JOHNNYS' World -ジャニーズ・ワールド-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

JOHNNYS' World -ジャニーズ・ワールド-』(ジャニーズ・ワールド)は、日本のミュージカル作品である。初演は2012年で、ジャニーズ事務所に所属する若手タレントが多数出演。「ジャニーズ・アイランド」と名称を変えてからは地球の尊さや平和への希求、子供たちの無限の可能性をテーマに、名前もマイナーチェンジしながらシリーズとして毎年上演されている[1][2]。作・構成・演出はジャニー喜多川[3]

初演から2016年1月公演まで会場は帝国劇場のみだったが、2016年に福岡・博多座[4]と大阪・梅田芸術劇場に初進出した。

JOHNNYS' World -ジャニーズ・ワールド-(2012年)[編集]

2011年9月に「最も多くのショーをプロデュースした人物」としてギネスブックに掲載されたジャニー喜多川ギネス認定記念作品[5][6]堂本光一滝沢秀明亀梨和也がアドバイザーとして名を連ね、不定期でゲスト出演した[7]。主演はHey! Say! JUMP[8]。出演者は1966年の帝劇開場記念公演『風と共に去りぬ』の161人を大幅に超えた[9]帝劇過去最多の180人[10][11]。用意された4000着の衣装の中からジャニー喜多川が3000着を厳選した[9]。第1幕は12か月を月ごとに振り返る構成となっており、11月のパートでは2012年11月10日に死去した森光子を追悼するコーナーも設けられた[12]

当初は2012年11月・12月のみの公演予定だったが、2か月分のチケットは発売初日に即完売となり、2012年9月27日の製作発表時に2013年1月公演が追加発表された[5][13]。全103公演[11]。うち2013年1月1日から6日までは第1幕はHey!Say!JUMPが座長を務める通常の『ジャニーズ・ワールド』の特別版、第2幕が滝沢秀明が森光子と最後の共演を果たした2010年1月の『新春 滝沢革命』ダイジェスト版というスペシャルバージョン『ジャニーズ・ワールド 正月はタッキーと共に』と題した特別公演で行われた[6][14]。去年披露して話題を呼んだ[6]15分48秒の「滝沢組曲」を大幅にアレンジし[15]、ラストシーンの「桜月記」を再現して当時収録した森の肉声も流された[6]

海外からの注目度も高く、海外22の国と地域から顧客3226人が観劇に訪れた[11]。当初は「中国ジャニーズ」を結成して出演させる構想も発表されていたが、尖閣諸島問題などの社会情勢で断念した[16]。千秋楽公演が行われた2013年1月27日には2013年12月・2014年1月の再演が発表された他、NHKの国際向け放送局・NHKワールドで特番『ジャニーズ・ワールド:トップ・オブ・ザ・Jポップス』が放送され、ジャニー喜多川もインタビューに応じた[11]

日程[編集]

  • 2012年11月10日 - 12月30日(帝国劇場
  • 2013年1月1日 - 27日(帝国劇場)追加公演
    • うち、1月1日 - 6日は『ジャニーズ・ワールド 正月はタッキーと共に』と題した特別公演

出演[編集]

ジャニーズ・ワールド 正月はタッキーと共に

JOHNNYS' 2020 World(2013年-2014年)[編集]

タイトルは「ジャニーズトニトニワールド」と読む[18]。2014年1月2日の開演前には餅つき大会も行われた[19]

日程[編集]

2013年12月7日 - 2014年1月27日(帝国劇場)

出演[編集]

2015新春 JOHNNYS' World(2015年)[編集]

日程[編集]

2015年1月1日 - 2015年1月27日(帝国劇場)[21]

出演[編集]

JOHNNYS' World(2015年-2016年)[編集]

2015年10月26日に行われた製作発表会見で新ユニット・HiHi JETが結成&お披露目された[3]。総勢91人が出演した[23]。シリーズ最多となる16曲が書き下ろされ、半数以上の楽曲がリニューアルされたが[24]、初日前夜にジャニー喜多川の発案で一部の音楽をNEWSの2003年の楽曲で森進一が泉らら名義で歌詞を書き下ろした「ありがとう・今」に変更[25]。12月19日昼の部では森進一がサプライズ登場し、同曲を歌った[26]

