滝沢演舞城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
滝沢演舞城
上演 2006 新橋演舞場
2007 新橋演舞場
2008 新橋演舞場
2009 新橋演舞場
2013 新橋演舞場
テンプレートを表示
滝沢歌舞伎
上演 2010 日生劇場
2011 日生劇場
2012 日生劇場
2014 博多座/新橋演舞場
2015 新橋演舞場/マリーナ・ベイ・サンズグランドシアター
2016 新橋演舞場
2017 新橋演舞場
2018 新橋演舞場 / 御園座
2019 京都四条南座 / 新橋演舞場
テンプレートを表示

滝沢演舞城』(たきざわえんぶじょう)は、日本ミュージカル作品。主演は滝沢秀明。作・構成・総合演出はジャニー喜多川。また本作から派生した舞台である『滝沢歌舞伎』(たきざわかぶき)についても本稿で扱う。

概要[編集]

2006年3月に新橋演舞場で初演された、滝沢秀明主演の時代劇LIVEミュージカル[1]ジャニー喜多川の「僕は城を作りたいんだ。滝沢の城を」の一言から企画され[2]、“和に特化した舞台”を目指して制作が開始された[3]。滝沢は2005年に大河ドラマ『義経』で演じた源義経を本作中でも演じている。新橋演舞場でジャニーズ事務所のタレントが公演を行うのは初めてのこと[4]。23歳で座長を務めるのも男性としては同劇場史上最年少であり、滝沢はこれで大阪松竹座帝国劇場梅田コマ劇場に続き、4つの劇場で最年少記録を樹立した[4]

2010年の4月舞台「滝沢歌舞伎」で舞台演出家デビュー[5]

2010年から始まった新橋演舞場・歌舞伎座改築工事に伴い、同年から2012年までは舞台を日生劇場に移し「滝沢歌舞伎」と題した舞台を行った[6]

2012年4月16日に通算300公演を達成[7]

2015年、ジャニーズ事務所製作の舞台で初めての海外・シンガポール公演を行った[8]

滝沢演舞城[編集]

上演期間は2006年3月7日 - 4月25日[9]。全74回で約10万人を動員[10]。通常、ファンクラブ向けに多く販売されるチケットは「幅広い年齢層の方に見て欲しい」ということから一般販売分に50%回して販売された[11]

振り付けは日本舞踊家の花柳錦之輔が参加[12]。ミュージカルやショーの要素をふんだんに盛り込んだ3部構成。火や水、フライングなど派手な演出が成され、滝沢は初の女形にも挑んだ[12]

第一幕第一部「ジャ(PA)ニーズ(Hi)Story 日本昔ばな史」[13]では「白虎隊」、「道成寺」、「滝の白糸[14]、「鷺娘」、「義経千本桜」など日本の歴史や物語・伝説の日本昔話をフューチャーし、滝沢は清姫、狐、翁、花魁など次々と早変わりして観客を楽しませた[15]。第二幕第二部「義経」[13]源義経をテーマにした芝居であり、滝沢が義経を演じたほか、横山裕源頼朝大倉忠義武蔵坊弁慶[14]をそれぞれ演じた。第二幕第三部「Tacky World」[13]はショータイムとして、タッキー&翼の「Venus」や「夢物語」などを披露した[14][15]

2006年3月22日、夜の部の公演中に紙ふぶきに引火したことが原因で、地下2階から出火して舞台装置などを焼き、23日昼・夜の公演が中止になるトラブルが起きる[16][17]。25日の昼の公演より再開したが[17]、火の演出は取りやめ、照明を効果的に使った演出に変更された[18]。中止された22日夜・23日昼夜の3公演は、4月12日、17日、24日に「特別追加公演」として代替公演が行われ[18][19]、追加公演限定の特製ポストカードが観客全員に配布された[20]

キャスト[編集]

滝沢演舞城 2007[編集]

