ジャニーズJr.解散グループ (2000年以降)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ジャニーズ事務所 > ジャニーズJr.解散グループ (2000年以降)

ジャニーズJr.解散グループ(ジャニーズジュニアかいさんグループ)では、過去に芸能事務所ジャニーズ事務所に所属するジャニーズJr.内に存在したグループを取り挙げる。

グループ結成順。メンバーの所属状況は活動当時のものとする。

B.B.D.[編集]

2000年5月に7名で結成。その後、次々とメンバーが追加されたが、やがて数名がM.A.D.へと異動した。グループ名は「Best Beat Dancing」や「Bad Boys Dancing」の略。[要出典]

結成メンバー
追加メンバー
追加されたが途中で脱退したメンバー

A.B.C.[編集]

2001年結成[1]。A.B.C-Zの前身。

V.WEST[編集]

2001年3月結成[2]

☆☆I★N★G★進行形[編集]

2001年3月結成。

K.K.Kity[編集]

旧グループ名「J-Support」。2001年10月結成。

Ya-Ya-yah[編集]

2001年冬結成[3]

Four Tops[編集]

2002年結成[4]。「4TOPS」[5]や「FOUR TOPS」[6][7]と表記されることもある。ユニットとして活動したものの、社長のジャニー喜多川からは「このメンツでデビューすることはない。お前らはそれぞれのところで頑張るからFOUR TOPSだ」と言われていたという[7]NEWSの結成により解散となった[8]

メンバー
オリジナル曲
  • 波(作詞・作曲:田澤智昭) - JASRAC作品コード:106-3290-5[5]

田組[編集]

田んぼ組の前身。ジャニー喜多川の「宮田俊哉を中心としたユニットを作ろう」という提案により結成された[10]

メンバー
  • 俊哉[11]
  • [10]
  • 雄基
  • 和哉
  • 幸誠

Jr.BOYS[編集]

メンバー
出演
  • ジャニーズJr.の大冒険!'07 @メリディアン(2007年8月15日 - 24日、ホテルパシフィックメリディアン)[16]

嵐組[編集]

のコンサートでバックダンサーを勤めるジャニーズJr.[17]の総称。

ity[編集]

2003年9月結成、K.K.KityからNEWSメンバーが脱退したためしばらくityとして活動した。2004年3月のKis-My-Ft.結成により解散[要出典]

メンバー

関西BOYS[編集]

「関西BOY'S」と表記されることもある[18][19]

メンバー

BOYS[編集]

ユニット名は「ボクタチ オーサカ ヤンキー ショーネン」の略[21][22]。「B.O.Y.S」と表記されることもある[23][24]。関西Jr.内ユニット・B.A.D.と行動をともにする場合B.A.D.BOYSとして活動。山碕や室龍太はのちにVeteranのメンバーとして活動するようになり、濱田・中田の2人で「BOYS」としての活動を続けた。2011年3月に中田が音信不通となり、その後事務所を退所したため[25]、ユニットとしての活動がみられなくなる。

メンバー
過去のメンバー
出演
コンサート・舞台
  • ファーストWinterコンサート2006(2006年12月16日 - 25日、大阪松竹座)[21][22]
  • 関西ジャニーズJr. 大阪城ホール FIRST CONCERT2007(2007年5月6日、大阪城ホール[30]
  • 関西ジャニーズJr. 大阪松竹座 2007(2007年8月6日 - 8月23日、大阪松竹座)[27]
  • JOHNNYS'Jr. Hey Say 07 in YOKOHAMA ARENA(2007年9月23日 - 9月24日、横浜アリーナ)[31]
  • 関西ジャニーズJr. Xmas in 松竹座 おめでとう in 城ホール 前夜祭(2007年12月24日 - 25日、大阪松竹座)[32][33]
  • 関西ジャニーズJr. おめでとう in 城ホール(2008年1月3日、大阪城ホール)[34]
  • DREAM BOYS(2008年4月4日 - 16日、梅田芸術劇場メインホール)[35]
  • 関西ジャニーズJr. @大阪松竹座 2008夏(2008年8月19日 - 8月28日、大阪松竹座)[36]
  • バッテリー・ごくせん大阪凱旋コンサート(2008年9月1日 - 2日、梅田芸術劇場)中田・濱田でMC[37]
  • 関西Jr.ユニットコンサート in 大阪松竹座2008〔室3兄弟との合同公演〕(2008年12月7日 - 9日、大阪松竹座)中田・濱田[29][38]
  • 関西ジャニーズJr.'08 Merry X'mas Concert(2008年12月23日 - 26日、梅田芸術劇場)中田・濱田[39]
  • 関西ジャニーズJr. UME(ユメ)コン2009(2009年6月18日 - 20日、梅田芸術劇場)[40]
  • Tough Weeds 光の射すほうへ…AND SHOW TIME(2009年8月2日 - 27日、大阪松竹座)[41][42]
  • 関西ジャニーズJr. Xマスやで! 全員集合! @大阪松竹座 '09(2009年12月15日 - 20日、大阪松竹座)[43]
  • 少年たち 〜格子なき牢獄〜(2010年8月3日 - 28日、大阪松竹座)[26]
  • 関西ジャニーズJr. X'Masコンサート2010(2010年12月4日 - 12月25日、大阪松竹座)[44]
ラジオ
オリジナル曲
  • 夢色クロニクル(作詞:MADOKA、作曲:白井裕紀)[46] - JASRAC作品コード:144-5492-1
  • LOVE OR GUILTY(作詞・作曲:宮崎歩) - JASRAC作品コード:134-1055-5

B.A.D.BOYS[編集]

関西Jr.内ユニット・B.A.D.BOYSが共に活動する際に使用されたユニット名。

メンバー

mint[編集]

2004年3月結成。Kis-My-Ft.J.J.Express結成に伴い約1か月持たずに消滅[要出典]

メンバー

J.J.Express[編集]

2004年結成。2007年11月、Hey! Say! JUMP結成に伴い、消滅。

Kis-My-Ft.[編集]

2004年4月結成[48]2005年[注釈 1]A.B.C.Jr.と合体し、Kis-My-Ft2が結成された[51]ことにより消滅。

Question?[編集]

2004年結成[52]

田んぼ組[編集]

2004年8月結成。田組の後継グループ。メンバーはJr.BOYSとして活動[要出典]

メンバー

A.B.C.Jr.[編集]

2005年夏[注釈 1]Kis-My-Ft.と合体し、Kis-My-Ft2が結成された[51]ことにより消滅。

メンバー[50]

small but BIG 4[編集]

2006年1月の舞台『DREAM BOYS』でスペシャリスト集団として登場[53]期間限定ユニット。BIG FOURの後継、Topsの前身[要出典]。ユニット名には「小さいけれど偉大な4人」という意味が込められており[54]、特化した能力をもつメンバーが集められている[53]

メンバー[注釈 2]

TOPS[編集]

2006年2月結成、BIG FOURsmall but BIGの後継。2007年内で自然消滅[要出典]

メンバー
出演
コンサート
  • ジャニーズJr.の大冒険!(2006年8月15日 - 25日、ホテル・グランパシフィック・メリディアン パレ・ロワイヤル)[56]
  • you達の音楽大運動会(2006年9月30日・10月1日、国立代々木第一体育館)[要出典]

Veteran[編集]