日程[編集]

2015年12月11日 - 2016年1月27日(帝国劇場)[27]

出演[編集]

ジャニーズ・フューチャー・ワールド(2016年)[編集]

シリーズ初の地方公演[30]。主演は平野紫耀[4]。19歳7か月[30]博多座最年少座長記録を更新し[31]梅田芸術劇場でも男性の最年少座長記録を更新する[32]。博多座公演ではジャニー喜多川の構想により、4月に発生した熊本地震の復興応援の意味も込め[33]久留米市で活躍するダンスチーム・九州男児新鮮組[4]など3組38人平均年齢14歳の少年アマチュアダンサーとの共演が実現した[34]。2012年の初演から2016年6月公演まで『ジャニーズ・ワールド』として上演された作品の進化版という位置づけで、“子どもたちの未来”に焦点を当ててストーリーが進行[33]。人間の1年の暦をたどり、その先にある13月目を探すという大筋は変わらないものの、地球をめぐって平野演じるショウと向井らが演じる宇宙人との衝突が描かれるなどの新展開があった[35]

日程[編集]

出演[編集]

ジャニーズ・フューチャー・ワールド from 帝劇 to 博多座
JOHNNYS' Future WORLD

JOHNNYS' ALL STARS ISLAND(2016年-2017年)[編集]

全員が主役であることがコンセプトとされ、「舞台と客席が1つになった時、宇宙からの手紙が届く」というキャッチコピーが付けられた公演[43]。ポスターには若手メンバーを含めた出演者57人の顔写真が同じ大きさで載り、制作発表会見にも29歳の内博貴から13歳の猪狩蒼弥まで[43]、総勢21人のメンバーが出席した[44]

2幕の冒頭に日替わりでゲスト出演があり、少年隊東山紀之KinKi Kids堂本光一V6三宅健坂本昌行長野博井ノ原快彦NEWS増田貴久関ジャニ∞渋谷すばる横山裕大倉忠義らが出演し、出演者たちとの共演が話題となった。[45][46]

日程[編集]

2016年12月3日 - 2017年1月24日(帝国劇場)[47]

出演[編集]

  • Kis-My-Ft2(12月公演のみ)[48]
    • 藤ヶ谷太輔、玉森裕太
  • A.B.C-Z(1月公演のみ)[48]
    • 戸塚祥太、塚田僚一
  • Sexy Zone[48]
    • 佐藤勝利
  • 内博貴[48]
  • Mr.KING[48]
    • 平野紫耀、永瀬廉、髙橋海人
  • HiHi Jet[48]
    • 橋本涼、井上瑞稀、猪狩蒼弥、髙橋優斗
  • Prince[47]
    • 岸優太、神宮寺勇太、岩橋玄樹
  • SixTONES[47]
    • 田中樹、森本慎太郎、髙地優吾、松村北斗、京本大我、ジェシー
  • Snow Man[47]
    • 佐久間大介、渡辺翔太、宮舘涼太、深澤辰哉、岩本照、阿部亮平
  • Travis Japan[47]
    • 森田美勇人、宮近海斗、梶山朝日、川島如恵留、中村海人、吉澤閑也、仲田拡輝、七五三掛龍也
  • Love-tune[47]
    • 安井謙太郎、萩谷慧悟、真田佑馬、森田美勇人、諸星翔希、長妻怜央、阿部顕嵐
  • 天才Genius[47]
    • 本髙克樹、村木亮太、菅田琳寧
  • ジャニーズJr.[48]

JOHNNYS' YOU&ME IsLAND(2017年)[編集]

製作発表会見は帝国劇場史上初めての屋上で行われた[49]。「YOU&MEは夢!」というジャニー喜多川のひらめきにより、テーマは「夢」[50]。平均年齢18.7歳の主要キャスト29人を筆頭に、総勢82人オールキャストがジャニーズJr.のみで構成された[50]

日程[編集]

2017年9月6日 - 30日(帝国劇場)[51]

出演[編集]

