、1880年、宮城尋常中学校に進んだが、経済的事情から1883年中退して、丁稚奉公に出た。

1887年(17歳)上京して専修学校に、次いで国民英学会に学び、1889年卒業した。この頃から歌舞伎に通った。文学を志し坪内逍遙に師事し、1891年の創刊から、早稲田文学の編集に従った。

1894年(明治27年)(24歳)、初めての脚本『昇旭朝鮮太平記』を読売新聞に発表し、1895年中央新聞の、1896年報知新聞の、1897年万朝報の記者を務めた。速筆だった。小説や翻訳も発表し、それらのうちの史劇『悪源太』を、1899年、初代市川左団次一座が演じた。座付きでない文士の作品を歌舞伎が取り上げた最初だった[1]。続いて、『源三位頼政』『後藤又兵衛』『敵国降伏』も上演された。

1905年(明治38年)に初代左団次が没すると、長男の市川莚升を助け、その年から翌1906年にかけて『粗忽の使者』、『江戸気性』を書き、ユーゴーの『エルナニ』を翻案して与えた。新派伊井蓉峰高田実にも書いた。

1906年、ヨーロッパへ演劇研究に渡り、翌年、二代目左団次襲名後の莚升を呼んで英・仏・独の演劇を学ばせた。そして1908年、書き下ろしの『袈裟と盛遠』ほかを上演させたが、興行的には失敗し、東京を去った。

1909年(明治42年)(39歳)、三越の嘱託になって『三越タイムス』を編集し、また、発足した坪内逍遙・島村抱月文芸協会演劇研究所に招かれて講師を勤めた。1911年、新開場の帝国劇場の演劇主任を引き受けたが三越側の苦情でやめ、1913年、抱月脱退後の文芸協会を指導したものの間もなく解散となり、次いで河合武雄と『公衆劇団』を組織した。

1918年(大正7年)(48歳)、三越を退き松竹の文芸顧問となって台本を書き舞台を監督をした。1919年、欧米の劇団を視察。帰国後、暫く休養した。

1922年、演劇活動を再開し、また、1927年、電気療法を会得して診療し、1929年には合気道の免許を受け、1930年からはフロイトを研究し、1933年からはギリシャ語を修めてエディプス王を翻訳し上演した。

その1933年夏、リンパ腺炎に尿毒症を併発して没した。63歳。『無名院松翁高風大居士』。墓碑は、春性院谷中墓地。乙11号14側通路前にある[2]

家族[編集]

妻・勝(1951年没)、長男・主税(1938年没)、三男・桃多郎(1994年没)

業績[編集]

台本の初演の記録(抄)[編集]