当初は「通称・チームべてらん」や「通称“ベテラン”」という名前で浜中・室龍規・伊藤・菊岡の4人で活動していたが、2008年12月の大阪松竹座のコンサートで山碕が加入[29](雑誌『POTATO』2009年2月号[57]や『Wink up』2009年3月号[58]では山碕が入って5人での初撮影の様子が綴られている)。その後室龍太も加入し、6人で活動[59]。その後、伊藤が抜けて5人となり、2012年に室龍規がジャニーズ事務所を退所[60]してからは4人で活動した。

メンバー
過去のメンバー
出演
舞台・コンサート
  • ファーストWinterコンサート2006(2006年12月16日 - 25日、大阪松竹座)伊藤・浜中・室龍規・菊岡[注釈 3]
  • 関西ジャニーズJr. 大阪松竹座 2007(2007年8月6日 - 8月23日、大阪松竹座)通称・チームべてらんとして(伊藤・浜中・室龍規・菊岡)[27]
  • 関西ジャニーズJr. Xmas in 松竹座 おめでとう in 城ホール 前夜祭(2007年12月24日 - 25日、大阪松竹座)伊藤・浜中・室龍規・菊岡[61]
  • 関西ジャニーズJr. おめでとう in 城ホール(2008年1月3日、大阪城ホール)伊藤・浜中・室龍規・菊岡[34]
  • 関西ジャニーズJr. @大阪松竹座 2008夏(2008年8月19日 - 8月28日、大阪松竹座)通称“ベテラン”として(伊藤・浜中・室龍規・菊岡)[62]
  • 関西Jr.ユニットコンサート in 大阪松竹座2008〔Little Gangsとの合同公演〕(2008年12月10日 - 11日、大阪松竹座)伊藤・浜中・室龍規・菊岡・山碕[29][38][63]
  • 関西ジャニーズJr.'08 Merry X'mas Concert(2008年12月23日 - 26日、梅田芸術劇場)[39]
  • Tough Weeds 光の射すほうへ…AND SHOW TIME(2009年8月2日 - 27日、大阪松竹座)伊藤・浜中・室龍規・菊岡・室龍太・山﨑[41][42]
  • 関西ジャニーズJr. UME(ユメ)コン2009(2009年6月18日 - 20日、梅田芸術劇場)[40]
  • 関西ジャニーズJr. Xマスやで! 全員集合! @大阪松竹座 '09(2009年12月1日 - 7日、大阪松竹座)[43]
  • 少年たち 格子無き牢獄(2010年8月3日 - 28日、大阪松竹座)伊藤・浜中・室龍規・菊岡・室龍太・山﨑[26][59]
  • 関西ジャニーズJr. X'Masコンサート2010(2010年12月4日 - 12月25日、大阪松竹座)[44]
  • 少年たち 格子無き牢獄 & SHOW TIME!(2011年8月3日 - 27日、大阪松竹座)濵田崇裕with Veteranとして(浜中・室龍規・菊岡・室龍太・山﨑)[64]
  • 関西ジャニーズJr. X'Masコンサート2011 B.A.D. / 濵田崇裕with Veteranコンサート(2011年12月5日 - 25日、大阪松竹座)濵田崇裕with Veteranとして[65][66]
  • 少年たち 格子無き牢獄& SHOW TIME!(2012年8月4日 - 27日、大阪松竹座)濵田崇裕 with Veteranとして[67]
  • ANOTHER(2013年8月3日 - 27日、大阪松竹座)濵田崇裕 with Veteranとして[68]
  • 関西ジャニーズJr. X’masコンサート2013(2013年12月1日 - 12月25日、大阪松竹座)[69]
ラジオ

Kitty[編集]

2006年7月に初お披露目。

OSSaN[編集]

2006年8月結成[70]。関西ジャニーズJr.内ユニット。2006年夏の大阪松竹座公演『関ジャニ∞エイト サマースペシャル 2006"Another's "ANOTHER"』の楽屋で突如ユニット結成がメンバーに知らされ、その日のうちにステージで関ジャニ∞のメンバーによってファンに発表された[70]。結成時のメンバーは大田(O)・千崎(S)・佐竹(S)・長尾(N)の4人であり、ユニット名はOSSN(読み:オッサン)[注釈 4]。その後9月からの関ジャニ∞のツアーにも同行し、雑誌『POTATO』では2006年11月号に初登場している[70]

2007年12月の『関西ジャニーズJr. Xmas in 松竹座 おめでとう in 城ホール 前夜祭』では4人と一緒に関西ジャニーズJr.の足立匡がパフォーマンスを披露[33]。そして2008年8月の大阪松竹座公演『関西ジャニーズJr. @大阪松竹座 2008夏』を控えてのインタビューでは大田・千崎・佐竹の3人で出演する意気込みを語っていたが[72]、実際の公演には足立が正式にメンバーとして参加し、4人で新生OSSaNが始動した[62]。しかし翌月に開催された『バッテリー・ごくせん大阪凱旋コンサート』では足立の姿は無くなり[37]、雑誌のグラビアも大田・千崎・佐竹の3人のままで掲載されていた[73][74]

メンバー
過去のメンバー
オリジナル曲
  • maze(2007年、作詞:白井裕紀、作曲:加藤裕介) - JASRAC作品コード:144-5469-6。「関西ジャニーズJr. 大阪松竹座 2007」本番2週間前にもらった初のオリジナル曲[76]
出演
コンサート・舞台
  • 関ジャニ∞エイト サマースペシャル 2006"Another's "ANOTHER"(2006年8月3日 - 27日、大阪松竹座)大田・千崎・佐竹・長尾[70]
  • ファーストWinterコンサート2006(2006年12月16日 - 25日、大阪松竹座)大田・千崎・佐竹・長尾[21][22]
  • 関西ジャニーズJr. 大阪城ホール FIRST CONCERT2007(2007年5月6日、大阪城ホール[30]大田・千崎・佐竹・長尾[75]
  • 関西ジャニーズJr. 大阪松竹座 2007(2007年8月6日 - 8月23日、大阪松竹座)大田・千崎・佐竹・長尾[27][76]
  • JOHNNYS'Jr. Hey Say 07 in YOKOHAMA ARENA(2007年9月23日 - 9月24日、横浜アリーナ)[31]
  • 関西ジャニーズJr. Xmas in 松竹座 おめでとう in 城ホール 前夜祭(2007年12月24日 - 25日、大阪松竹座)[77]大田・千崎・佐竹・長尾+足立(関西ジャニーズJr.として)[33]
  • 関西ジャニーズJr. おめでとう in 城ホール(2008年1月3日、大阪城ホール)[34]
  • 関西ジャニーズJr. @大阪松竹座 2008夏(2008年8月19日 - 8月28日、大阪松竹座)大田・千崎・佐竹・足立[62]
  • バッテリー・ごくせん大阪凱旋コンサート(2008年9月1日 - 2日、梅田芸術劇場)大田・千崎・佐竹+林真鳥(キーボード)[37]
ラジオ
バラエティ

Kitty Jr.[編集]

2006年8月15日から25日に行われたジャニーズJr.のコンサート『ジャニーズJr.の大冒険!』の為に結成された期間限定ユニット。Kittyの弟分として結成[要出典]。雑誌『POTATO』では2006年9月号で5人組として初登場している[78]サブメンバーは舞台終了後に解散されたが、サブメンバー以外の3人(山田・京本・伊藤)は同じく期間限定ユニットとして組まれたTap Kidsと共に、2007年3月まで活動[要出典]

