帝国劇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
帝国劇場
Imperial Theatre
地図
情報
正式名称 帝国劇場
開館 1911年3月1日
収容人員 1,826[1]
客席数 1階1,138席、2階688席
用途 ミュージカル演劇
運営 東宝株式会社
所在地 100-0005
東京都千代田区丸の内三丁目1番1号
位置 北緯35度40分35.5秒 東経139度45分38.7秒 / 北緯35.676528度 東経139.760750度 / 35.676528; 139.760750 (帝国劇場)座標: 北緯35度40分35.5秒 東経139度45分38.7秒 / 北緯35.676528度 東経139.760750度 / 35.676528; 139.760750 (帝国劇場)
最寄駅 東京メトロ有楽町駅(B3出口直結)
最寄IC 首都高速八重洲線丸の内出口
東京高速道路東銀座出口
外部リンク 帝国劇場
テンプレートを表示

帝国劇場(ていこくげきじょう)は、東京都千代田区丸の内三丁目にあるプロセニアム形式劇場である。1911年(明治44年)3月1日開場、3月4日に杮落し公演の初日を迎えた。収容人数は1,897人。東宝が運営している。帝劇(ていげき)の通称で知られる。

歴史[編集]

1915年の帝国劇場
帝劇女優養成所 1909年
大正期(1924年以降)の東京會舘(左)と帝國劇場(右)。屋上の翁像は関東大震災で失われた。
1933年(昭和8年)撮影の帝国劇場

帝国劇場は、伊藤博文益田太郎西野恵之助渋沢栄一荘田平五郎福澤捨次郎福澤桃介日比翁助田中常徳手塚猛昌が発起人となり[2]大倉喜八郎が采配を振って設立された西洋式演劇劇場[要出典]である[3][4]

1912年大正元年)にイタリア人ジョヴァンニ・ヴィットーリオ・ローシーを招いて歌劇バレエを上演したほか、六代目尾上梅幸七代目松本幸四郎七代目澤村宗十郎らが専属俳優となり歌舞伎シェイクスピア劇などを上演。「今日は帝劇、明日は三越という宣伝文句は流行語にもなり、消費時代の幕開けを象徴する言葉として定着した。

川上貞奴が創設した帝国女優養成所を引き継ぐ形で帝国劇場付属技芸学校を設立し、1910年(明治43年)卒業の第一期生をはじめ、多くの女優を生んだ[5][6]

1923年(大正12年)の大正関東地震関東大震災)では隣接する警視庁から出た火災により外郭を残して焼け落ちたが、横河民輔により改修され、翌1924年(大正13年)に再開した[7]

1930年昭和5年)に松竹の経営となり、間もなく洋画封切館に転用。SYチェーン(松竹洋画系)の基幹劇場となった。

1939年(昭和14年)、運営会社を東宝が合併し、翌1940年(昭和15年)に松竹の賃借期限が切れると共に東宝の手により元の演劇主体の興行形態に戻す。同年9月16日からは内閣情報部が庁舎として利用することとなり、前日15日の新国劇の上演をもって休演となった[8]

第二次世界大戦中の1944年(昭和19年)1月頃からは、地下食堂が一般人でも利用できる雑炊食堂として供された[9]

戦後[編集]

1952年までは第二次大戦後の米軍による占領期である。第二次世界大戦後の最初の公演は、1945年10月、六世尾上菊五郎一座の『銀座復興』公演であった[10]

1955年、舞台に巨大映画スクリーン・シネラマが設置され、再びシネラマ主体の洋画ロードショー用の映画館に転じたが、1964年(昭和39年)から翌年にかけての『アラビアのロレンス』を最後に上映を終了し、解体された。

2代目[編集]

年間10作品程度を上演している。1969年から1984年までは『日本レコード大賞』の発表会会場として使われていた。また大晦日に行なわれる年末ジャンボ宝くじの抽せん会場としても知られた(1977年1997年 - 1999年2001年 - 2005年1978年1979年日本劇場で、1980年 - 1996年東京宝塚劇場で、2000年新宿コマ劇場で、2006年 - 2009年東京厚生年金会館で、2010年はメルパルク東京で、2011年 - 2016年赤坂ACTシアターで、2017年からは東京オペラシティコンサートホールで行われている)。

定紋[編集]

旧帝国劇場の翁面(ビル脇)