上演期間は2007年7月3日 - 29日。予約が殺到したため当初の千秋楽から1日延びている[26]

昨年と同じく三部構成で、第一部の「滝沢流にほん昔ばな史」[27]では忠臣蔵白虎隊の歴史絵巻を見せ[26]、第二部「タッキーひとり芝居」では自身の意見も取り入れられた脚本で初の一人芝居を行い[27]、第三部「踊るタッキー演舞城」はショー形式で、女形や水芸を再披露[26]。滝沢は第一部で早変わりで女形など17役[28]、第二部で源義経・頼朝・義朝(声のみ)の3役、計20役を演じ分けた[29]。なお前年のぼやを受け、今作では火が使われなかったが[26]、演出面では映像やマジックを駆使し[26]、フライングも観客の真上を飛んだり、約10メートルの高さからバンジー宙返りをするなど[28]4パターンのバリエーションをもたせ、自ら発案したというタッキー&翼の最新曲「×〜ダメ〜」の盆踊りバージョン「×〜ダメ〜音頭」も披露された[30]。また、会場の新橋演舞場では滝沢発案のかき氷「滝氷」も販売された[29]

キャスト[編集]

滝沢演舞城 '08 命(LOVE)[編集]

上演期間は2008年4月2日 - 27日。公演タイトルの「命 = LOVE」は滝沢のアイデアであり[33]、今作の最大のテーマとなっている[34]。舞台のロゴは総合演出を手掛けたジャニー喜多川の直筆文字が使用された[33]。第一幕では女形で「女性としてのLOVE」を、第二幕「義経」では作品への愛や物語中の様々な愛を表現しており、さらにファンへの想いも込められている[33]。また、フィナーレでは“命”や“LOVE”をモチーフとした滝沢作詞・作曲の「With Love」が披露された[35]

第一部では日本の伝統文化や歴史上の出来事をアレンジした「滝沢流にほん昔ばな史」で、「白虎隊」や「安珍と清姫」、「滝の白糸」などを披露[34]。清姫や女水芸人に扮した滝沢は[34]、同年1月放送のNHK時代劇『雪之丞変化』でも女形の役者役を演じていたが、坂東玉三郎の助言によりさらに女性らしい所作を徹底した[33]。また、「滝沢楽屋」の場面では、通常4〜50分かかるという白塗りの化粧を舞台上でわずか5分で行う様を観客に見せ[35]、その後「鷺娘」の舞を艶やかに踊った[34]。第二部では源義経をめぐるストーリーが展開され、義経とその兄の頼朝、そして2人の父である源義朝(の声)の3役を全て滝沢が演じた[34]

キャスト[編集]

滝沢演舞城 '09 タッキー&Lucky LOVE[編集]

上演期間は2009年3月29日 - 4月25日[39]。新橋演舞場にて全44公演。前年の演目をベースに[39]、第1幕では創作歌舞伎や『滝の白糸』の水芸のほか、忠臣蔵の殺陣を、第2幕では源義経の物語を披露した[40]。また今作では約4分間のホラー映像を滝沢が演出し、そのストーリーテラーとして近藤真彦が出演している[39]

キャスト[編集]

滝沢歌舞伎 -TAKIZAWA KABUKI-[編集]

上演期間は2010年4月4日 - 5月8日[41]。全52公演[42]。歌舞伎座改築工事にともない日生劇場へと場所を移す[5]。また、レーザー光線やワイヤーでのフライングもできなくなることから歌舞伎の要素を多く含む内容にリニューアルされることになり[43]、タイトルも変更された[5]。本作品から「演出・滝沢秀明」のクレジットも初めて明記されている[43]

第1部は総勢40人での和太鼓演奏を取り入れたパフォーマンス[44]、第2部では滝沢が初めて平将門を演じ、日本初登場の4Dフライングも披露した[45]。当初は4月末日までの公演の予定だったが、「子供たちも楽しめる舞台を作りたい」という思いから公演期間がのばされ[43]、5月3日から5日の5公演は“こどもの日特別バージョン”として第2部の内容を“TAKIレンジャー”が登場する戦隊ショーや、客席の子供をステージに上げての振り付け教室などに変更して上演された[42]

