岩永ジョーイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
いわなが じょうい
岩永 ジョーイ
本名 岩永 丞威(いわなが じょうい)[1]
別名義 ジョーイ・ティー(2005年 - 2007年)[要出典]
丞威(2012年 - ?)[要出典]
生年月日 (1994-06-05) 1994年6月5日(24歳)
出身地 日本の旗 日本大分県
国籍 日本の旗 日本
身長 178 cm[1]
血液型 B型[2]
職業 ダンサー俳優
ジャンル 映画舞台
活動期間 2005年 -[要出典]
事務所 石原プロモーション
主な作品
映画『琉球バトルロワイヤル』

岩永 ジョーイ(いわなが じょうい、1994年6月5日 - )は、日本及びアメリカダンサー俳優マーシャルアーティスト[要出典]である。所属事務所は石原プロモーション[3]血液型B型[2]

人物・来歴[編集]

大分県[1]で日本人の両親のもとに生まれ[4]、生後3か月で渡米し、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスで過ごす[1]。ダンサーだった両親がダンススタジオを経営していたため幼い頃からダンスを始め[5]、3歳の時にはショーのステージに立っていた[4]。7歳の時にEDGEパフォーミングアーツ主催のダンスコンテストのソロ部門で1位になり「パフォーマーオブザイヤー」を受賞[6]

ジャニー喜多川から誘いを受け[2]、11歳から12歳の頃(2005年から2007年[要出典])に日本でジョーイ・ティーという名前でジャニーズ事務所に所属[6][注 1]ジャニーズJr.内ユニット・small but BIG 4[4]TOPS[7]のメンバーとしても活動していた。

2012年[要出典]日本での芸名を丞威に改名。2013年、映画『琉球バトルロワイヤル』で主演を務める[8]

日米を行き来しながら活動を続けていたが[5]2016年4月、石原プロ次世代スター発掘オーディションにて準グランプリを受賞し[9][10]石原プロモーションに所属[3]。その後帰国し[5]、2016年10月より芸名を岩永ジョーイに改名する[11]

趣味・特技はルービックキューブ、フィンガータット、ラップ、ベース、ドラム、 スケートボード、ライトショー、ボウリング、ダーツ、ローラースケート、 カンフー(武器各種)[要出典]

出演[編集]

テレビ番組[編集]

  • ディズニームービーサーファー(2006年)

テレビドラマ[編集]

Webドラマ[編集]

映画[編集]

CM[編集]

  • WBキッズ(2001年)
  • JCペニーナショナルCM(2003年)
  • SEARSナショナルキャンペーン(2008年)
  • バネッサハジェンズミュージックCM(2008年)

ミュージカル[編集]

舞台[編集]

  • DREAM BOYS(2006年)[17]
  • 滝沢演舞城(2006年)
  • YOU&JIN(2010年6月20日・21日)
  • タンブリング(2010年) - ジョージ 役
  • YELLOW GOLD TOUR 3010(2010年11月7日 - 21日)
  • YELLOW GOLD TOUR 3011 凱旋ライブ(2011年)
  • GQ Gentlemen Quality(2011年)
  • タンブリングVol.2(2011年)
  • ドリームハイ(2012年7月3日 - 20日、新国立劇場中劇場) - ジェイソン 役[18]
  • ウィズ〜オズの魔法使い〜(2012年)
  • Delicious Deluxe(2012年) - スペシャルゲスト出演
  • WASABEATS(2016年)[5]
  • 希望のホシ2018(2018年6月13日 - 17日、あうるすぽっと) - 刑事 役[19]

ビデオ・DVD[編集]

  • ディズニースーパースターキッズ(2001年)
  • ミッシーエリオットミュージックビデオ(2002年)
  • 和太鼓 夢羅 東日本大震災復興支援チャリティーコンサート(2012年)

受賞[編集]

