7 WEST

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

7 WEST(セブン ウェスト)とは、関西ジャニーズJr.男性アイドルグループである。ジャニーズ事務所所属。

概要[編集]

  • 当初はHey! Say! JUMP内ユニット・Hey! Say! 7の関西版として結成されたため、ユニット名は「Hey! Say! 7 WEST」であった。その後はHey! Say! JUMPとは関係なく関西ジャニーズJr.内の一グループとして活動し、「7 WEST」とユニット名を変更した。
  • 当初は中山優馬もメンバーのうちの1人という扱いだったが、2008年8月に行われた大阪松竹座公演以降[1]、中山を含む際は「Hey! Say! 7 WEST w/優馬」「中山優馬 w/Hey! Say! 7 WEST」および「中山優馬 w/7 WEST」というユニット名が使用されるようになった。

メンバー[編集]

生年月日順

年譜[編集]

2007年
  • 8月に大阪松竹座で行われた関西ジャニーズJr.のコンサート『関西ジャニーズJr.@大阪松竹座2007夏』にて中田大智・千崎涼太・神山智洋藤井流星中山優馬の5人(Hey! Say! 7が5人メンバーだったため)で登場。この時、まだグループ名は決まっておらず、「関西版Hey! Say! 7」として紹介。
  • 同年8月30日に大阪城ホールで行われた関ジャニ∞のコンサート『関ジャニ∞えっ!ホンマ!?ビックリ!!TOUR2007』の公演では上記のメンバーと桐山照史・佐竹滉輝を含めた7人が「Hey! Say! 7 West」として紹介されたが、8月31日公演には桐山が抜け、竹本慎平が参加[要出典]
  • 同年9月23日・24日に横浜アリーナで公演されたジャニーズJr.のコンサート『JOHNNYS'Jr. Hey Say 07 in YOKOHAMA ARENA』に「Hey! Say! 7 WEST」として出演[2][3]メンバーは中田・千崎・神山・藤井・竹本・中山の6人と発表された[要出典]
  • 2007年10月6日発売のアイドル雑誌『Wink up』2007年11月号では中田・千崎・神山・中山・藤井の5人で「Hey! Say! 7 WEST」として[4]、同日発売のアイドル雑誌『duet』2007年11月号では中田・千崎・神山・中山・藤井・佐竹[注 1]・竹本の7人で「Hey! Say! 7 West」として[6]それぞれグラビア初登場。
2008年
  • 1月3日のコンサートを最後に中田・千崎が脱退[要出典]。2008年1月23日発売のアイドル雑誌『Myojo』2008年3月号[7]および2月7日発売の『POTATO』『Wink Up』2008年3月号ではメンバーは神山・藤井・竹本・中山の4人になっている[8][9]
  • 同年8月に大阪松竹座で行われた関西ジャニーズJr.のコンサート『関西ジャニーズJr. @大阪松竹座 2008夏』にて重岡大毅・新垣佑斗・小瀧望が加入し、「Hey! Say! 7 WEST w/優馬」として新生スタート[1]。一般には同年9月に行われた「バッテリー・ごくせん 大阪凱旋コンサート」の記者会見で公式発表された[10]。以後、中山優馬を含む場合は前述のユニット名や「中山優馬 w/Hey! Say! 7 WEST」、含まない場合は「Hey! Say! 7 WEST」というユニット名が使用されるようになる。
2010年
  • ユニット名「Hey! Say! 7 WEST」を「7 WEST」に変更[注 2]
2014年
  • 神山智洋、重岡大毅、小瀧望、藤井流星がジャニーズWESTとしてデビューしたため自然消滅。

出演[編集]

テレビ番組[編集]