滝沢は4月4日の舞台稽古中に殺陣のシーンで右眉毛とこめかみの間を12ミリ切る怪我をしたが、病院で処置後、初日公演を無事にこなした[44]

キャスト[編集]

滝沢歌舞伎 2011[編集]

上演期間は2011年4月8日 - 5月8日。前年に続き日生劇場にて滝沢が主演・演出を務めた。第1幕では源義経や織田信長天草四郎新撰組など歴史上の10人を演じ、第2幕では昨年に引き続き平将門を演じる[47]

キャスト[編集]

滝沢歌舞伎 2012[編集]

上演期間は2012年4月8日 - 5月6日、日生劇場にて[49]全40公演。うち5月の10公演は子供向けに内容を変更した[50]「5月ファミリーバージョン公演」で上演された[51]。「10変化」と題し牛若丸豊臣秀吉沖田総司など歴史上の人物に早変わりしたり[52]平将門の姿で舞台上の急斜面に立つ演出が行われた[49]。総勢42人のジャニーズJr.が出演し[53]、今作が初出演となる関西ジャニーズJr.の重岡大毅、桐山照史、神山智洋、濵田崇裕がメインキャストを務め[54]、第1幕のショーとショーの合間の演出は4人に任された[50]

4月9日、翌年は再び新橋演舞場で『滝沢演舞城』を上演することが発表された[7]。4月16日に300回公演を達成[7]

キャスト[編集]

滝沢演舞城 2013[編集]

上演期間は2013年4月7日 - 5月12日[6]。全47公演。滝沢演舞城として新橋演舞場で公演を行うのは約4年ぶりとなり、滝沢が源義経を演じるのも4年ぶり[6]。また京本政樹が息子の京本大我と共演するのは今作が初[57]

キャスト[編集]

滝沢歌舞伎 2014[編集]

上演期間は博多座では2014年3月6日 - 30日までの全35公演。新橋演舞場では2014年4月7日 - 5月6日までの全42公演[60]博多座では初公演となる[61]。滝沢が主演したNHK時代劇にちなんだ鼠小僧のシーンが新演出として追加され、10万枚の紙製の小判が客席に降らされた[62]。博多座の3月22日夜の部で通算上演回数が400回に達した[61]

キャスト[編集]

滝沢歌舞伎 10th Anniversary[編集]

滝沢歌舞伎の10周年記念として開催。2015年4月8日から5月17日まで[64]新橋演舞場で計52公演。14日に上演通算500回を達成[65]。8月18日 - 8月23日まではシンガポールのマリーナ・ベイ・サンズグランドシアター(約2000人収容[8])で初の海外公演が行われた[66]。シンガポールが選ばれたのは、10周年を迎える本公演と同じく、建国50周年という節目を迎える縁から[8]。日本人が多く、治安がいいことも後押しとなった[67]。2014年5月から本格的に話し合いが進められ、滝沢自身も会場を視察したうえで公演が決定した[8]

今作では初演以来となる『安珍清姫』や太鼓の上でのタップダンス、また昨年に引き続き『鼠小僧』[68]や石川五右衛門、義経など次々に場面転換し[65]、さらに新作歌舞伎を披露するなど10周年らしい構成となっている[68]。また海外公演を意識して英語でのナレーション[68]や口上が行われた[69]ほか、第2幕の芝居部分のほとんどは歌やダンス、フライングなどのパフォーマンスに変更されている[68]

滝沢の指名により北山宏光薮宏太が出演[70]。彼らの特技を生かした書道[69]やローラースケートが披露された[68]。またシンガポール公演では薮に替わり河合郁人が出演した[68]

キャスト[編集]

滝沢歌舞伎 2016[編集]