  • Mr.KING[52]
    • 平野紫耀、永瀬廉、髙橋海人
  • Prince[52]
    • 岸優太、神宮寺勇太、岩橋玄樹
  • HiHi Jet[52]
    • 橋本涼、井上瑞稀、猪狩蒼弥、髙橋優斗
  • 東京B少年[52]
    • 那須雄登、佐藤龍我、浮所飛貴、岩崎大昇、藤井直樹、金指一世
  • Love-tune[52]
    • 安井謙太郎、萩谷慧悟、真田佑馬、森田美勇人、諸星翔希、長妻怜央、阿部顕嵐
  • Travis Japan[52]
    • 川島如恵留、七五三掛龍也、吉澤閑也、中村海人、宮近海斗、梶山朝日

JOHNNYS' Happy New Year IsLAND(2018年)[編集]

少年隊東山紀之が2005年の「ツキコの月 そして、タンゴ」以来12年2か月ぶりに帝国劇場の公演に出演し[53]、ジャニーズJr.と共演を果たした。

日程[編集]

2018年1月1日 - 27日(帝国劇場)[54][55]

出演[編集]

  • Mr.KING[54][55]
    • 平野紫耀、永瀬廉、髙橋海人
  • Prince[54][55]
    • 岸優太、神宮寺勇太、岩橋玄樹
  • HiHi Jet[54][55]
    • 橋本涼、井上瑞稀、猪狩蒼弥、高橋優斗
  • 東京B少年[54][55]
    • 那須雄登、佐藤龍我、浮所飛貴、岩崎大昇、藤井直樹、金指一世
  • Love-tune[54][55]
    • 安井謙太郎、萩谷慧悟、真田佑馬、森田美勇人、諸星翔希、長妻怜央、阿部顕嵐
  • Travis Japan[54][55]
    • 宮近海斗、中村海人、吉澤閑也、七五三掛龍也、川島如恵留
  • SixTONES[54][55]
    • ジェシー、高地優吾、京本大我、松村北斗、森本慎太郎、田中樹
  • Snow Man[54][55]
    • 岩本照、深澤辰哉、渡辺翔太、宮舘涼太、佐久間大介、阿部亮平
  • 東山紀之(特別出演)[54]

JOHNNYS' King & Prince IsLAND(2018年-2019年)[編集]

主演はKing & Prince[1]で、シリーズ10作目で初めてタイトルにグループ名の冠がつく[56]。12月と1月で公演内容は変わる予定[57]

日程[編集]

2018年12月6日 - 2019年1月27日(帝国劇場)[58]、全72公演[1]

出演[編集]

  • King & Prince[59]
    • 平野紫耀、永瀬廉、高橋海人、岸優太、神宮寺勇太、岩橋玄樹
  • HiHi Jets[59]
    • 橋本涼、井上瑞稀、猪狩蒼弥、高橋優斗、作間龍斗
  • 東京B少年[59]
    • 那須雄登、佐藤龍我、浮所飛貴、岩崎大昇、藤井直樹、金指一世
  • SixTONES[59]
  • Snow Man[59]
  • Travis Japan[59]
  • 7 MEN 侍[59]
  • 5忍者[59]
    • 川崎皇輝、ヴァサイエガ渉、北川拓実、内村颯太、元木湧

脚注[編集]