メンバー
サブメンバー
出演
コンサート
バラエティ

Tap Kids[編集]

2006年8月15日から25日に行われたジャニーズJr.のコンサート「ジャニーズJr.の大冒険!」のために結成された期間限定ユニット[要出典]タップダンスを得意とし、2006年の『滝沢演舞城』などにも出演したメンバーを集めて作られた[78]。雑誌『POTATO』では2006年9月号で初登場している[78]サブメンバーは舞台終了後に解散されたが、中島・森本・神田は同じく期間限定ユニットとして組まれたKittyJr.と共に、2007年3月まで活動[要出典]

メンバー
サブメンバー
出演
コンサート
バラエティ

TOP Kids[編集]

2006年11月結成[81]。結成時のメンバーは中山優馬、バッケス健人、神山智洋の3人で、当初は「TOP3」というユニット名で『ファーストWinterコンサート2006』への出演が予定されていたが[82]、結局出演時には「TOP Kids」とユニット名が変更された[21][22]。のちにバッケスが脱退し、藤井流星が加入。2007年5月6日の『関西ジャニーズJr. 大阪城ホール FIRST CONCERT2007』には中山・神山・藤井の3人で出演している[75]

メンバー
過去のメンバー
  • バッケス健人[22]
出演
  • ファーストWinterコンサート2006(2006年12月16日 - 25日、大阪松竹座)中山・バッケス・神山[21][22]
  • 関西ジャニーズJr. 大阪城ホール FIRST CONCERT2007(2007年5月6日、大阪城ホール[30]
  • 関西ジャニーズJr. 大阪松竹座 2007(2007年8月6日 - 8月23日、大阪松竹座)[27]
  • JOHNNYS'Jr. Hey Say 07 in YOKOHAMA ARENA(2007年9月23日 - 9月24日、横浜アリーナ)[31]
  • 関西ジャニーズJr. Xmas in 松竹座 おめでとう in 城ホール 前夜祭(2007年12月24日 - 25日、大阪松竹座)[33][86]
  • 関西ジャニーズJr. おめでとう in 城ホール(2008年1月3日、大阪城ホール)[87]

Little Gangs[編集]

関西ジャニーズJr.内のユニット。

メンバー
2006年12月時点(13人編成[21][22]
  • 林真鳥 楠本幸登 上村雅哉 藤原丈一郎 福野麗生馬 掛川悠哉 新矢悠貴 山下颯 横山京平 山口健太 餅田貴大 小野美勇士 吉田涼也
2007年5月時点(14人編成)[88]
  • 林真鳥、小野美勇士、山下颯、掛川悠哉、バッケス健人、楠本幸登、藤原丈一郎、石田英剛、新矢悠貴、横山京平、吉田涼也、福野麗生馬、山口健太、上村雅哉
2008年10月時点(9人編成)[89]
  • 楠本幸登、フューガルショーン悟空、バッケス健人、竜田昴征、山下颯、古謝那伊留、岡崎拓弥、向井康二、藤原丈一郎
出演
  • ファーストWinterコンサート2006(2006年12月16日 - 25日、大阪松竹座)[21][22]
  • 関西ジャニーズJr. 大阪城ホール FIRST CONCERT2007(2007年5月6日、大阪城ホール)[75]
  • 関西ジャニーズJr. @大阪松竹座 2008夏(2008年8月19日 - 8月28日、大阪松竹座)[62]
  • 関西Jr.ユニットコンサート in 大阪松竹座2008〔Veteranとの合同公演〕(2008年12月10日 - 11日、大阪松竹座)楠本・フューガルショーン・バッケス・竜田・山下・古謝・岡崎・向井・藤原[29][63]
  • 関西ジャニーズJr.'08 Merry X'mas Concert(2008年12月23日 - 26日、梅田芸術劇場)[39]
  • 関西ジャニーズJr. UME(ユメ)コン2009(2009年6月18日 - 20日、梅田芸術劇場)[40]
  • Tough Weeds 光の射すほうへ…AND SHOW TIME(2009年8月2日 - 27日、大阪松竹座)[42]
  • 少年たち 〜格子なき牢獄〜(2010年8月3日 - 28日、大阪松竹座)藤原・岡崎・竜田・中田・今江[26]
  • 少年たち 格子無き牢獄& SHOW TIME!(2012年8月4日 - 27日、大阪松竹座)[67]
  • ANOTHER(2013年8月3日 - 27日、大阪松竹座)[68]

ムエタイ向井ブラザーズ[編集]

2006年冬頃結成。関西ジャニーズJr.内の兄弟ユニット。2009年頃に自然消滅。

メンバー
出演
  • ファーストWinterコンサート2006(2006年12月16日 - 25日、大阪松竹座)[21][22]
  • 関西ジャニーズJr. 大阪松竹座 2007(2007年8月6日 - 8月23日、大阪松竹座)[27]
  • 関西ジャニーズJr. Xmas in 松竹座 おめでとう in 城ホール 前夜祭(2007年12月24日 - 25日、大阪松竹座)[77]
  • 関西ジャニーズJr. @大阪松竹座 2008夏(2008年8月19日 - 8月28日、大阪松竹座)[62]

7 WEST[編集]

Hey! Say! 7 WEST」として結成され、2007年9月にお披露目された[90]。のちに「7 WEST」に改称。2014年4月に重岡大毅、神山智洋、藤井流星、小瀧望のメンバー4人が、ジャニーズWESTとしてデビューしたため、消滅。

舞闘冠[編集]

2007年[91]NHK BSプレミアムザ少年倶楽部』内にて滝沢秀明プロジェクトで結成されたユニット。タッキー&翼がゲスト出演した10月14日放送分の収録後に滝沢秀明と屋良朝幸が会見を行い、屋良を中心とするダンスユニットの結成が発表された(この時点で他のメンバーは発表されず、後日発表)[92]。『ザ少年倶楽部』でのパフォーマンスが中心。

メンバー
オリジナル曲
2007年
  • Now and forever(作詞:白井裕紀・新美香、作曲:ha-j)- JASRAC作品コード:147-7200-1
2008年
  • C=Normal(作詞:TAKESHI、作曲:Erik Lewander / Douglas Carr / Jones) - JASRAC作品コード:0Y6-4246-0
  • Sweet Butterfly(作詞:大上豪、作曲:Davor Vulama / Moneca Delain、編曲:大西省吾) - JASRAC作品コード:0Y6-4260-5
  • Grateful World(作詞・作曲:葉山拓亮) - JASRAC作品コード:153-0583-0
2009年
  • 雪の降る日(曲:葉山拓亮、ラップ詞:塚田僚一) - JASRAC作品コード:157-5102-3
  • G To The Heaven('09 金鳥コンバットCMソング)(作曲・編曲:横山克
CM

室3兄弟[編集]

関西ジャニーズJr.内の兄弟ユニット。2007年12月の関西ジャニーズJr.大阪松竹座公演で三男の室将也を含めて初お披露目された[93]。雑誌『Wink up』では2008年3月号でグラビア初登場[94]。「室三兄弟」と表記されることもある[40]