翻訳は原作者名:『外題』、主演者、劇場(上演年月)、[備考] の順に記す。

  • 『昇旭朝鮮太平記』、福井茂兵衛、大阪(1894)
  • 『悪源太』、初代市川左団次、明治座(1899.1)
  • 『源三位頼政』、初代左団次、(1901.1)
  • 『山賊芸者』、伊井蓉峰・河合武雄ら、真砂座(1902.1)
  • 後藤又兵衛』、初代左団次、明治座(1904.1)
  • 『敵国降伏』、初代左団次、 明治座(1904.5)[ 日露戦争開戦]
  • 『粗忽の使者』、二代目市川左団次、明治座(1904.9)[初代左団次没後]
  • 『江戸気性』、二代目左団次、明治座(1904.9)
  • ダンテ:『フランチェスカの悲哀』、高田実ら、本郷座(1904.9)
  • ウィリアム・ル・キュー(William Le Queux):『虚無党奇談』、伊井蓉峰・河合武雄ら、真砂座(1904.9)
  • ユーゴー:『エルナニ』、二代目左団次、明治座(1905.1)
  • 『袈裟と盛遠』、二代目左団次、明治座(1908.1)
  • ホール・ケン(Hall Caine):『ボンドマン』(Bondman)、川上音二郎、本郷座(1909.1)
  • 『見合い』、高田実・河合武雄ら、本郷座(1909.4)
  • オーガスタ・グレゴリー:『噂のひろまり』(The spreading the news)、文芸協会生、文芸協会演劇研究所(1910.1)
  • T.W. Roeston:『デヴィッド・ガーリック』(David Garrick)、文芸協会生、文芸協会演劇研究所(1910.3)
  • 『女』、河合・伊井・藤沢浅二郎ら、本郷座(1910.7)
  • 原作者不詳:『孤島の兄弟』、文芸協会生、文芸協会演劇研究所(1910.7)
  • 『最愛の妻』、河合武雄、新富座(1911.7)
  • 小デュマ:『椿姫』、河合・伊井・藤沢ら、帝国劇場(1911.4)
  • 原作者不詳:『結婚反対倶楽部』(Me a man)、帝劇女優ら、帝国劇場(1911.1)
  • 『胡蝶の舞』、柴田環ら、帝国劇場(1911.1)
  • 『邯鄲城』(翻案)、高田・河合ら、本郷座(1911.1)
  • 『女優募集』(翻案)、帝劇女優ら、帝国劇場(1911.1)
  • 『陽気な女房』(翻案)、帝劇女優ら、帝国劇場(1912.2)
  • 『釈迦』(翻案)、浅野太郎、帝国劇場(1912.6)
  • 『貞操』(ローベルト・ブラッコ(Roberto Bracco) のファンタズム(phantasms)の 翻案)、帝劇女優ら、帝国劇場(1912.9)
  • 『願の石』(翻案)、伊井蓉峰ら、明治座(1912.1)
  • バーナード・ショー:『二十世紀』(You never can tell)、文芸協会生、帝国劇場(1912.1)
  • フェルスター:『思ひ出』、文芸協会生、有楽座(1913.2)
  • サルドゥー:『トスカ』、川上貞奴松本幸四郎、帝国劇場(1913.6)
  • 『マクベスの稽古』、河合武雄ら公衆劇団、帝国劇場(1913.1)
  • ロビンソン(Lennox Robinson):『茶を作る家』、河合武雄・小織桂一郎ら公衆劇団、帝国劇場(1913.1)
  • ホフマンスタール:『エレクトラ』、河合武雄・小織桂一郎ら公衆劇団、帝国劇場(1913.1)
  • 『富士の麓』、河合武雄・小織桂一郎ら公衆劇団、本郷座(1914.4)
  • 『暮の廿一日』、河合武雄・小織桂一郎ら公衆劇団、本郷座(1914.4)
  • 『混戦』、帝劇女優ら、帝国劇場(1914.8)
  • 『敵軍来たれり』、伊井・河合ら、、(1914.9)[ 第一次世界大戦期]
  • 『英雄と美人』、川上貞奴・松本幸四郎、帝国劇場(1914.1)
  • 『秀吉と淀君』、東儀鉄笛・河村菊江、帝国劇場(1914.1)
  • 『稚児姿一休禅師』、伊井・河合・小織、新富座(1915.9)
  • 『軍神』、尾上菊五郎中村吉右衛門・川上貞奴、市村座(1915.9)
  • 『灯篭大臣』、松本幸四郎・森律子、帝国劇場(1915.9)
  • 『飛行芸妓』、初代沢村宗之助・初瀬浪子、帝国劇場(1916.2)
  • 『医師の母』、帝劇女優ら、帝国劇場(1916.5)
  • 『他人の子』、帝劇女優ら、帝国劇場(1917.2)
  • 『寝台列車』、沢田正二郎倉橋仙太郎、新富座(1917.4)
  • 『散楓恋血祭』、市川猿之助、新富座(1917.9)
  • 『三組盃』、伊井・河合・喜多村緑郎、新富座(1917.9)
  • ヴェルディ:『アイーダ』、貞奴・河合・伊井、新富座(1917.1)
  • 『信夫里仏師物語』、沢村宗之助、帝国劇場(1918.5)
  • 『白耳義の悲哀』、舞台協会、有楽座(1918.5)
  • 『結婚の前』、帝劇女優ら、帝国劇場(1918.7)
  • 『増補兜軍記』、二代目左団次・三代目中村雀右衛門、明治座(1918.9)
  • 『神主の娘』、河合・松井須磨子歌舞伎座(1918.9)
  • 『淀君』、五代目中村歌右衛門・二代目左団次、歌舞伎座(1918.11)
  • 『坂東武者』、二代目市川猿之助、明治座(1918.11)
  • 『妖霊星』、主演者不詳 、明治座(1918.11)
  • 『太閤記朝鮮巻』、市川中車、帝国劇場(1918.12)
  • 『烈女初子』、歌右衛門、歌舞伎座(1919.1)
  • 『羅馬の使者』、二代目左団次、明治座(1919.3)
  • 『堀川夜討』、文芸座、帝国劇場(1919.1)
  • 『護国女太平記』、歌右衛門、歌舞伎座(1920.1)
  • 『春の村』、 喜多村緑郎、新富座(1920.1)
  • 『雪のふる夜』、猿之助、明治座(1921.3)