  • ワールドカップバレーボール2007(大阪ラウンド・広島ラウンド)(2007年11月6日 - 7日・23日、フジテレビ)※広島ラウンド(11月23日)には竹本は参加せず
  • ワールドグランプリ 2009 (大阪ラウンド)(2009年8月7日、フジテレビ)
  • 開運少年!ミラクル J!(朝日放送)
  • 関ジャニ∞のジャニ勉(番組内コーナー「ジュニマガ」「ジュニスポ」のみ)(関西テレビ)
  • ザ少年倶楽部(BSプレミアム)

テレビドラマ[編集]

  • DRAMATIC-J(2008年4月14日 - 9月22日、関西テレビ)
    • 「リバーサイド入口」
    • 「僕らのミラクルサマー」
    • 「8月10日、僕らは花火を上げる…」
  • DRAMADA-J「いつかの友情部、夏。」(2009年9月10日、関西テレビ)Hey!Say!7WESTとして主演(重岡・神山・藤井・小瀧・竹本・新垣)[13]
  • 誰も知らないJ学園(2010年4月28日 - 7月7日、関西テレビ)[14]

映画[編集]

コンサート[編集]

  • JOHNNYS'Jr. Hey Say 07 in YOKOHAMA ARENA(2007年9月23日 - 24日、横浜アリーナ)Hey!Say!7 WEST[3][2](Hey! Say! 7 West[16])として
  • 関西ジャニーズJr. Xmas in 松竹座 おめでとう in 城ホール 前夜祭(2007年12月24日 - 25日、大阪城ホール)Hey!Say!7 WESTとして[17](中田・千崎・神山・中山・藤井・竹本[18]
  • 関西ジャニーズJr. おめでとう in 城ホール(2008年1月3日、大阪城ホール)Hey!Say!7 WESTとして
  • 関西ジャニーズJr. X'Masコンサート2010(2010年12月、大阪松竹座)[19]
  • 関西ジャニーズJr. X'Masコンサート2011(2011年12月3日 - 25日、大阪松竹座)[20]
  • 関西ジャニーズJr. X'masコンサート2013(2013年12月1日 - 25日、大阪松竹座)[21][22]

舞台[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ しかし佐竹滉輝は同雑誌同号の「OSSaN」のページでもメンバーとしてグラビアに登場している[5]
  2. ^ 雑誌『Wink Up』では2010年9月号まで「中山優馬w/Hey!Say! 7 WEST」として[11]、2010年10月号から「7 WEST」として登場している[12]

出典[編集]

