長妻怜央

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ながつま れお
長妻 怜央
生年月日 (1998-06-05) 1998年6月5日(21歳)
出身地 日本の旗 日本茨城県
身長 178 cm[1]
血液型 A型[1]
職業 俳優タレントアイドル歌手
ジャンル テレビドラマ舞台
活動期間 2010年10月[2] -
事務所 ジャニーズ事務所
2010年10月 - 2018年11月30日[3]
テンプレートを表示

長妻 怜央(ながつま れお、1998年6月5日[1] - )は、日本タレント俳優。『7ODER project』のメンバーの一員である。茨城県出身[1]

来歴[編集]

2010年10月にジャニーズ事務所に入所[2]2016年からはLove-tuneのメンバーとして活動。

2018年11月30日、有料公式サイト「ジャニーズジュニア情報局」にて、同日付でジャニーズ事務所を退所することが発表された[3]

2019年3月31日、東京ドームシティプリズムホールで行われたイベント『真田佑馬阿部顕嵐のつなげるつなげるつなげる』に出演し、他の元Love-tuneのメンバーと共に公の場に姿を見せた[4]

同年5月22日、『7ORDER project』が始動。3月のイベントに参加した6人に安井が合流し、7人での活動を再開[5]

出演[編集]

グループでの出演はLove-tune#出演を参照。個人での出演のみ記載。

テレビドラマ[編集]

バラエティ番組[編集]

  • 痛快TV スカッとジャパン(フジテレビ)
    • 第36回「俺を好きになっちゃえよ」(2015年11月16日) - 広田圭一 役[7]
    • 第39回「神対応スカッと」(2015年12月14日) - レストランの店員 役[8]
  • イケダンMAX(2019年4月18日 - 、TOKYO MX)[9]

舞台[編集]

CM[編集]

  • AOKI「フレッシャーズ」応援スーツフェア(2015年) - 中島裕翔、髙橋颯、田島将吾、鈴木舜映と共演[13][14]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d “プロフィール>Love-tune”. ジャニーズJr.dex. (n.d.). http://www.fujitv.co.jp/johnnysjrdex/love-tune_191.html 2018年1月26日閲覧。 
  2. ^ a b 「ジャニーズJr.51名超名鑑」『ザテレビジョン』2016年9月9日号、角川マガジンズ、 52頁。
  3. ^ a b ジャニーズJr.安井謙太郎、所属ユニット・Love-tune全員事務所退所&異例の発表理由に言及”. モデルプレス. ネットネイティブ (2018年12月1日). 2018年12月2日閲覧。
  4. ^ 元Love-tune5人、久々再会で決意新た「これからも感動を与えることを」”. ORICON NEWS. オリコン (2019年3月31日). 2019年5月23日閲覧。
  5. ^ 安井謙太郎ら7人、新プロジェクト「7ORDER project」への意気込みを語る〈インタビュー〉”. モデルプレス. ネットネイティブ (2019年5月22日). 2019年5月22日閲覧。
  6. ^ 3秒で合格の“逸材”ジャニーズJr.長妻怜央、月9で「渋谷王子」役「チャラい役を演じるのは大変」”. モデルプレス (2015年9月21日). 2015年11月16日閲覧。
  7. ^ “月9”出演中の長妻怜央&恒松祐里、“胸キュンスカッと”に出演”. ORICON STYLE (2015年11月9日). 2015年11月16日閲覧。
  8. ^ 山下智久とジャニーズJr.の長妻怜央が女性を「クラッと」させる神対応!”. インターネットTVガイド (2015年12月2日). 2016年9月13日閲覧。
  9. ^ 真田佑馬・諸星翔希ら、イケメン6人がMX新番組 『イケダンMAX』”. マイナビニュース. マイナビ (2019年4月11日). 2019年5月23日閲覧。
  10. ^ ジャニーズJr.がクリエ公演で初座長!”. ザテレビジョン (2015年4月26日). 2019年2月4日閲覧。
  11. ^ ジャニーズJr.阿部顕嵐主演で「何者」舞台化 長妻怜央、美山加恋ら出演〈コメント到着〉”. モデルプレス (2017年9月10日). 2017年9月10日閲覧。
  12. ^ SCHOOL STAGE『ここはグリーン・ウッド』- 公式サイト”. 2019年6月3日閲覧。
  13. ^ 「“初スーツ”を爽やかにキメる♪あの名曲の替え歌をバックに疾走!」『オリスタ』第1776巻2015年3月9日号、オリコン、 60頁。
  14. ^ 「CM調査隊」『POTATO』2015年4月号、学研、 141頁。