上演期間は2016年4月10日 - 5月15日。全49公演。

内容は3分の2程度リニューアルされており、第1部では初めてバレエダンサーが2人出演し[75]、第2部では滝沢が初めて脚本・演出を手掛ける『鼠小僧』が上演され[76]、三宅と滝沢が共作したエンディング曲「Love」も披露された[77]

4月12日の公演中に三宅健が宙吊りからの着地を失敗して右母趾基節骨を骨折したが、演出を変更して千秋楽まで出演した[78]

4月14日に発生した熊本地震を受け、15日昼公演のカーテンコールで滝沢らから募金活動についての話があり、1階ロビーに募金箱が設置された(千秋楽まで)他、出演しているジャニーズJr.8人がロビーに出て募金を呼びかけた[79]

キャスト[編集]

滝沢歌舞伎 2017[編集]

上演期間は2017年4月6日 - 5月14日[77]。全53公演[81]。ファンからかつてないほどの「もう一度出演してほしい」という声があり、三宅との再共演が実現した[82]

第一部の「道成寺 蛇退治」では滝沢と三宅のW女形で「白拍子の舞」を踊り[82]、滝沢と三宅の新曲「蒼き日々」や、滝沢プロデュースによるSnow Manの新曲「Boogie Woogie Baby」も披露された[83]。第二部『鼠小僧 夢小判〜笑いあり、涙なし〜』[83]のラストでは約8トンの水を使用した大立ち回りが演じられた[84]

5月4日の13:00公演で通算上演回数600回を達成した[77][81]

キャスト[編集]

滝沢歌舞伎 2018[編集]

新橋演舞場での2018年4月5日 - 5月13日(計52公演)の他、初めて名古屋の御園座新劇場開場記念公演として6月4日 - 30日(計38公演)が上演される[87][88]

本編は“虹”をテーマにしており、1幕では日本舞踊の総踊りなどを披露[89]。義経やねずみ小僧らは登場するものの、芝居中心だった2幕は一新され[90]、今回は1幕・2幕共にショースタイルをとった[87]。この演出は2020年の東京オリンピックを意識したものであり[91]、言葉の壁を越えて国内外大勢の人に楽しんでもらえるよう「台詞ではなくパフォーマンスで伝えていく」という意図がある[90][92]。また初日の会見にて滝沢・三宅の新ユニット「KEN☆Tackey」が2018年夏にCDデビューすることが発表され[92]、第2幕でHiHi Jetsの紹介の後に、ユニットの新曲「逆転ラバーズ」が披露された[88]

キャスト[編集]

滝沢歌舞伎ZERO[編集]

上演期間は京都四条南座で2019年2月3日から25日[96]、新橋演舞場で4月10日から5月19日まで[97]

2018年で芸能界を引退する滝沢秀明に代わり、メインキャストは2012年から8年連続シリーズに出演してきたSnow Manのメンバーが務める[98]。全体の作・構成・演出は変わらずジャニー喜多川が務めるが、演出面はほぼ滝沢が受け持ち[99]、タイトルもスタッフらとの話し合いで“Jr.と自身のゼロからの再スタート”の意味が込められ、滝沢は今作で“演出家”として再デビューする[98]

キャスト[編集]

滝沢歌舞伎ZERO 2020[編集]

2020年7月・8月に新橋演舞場で公演予定[102]

DVD[編集]

  • 滝沢演舞城(2007年7月18日)[29]
  • 滝沢演舞城 '08 命(2009年2月18日)
  • 滝沢歌舞伎(2010年9月22日)[103][104]
  • 滝沢歌舞伎 2012(2013年2月22日)[注 2]
  • 滝沢歌舞伎 2014(2014年7月16日)[105]
  • 滝沢歌舞伎 10th Anniversary(2016年2月3日)[73]
  • 滝沢歌舞伎2016(2016年9月14日)[106]
  • 滝沢歌舞伎2018(2018年11月21日)[89][107]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 4月5日から4月8日までは出演しない[94]
  2. ^ 当初発売日は2012年11月14日とされていたが[53]、2013年2月20日に延期となった[51]

