佐野晶哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
さの まさや
佐野 晶哉
生年月日 (2002-03-13) 2002年3月13日(20歳)
出身地 日本の旗 日本兵庫県[1]
身長 179.3 cm[2]
血液型 B型[1]
職業 アイドル俳優歌手タレント
ジャンル テレビドラマバラエティ番組舞台
活動期間 2016年8月2日[3] -
事務所 ジャニーズ事務所
公式サイト ISLANDTV佐野晶哉のページ
備考

関西ジャニーズJr.Aぇ! groupのメンバー

メンバーカラーは緑🟩
テンプレートを表示

佐野 晶哉(さの まさや、2002年3月13日[1] - )は、日本のアイドル俳優歌手タレントであり、関西ジャニーズJr.内ユニット・Aぇ! groupのメンバー[4]。愛称は、晶哉佐野[5]まぁー[2]

兵庫県出身[1]ジャニーズ事務所所属。

来歴[編集]

5歳上の兄[6]がミュージカルスクールに通い始め、最初は「なんでこんな恥ずかしいことしてんねやろ」と思っていたが[7]、稽古について行っているうちに「やってみない?」と声をかけられ、ソースのついたシャツのまま稽古をつけてもらったのがきっかけで[8]、小学2年生から歌を勉強し始め、小学4年から卒業までの2年間、劇団四季の舞台に出演していた[9]

中学2年の時[9]、友人が出演していた『Endless SHOCK』を観劇し[6]、「こんなこと(ミュージカル)をしたい」と言ったところ、母がジャニーズに入りたいのかと勘違いし履歴書を送付[9]。「まあ、受かるわけないし、行くだけ行ってみるか」とオーディションを受け[6]2016年8月2日にジャニーズ事務所に入所[3]

入所半年後、コンサートのリハーサル中に振付師から「ドラムできるか?」と聞かれ、ドラム未経験だったが、今後の活動につながると直感し「できます」と答え、2週間後の本番で披露することになる。そのコンサートを機に、正門良規小島健とバンドトリオとして活動することとなった[9]

高校3年の頃、大学受験のため1年間休業しようと決断し、マネージャーに電話をした後から正門、小島に伝えると「何考えとんねん。まだチャンスはあるし、今俺ら3人が離れたら絶対アカンやろ」と叱られたことで、続けたい意思をもう一度事務所に伝えた[9]。後日、正門、小島の楽屋で「誰にも聞かれたらあかん話やからと」サンボマスターの『できっこないをやらなくちゃ』を大音量でかけられ、サビに差し掛かった時に「たぶん同じグループに入れると思う」と言われ、その後、正式に横山裕から「グループ組むから頑張れよ」と声をかけてもらい[7]、2019年2月、Aぇ! groupのメンバーに選ばれる[10]

2022年5月、『20歳のソウル』で映画初出演[11]。ピアノの弾き語り動画[動画 1]を見た秋山純監督から、両親に支えてもらいながら音楽をしている環境も含め、「日本中を探しても、斗真を演じられる俳優は佐野くんしかいない」と抜擢された[7]

人物[編集]

  • 中学時代は吹奏楽部に所属し[9]、サックスを担当していた[12]。高校は音楽科に通い[13]声楽を学び、コンクールで賞を獲得。Aぇ! groupのメンバーに選ばれたが、大倉忠義が「大学に行きたがってる人を行かせない選択肢はない。逆に行かないならグループ入らせへん」と言われ、進学[7]。音楽大学で作曲を学び[9]、2022年春に大学を卒業した[14]
  • 2022年1月15日に生放送された『100点カラオケ音楽祭』で、関ジャニ∞の「友よ」を歌い、100点を取る[15]。獲得した賞金100万円で「MVを作りたい」という願いが実現し、グループ初のミュージックビデオを制作することを5月10日にYouTube公式チャンネル「ジャニーズJr.チャンネル」で発表した[16]

出演[編集]

個人での出演のみ記載。グループとしての出演はAぇ! groupを参照。

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

作品[編集]

  • 神様のバカヤロー(作詞:小島健、作曲:佐野晶哉)[29] - JASRAC作品コード:246-3812-9
  • ボクブルース(作詞:小島健、作曲:佐野晶哉)[30] - JASRAC作品コード:249-4118-2
  • SHOWGEKI!(作詞:小島組、作曲:佐野晶哉)- JASRAC作品コード:271-4297-3