  1. ^ a b c 平野紫耀「ジャニーさんの期待を超えたい」シリーズ最新作「ジャニーズKing & Princeアイランド」製作発表会見”. TVLIFE Web. 学研プラス (2018年9月19日). 2018年9月20日閲覧。
  2. ^ “キンプリ、タッキーとタッグ熱望!岸優太「いつか携わりたい」”. SANSPO.COM. (2018年9月19日). https://www.sanspo.com/geino/news/20180919/joh18091905030002-n2.html 2018年9月20日閲覧。 
  3. ^ a b c ジャニー喜多川作・構成・演出 佐藤勝利×中島健人×A.B.C-Z出演『ジャニーズ・ワールド』製作発表会”. シアターガイド (2015年10月28日). 2016年4月23日閲覧。
  4. ^ a b c d e “ミュージカル「ジャニーズ・ワールド」 「歴史を塗り替えたい」平野紫耀”. 中日スポーツ. (2016年5月5日). オリジナル2016年5月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160505011806/http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2016050502000195.html 2016年7月21日閲覧。 
  5. ^ a b c d e f g h i 帝国劇場『JOHNNYS' World -ジャニーズ・ワールド-』”. 東宝. 2013年4月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月10日閲覧。
  6. ^ a b c d “タッキー、森光子さんと“再共演”…生前最後の舞台を再現”. スポーツ報知. (2013年1月1日). オリジナル2014年3月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140315105948/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20121231-OHT1T00146.htm 2016年7月10日閲覧。 
  7. ^ “ジャニーズがギネス級舞台!100人以上出演&4D!!”. スポーツ報知. (2012年3月23日). オリジナル2012年12月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121215093856/http:/hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20120322-OHT1T00341.htm 2016年5月5日閲覧。 
  8. ^ “過去最大規模!帝劇で「ジャニーズ・ワールド」”. Sponichi Annex. (2012年3月23日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/03/23/kiji/K20120323002884330.html 2016年5月5日閲覧。 
  9. ^ a b c d e f “ジャニー喜多川氏、また金字塔!帝劇史上最多180人舞台”. スポーツ報知. (2012年11月13日). オリジナル2012年12月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121215093953/http:/hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20121113-OHT1T00030.htm 2016年7月21日閲覧。 
  10. ^ “タッキー 180人にお年玉「大変ですけど僕も東山さんからいただきました」”. Sponichi Annex. (2013年1月4日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/01/04/kiji/K20130104004907970.html 2016年7月10日閲覧。 
  11. ^ a b c d e “ジャニーズ・ワールド再演決定!外国人シート増やす”. スポーツ報知. (2013年1月28日). オリジナル2014年3月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140315105920/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20130127-OHT1T00164.htm 2016年7月10日閲覧。 
  12. ^ “上演中ジャニーズ舞台に追悼コーナー…森光子さん本葬”. スポーツ報知. (2012年12月8日). オリジナル2012年12月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121215094110/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20121208-OHT1T00014.htm 2016年5月5日閲覧。 
  13. ^ a b “薮宏太、舞台で「ユー、やっちゃいなよ」出ちゃうかも!「ジャニーズ・ワールド」制作発表”. スポーツ報知. (2012年9月28日). オリジナル2012年12月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121215093940/http:/hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20120928-OHT1T00006.htm 2016年7月10日閲覧。 
  14. ^ “ジャニー喜多川氏、宇宙オーディションぶち上げた!”. スポーツ報知. (2013年1月4日). オリジナル2014年3月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140315105945/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20130103-OHT1T00232.htm 2016年7月10日閲覧。 
  15. ^ “「正月はタッキーと共に」森さんも競演へ”. nikkansports.com. (2013年1月1日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20130101-1066818.html 2017年8月18日閲覧。 
  16. ^ “「中国ジャニーズ」出演断念…舞台「ジャニーズ・ワールド」”. スポーツ報知. (2012年9月28日). オリジナル2012年12月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121215094025/http:/hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20120928-OHT1T00007.htm 2016年7月10日閲覧。 