メンバー
出演
  • 関西ジャニーズJr. Xmas in 松竹座 おめでとう in 城ホール 前夜祭(2007年12月24日 - 25日、大阪松竹座)[77][93]
  • 関西ジャニーズJr. @大阪松竹座 2008夏(2008年8月19日 - 8月28日、大阪松竹座)[62]
  • バッテリー・ごくせん大阪凱旋コンサート(2008年9月1日 - 2日、梅田芸術劇場)[37]
  • 関西Jr.ユニットコンサート in 大阪松竹座2008〔BOYSとの合同公演〕(2008年12月7日 - 9日、大阪松竹座)[29]
  • 関西ジャニーズJr.'08 Merry X'mas Concert(2008年12月23日 - 26日、梅田芸術劇場)[39]
  • 関西ジャニーズJr. UME(ユメ)コン2009(2009年6月18日 - 20日、梅田芸術劇場)[40]

TOP3[編集]

メンバー
出演

中山優馬 w/7 WEST[編集]

2008年8月、『関西ジャニーズJr. @大阪松竹座 2008夏』にて「Hey! Say! 7 WEST w/優馬」として結成[62]。「Hey! Say! 7 WEST」が「7 WEST」へ改称したため、本ユニット名も「中山優馬 w/7 WEST」に変わった。

B.I.Shadow[編集]

2008年10月期のテレビドラマ『スクラップ・ティーチャー〜教師再生〜』の出演者(中島・髙畑・菊池)の3人で結成[96][97]。雑誌『POTATO』では2008年11月号で初登場している[97]。2009年6月4日に中山優馬 w/B.I.Shadowの結成が発表され[98]、同年7月15日にシングル『悪魔な恋/NYC』でCDデビューを果たした[99]。メンバーは雑誌『duet』2009年7月号(2009年6月6日発売)では中島・菊池・松村北斗の3人組に[100]、中山優馬 w/B.I.Shadow結成時および『duet』2009年8月号(2009年7月7日発売)では髙地優吾が加入し4人組となっている[101]。2011年秋に、Sexy Zoneのデビューに伴い自然消滅。

メンバー
元メンバー
出演

Hip Hop JUMP[編集]

結成時のメンバーは田中・森田・萩谷・カミュー・ジェシーの5人で、初めての出番は2008年10月・11月に行われたA.B.C-ZKis-My-Ft2ファーストコンサートだった[103]。雑誌『Wink up』では2009年2月号でHip Hop Jumpのグループ名で初登場[103]。雑誌『duet』では2009年7月号は同5人で掲載されているが[104]、2009年8月号ではメンバーはカミューを除く4人とされている[105]

メンバー
元メンバー
出演
  • ジャニーズJr.夏休み全員集合1日4公演!!(2009年8月18日、東京国際フォーラムホールA)[106]

They武道[編集]

2008年11月結成[107]宇宙Six結成に伴い事実上消滅。

Mis Snow Man[編集]

2009年1月結成[108]Snow Mannoon boyzの前身。

森本慎太郎withスノープリンス合唱団[編集]

2009年6月7日、「森本慎太郎w/スノープリンス合唱団」として初お披露目される[109]スノープリンスの前身ユニット。

メンバー
出演
  • フォーラム新記録!!ジャニーズJr.〔1日4公演やるぞ!〕コンサート(2009年6月7日、東京国際フォーラム) - 「森本慎太郎w/スノープリンス合唱団」として[109]
  • ジャニーズJr.夏休み全員集合1日4公演!!(2009年8月18日、東京国際フォーラムホールA)[106]

Big Gangs[編集]

2009年6月頃結成。関西ジャニーズJr.内ユニット。Gang-Starの前身ユニット。[要出典]

メンバー
出演
  • 関西ジャニーズJr. UME(ユメ)コン2009(2009年6月18日 - 20日、梅田芸術劇場)[40]

Shadow WEST[編集]

関西ジャニーズJr.内ユニット。雑誌『POTATO』では2009年10月号に初登場[110][111]。結成当初のメンバーは向井康二金内柊真、北田和也の3人[111]

メンバー
出演

京男[編集]

関西ジャニーズJr.内ユニット。「Gangs」というユニット名で千崎涼太、渡邉黎哉、平野勇気の3人で結成され、雑誌『POTATO』では2009年10月号に初登場[113]。翌月のグラビアでは「京男」に改名された[114][注釈 5]

メンバー
  • 千崎涼太
  • 渡邉黎哉
  • 平野勇気
  • 室将也
  • 仁田直人
出演

スノープリンス合唱団[編集]

2009年結成。

B.B.V.[編集]

関西Jr.内ユニット・B.A.D.BOYSVeteranの3組が共に活動する際に使用されたユニット名[44]

メンバー

少年邦楽専科[編集]

読み:しょうねんほうがくせんか[117]。舞台『滝沢歌舞伎 -TAKIZAWA KABUKI-』への出演のために結成されたユニット。

メンバー
出演

S.A.D.[編集]

2010年7月にミュージカル『PLAYZONE 2010 〜ROAD TO PLAYZONE〜』への出演のために結成されたユニット[118]JR.ATravis Japanの前身ユニット。

メンバー

"MAD"[編集]

2011年春結成。

メンバー
  • 松本幸大
  • 池田優
  • 加藤幸宏
  • 野田優也

JR.A[編集]

2011年7月結成。ミュージカル『PLAYZONE'11 SONG & DANC'N.』への出演のために結成されたユニット。S.A.D.の後継・Travis Japanの前身ユニット。

メンバー
出演

noon boyz[編集]

2011年10月結成[120]。16代目いいとも青年隊。

メンバー
出演
テレビ番組
コンサート・舞台
  • ジャニーズ銀座 Youの前にはMeがいる!〔A.B.C-Z with noon boyz〕(2012年5月11日 - 13日、シアタークリエ[122]
  • Live House ジャニーズ銀座〔noon boyz+ジャニーズJr,〈Part1〉〕(2013年4月29日、30日、5月11日、5月25日、シアタークリエ)[123][124]
  • 銀河英雄伝説 第四章 後篇 激突(2014年2月12日 ‐ 3月2日、青山劇場)[125]
CM

Aぇ少年[編集]

2011年結成。関西ジャニーズJr.内ユニット。

メンバー
出演

Kin Kan[編集]

2012年夏結成。関西ジャニーズJr.内ユニット。「King of Kansai(関西)」の略。

なにわ皇子[編集]

2012年8月に初お披露目[127]。関西ジャニーズJr.内ユニット。当初は「Naniwa Oji」→「ナニワ皇子」を名乗り、最終的に「なにわ皇子」となった。

Sexy Family[編集]

当初はSexy Zone、Sexy Boyz、Sexy 松(Show)、Sexy Girls(=ファン)で構成される[128]と発表されたが、2015年3月11日に発売されたSexy Zoneのアルバム『Sexy Power3』では、Sexy Zone・Sexy Boyz・Sexy 松(Show)に加え、ジャニーズJr.の永瀬廉平野紫耀髙橋海人ジェシー、増田良、半澤暁が「Sexy Family」としてクレジットされている[129]

Sexy Boyz[編集]

以前からジャニーズJr.内のユニットとして存在しており[130]、2013年の「Live House ジャニーズ銀座」などに出演していたが[124]、2014年5月5日、Sexy Zoneコンサートの横浜アリーナ公演で、Sexy 松(Show)とともにSexy Zoneの弟分として結成(再編成)が発表された[128][130]。2015年6月、岩橋と神宮寺がMr.King vs Mr.Princeのメンバーに選ばれ[131]、マリウスも2015年12月16日発売の10thシングル『カラフル Eyes』からSexy Zoneに再び参加したため[132]、事実上消滅。