現在は使用されていないが、元来扇子(おきな)のを組み合わせた物を使用していた。この定紋は運営会社の社章を兼ねていたが、その後、翁面が帝国劇場の英訳頭文字「T・S」を組み合わせた物に代わり、更に東宝と合併したことで東宝マークに切り替わった。現在、帝劇脇の入り口横と、東京メトロ銀座線田原町駅1番線(渋谷行き)ホームの浅草寄りの天井にそれぞれ掲げられている[要出典]

建物[編集]

オペラ[編集]

バレエ、舞踊、モダンダンス[編集]

  • 1915年 ローシー振付 『夢幻的バレエ』ローシー夫人、高木 徳子共演 (2月1日)
  • 1916年6月 露国舞踊
  • 1922年9月 パヴロワ婦人露国舞踊劇一座
  • 1922年 石井漠渡欧記念舞踊公演「沈める寺」「若きケンタウルとニンフ」
  • 1929年1月 スペイン舞踏家ラ・アルヘンティーナ 来日公演
  • 1938年10月 「江口舞踊研究所」旗揚げ公演「麦と兵隊

オペレッタ、ミュージカル [編集]

その他[編集]

1911年初代劇場開場演目[11]

  • 「式三番」
  • 「頼朝」
  • 「最愛の妻」
  • 「フラワーダンス」 

但し、『帝劇の五十年』の記述には

  • 「頼朝」
  • 「伊賀越道中双六(饅頭娘)」
  • 「羽衣」

とある。

関連書籍[編集]

  • 帝劇史編纂委員会編『帝劇の五十年』東宝、1966年 
  • 嶺隆『帝国劇場開幕 今日は帝劇明日は三越』中公新書、1996年 
  • 東宝株式会社演劇部監修『帝劇ワンダーランド 帝国劇場開場100周年記念読本』東宝演劇部 2011年
  • 『コレクション・モダン都市文化 第71巻 帝劇と三越』山岸郁子ゆまに書房 2011年
  • 『帝国劇場100年のあゆみ 1911-2011』『帝国劇場100年のあゆみ』編纂委員会,東宝株式会社総務部編 東宝 2012年

脚注[編集]

  1. ^ 帝国劇場(リニューアル)”. 導入事例. コトブキシーティング株式会社 (2018年11月19日). 2018年11月21日閲覧。
  2. ^ III帝劇開場
  3. ^ “ヅカファンたちの東京の聖地と、風格漂う日本初の西洋式劇場”. マイナビニュース. (2017年1月4日). https://news.mynavi.jp/article/20170104-a137/ 2017年12月29日閲覧。 
  4. ^ “コラム<東京>10 帝国劇場 建築様式と構造”. 国立国会図書館. https://www.ndl.go.jp/scenery/column/tokyo/teikoku-gekijo.html 2017年12月29日閲覧。 
  5. ^ (株)資生堂『資生堂社史 : 資生堂と銀座のあゆみ八十五年』(1957.11)渋沢社史データベース
  6. ^ 帝国女優養成所(読み)ていこくじょゆうようせいじょコトバンク
  7. ^ “東宝(株)帝国劇場『帝劇の五十年』(1966.09)”. 渋沢社史データベース. https://shashi.shibusawa.or.jp/details_basic.php?sid=14940 2017年12月29日閲覧。 
  8. ^ 帝劇が閉鎖、内閣情報部の庁舎に『大阪毎日新聞』昭和15年9月16日(『昭和ニュース事典第7巻 昭和14年-昭和16年』本編p35 昭和ニュース事典編纂委員会 毎日コミュニケーションズ刊 1994年)
  9. ^ 東京で百五十軒が新たに開店『毎日新聞』昭和19年2月24日東京版 夕刊(『昭和ニュース事典第8巻 昭和17年/昭和20年』本編p369)
  10. ^ 東劇、帝劇、東宝など各劇場次々に再開『毎日新聞』昭和20年9月10日東京版(『昭和ニュース事典第8巻 昭和17年/昭和20年』本編p14)
  11. ^ a b 「帝劇ワンダーランド」2011年1月、東宝発行 ISBN 978-4-8356-1782-4
  12. ^ a b “「帝国劇場」ビル再開発のため2025年に一時休館へ 建て替え後に再開予定「大千穐楽まで、どうぞ変わらぬご支援を」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2022年9月27日). https://www.oricon.co.jp/news/2250839/full/ 2022年9月27日閲覧。 
  13. ^ a b 帝劇ビル 再開発決定に関するお知らせ』(プレスリリース)東宝株式会社、2022年9月27日https://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS05040/1368ff27/a46a/4bb6/954e/447e2e0a9792/140120220926536195.pdf2022年9月27日閲覧 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]