  • Performer of the Year / Best junior Solo over all in LADF National Final(2001年)
    LADF ダンスコンテスト全米決勝ジュニアソロ第1位
  • HipHop Intensive Free Style Dance Battle Finalist(2004年、LAコンプトン)
    HipHop フリースタイルダンスバトル優勝
  • US八巻空手スプリングトーナメント 一般の部優勝(2009年3月、ロサンゼルス)
  • ワールド大山空手主催オープントーナメント西海岸大会(2009年5月、サンフランシスコ)
    14・15歳の部優勝、12月の全米トーナメント出場権獲得
  • Big Trick Battle新人戦優勝(2009年)最年少優勝

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 雑誌『Wink up』では2006年3月号に初登場しているが、その時は「ジョーイ ティ」と表記されていた[2]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 岩永 ジョーイ”. 石原プロモーション. 2018年3月27日閲覧。
  2. ^ a b c d 「performers」、『Wink up』2006年3月号、ワニブックス2006年2月7日、 68頁。
  3. ^ a b ““次世代裕次郎”神田穣&丞威、石原プロ初仕事で炊き出しデビュー”. SANSPO.COM. (2016年6月12日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160612/geo16061205040002-n1.html 2016年6月20日閲覧。 
  4. ^ a b c 「Specialist」、『POTATO』2006年3月号、学研2006年2月7日、 109-111頁。
  5. ^ a b c d “丞威は踊る「次世代の裕次郎」、舞台で世界進出”. nikkansports.com. (2016年6月3日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1657225.html 2018年3月26日閲覧。 
  6. ^ a b 岩永ジョーイ”. 映画.com. 2018年3月27日閲覧。
  7. ^ 「Fly high!」、『POTATO』2006年11月号、学研2006年10月7日、 121頁。
  8. ^ a b 丞威「琉球バトルロワイアル」主演!圧巻のアクション披露”. 映画.com (2013年8月12日). 2018年3月27日閲覧。
  9. ^ “準グランプリ丞威さん、スピルバーグ映画最終選考残った…石原プロオーディション”. スポーツ報知. (2016年4月26日). オリジナル2016年6月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160616031137/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160425-OHT1T50274.html 2016年6月20日閲覧。 
  10. ^ グランプリは神田穣、特別賞は増本尚
  11. ^ 岩永ジョーイ公式Twitter、joeybeniの2016年10月9日のツイート2018年3月27日閲覧。
  12. ^ a b 健太郎、山田裕貴、岩永ジョーイ、栁俊太郎らが勢ぞろい!映画『デメキン』第二弾ポスター&場面写真を一挙解禁”. SPICE. イープラス (2017年9月7日). 2018年5月28日閲覧。
  13. ^ CAST”. 映画『デメキン』公式サイト (2017年). 2018年5月28日閲覧。
  14. ^ “岩永ジョーイ、先輩の舘ひろしと初共演!舘「僕と雰囲気が似てる」”. SANSPO.COM. (2018年4月20日). http://www.sanspo.com/geino/news/20180420/geo18042005030006-n1.html 2018年4月27日閲覧。 
  15. ^ 小林千穂 (2018年4月20日). “舘ひろし後輩育てる、石原プロ岩永ジョーイと初共演”. nikkansports.com. https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201804200000078.html 2018年4月27日閲覧。 
  16. ^ 岩永ジョーイ公式Twitter@JoeyBeniの2018年5月11日のツイート2018年5月28日閲覧。
  17. ^ 「Specialist」、『POTATO』2006年3月号、学研2006年2月7日、 109-111頁。
  18. ^ 高橋公子 (2012年). “超人気・韓国ドラマ、初のミュージカル化!7月3日いよいよ開幕!!ミュージカル『ドリームハイ』舞台製作発表”. a-ticket. エイベックス・エンタテインメント. 2018年3月27日閲覧。
  19. ^ “岩永ジョーイ、『希望の―』で初舞台「精いっぱいやりたい」”. SANSPO.COM. (2018年3月7日). http://www.sanspo.com/geino/news/20180307/geo18030705000007-n1.html 2018年3月27日閲覧。 

外部リンク[編集]