メンバー
2012年
2013年
2014年5月5日(再編成時)
出演
  • Live House ジャニーズ銀座(2013年5月1日 - 2日・8日 - 9日・15日 - 16日・29日 - 30日、シアタークリエ)[124]
  • 『リアルスコープハイパー』スペシャルイベント Sexy Zone 佐藤勝利 with ジャニーズJr. In お台場合衆国2013(2013年8月21日、合衆国Open Summer スタジアム) - 岩橋・神宮寺・岸・宮近[134]
  • ジャニーズ銀座2014(2014年4月28日 - )[135]
  • ガムシャラSexy夏祭り!!(2014年7月30日 - 8月10日、EXシアター六本木[136]

Sexy 松(Show)[編集]

2014年5月5日、「Sexy Boyz」と同じくSexy Zoneの弟分として結成が発表された[128][130]。松島が2015年12月16日発売の10thシングル『カラフル Eyes』からSexy Zoneへ再び参加し[132]、実質消滅状態。

メンバー
出演
  • ガムシャラSexy夏祭り!!(2014年7月30日 - 8月10日、EXシアター六本木[136]
  • ガムシャラ J's Party!! Vol.7(2015年1月25日・26日、EXシアター六本木)[137]

楽曲[編集]

Sexy Family
Sexy Boyz
  • 雨だって(作詞:伊橋成哉、作曲:Fredrik Samsson・伊橋成哉) - JASRAC作品コード:1D7-9400-4
  • Don't Stop Sexy Boyz!(作詞:Jinny、作曲:Andreas Carlsson, Samuel Waermo) - JASRAC作品コード:1D9-5920-8
Sexy Boyz/Sexy 松(Show)

Gang-Star[編集]

関西ジャニーズJr.のダンスユニット。略称は「ギャンスタ」。2014年頃自然消滅[要出典]

メンバー
出演
  • ANOTHER(2013年8月3日 - 27日、大阪松竹座)[68]

Noisy Guys[編集]

Noisy Guys(ノイジーガイズ) 雑誌『duet』、『POTATO』、『Wink Up』の2016年7月号(6月7日発売)でメンバー初公表。

メンバー
  • 髙橋優斗
  • 五十嵐玲央
  • 藤井直樹
  • 浮所飛貴
  • 佐々木大光

Classmate J[編集]

2016年、『ジャニーズ銀座』に合わせて結成。

天才Genius[編集]

Johnny's5[編集]

2016年の舞台『DREAM BOYS』で結成された公演期間限定ユニット。舞台中では「ジェットボーイズ」[139]

メンバー

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b 雑誌『duet』では2005年8月号まで「Kis-My-Ft.」[49]と「A.B.C.Jr」[50]で分かれて載っており、2005年9月号で「Kis-My-Ft2」としてグラビア初登場している[51]
  2. ^ 雑誌『Wink up』2006年3月号ではメンバーは中島裕翔、後藤泰観、ジョーイ ティ冨田真央と表記されている[54]
  3. ^ ユニット名表記は無いが、4人共出演している[22]
  4. ^ WEB上の目次では「OSSaN本誌初登場!」と、最初から「a」が入ったユニット名で紹介されているが[71]、実際の雑誌では「OSSN」と表記されている[70]
  5. ^ 雑誌『Wink up』では2009年11月号[115]から2010年1月号まで「京男3人組」というユニット名で扱われ、2010年2月号のみ「京男」として扱われている[116]
  6. ^ JASRACによれば舞台『JOHNNYS' World -ジャニーズ・ワールド-』と「Sexy Zone」名義曲だが、アルバム『Sexy Power3』では「Sexy Family」が歌っている。
  7. ^ a b JASRACによれば「Sexy Zone」名義曲だが、アルバム『Sexy Power3』では「Sexy Boyz」と「Sexy 松」が歌っている。

出典[編集]

