手塚猛昌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

手塚 猛昌(てづか たけまさ、1853年12月22日嘉永6年11月22日) - 1932年昭和7年)3月1日)は、「時刻表の父」として知られる、明治期の実業家。日本最初の月刊時刻表とされる「汽車汽船旅行案内」の発行者。

経歴[編集]

現在の山口県萩市須佐出身。元の名は岡部緒三郎。

長州藩士の家柄だが家貧で四書五経を独学で修めた。長州藩永代家老の益田家が設けた郷校・育英館で学び、33歳の時に上京し慶應義塾(現・慶應義塾大学)に進んだ。

その後、庚寅新誌社を創立し政治経済雑誌を発行する一方『庚寅新誌』を発売し、政治活動を始める。荘田平五郎らのすすめで1894年に旅行案内を刊行し旅客の便をはかる。1894年明治27年)に恩師の福沢諭吉の勧めで英国の時刻表を手本に「汽車汽船旅行案内」を発行した。全国の時刻表をまとめたもので、現在の時刻表の基礎を築いた。

続いて星亨らと東京市街鉄道をおこし、1906年(明治39年)東洋印刷[要曖昧さ回避]を設立し社長。1907年(明治40年)帝国劇場の創設に参加。1912-14年帝劇専務。

顕彰[編集]

山陰本線須佐駅前に「時刻表の父 手塚猛昌顕彰之碑」が建立され、功績を紹介する説明版が立てられている。碑文の揮毫は萩市長野村興兒

参考文献[編集]

関連項目[編集]