  • 『明治第一年』、歌右衛門・二代目左団次、歌舞伎座(1921.4)
  • 『養蚕の家』、歌右衛門・吉右衛門、新富座(1921.7)
  • 『雷鳴』、猿之助・坂東秀調、歌舞伎座(1921.8)
  • 『織田信長』、二代目左団次・三代目阪東寿三郎知恩院(1922.1)[野外劇]
  • 『清洲城』、歌右衛門、新富座(1923.1)
  • 『薩摩の淀君』、歌右衛門、本郷座(1923.3)
  • 『人形師』、片岡仁左衛門、明治座(1923.4)
  • 『聖母』、歌右衛門、明治座(1923.5)
  • 『家康の母』、歌右衛門、新富座(1923.6)
  • 『淀君と五右衛門』、帝劇女優ら、帝国劇場(1923.7)
  • 『卑怯者』、猿之助、本郷座(1924.4)
  • 『政子と頼朝』、猿之助、本郷座(1924.6)
  • 『弱虫』、猿之助・四代目片岡市蔵、日本橋劇場(1924.7)
  • 文覚』、二代目左団次、松竹座、(1924.7)
  • 『開国秘話』、市川筵升・中村芝鶴、松竹座(1924.7)
  • 吉田松陰』、沢田正二郎、演技座(1924.7)
  • 『義経と伊勢三郎』、「中村扇雀・板東寿三郎、浪花座(1924.8)
  • 『美代吉殺し』、喜多村緑郎・片岡我当、中座(1924.9)
  • 『花留明』、花柳章太郎梅島昇角座(1924.1)
  • 『大磯・小磯』、猿之助・秀調、邦楽座(1924.1)
  • 『応挙と芦雪』、松本幸四郎、邦楽座(1924.1)
  • 『朝日丸』、河合武雄、本郷座(1925.1)
  • 『ユウデット』、河合・英太郎、邦楽座、(1925.2)
  • 『パリアッチ』、十三代目守田勘弥、帝国劇場(1925.2)
  • 『乃木将軍』、幸四郎、歌舞伎座(1925.1)
  • 『坂崎出羽守』、阪東寿三郎、角座(1926.1)
  • 『老松若松』、六代目尾上梅幸、帝国劇場(1926.1)
  • 『山吹の里』、二代目実川延若・秀調、中座(1926.3)
  • 『淀君と小田原陣』、歌右衛門、歌舞伎座(1926.4)
  • 楠木正成』、二代目左団次、歌舞伎座(1926.5)
  • 『明治の曙』、幸四郎、帝国劇場(1926.7)
  • 『和田の酒盛』、幸四郎、帝国劇場(1926.7)
  • 『楓橋雪夜譚』、市村羽左衛門、歌舞伎座(1926.7)
  • 『和宮樣御使』、梅幸・幸四郎・河合、帝国劇場(1926.1)
  • 『女楠』、歌右衛門、歌舞伎座(1926.1)
  • 『法場換子』(とりかえご)、守田勘弥、帝国劇場(1926.1)
  • 『養蚕の家』、花柳章太郎ら、角座(1927.1)
  • 児島高徳』、二代目左団次、歌舞伎座(1927.2)
  • 『源平盛衰記』、歌右衛門・中車、歌舞伎座(1927.4)
  • 『前々太平記』、六代目市川団之助五代目高助、帝国劇場(1927.4)
  • 『参照四谷五更話』、六代目市川寿美蔵、帝国劇場(1927.8)
  • 『増補太平記』、東京俳優協会、歌舞伎座(1927.1)
  • 和泉式部』、歌右衛門、歌舞伎座(1928.1)
  • 『又五郎兄弟』、羽左衛門・菊五郎、歌舞伎座(1928.3)
  • 『春霞旅行橘』、菊五郎・羽左衛門、歌舞伎座(1928.3)
  • 平清盛』、市川中車、歌舞伎座(1928.5)
  • 上野戦争』、仁左衛門・菊五郎、歌舞伎座(1928.6)
  • 『六韜三略恋兵法』、市川寿美蔵、帝国劇場(1928.7)
  • 『義経記』、寿美蔵・秀調、明治座(1928.8)
  • 『おまん源五兵衛』、守田勘弥、帝国劇場(1928.9)
  • 『人情深川祭』、仁左衛門・菊五郎、新橋演舞場(1928.1)
  • 『命髪切り』、羽左衛門・菊五郎、歌舞伎座(1928.1)
  • 『夢相兵衛胡蝶譚』、守田勘弥、帝国劇場(1928.1)
  • 『尾形光琳』、中村福助・片岡我当、中座(1929.1)
  • 『泡』、主演者不詳、市村座(1929.1)
  • 『遠山の金ちゃんと鼠小僧』、水谷八重子・梅島昇、市村座(1929.2)
  • 『台湾神社』、二代目左団次・猿之助、歌舞伎座(1929.3)
  • 『討てば討たるる』、幸四郎、帝国劇場(1929.7)
  • 『秀吉と淀君』、伊井、喜多村、河合ら、明治座(1929.8)
  • 『緊縮』、帝劇女優ら、帝国劇場(1929.9)
  • 『新宿行進曲』、吉右衛門、歌舞伎座(1929.9)
  • 高野長英』、菊五郎、新橋演舞場(1929.1)
  • 『恋愛競争』、八重子・二代目市川小太夫、新橋演舞場(1929.1)
  • 『吹雪の夜』、井上正夫、南座(1930.4)
  • 『旅順包囲録』、二代目左団次・守田勘弥、歌舞伎座(1930.6)
  • 『玉藻前』、中村魁車・寿三郎、中座(1930.1)
  • 『日蓮上人』、幸四郎、歌舞伎座(1931.3)
  • 『ある陪審裁判』、河合・喜多村、帝国劇場(1931.4)
  • 山田長政』、片岡我当、帝国劇場(1931.5)
  • 治承の秋』、菊五郎、歌舞伎座(1931.6)
  • 『江戸から東京』、菊五郎・幸四郎、東京劇場(1931.1)
  • 『紅葉散故郷の唄』、羽左衛門、歌舞伎座(1931.1)
  • 満州事変』、猿之助・沢村訥子、東京劇場(1931.1)[満州事変期]
  • 肉弾三勇士』、菊五郎・羽左衛門、歌舞伎座(1932.3)[ 第一次上海事変期]
  • 『上海の殊勲者』、新派合同、明治座(1932.3)
  • 『大場鎮総攻撃』猿之助、東京劇場(1932.3)
  • 『エディプス王』、フロイト祝祭劇、朝日講堂(1933.4)
  • 岩倉具視』、二代目左団次、歌舞伎座(1933.5)