  1. ^ “「A.B.CZ」が日生公演!ジャニー愛で初座長”. スポーツ報知. (2011年11月7日). オリジナル2011年11月23日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111123015231/http:/hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20111107-OHT1T00031.htm 2018年7月1日閲覧。 
  2. ^ “第6回日刊スポーツ・ドラマグランプリ 内博貴「関西」初、目標はSMAP”. nikkansports.com. (2003年). http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/drama_gp/2002/dgp-0501shinjin.html 2018年4月20日閲覧。 
  3. ^ 高城龍二 (2015年11月17日). “【ジャニーズ深堀】幻のグループ「Ya-Ya-yah」 Hey!Say!JUMP登場で複雑なファン心理と、メンバーの今”. T-SITEニュース. 2015年11月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月28日閲覧。
  4. ^ 木下詩織 (2017年7月21日). “山P×生田斗真や、櫻井翔×今井翼の組み合わせも!? ジャニーズの意外なユニットを振り返る”. dmenuTV. NTTドコモ. 2018年8月11日閲覧。
  5. ^ a b 作品詳細表示”. 作品データベース検索サービス. JASRAC. 2018年4月20日閲覧。
  6. ^ TOKIOカケル 山下智久ジャニーズ年表…実は苦労人?懐かしの運動会&(秘)映像”. TVでた蔵 (2017年7月12日). 2018年4月20日閲覧。
  7. ^ a b 風間俊介、TOKIO 城島茂に怒られた過去がある?「山Pと一緒にリーダーをボコボコにした」”. Real Sound (2017年4月27日). 2018年4月20日閲覧。
  8. ^ a b c d e 山田美保子 (2017年10月4日). “要チェック、水戸黄門に長谷川純君が登場(ジャニ担!:129)”. 朝日新聞デジタル. https://www.asahi.com/articles/ASKB37QN4KB3UCVL032.html 2018年4月20日閲覧。 
  9. ^ 長谷川純のプロフィール、出演情報、スケジュール”. ザテレビジョン. KADOKAWA. 2018年4月20日閲覧。
  10. ^ a b 藤ヶ谷太輔×千賀健永×横尾渉×宮田俊哉「僕らの帰る場所」、『Wink up』2016年4月号、ワニブックス2016年3月7日、 37頁。
  11. ^ a b “キスマイ宮田、デビュー前の「田組」時代振り返る 中居もあ然「田組って…」”. デイリースポーツオンライン. (2017年6月13日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/06/13/0010278609.shtml 2017年6月14日閲覧。 
  12. ^ 髙木雄也(Hey! Say! JUMP) プロフィール”. CDJournal. 2018年5月20日閲覧。
  13. ^ a b 「アルファベットで学ぶKis-My-Ft2"first"入門」、『Myojo』2012年5月号、集英社2012年3月23日、 19-26頁。
  14. ^ 「UP AND COMING!」、『Wink up』2008年3月号、ワニブックス2008年2月7日、 1-4頁。
  15. ^ 野澤祐樹(のざわゆうき)のプロフィール、出演情報、スケジュール”. ザテレビジョン. KADOKAWA. 2018年8月11日閲覧。
  16. ^ 「Johnny's Jr.『ジャニーズJr.の大冒険!'07』」、『duet』2007年10月号、ホーム社2007年9月7日、 52-55頁(前ページから数えて)。
  17. ^ a b c d e 竹上尋子 (2017年5月20日). “嵐が後輩たちに与えた影響は?キスマイ 藤ヶ谷、KAT-TUN 亀梨が語ったJr.時代のエピソード(2/2ページ)”. Real Sound. 2018年4月20日閲覧。
  18. ^ 濱田崇裕”. CDJournal. 2018年4月20日閲覧。
  19. ^ a b 神山智洋 プロフィール”. TOWER RECORDS ONLINE (2014年4月21日). 2018年7月1日閲覧。
  20. ^ a b c d 「SWEET VALENTINE」、『Wink up』2006年3月号、ワニブックス2006年2月7日、 56頁。
  21. ^ a b c d e f g h i j 「モノマネ、バンド、ムエタイ。関西Jr.が松竹座ではじけた!」、『ポポロ』2007年3月号、麻布台出版社2007年1月23日、 110-111頁。
  22. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p “関ジャニ∞ソロコンサート2006冬 / BAD・BOYS・OSSaN・TOP Kids・Little Gangs ファーストWinterコンサート2006”. 大阪松竹座. (2006年). オリジナル2006年12月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20061221071855/http://www.shochiku.co.jp/play/shochikuza/061213/chirashi.html 
  23. ^ 梅田芸術劇場”. 公演案内. 梅田芸術劇場 (2008年). 2008年4月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月20日閲覧。
  24. ^ キャスト”. 先生はエライっ!. 日本テレビ (2008年). 2018年5月20日閲覧。
  25. ^ 日刊スポーツ』2011年5月2日付
  26. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p ジャニーズJr.出演舞台「少年たち 格子なき牢獄」がDVD化”. TOWER RECORDS ONLINE (2011年4月11日). 2016年8月27日閲覧。
  27. ^ a b c d e f g h i 「完全燃焼夏LIVE!!関西ジャニーズJr.@大阪松竹座2007 夏」、『POTATO』2007年10月号、学研、 91-93頁。
  28. ^ a b 室龍太”. Smartザテレビジョン. 2016年8月27日閲覧。
  29. ^ a b c d e f g 「関西Jr.ユニットコンサート in 大阪松竹座2008」、『POTATO』2009年2月号、学研2009年1月7日、 98-101頁。
  30. ^ a b c “関ジャニJrに1万5000人熱狂!初の大阪城Hライブ”. スポーツニッポン大阪. (2007年5月7日). オリジナル2007年5月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070509013844/http://www.sponichi.co.jp/osaka/ente/200705/07/ente205487.html 
  31. ^ a b c 「ボクらとジャンプ!!」、『duet』2007年11月号、ホーム社2007年10月6日、 170-171頁。
  32. ^ “関ジャニJr.松竹座コンサート1000人熱狂”. DAILY SPORTS ONLINE. (2007年12月25日). オリジナル2008年1月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080103094523/http://daily.co.jp/gossip/johnnys_topics/2007/12/25/0000781551.shtml 2017年7月2日閲覧。 
  33. ^ a b c d 「72人分の愛をプレゼントするで〜!!」、『Myojo』2008年3月号、集英社2008年1月23日、 127頁。
  34. ^ a b c 「関西ジャニーズJr. おめでとう in 城ホール」、『Wink up』2008年3月号、ワニブックス2008年2月7日、 111頁。
  35. ^ YOKO NISHIBAYASHI「DREAM BOYS SPECIAL REPORT 4月4日 梅田芸術劇場」、『POTATO』2008年6月号、学研2008年5月7日、 98-99頁。
  36. ^ “「B.A.D.」中間が骨折押して登場”. デイリースポーツonline. (2008年8月20日). オリジナル2008年9月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080917113009/http://www.daily.co.jp/gossip/johnnys_topics/2008/08/20/0001357109.shtml 2017年6月15日閲覧。 
  37. ^ a b c d 「中山優馬、中間淳太、桐山照史、髙木雄也『ごくせん』『バッテリー』OSAKA凱旋CONCERT」、『POTATO』2008年11月号、学研2008年10月7日、 80-82頁。
  38. ^ a b “関ジャニJr.夢公演いよいよ開幕!!”. デイリースポーツonline. (2008年12月5日). オリジナル2008年12月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081208074929/http://www.daily.co.jp/gossip/johnnys_topics/2008/12/05/0001599106.shtml 2017年9月7日閲覧。 
  39. ^ a b c d 「関西ジャニーズJr.'08 Merry X'mas Concert」、『Wink up』2009年3月号、ワニブックス2009年2月7日、 91頁。
  40. ^ a b c d e f 「関西ジャニーズJr. Umeコン2009 2009.6.19 in 大阪・梅田芸術劇場」、『duet』2009年8月号、ホーム社2009年7月7日、 125-127頁。
  41. ^ a b “関ジャニJr、初の長期公演制作発表…大阪松竹座”. Sponichi Annex. (2009年7月29日). オリジナル2016年8月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160807075331/http://www.sponichi.co.jp/osaka/ente/200907/29/ente222606.html 2017年4月11日閲覧。 
  42. ^ a b c 「関西ジャニーズJr./大阪松竹座夏特別公演 Tough Weeds 光の射すほうへ… AND SHOW TIME」、『POTATO』2009年10月号、学研、 127-129頁。
  43. ^ a b “関西ジャニーズJr.豪華コンサートが開幕”. SANSPO.COM. (2009年12月2日). オリジナル2010年2月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100225084850/http://www.sanspo.com/geino/news/091202/gng0912020502000-n1.htm 2017年4月25日閲覧。 
