ジャニーズJr.解散グループ (1990年以前)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ジャニーズJr.解散グループ(ジャニーズジュニアかいさんグループ)では、1990年以前に芸能事務所ジャニーズ事務所に所属するジャニーズJr.内に存在したグループを取り挙げる。

なお、主だったグループや個人については「過去のジャニーズ所属者」、バックバンドグループは「ジャニーズ事務所 過去のバックバンド」、その他関連グループは「ジャニーズ関連企画ユニット」・「ジャニーズ関連OBユニット」の項目をそれぞれ参照。

グループ結成順。
各グループへのメンバーの所属状況は現時点でのもの。

リトル・リーブス[編集]

ジャニーズ・ジュニア・エース[編集]

ザ・ニュース[編集]

  • 1974年に結成。 1975年3月28日 - 3月31日には「第53回ウエスタン・カーニバル」にも出演したが、同年に自然消滅。 なお、当時のあらゆる文献ではグループ名が「ザ・ニューズ」と紹介されている場合も多い。
メンバー
  • 事務所退社
    • 小川浩 池田洋 宮崎勝 田淵英人

白虎隊[編集]

  • 1975年にジャニーズ事務所が、雑誌『平凡』とのコラボレーションでジャニーズJr.を募集した。その際の合格者は「ジャニーズ・ジュニア第4期生」と呼ばれ、その中から選ばれた3人によって結成されたバンドグループ。1976年8月15日に日本劇場で行われた「ロックン・ロール・カーニバル」にて、『バイバイベイビー』という曲を唄って初お披露目。その後、同年8月24日 - 28日の日本劇場「第56回ウエスタン・カーニバル」で改めて本格的にデビューした。 「ギャングス」の前身グループ。
メンバー
  • 事務所退社
    • 大野祥孝
    おおの よしたか。サイドギター担当、愛称「おーちゃん」、デビュー当時中学2年生
    ドラム担当、デビュー当時小学6年生
    • 岩崎富美雄
    ベース担当、愛称「とんちゃん」、当時小学6年生。後にオー・エンタープライズに移籍し、1992年5月27日に『Dear Robert』でCDデビュー

キングコング[編集]

メンバー
  • 事務所退社
    • 大野祥孝
    • 渡辺和晃
    ジャニーズ・ジュニア第7期生。ジャニーズ事務所に入る前は子役俳優として、テレビドラマ『ジャンボーグA』や『ファイヤーマン』に出演していた。 ジャニーズ事務所を退社後は、森口博子のチーフマネージャーを経てバーニング傘下の芸能事務所「スタッツ」の社長になり、「deeps」、「pool bit boys」などを世に送り出した。
    • 原川吉臣(リーダー) 井上晴雄(愛称:僕ちゃん) 
脱退メンバー
  • 事務所退社
    • 浅田敏行
    • 山口裕章
    後に文学座に入団して舞台俳優として活動。現在は退団。
サポートメンバー
  • 事務所退社
    • 曽根崎しんじ

ピラミッド[編集]

メンバー

ジャPAニーズ・ジュニア[編集]

  • ジャPAニーズが解散した後の、田原俊彦のバックダンスグループとして結成された。ジャニーズ事務所専属振付師で元ジャPAニーズのボビー吉野による指導の下、1982年 - 1985年に活動。ジャニーズJr.の中でも特にダンスの上手い精鋭たちで組まれていた。当初はグループ名が無く「鈴木君グループ」と呼ばれていた。基本はジャPAニーズと同じで4人体制。後に何度か入れ替えがあり、延べ十数名が参加することとなった。
  • たのきん3球コンサート(1983年版)」、「'83 Toshi in 宝塚」、また「近藤真彦武道館コンサート」などでも彼らがバックを務めた。
  • 参加メンバーは全員、1983年公開の少年隊主演の映画『あいつとララバイ』にも出演している。
メンバー

江端兄弟[編集]

三多摩新鮮組[編集]

  • さんたましんせんぐみ。雑誌『マイアイドル』1985年5月号にて命名。由来は、3人とも東京の三多摩地域に住んでいたから。
メンバー
  • 事務所退社
    • 江端郁己・江端郁世(江端兄弟) 守屋二郎

桜隊[編集]

  • 「さくら隊」は誤表記。1986年日本テレビアイドル花組おとこ組』内だけでのグループで、番組終了とともに3カ月で消滅した。 この桜隊はあくまでも一般男性たちによる番組内での企画グループであり、ジャニーズ事務所所属のグループではない。ただし番組終了後の1986年5月に、遠方に住んでいた者を除いた3名(鞆田、田代、赤坂)がジャニーズ事務所に正式に入所した。
メンバー
  • 事務所退社
    • 鞆田紀世彦
    ともだ きよひこ。1971年生まれ。横浜市出身。『アイドル花組おとこ組』には初回より出演。ジャニーズ事務所を退社後は芸能界を引退したと思われていたが、1997年5月15日放送のテレビドラマ『木曜の怪談〜悪霊学園』第3話「犬神の黒魔術」に出演している。
    • 中岡真一郎
    本名:中岡亮介。福岡県福岡市出身。後に「維新組」に参加。
    • 藤井孝浩
    徳島県徳島市出身。後に泉見洋平の芸名で、歌手・ミュージカルを中心に活動。東宝ミュージカル『レ・ミゼラブル』のマリウス役などを演じている。