  17. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 舞台「ジャニーズ・ワールド」千秋楽 囲み取材詳報”. エンタメOVO. 共同通信社 (2013年1月28日). 2017年8月18日閲覧。
  18. ^ “ジャニーズ2020本格始動!Jr.200人舞台出演”. スポーツ報知. (2013年9月29日). オリジナル2014年3月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140315105524/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20130929-OHT1T00020.htm 2016年5月5日閲覧。 
  19. ^ a b c d Sexy Zoneらがはかま姿で餅つき”. 日テレNEWS24 (2014年1月2日). 2016年5月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月5日閲覧。
  20. ^ “ジャニーズ舞台開幕!セクゾンら若手総出”. nikkansports.com. (2013年12月8日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20131208-1228572.html 2016年9月11日閲覧。 
  21. ^ a b c d e f g h 帝国劇場『2015新春ジャニーズ・ワールド』”. 東宝. 2014年12月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月23日閲覧。
  22. ^ a b c ジャニーズ・ワールド出演の平野紫耀、永瀬廉、高橋海人の抱負”. NEWSポストセブン. 小学館 (2014年12月25日). 2016年4月23日閲覧。
  23. ^ a b c d e “中島健人ら総勢91人「ジャニーズ・ワールド」開幕”. nikkansports.com. (2015年12月11日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1578201.html 2016年5月5日閲覧。 
  24. ^ 「ジャニーズ・ワールド-攻めの姿勢で進化する世界観-」、『ザテレビジョンzoom!!』第23巻、KADOKAWA2016年1月14日、 46-51頁。
  25. ^ “ジャニーズ・ワールドに演歌!「森進一君の歌を」ジャニー喜多川氏前夜に発案”. スポーツ報知. (2015年12月12日). オリジナル2015年12月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151214195944/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20151211-OHT1T50230.html 2017年7月20日閲覧。 
  26. ^ 森進一、ジャニーズの舞台にサプライズ出演”. ORICON STYLE (2015年12月19日). 2016年5月5日閲覧。
  27. ^ a b c d e f g h 帝国劇場『ジャニーズ・ワールド』”. 東宝. 2016年4月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月10日閲覧。
  28. ^ ジャニーズ・ワールド出演のA.B.C.-Z メンバーが意気込み語る”. NEWSポストセブン. 小学館 (2015年11月2日). 2016年9月11日閲覧。
  29. ^ ジャニーズ・SixTONES ジャニーズ・ワールドへの意気込み語る”. NEWSポストセブン. 小学館 (2015年11月4日). 2016年9月11日閲覧。
  30. ^ a b c “「Mr.KING」平野紫耀、Jr.初博多座の最年少座長!”. スポーツ報知. (2016年9月20日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/feature/TO000262/20160919-OHT1T50205.html 2016年9月22日閲覧。 
  31. ^ “平野紫耀 博多座最年少座長記録を更新”. DAILY SPORTS ONLINE. (2016年5月5日). http://www.daily.co.jp/gossip/2016/05/05/0009052503.shtml 2016年5月5日閲覧。 
  32. ^ a b c “ジャニーズJr平野紫耀 博多、梅田で最年少座長”. nikkansports.com. (2016年7月20日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1681251.html 2016年7月21日閲覧。 
  33. ^ a b c 『ジャニーズ・フューチャー・ワールド from帝劇 to 博多』初日ゲネプロ&囲み取材レポ”. ローチケ演劇宣言!. ローソン (2016年9月26日). 2016年10月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月22日閲覧。
  34. ^ “九州キッズ踊って笑った!ジャニーズ舞台 アマチュアと初の本格共演”. Sponichi Annex. (2016年9月20日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/09/20/kiji/K20160920013390260.html 2016年9月22日閲覧。 
  35. ^ a b c d e f g h i j k l m Asami Seki「新時代の幕開け」、『QLAP!』2016年11月号、音楽と人2016年10月15日、 114-119頁。
  36. ^ a b c d 博多座『ジャニーズ・フューチャー・ワールド from 帝劇 to 博多座』”. 博多座. 東宝 (2016年). 2016年5月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月20日閲覧。
  37. ^ a b JOHNNYS' Future WORLD 全日程即日完売御礼!!”. 梅田芸術劇場 (2016年). 2016年9月11日閲覧。
  38. ^ a b “Mr.KINGの平野紫耀「世界に」 座長公演博多座、大阪・梅芸で”. 中日スポーツ. (2016年7月20日). オリジナル2016年7月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160720075711/http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2016072002000160.html 2016年9月11日閲覧。 
  39. ^ “内博貴が「Mr.KING」平野紫耀に座長の心得”. nikkansports.com. (2016年7月20日). http://www.daily.co.jp/gossip/2016/07/20/0009301616.shtml 2016年7月21日閲覧。 