主な著書[編集]

  • 戸川残花(戸川安宅)・松居松葉編『武談 元気振興』、好明館、東京市、1894年(明治26年)。国立国会図書館近代デジタルライブラリーに収録。
  • 『寿王冠者』、春陽堂(1896.8)
  • 『亡国星』、春陽堂(1900.9)
  • 『金剛武者』、青木嵩山堂(1900.11)
  • 『紫美人』(探偵小説)、金槙堂(1901.1)
  • 『女豪傑』、青木嵩山堂(1901.9)
  • 『自転車全書』、内外出版社(1902.7)
  • 『女の義理』、青木嵩山堂(1902.11)
  • 『滑稽小説一夜画工』、青木嵩山堂(1903.7)
  • 『玄雪姫』、青木嵩山堂(1903)
  • 『団洲百話』、金港堂(1903.11)[九代目市川団十郎談話集]
  • 『朧朦妖奇』『無名城』、青木嵩山堂(1904)
  • 『松葉脚本集』(神主の娘・暮の二十一日・茶を作る家・雪のふる夜)、池田夏江(1915)
  • 『松葉傑作集』(灯篭大臣・光悦の母・夏のはじめ・鰹船・堀河夜討・結婚反対倶楽部)、南人社(1918)
  • 『悪人手形帳』、玄文社(1919)
  • 『乃木将軍』、春陽堂(1925)
  • 『劇壇今昔 正続』、中央美術社(1926)
  • 『松翁戯曲集 第1-2巻』(阪崎出羽守・老松若松・堀川夜討・応挙と芦雪・江藤新平・茶を作る家)、春陽堂(1926-1927)
  • 楠木正成』、歌舞伎出版部(1928)
  • 高野長英』(戯曲集)、新潮社(1929)
没後
  • 『悪源太』『袈裟と盛遠』、筑摩書房 明治文学全集85 松居松葉篇(1966)

主な訳書[編集]

  • セルバンテス:『鈍機翁冒険譚』(ドン・キホーテ)、博文館 世界文庫(1893)
  • モリエール:『当世女学者』、右文社(1894)
  • 西洋手相判断 大学館、(1903)
  • ウイリアム・ル・クユー:『虚無党奇談』、警醒社、(1904.)
  • スウザアス:『市営と私営』、日高有倫堂、(1909.)
  • アリス・ライス(Alice Hegan Rice):『楽天小屋』、博文館、(1910)
  • バーナード・ショー:『二十世紀』、春陽堂、(1912)
  • ホフマンスタール:『エレクトラ 鈴木書店(1913
  • フェルスター『思ひ出』(アルト・ハイデルベルヒ)、近代文芸社(1913)
  • 『鈍機翁冒険譚 上下』・『二十世紀』、大空社 明治翻訳文学全集 翻訳家編 1 松居松葉集(2003.3)ISBN 4283002011

脚注[編集]

  1. ^ 岡本綺堂:『ランプの下にて』、岩波文庫(1993)p.282 - 285。
  2. ^ 松居松葉の墓

出典[編集]

  • 昭和女子大学近代文学研究室編:『近代文学研究叢書34』、昭和女子大学近代文化研究所、(1971)
  • 山本二郎編:『松居松葉年譜』(「筑摩書房 明治文学全集 85、(1966)p.435)