  1. ^ a b 「関西ジャニーズJr.@大阪松竹座2008夏」、『POTATO』2008年10月号、学研2008年9月6日、 83-85頁。
  2. ^ a b 「ボクらとジャンプ!!」、『duet』2007年11月号、ホーム社2007年10月6日、 170-171頁。
  3. ^ a b 「誕生!!Hey!Say!JUMP」、『Wink up』2007年11月号、ワニブックス2007年10月6日、 6-7頁。
  4. ^ 「brandnew style」、『Wink up』2007年11月号、ワニブックス2007年10月6日、 68-69頁。
  5. ^ 「秋のSports Festival(4)」、『duet』2007年11月号、ホーム社2007年10月6日、 99頁。
  6. ^ 「START!」、『duet』2007年11月号、ホーム社2007年10月6日、 145頁。
  7. ^ 「恋はカラフル!」、『Myojo』2008年3月号、集英社2008年1月23日、 128-129頁。
  8. ^ 「distance」、『POTATO』2008年3月号、学研2008年2月7日、 133頁。
  9. ^ 「live in union」、『Wink up』2008年3月号、ワニブックス2008年2月7日、 84頁。
  10. ^ 「中山優馬、中間淳太、桐山照史、髙木雄也『ごくせん』『バッテリー』OSAKA凱旋CONCERT」、『POTATO』2008年11月号、学研2008年10月7日、 80-82頁。
  11. ^ Wink Up 2010年9月号”. Wink Up. ワニブックス (2010年). 2017年5月14日閲覧。
  12. ^ Wink Up 2010年10月号”. Wink Up. ワニブックス (2010年). 2017年5月14日閲覧。
  13. ^ 関西ジャニーズJr.の新星“Hey!Say!7WEST”主演青春ドラマ!”. DRAMADA-J「いつかの友情部、夏。」. TCエンタテインメント. 2016年8月6日閲覧。
  14. ^ 関西ジャニーズJr.主演のドラマシリーズ最新作!”. 誰も知らないJ学園. TCエンタテインメント. 2016年8月6日閲覧。
  15. ^ 寮フェス!最後の七不思議”. 映画.com (2012年). 2016年8月6日閲覧。
  16. ^ “「Hey!Say!JUMP」メンバー全員平成生まれ!…ジャニーズ最多10人グループ誕生!”. スポーツ報知. (2007年9月25日). オリジナル2007年10月15日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20071015155539/http:/hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20070925-OHT1T00048.htm 2016年8月6日閲覧。 
  17. ^ 「関西ジャニーズJr. 「関西ジャニーズJr. Xmas in 松竹座 おめでとう in 城ホール 前夜祭」」、『POTATO』2008年3月号、学研2008年2月7日、 94-95頁。
  18. ^ 「72人分の愛をプレゼントするで〜!!」、『Myojo』2008年3月号、集英社2008年1月23日、 127頁。
  19. ^ “関ジャニXマス開演 中山優馬も特別出演”. nikkansports.com. (2010年12月5日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20101205-710233.html 2017年8月13日閲覧。 
  20. ^ “関ジャニJr.のX'masコンサート開幕!”. SANSPO.COM. (2011年12月4日). オリジナル2012年3月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120313195810/http:/www.sanspo.com/geino/news/111204/gng1112041143001-n1.htm 2016年8月6日閲覧。 
  21. ^ “関西ジャニーズ「X'マスライブ」スタート 女装やコントも”. SANSPO.COM. (2013年12月2日). http://www.sanspo.com/geino/news/20131202/joh13120211410001-n1.html 2016年8月6日閲覧。 
  22. ^ Xmasコンサート開始の関西ジャニーズJr.「デビューさせて!!」”. NEWSポストセブン (2013年12月9日). 2016年8月6日閲覧。
  23. ^ “関ジャニJr.、初の長期公演制作発表…大阪松竹座”. Sponichi Annex. (2009年7月29日). オリジナル2016年8月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160807075331/http://www.sponichi.co.jp/osaka/ente/200907/29/ente222606.html 2017年6月12日閲覧。 
  24. ^ キャスト&スタッフ”. 関西ジャニーズJr. 大阪松竹座 夏8月特別公演『少年たち〜格子無き牢獄〜』and SHOW TIME. 松竹 (2010年). 2010年7月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月29日閲覧。
  25. ^ ジャニーズJr.出演舞台「少年たち 格子無き牢獄」がDVD化、18%オフ”. TOWER RECORDS ONLINE (2011年4月11日). 2016年8月6日閲覧。
  26. ^ 関西ジャニーズJr. 大阪松竹座夏8月特別公演 少年たち 格子なき牢獄 & SHOW TIME! (JPEG)”. 松竹 (2011年). 2016年8月7日閲覧。
  27. ^ 関西ジャニーズJr. 大阪松竹座 8月 特別公演 少年たち 格子なき牢獄 & SHOW TIME! (JPEG)”. 少年たち 格子なき牢獄 & SHOW TIME!. 松竹 (2012年). 2016年8月6日閲覧。
  28. ^ 少年たち Jail in the Sky (JPEG)”. 松竹 (2012年9月). 2016年8月7日閲覧。
  29. ^ 関西ジャニーズJr. 大阪松竹座 夏 8月特別公演「ANOTHER」 (PDF)”. ANOTHER. 松竹 (2013年). 2016年8月6日閲覧。
  30. ^ ANOTHER (PDF)”. 松竹. 2016年8月6日閲覧。