出典[編集]

  1. ^ 滝沢秀明主演 時代劇LIVEミュージカル『滝沢演舞城』製作発表記者会見”. シアターガイド (2006年1月24日). 2016年6月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月4日閲覧。
  2. ^ 「和の魅力を体感したい」『Top Stage』第31巻2006年3月号、東京ニュース通信社、2006年1月27日、 16-19頁。
  3. ^ 滝沢秀明; ジャニー喜多川 (2015年3月26日). 「滝沢歌舞伎」10年目突入…最新技術で攻めの舞台. インタビュアー:冨野洋平. YOMIURI ONLINE.. オリジナルの2015年3月29日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/2015.03.29-044643/http://www.yomiuri.co.jp/culture/news/20150313-OYT8T50037.html 2019年6月2日閲覧。 
  4. ^ a b “23歳タッキー 史上最年少座長”. デイリースポーツonline. (2005年11月30日). オリジナルの2007年5月3日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20070503230632/http://www.daily.co.jp/gossip/2005/11/30/196267.shtml 2017年5月11日閲覧。 
  5. ^ a b c “タッキー歌舞伎4・4演出家デビュー発表”. nikkansports.com. (2010年2月22日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20100222-598933.html 2016年6月4日閲覧。 
  6. ^ a b c “タッキー、4年ぶり新橋演舞場で「滝沢演舞城」”. SANSPO.COM. (2013年2月6日). オリジナルの2013年2月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130211154216/http://www.sanspo.com/geino/news/20130206/joh13020605060000-n1.html 2016年6月4日閲覧。 
  7. ^ a b c “タッキー、新橋で「滝沢演舞城」復活へ”. DAILY SPORTS ONLINE. (2012年4月10日). オリジナルの2012年4月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120413020045/http:/daily.co.jp/gossip/johnnys_topics/2012/04/10/0004961079.shtml 2018年11月19日閲覧。 
  8. ^ a b c d “「滝沢歌舞伎」ジャニーズ舞台で初海外”. DAILY SPORTS ONLINE. (2015年2月18日). http://www.daily.co.jp/gossip/2015/02/18/0007748952.shtml 2016年7月31日閲覧。 
  9. ^ 滝沢演舞城|新橋演舞場|歌舞伎・演劇|松竹”. 滝沢演舞城. 松竹 (2006年). 2006年4月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月11日閲覧。
  10. ^ 滝沢演舞城2007 みどころ”. 松竹 (2007年). 2007年5月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月4日閲覧。
  11. ^ “キャ〜タッキー〜!オバサマ熱狂”. nikkansports.com. (2006年3月10日). オリジナルの2006年8月18日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20060818114713/http:/www.nikkansports.com/ns/entertainment/p-et-tp0-060310-0003.html 2017年5月11日閲覧。 
  12. ^ a b “タッキー「滝沢演舞城」で初の女形”. nikkansports.com. (2006年2月25日). オリジナルの2006年3月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20060304165209/http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/p-et-tp0-060225-0004.html 2016年7月31日閲覧。 
  13. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 滝沢演舞城”. DISCOGRAPHY. タッキー&翼 Official Website (2007年). 2016年6月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月11日閲覧。
  14. ^ a b c 岡崎香 (2016年3月). “私の初日観劇記”. 滝沢演舞城. 松竹. 2006年5月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月11日閲覧。
  15. ^ a b 「Special Report! 滝沢演舞場」『POTATO』2006年5月号、学研、2006年4月7日、 25-27頁。
  16. ^ “タッキー舞台ボヤで公演中止”. Sponichi Annex. (2006年3月23日). オリジナルの2007年2月21日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20070221172849/http:/www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2005jya/KFullNormal20060323077.html 2017年5月11日閲覧。 
  17. ^ a b 『滝沢演舞城』25日昼の部から再開決定”. シアターガイド (2006年3月24日). 2016年6月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月4日閲覧。