桜隊予備軍[編集]

  • 桜隊のサポートグループ。ジャニーズJr.6名。
メンバー

踊り子[編集]

  • 男闘呼組のバックダンサーグループ。実際にはバンドのバックなのであまり活動しなかった。
メンバー
  • 事務所退社
    • 佐藤寛之 大沼雄一郎 川上康明 鹿内和博 桑名兼司 鈴木幸夫

Mr.ミュージック[編集]

メンバー

スケートボーイズ[編集]

平家派[編集]

  • 愛称「平家」。1988年9月、光GENJIのヒット曲『剣の舞』のバックダンサーグループとして、「スケートボーイズ」出身のメンバーを中心に結成。剣を持ってのバックダンスを務めた。さらに次の曲『地球をさがして』でもバックを担当し、小旗を振るダンスを務めた。
    松元・桑名・関の3名は、1988年10月21日放送の『ミュージックステーション』にて、鞆田紀世彦の曲「愁列車」のバックを少年忍者と共に担当した。
    雑誌用、テレビ用、コンサート用など、それぞれのメンバー編成があり、延べ30名以上が参加。1990年の初頭に消滅した。また、このグループでは「リーダー」のことを“隊長”と呼び、松元治郎がその役目を務めた。
    なお、当初は「ホタル」というガールズグループも作り、光GENJI・平家派・ホタルの3グループ合同で何かをやろうという企画・構想もあったが、結局実現には至らなかった。
再結成(2008年3月-)
  • 2008年3月、元メンバーの国分太一がMCを務めるNHK「ザ少年倶楽部プレミアム」で現在もジャニーズ事務所に所属している6名(城島・山口・国分・坂本・長野・井ノ原)が出演。同窓会と銘打ったトーク、及び山口を除く5名で『剣の舞』のバックダンスを披露した(光GENJI役は番組レギュラーのMAの3名(屋良・米花・町田)とM.A.D.(福田・辰巳・越岡・松崎)の4名が担当)。
  • 2009年12月にはNHK「ザ少年倶楽部プレミアム クリスマススペシャル2009」で、『Graduation』を披露した。
  • 2010年12月の「FNS歌謡祭」に上記6名で平家派として出演し、『Graduation』を披露した。
  • 2010年12月はNHK「ザ少年倶楽部プレミアム クリスマススペシャル2010」で、『STAY WITH ME』を披露した。
  • 2011年12月はNHK「ザ少年倶楽部プレミアム クリスマススペシャル2011」で、東京の新大久保にあるグローブ座にてファーストコンサートを開催、『剣の舞』、『Graduation』、『ガラスの十代』、『地球をさがして』、『STAY WITH ME』を披露(『剣の舞』はダンスのみ、『STAY WITH ME』はテレビ放送のみ)トークのほか、練習風景も同番組内で放送された。
メンバー
  • TOKIO
  • V6 20th Century
  • 事務所退社
     1990年忍者加入、1994年、グループおよび事務所を脱退し、グランクリュコンサルティングに移籍したが、その後、芸能界を引退。
    • 野口隆史 
     現・反町隆史1994年より現芸名で研音所属。
    • 松元治郎
    和久二郎として、1997年に第3期WANDSのヴォーカリストとしてメジャーデビュー(第8回BADオーディション合格)。WANDS解散後は再び事務所を移籍し、ソロアーティストとして活動していたが、2005年1月末日に事務所との契約が切れ、公式サイトも閉鎖。一時は音楽業界から引退したものの、2012年4月14日に本名の松元治郎名義でソロシンガーとして活動再開。 2012年10月1日、1stミニアルバム「Reverb」をリリース。
    SMAPが結成されたばかりの初期の頃に、メンバーとして名を連ねたこともあった。
    • 松原一平
    1997年の映画『かっ鳶五郎』に出演。
    • 菅勇太
    1992年ジュノン・スーパーボーイ・コンテストにエントリー。
    • 関裕通
    せき ひろみち。少年忍者の曲「愁列車」にて和太鼓を担当。2007年に埼玉県川口市議会議員選挙当選
    • 桑名兼司 石川徹(愛称:いっち) 萓嶋大輔 佐藤敬 岡田賢一郎 小山田英樹 山本隆文 朝倉健仁 佐藤功 村田義治 田中浩 平岡功次 平野喜弘 酒井貴史 長谷川文高 米脇明彦 米脇伸彦 渡辺一久 米山武志 他多数

関連項目[編集]