  44. ^ a b c “関ジャニ3組一丸でライブ 大阪でB.B.Vコンサート”. Sponichi Annex. (2010年12月8日). オリジナル2016年8月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160828034619/http://www.sponichi.co.jp/osaka/ente/201012/08/ente224489.html 2017年4月11日閲覧。 
  45. ^ a b c 「関西Jr.初のレギュラー番組」、『POTATO』2007年6月号、学研2007年5月7日、 135頁。
  46. ^ 「meeting」、『POTATO』2007年10月号、学研、 116-117頁。
  47. ^ 伊野尾慧”. CDJournal. 2016年6月6日閲覧。
  48. ^ PROFILE:Kis-My-Ft2 Official Website”. エイベックス. 2013年8月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月22日閲覧。
  49. ^ 「HAPPY?」、『duet』2005年8月号、ホーム社2005年、 112頁。
  50. ^ a b 「20の元気」、『duet』2005年8月号、ホーム社2005年、 116-117頁。
  51. ^ a b c 「“ありがとう”の気持ちをこめて… Messsage for You!」、『duet』2005年9月号、ホーム社2005年、 116-117頁。
  52. ^ “Question?が初主演舞台”. nikkansports.com. (2007年1月20日). http://www.asahi.com/culture/stage/theater/NIK200701200003.html 2016年8月27日閲覧。 
  53. ^ a b c d e f 「Specialist」、『POTATO』2006年3月号、学研2006年2月7日、 109-111頁。
  54. ^ a b 「performers」、『Wink up』2006年3月号、ワニブックス2006年2月7日、 68頁。
  55. ^ a b アーティスト詳細 中島裕翔”. TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード (2015年4月16日). 2017年9月8日閲覧。
  56. ^ a b c d e 「Fly high!」、『POTATO』2006年11月号、学研2006年10月7日、 121頁。
  57. ^ 「はみだしPOTATOリターンズ」、『POTATO』2009年2月号、学研2009年1月7日、 174-175頁。
  58. ^ 「bond of adhesion」、『Wink up』2009年3月号、ワニブックス2009年2月7日、 86-87頁。
  59. ^ a b キャスト&スタッフ”. 関西ジャニーズJr. 大阪松竹座 夏8月特別公演『少年たち〜格子無き牢獄〜』and SHOW TIME. 松竹 (2010年). 2010年7月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月14日閲覧。
  60. ^ キャスト・スタッフ”. ポプラの秋 (2015年). 2018年8月11日閲覧。
  61. ^ 「alteration」、『POTATO』2008年3月号、学研2008年2月7日、 134頁。
  62. ^ a b c d e f g h 「関西ジャニーズJr.@大阪松竹座2008夏」、『POTATO』2008年10月号、学研2008年9月6日、 83-85頁。
  63. ^ a b “関ジャニJr.「B.A.D.」セーラー服姿で初単独コンサート”. スポーツ報知. (2008年12月5日). オリジナル2008年12月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081212022125/http://hochi.yomiuri.co.jp/osaka/gossip/entertainment/news/20081205-OHO1T00139.htm 
  64. ^ a b c d e 関西ジャニーズJr. 大阪松竹座夏8月特別公演 少年たち 格子なき牢獄 & SHOW TIME! (JPEG)”. 松竹 (2011年). 2016年8月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月27日閲覧。
  65. ^ “関西ジャニーズJr. 浅越ゴエと「事務所超えた共演」”. Sponichi Annex. (2011年12月6日). オリジナル2016年4月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160404045212/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/12/06/kiji/K20111206002182600.html 2017年4月11日閲覧。 
  66. ^ “関ジャニJr.先輩ゆずりのバック転を披露”. SANSPO.COM. (2011年12月6日). オリジナル2012年2月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120205152241/http://www.sanspo.com/geino/news/111206/gng1112061051000-n1.htm 2016年8月27日閲覧。 
  67. ^ a b c d 関西ジャニーズJr. 大阪松竹座 夏 8月特別公演 少年たち 格子なき牢獄 & SHOW TIME! (JPEG)”. 松竹 (2012年8月). 2016年6月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月16日閲覧。
  68. ^ a b c d 関西ジャニーズJr. 大阪松竹座 夏 8月特別公演「ANOTHER」 (PDF)”. 松竹 (2013年). 2016年8月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月27日閲覧。
  69. ^ Xmasコンサート開始の関西ジャニーズJr.「デビューさせて!!」”. NEWSポストセブン (2013年12月9日). 2016年8月27日閲覧。
  70. ^ a b c d e 「HOPE」、『POTATO』2006年11月号、学研2006年10月7日、 120頁。
  71. ^ POTATO 2006年11月号”. ポテト web.. 学研プラス (2006年). 2018年3月11日閲覧。
  72. ^ 「ON STAGE!」、『POTATO』2008年10月号、学研2008年9月6日、 110-111頁。
  73. ^ a b 「OSSaN、元気の素」、『POTATO』2008年11月号、学研2008年10月7日、 121頁。
  74. ^ a b c 「ALL関西ジャニーズJr. 20 COLORS」、『duet』2008年11月号、ホーム社2008年10月7日、 96-103頁。
  75. ^ a b c d 「ジャニーズJr.もかけつけた、大阪城ホールのアツい夜!「家に帰るまでがコンサートです!」」、『ポポロ』2007年7月号、麻布台出版社2007年5月23日、 104-106頁。
  76. ^ a b 「approach」、『POTATO』2007年10月号、学研、 119頁。
  77. ^ a b c 「関西ジャニーズJr. X'mas in 松竹座 おめでとう in 城ホール 前夜祭」、『POTATO』2008年3月号、学研2008年2月7日、 94-95頁。
  78. ^ a b c POTATO 2006年9月号”. ポテト web.. 学研プラス (2006年). 2018年3月11日閲覧。
  79. ^ a b 「武道館が揺れた!100人分のJr.が歌い踊った、180分!」、『ポポロ』2007年3月号、麻布台出版社2007年1月23日、 108-109頁。
  80. ^ 森本龍太郎 プロフィール”. CDJournal. 2018年1月28日閲覧。
  81. ^ a b 中山優馬”. CDJournal. 2016年6月12日閲覧。
  82. ^ “関ジャニ∞ソロコンサート2006冬 / BAD・BOYS・OSSaN・TOP3・Little Gangs ファーストWinterコンサート2006”. 大阪松竹座. (2006年). オリジナル2006年11月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20061109083547/http://www.shochiku.co.jp/play/shochikuza/061213/chirashi.html 
  83. ^ “関ジャニJr71人が視聴率で応援”. スポーツニッポン. (2007年12月25日). オリジナル2008年1月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080119195331/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2007/12/25/07.html 
  84. ^ 神山智洋 プロフィール”. CDJournal. 2016年6月12日閲覧。
  85. ^ 藤井流星 プロフィール”. CDJournal. 2016年6月12日閲覧。
  86. ^ “関ジャニJr71人が視聴率で応援”. Sponichi Annex. (2007年12月25日). オリジナル2016年3月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160311130630/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2007jya/KFullNormal20071225094.html 2017年7月2日閲覧。 
  87. ^ 「関西ジャニーズJr. おめでとう in 城ホール」、『POTATO』2008年3月号、学研2008年2月7日、 96-97頁。
  88. ^ 「assemble!」、『POTATO』2007年6月号、学研2007年5月7日、 100-101頁。
  89. ^ 「Happy Time」、『POTATO』2008年11月号、学研2008年10月7日、 122-123頁。
  90. ^ 「誕生!!Hey!Say!JUMP」、『Wink up』2007年11月号、ワニブックス2007年10月6日、 6-7頁。
  91. ^ a b 屋良朝幸 (2010年4月26日). 【屋良朝幸】舞人生「ゴールがないことは難しいことだが、やりがいがある」. インタビュアー:栗原智恵子. zakzak.. http://www.zakzak.co.jp/people/news/20100426/peo1004261345000-n2.htm 2016年8月27日閲覧。 