  18. ^ a b “タッキー舞台再開も演出変更”. Sponichi Annex. (2006年3月26日). オリジナルの2007年2月21日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20070221172917/http:/www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2005jya/KFullNormal20060326095.html 2017年5月11日閲覧。 
  19. ^ 特別追加公演のご案内”. 滝沢演舞城. 松竹 (2006年3月25日). 2006年4月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月11日閲覧。
  20. ^ “タッキー中止公演の千人観劇”. Sponichi Annex. (2006年4月13日). オリジナルの2008年3月12日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20080312220721/http:/www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2005jya/KFullNormal20060413032.html 2018年4月7日閲覧。 
  21. ^ a b c d 「Special Cross Talk about『滝沢演舞城』」『POTATO』2006年4月号、学研、2006年3月7日、 114-115頁。
  22. ^ a b c d 「Kis-My-Ft2 TIMES」『Wink up』2006年4月号、ワニブックス、2006年3月7日、 58-60頁。
  23. ^ a b c d e f g 「BOUND」『POTATO』2006年6月号、学研、2006年5月6日、 99-101頁。
  24. ^ a b c d e f g h i j 「going my way!」『POTATO』2006年6月号、学研、2006年5月6日、 111-113頁。
  25. ^ 「expectation」『POTATO』2006年4月号、学研、2006年3月7日、 103-116頁。
  26. ^ a b c d e “タッキー舞台予約殺到で追加公演決定”. 日刊スポーツ. (2007年5月25日). オリジナルの2007年5月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070527144120/http://www.nikkansports.com/entertainment/p-et-tp0-20070525-203763.html 
  27. ^ a b 『滝沢演舞城2007』製作発表”. シアターガイド (2007年5月29日). 2010年8月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月29日閲覧。
  28. ^ a b “タッキー初の再演17変化で観客魅了”. Sponichi Annex. (2007年7月6日). オリジナルの2008年1月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080126114803/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2007jya/KFullNormal20070706051.html 2018年10月26日閲覧。 
  29. ^ a b c “タッキー、華麗なる20変化!!…座長公演「滝沢演舞城」お披露目”. スポーツ報知. (2007年7月6日). オリジナルの2008年5月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080522081508/http:/hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20070706-OHT1T00072.htm 2018年10月26日閲覧。 
  30. ^ “タッキー座長、舞台で“公開筋トレ”-「滝沢演舞城2007」”. SANSPO.COM. (2007年7月6日). オリジナルの2007年7月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070708200444/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200707/gt2007070605.html 2018年10月26日閲覧。 
  31. ^ a b c d e f g 「パワーアップした孤高のヒーロー再来!滝沢歌舞伎2007」『LOOK at STAR!』第31巻2007年9月号、学研、2007年7月27日、 16-21頁。
  32. ^ 棚橋弘美 (2009年). 森本慎太郎さんインタビュー. インタビュアー:森本慎太郎. Infoseek楽天.. https://special.infoseek.co.jp/entertainment/snowprince/interview/ 2018年5月28日閲覧。 
  33. ^ a b c d “『滝沢演舞城'08』製作発表”. シアターガイド. (2008年2月26日). オリジナルの2018年4月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180430115312/http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2008/02/26.php 2018年4月29日閲覧。 
  34. ^ a b c d e f g h i j 「滝沢演舞城'08命LOVE」『POTATO』2008年6月号、学研、2008年5月7日、 95-97頁。
  35. ^ a b “滝沢秀明が華麗な早変わり”. スポーツ報知. (2008年4月5日). オリジナルの2008年5月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080522074400/http:/hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20080405-OHT1T00070.htm 2018年5月31日閲覧。 
  36. ^ a b YOKO NISHIBAYASHI「BRUSH UP」『POTATO』2008年6月号、学研、2008年5月7日、 106-109頁。