  40. ^ a b c “Mr.KING平野紫耀が博多座最年少座長に 光一、タッキーから“魂”受け継いだ”. DAILY SPORTS ONLINE. (2016年9月20日). http://www.daily.co.jp/gossip/2016/09/20/0009506109.shtml 2016年9月22日閲覧。 
  41. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 関亜沙美「JOHNNYS' Future WORLD」、『TVfan 関西版』2016年12月号、メディアボーイ2016年10月24日、 201-203頁。
  42. ^ a b c d e Mr.KING平野紫耀、初座長就任も“しきたり”に冷や汗”. ORICON STYLE (2016年7月19日). 2016年7月21日閲覧。
  43. ^ a b “ジャニーズ舞台全員主役 オールスターズアイランド”. nikkansports.com. (2016年9月7日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1706138.html 2018年9月20日閲覧。 
  44. ^ “「ジャニーズ・オールスターズ・アイランド」出演者代表21人が意気込み…全員コメント”. スポーツ報知. (2016年9月6日). オリジナル2016年9月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160909203256/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160906-OHT1T50088.html 2018年9月20日閲覧。 
  45. ^ 高橋梓 (2017年1月21日). “『ジャニーズ・オールスターズ・アイランド』はまさに桃源郷!何度も見たくなる魅力を考察”. Real Sound. https://realsound.jp/movie/2017/01/post-3808.html 2018年9月20日閲覧。 
  46. ^ ついに千秋楽!「ジャニーズ・オールスターズ・アイランド」豪華ゲストを振り返る”. ザテレビジョン. KADOKAWA (2017年1月24日). 2018年9月20日閲覧。
  47. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 帝国劇場『ジャニーズ・オールスターズ・アイランド』”. JOHNNY‘S ALL STARS ISLAND. 東宝 (2016年). 2016年12月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月22日閲覧。
  48. ^ a b c d e f g JOHNNYS' ALL STARS ISLAND”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2016年12月). 2016年11月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年9月20日閲覧。
  49. ^ CDデビュー前のジャニーズJr.が勢ぞろい 皇居バックに帝劇ビル開場以来初の屋上会見”. エンタメOVO. 共同通信社 (2017年6月20日). 2018年9月21日閲覧。
  50. ^ a b “ジャニーズJr.夢舞台で82人躍動 メーンで初!帝劇公演が開幕”. デイリースポーツonline. (2017年9月7日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/09/07/0010531278.shtml 2018年9月21日閲覧。 
  51. ^ JOHNNYS’ YOU&ME IsLAND”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2017年). 2017年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年9月21日閲覧。
  52. ^ a b c d e f 帝国劇場『ジャニーズ YOU & ME アイランド』”. JOHNNYS’ YOU&ME IsLAND. 東宝 (2017年). 2017年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年9月21日閲覧。
  53. ^ “「ジャニーズ Happy New Year アイランド」元日から帝劇で、特別出演に東山紀之”. ナターシャ. (2017年10月26日). https://natalie.mu/stage/news/254247 2018年9月20日閲覧。 
  54. ^ a b c d e f g h i j 帝国劇場『ジャニーズ Happy New Year アイランド』”. JOHNNYS' Happy New Year IsLAND. 東宝 (2018年). 2017年10月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年9月20日閲覧。
  55. ^ a b c d e f g h i JOHNNYS' Happy New Year IsLAND”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2018年). 2018年1月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年9月20日閲覧。
  56. ^ “キンプリ、初冠舞台 引退タッキーがサポートへ…「アイランド」10作目”. スポーツ報知. (2018年9月19日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20180918-OHT1T50246.html 2018年9月20日閲覧。 
  57. ^ “キンプリ、グループ名が冠に 平野紫耀「期待を超えていかなければ」”. Sponichi Annex. (2018年9月19日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/09/19/kiji/20180919s00041000017000c.html 2018年9月21日閲覧。 
  58. ^ Concert・Stage(King % Prince)「JOHNNYS' King & Prince IsLAND」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2018年). 2018年9月20日閲覧。
  59. ^ a b c d e f g h “帝国劇場『ジャニーズ King&Prince アイランド』”. 東宝 帝国劇場. (2018年9月18日). https://www.tohostage.com/johnnys_kingprince_island/ 2018年9月20日閲覧。 

外部リンク[編集]