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 佐野晶哉 プロフィール”. ISLAND TV. Johnny's Island. 2022年1月29日閲覧。
  2. ^ a b 「とじこみ付録 ジャニーズJr.データBOOK Vol.03」『Myojo』2022年7月号、集英社、2022年5月20日、 5頁。
  3. ^ a b 「入所年&入所地域別 同級生リスト」『Myojo』2021年11月号、集英社、2021年9月20日。
  4. ^ 関西ジャニーズJr.新ユニット“Aぇ!group”誕生 関ジャニ∞横山裕プロデュースで東京公演開催〈本人コメント〉”. モデルプレス. ネットネイティブ (2019年2月19日). 2021年10月21日閲覧。
  5. ^ Aぇ! groupの仲良しっぷりがハンパない♡”. Seventeen-Web. 集英社 (2021年4月6日). 2022年4月29日閲覧。
  6. ^ a b c 「俺たちがAぇ! group」『STAGEnavi』2020 Vol.48、産経新聞出版、2020年10月1日、 96頁。
  7. ^ a b c d 「佐野晶哉(Aぇ! group/関西ジャニーズJr.)可能性の響き。」『anan』2022年2月2日号 No.2284、マガジンハウス、2022年1月26日、 110 - 117頁。
  8. ^ 「関西ひっぱる爽やかな風 Aぇ! group 佐野晶哉さん、『読売ファミリー』2021年5月14日号 No.1661、読売情報開発大阪、2021年5月14日、1 - 2面。
  9. ^ a b c d e f g 「ベストショットJr. 佐野晶哉」、『スポーツニッポン』2021年1月24日号、スポーツニッポン新聞社、2021年1月24日、28面。
  10. ^ 関西ジャニーズJr.新ユニット「Aぇ! group(読み方:ええ ぐるーぷ)」ができました!”. Johnny's net (2019年2月18日). 2019年2月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月29日閲覧。
  11. ^ a b Aぇ! group佐野晶哉「20歳のソウル」で映画初出演、神尾楓珠の親友役で楽器演奏も披露”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2021年10月1日). 2021年10月21日閲覧。
  12. ^ 神尾楓珠&佐野晶哉、お互い褒め合いデレデレ ピアノ生演奏シーン秘話「スゴく感情が入った」”. ORICON NEWS. oricon ME (2022年4月28日). 2022年4月29日閲覧。
  13. ^ 「関西ジャニーズJr.ごっつええやん!! Vol.76 小島健&佐野晶哉 ≪前編≫」、『産経新聞夕刊 関西版』2020年2月8日号、産経新聞社、2020年2月8日、芸能2面。
  14. ^ 『関西ジャニーズJr. Aぇ! groupのMBSヤングタウン』公式Twitter@A_yantan1179の2022年3月9日のツイート2022年3月9日閲覧。
  15. ^ 『生放送で満点出せるか100点カラオケ音楽祭』公式Twitter@karaoke100_tbsの2022年1月15日のツイート2022年1月29日閲覧。
  16. ^ Aぇ! group、初のMV制作決定 関ジャニ∞大倉忠義から“ダブルドッキリ”で発表”. モデルプレス. ネットネイティブ (2022年5月10日). 2022年5月11日閲覧。
  17. ^ ドラマL『年下彼氏』”. 朝日放送. 2021年11月12日閲覧。
  18. ^ “年下彼氏:第8回 Aぇ! group・佐野晶哉、Lil かんさい・大西風雅、岡崎彪太郎、嶋崎斗亜、當間琉巧が主演「好きなんです!」”. 毎日キレイ (MANTANWEB). (2020年5月29日). https://mainichikirei.jp/article/20200529dog00m100010000c.html 2021年11月12日閲覧。 
  19. ^ Aぇ!group・佐野晶哉演じるジュンヤ、姉のために一肌脱ぐ弟役を好演”. テレビドガッチ (2021年6月5日). 2021年10月21日閲覧。
  20. ^ "夜ドラ『あなたのブツが、ここに』制作開始のお知らせ". ドラマ情報. 日本放送協会. 14 April 2022. 2022年4月14日閲覧
  21. ^ 佐野晶哉、永瀬廉の同級生に!『真夜中乙女戦争』追加キャスト”. シネマトゥデイ. 株式会社シネマトゥデイ (2021年10月20日). 2021年10月21日閲覧。
  22. ^ “神尾楓珠主演『20歳のソウル』ポスター&予告編解禁 主題歌はLA在住のアーティスト・Kenta Daichi”. ORICON NEWS (oricon ME). (2022年3月18日). https://www.oricon.co.jp/news/2228285/full/ 2022年3月18日閲覧。 
  23. ^ プロの舞台で夢に一歩前進!劇団四季『サウンド・オブ・ミュージック』オーディションに合格したキッズたち” (日本語). 芦屋の地域情報サイト「芦屋人~あしやびと~」. 2021年11月19日閲覧。
  24. ^ ヤングシンバを演じたAぇ! group佐野晶哉、間近で見るライオンに大興奮”. マイナビニュース. マイナビ (2021年5月31日). 2021年10月21日閲覧。
  25. ^ 「関西ジャニーズJr. 2017 SUMMER MEMORY +α」『TVfan CROSS vol.24』TVfan 2017年11月号増刊、メディアボーイ、2017年11月15日、 96頁。
  26. ^ 関ジャニ∞村上信五ら「もしも塾」、聖地でみせた“舞台魂”に会場沸く”. modelpress. ネットネイティブ (2019年5月26日). 2021年10月21日閲覧。
  27. ^ 安田章大主演の新作舞台『忘れてもらえないの歌』上演が決定 福士誠治、中村蒼、佐野晶哉らとジャズバンドを結成”. SPICE. イープラス (2019年7月8日). 2021年10月21日閲覧。
  28. ^ 小島健ら関西ジャニーズJr.が作り上げる「笑劇」企画・プロデュースは大倉忠義”. ステージナタリー. ナターシャ (2021年11月10日). 2021年11月10日閲覧。
  29. ^ 関西ジャニーズJr.“Aぇ! group”、初東京公演「僕らAぇ! groupって言いますねん」魅力&個性炸裂の75分…感動のラストに涙〈レポ〉”. モデルプレス. ネットネイティブ (2019年4月22日). 2021年10月21日閲覧。
  30. ^ Aぇ! group、関西凱旋公演終了! メンバー作詞作曲の新曲で観客沸騰”. マイナビニュース. マイナビ (2019年9月9日). 2021年10月21日閲覧。

動画[編集]

  1. ^ 佐野晶哉「#おうちで関ジュ【名脇役/Sexy Zone (cover)】」”. ISLAND TV (2020年5月17日). 2022年5月29日閲覧。

外部リンク[編集]