  92. ^ 「J-Navi vol.10」、『Wink up』2007年11月号、ワニブックス2007年10月6日、 138-139頁。
  93. ^ a b 「関西ジャニーズJr. X'mas in 松竹座 おめでとう in 城ホール 前夜祭」、『Wink up』2008年3月号、ワニブックス2008年2月7日、 110頁。
  94. ^ a b c d 「All on one」、『Wink up』2008年3月号、ワニブックス2008年2月7日、 77頁。
  95. ^ a b c d 「永久保存版 サマーなら歌って踊けてJohnnys' SUMMARY 2008 超密着BOOK」、『POTATO』2008年10月号、学研2008年9月6日、 75-81頁。
  96. ^ スクラップ・ティーチャー 教師再生”. 日本テレビ放送網 (2008年). 2017年5月5日閲覧。
  97. ^ a b c d e 「ボクたちの放課後」、『POTATO』2008年11月号、学研、 104頁。
  98. ^ a b c d e “優馬ら5人でジャニーズ最年少グループ”. Sponichi Annex. (2009年6月4日). オリジナル2016年3月23日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160323123829/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2009jani/KFullNormal20090604025.html 2017年4月11日閲覧。 
  99. ^ a b c d e デビュー作初登場首位の最年少記録更新「中山優馬 w/B.I.Shadow」平均“14.6歳””. ORICON STYLE (2009年7月21日). 2016年11月12日閲覧。
  100. ^ a b 「B.I.Shadow物語 ハラペコ王子の大冒険」、『duet』2009年7月号、ホーム社2009年6月6日、 115-117頁。
  101. ^ a b 「ボクらの離陸 w/Rainbow Dream」、『duet』2009年8月号、ホーム社2009年7月7日、 109-114頁。
  102. ^ a b c d e f g その他の出演者はこちら (PDF)”. 滝沢歌舞伎. 松竹 (2010年). 2010年3月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月6日閲覧。
  103. ^ a b c d e f g 「Here we go!」、『Wink up』2009年2月号、ワニブックス2009年1月7日、 68頁。
  104. ^ 「ニョキニョキ成長報告」、『duet』2009年7月号、ホーム社2009年6月6日、 108頁。
  105. ^ 「素顔の近況報告」、『duet』2009年8月号、ホーム社2009年7月7日、 44頁。
  106. ^ a b c 「ジャニーズJr.夏休み全員集合1日4公演!!」、『POTATO』2009年10月号、学研、 123-126頁。
  107. ^ ATSUKO NISHIKAWA「get going」、『Wink up』2009年3月号、ワニブックス2009年2月7日、 84頁。
  108. ^ “ジャニーズ初気象予報士 阿部は上智大生 岸本は明大生”. Sponichi Annex. (2015年10月26日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/10/26/kiji/K20151026011392400.html 2017年5月24日閲覧。 
  109. ^ a b 「ジャニーズJr.〔1日4公演やるぞ!〕コンサート 2009.6.7 東京国際フォーラム」、『duet』2009年8月号、ホーム社2009年7月7日、 116-117頁。
  110. ^ POTATO 2009年10月号”. POTATO. 学研 (2009年9月7日). 2017年5月14日閲覧。
  111. ^ a b 「fresh」、『POTATO』2009年10月号、学研2009年9月7日、 151頁。
  112. ^ “関ジャニJr.のX'masコンサート開幕!”. SANSPO.COM. (2011年12月4日). オリジナル2012年3月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120313195810/http://www.sanspo.com/geino/news/111204/gng1112041143001-n1.htm 2016年8月27日閲覧。 
  113. ^ 「go straight!」、『POTATO』2009年10月号、学研2009年9月7日、 150頁。
  114. ^ 「夜の訪問者」、『POTATO』2009年11月号、学研2009年10月7日、 143頁。
  115. ^ Wink Up 2009年11月号”. WiNK UPオフィシャルサイト. ワニブックス (2009年). 2018年2月7日閲覧。
  116. ^ Wink Up 2010年2月号”. WiNK UPオフィシャルサイト. ワニブックス (2010年). 2018年2月7日閲覧。
  117. ^ 少年邦楽専科”. ORICON NEWS. オリコン. 2017年5月6日閲覧。
  118. ^ a b 川島如恵留(かわしまのえる)のプロフィール、出演情報、スケジュール”. ザテレビジョン. KADOKAWA. 2018年7月1日閲覧。
  119. ^ キャスト (PDF)”. 滝沢歌舞伎2012. 松竹 (2012年). 2017年4月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月14日閲覧。
  120. ^ “ジャニーズJr.が「いいとも青年隊」に”. DAILY SPORTS ONLINE. (2011年10月2日). オリジナル2011年10月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111014102304/http://daily.co.jp/gossip/johnnys_topics/2011/10/02/0004519082.shtml 2016年6月23日閲覧。 
  121. ^ “真田佑馬が舞台初主演「タブー」に挑む”. nikkansports.com. (2015年1月31日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20150131-1428409.html 2016年6月6日閲覧。 
  122. ^ 人気グループが日替わりで登場 「ジャニーズ銀座『Youの前にはMeがいる!』」開幕”. シアターガイド (2012年5月2日). 2017年6月1日閲覧。
  123. ^ “銀座にジャニーズ若手集結!日替わり公演”. nikkansports.com. (2013年4月13日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20130413-1111667.html 2016年6月5日閲覧。 
  124. ^ a b c d e f g h i j k l m n シアタークリエ『Live House ジャニーズ銀座』”. 東宝 (2013年). 2013年10月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月20日閲覧。
  125. ^ Cast”. 舞台 銀河英雄伝説 | 第四章 後篇 激突 オフィシャルサイト. 舞台「銀河英雄伝説」実行委員会 (2014年). 2018年7月1日閲覧。
  126. ^ サーティワンCMでジャニーズJr.が躍動! キャンペーン出演メンバーの近況”. エンタメOVO. 共同通信社 (2013年8月25日). 2016年6月6日閲覧。
  127. ^ “関ジャニJr.新ユニットお披露目”. DAILY SPORTS ONLINE. (2012年8月5日). オリジナル2012年8月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120815104209/http://daily.co.jp/gossip/johnnys_topics/2012/08/05/0005269425.shtml 2016年11月12日閲覧。 
  128. ^ a b c d e f g h i “Sexy Zoneに弟分ユニット誕生”. nikkansports.com. (2014年5月6日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20140506-1296523.html 2016年11月20日閲覧。 
  129. ^ Sexy Power3”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2015年). 2016年11月20日閲覧。
  130. ^ a b c d e f g h i “Sexy Zone新ユニット発表、1万7000人ファン歓喜”. SANSPO.COM. (2014年5月5日). http://www.sanspo.com/geino/news/20140505/joh14050514370001-n1.html 2016年11月20日閲覧。 
  131. ^ ジャニーズJr.平野紫耀、永瀬廉ら新ユニット『Mr.King vs Mr.Prince』結成”. オリコン (2015年6月5日). 2017年5月6日閲覧。
  132. ^ a b Sexy Zoneがデビュー5周年 少年から大人への成長、個々のキャラ確立…5人が歩んだ軌跡を辿る”. モデルプレス (2016年11月16日). 2017年5月6日閲覧。
  133. ^ a b c d e f g h Sexy Zone、待望のサード・シングル発売決定”. TOWER RECORDS (2012年8月20日). 2017年5月6日閲覧。
  134. ^ Sexy Zone・佐藤勝利のイベントにマリウス葉と松島聡が特別出演!ジャニーズJr.からは35人が登場!!”. webザテレビジョン (2013年8月22日). 2017年1月5日閲覧。
  135. ^ 中山優馬「お客さんをステージに上げる演出も…」 「ジャニーズ銀座2014」が開幕”. エンタメOVO. 共同通信社 (2014年4月28日). 2016年11月20日閲覧。
  136. ^ a b “Sexyファミリー”もガチバトル!? 「ガムシャラSexy夏祭り!!」が開催!”. webザテレビジョン (2014年5月31日). 2017年1月5日閲覧。
  137. ^ 2015年1月スケジュール”. EX THEATER ROPPONGI公式サイト. テレビ朝日 (2015年1月). 2018年2月2日閲覧。
  138. ^ a b c d e f g 『ジャニーズJr. CALENDAR 2015.4-2016.3』(学研)
  139. ^ a b c d e f キスマイ玉森裕太「見どころはパワーアップしたクライマックス」”. TV LIFE (2016年9月2日). 2016年9月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月30日閲覧。

関連項目[編集]