  37. ^ a b YOKO NISHIBAYASHI「KITCHEN NVADER」『POTATO』2008年6月号、学研、2008年5月7日、 100頁。
  38. ^ a b c d TAKAKO SUNAGA「What's a cool!」『POTATO』2008年6月号、学研、2008年5月7日、 115頁。
  39. ^ a b c d e f g “タッキー舞台で悲鳴、衝撃の短編映像”. 日刊スポーツ. (2009年4月2日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20090402-477914.html 2018年4月29日閲覧。 
  40. ^ a b “タッキー自作短編に「90点」”. スポーツ報知. (2009年4月2日). オリジナルの2009年4月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090403201826/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20090401-OHT1T00353.htm 
  41. ^ 滝沢歌舞伎|その他の劇場|歌舞伎・演劇|松竹”. 滝沢歌舞伎. 松竹 (2010年). 2010年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月5日閲覧。
  42. ^ a b “タッキー“TAKIレンジャー”に変身”. SANSPO.COM. (2010年5月4日). オリジナルの2010年5月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100507080545/http:/www.sanspo.com/geino/news/100504/gng1005040502000-n1.htm 2017年5月5日閲覧。 
  43. ^ a b c “滝沢歌舞伎!タッキー演出家デビュー…5年目「演舞城」”. スポーツ報知. (2010年1月4日). オリジナルの2010年11月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101124105426/http:/hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20100104-OHT1T00019.htm 2017年5月5日閲覧。 
  44. ^ a b “タッキー顔面流血!開幕直前「滝沢歌舞伎」けいこであわやの事故”. スポーツ報知. (2010年4月6日). オリジナルの2010年11月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101124110745/http:/hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20100406-OHT1T00041.htm 2017年5月5日閲覧。 
  45. ^ 滝沢秀明演出・主演『滝沢歌舞伎 TAKIZAWA KABUKI』開幕”. シアターガイド (2010年4月6日). 2011年7月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月5日閲覧。
  46. ^ a b c d e f g h i j k l m その他の出演者はこちら (PDF)”. 滝沢歌舞伎. 松竹 (2010年). 2010年3月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月5日閲覧。
  47. ^ “タッキーの英雄10変化“日本史劇”で義経だ!信長だ!”. スポーツ報知. (2011年2月4日). オリジナルの2011年2月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110206165011/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20110204-OHT1T00039.htm 
  48. ^ a b c d e “キスマイが5月にavexからCDデビュー!!”. ザテレビジョン. (2011年2月12日). https://thetv.jp/news/detail/20412/ 2017年11月23日閲覧。 
  49. ^ a b “タッキーは落ちない! 急斜面の見せ場 滝沢歌舞伎に初登場”. 中日スポーツ. (2012年4月10日). オリジナルの2012年4月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120411055116/http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2012041002000199.html 
  50. ^ a b “滝沢歌舞伎 今年は笑い!「漫才でも新喜劇でも受けて立ちます」”. Sponichi Annex. (2012年2月11日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/02/11/kiji/K20120211002611140.html 2018年11月19日閲覧。 
  51. ^ a b 滝沢秀明座長公演「滝沢歌舞伎2012」DVD発売日が2/20に決定”. Musicman-net (2013年1月9日). 2018年11月19日閲覧。
  52. ^ “「滝沢歌舞伎」7年目!牛若丸に沖田総司に変身だ”. スポーツ報知. (2012年4月10日). オリジナルの2012年4月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120413044235/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20120410-OHT1T00024.htm 
  53. ^ a b タッキー、総勢42名のJr.を従えた「滝沢歌舞伎 2012」発売”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2012年10月15日). 2018年11月19日閲覧。
  54. ^ “関西ジャニJr「滝沢歌舞伎」乗っ取る?”. 日刊スポーツ. (2012年4月10日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20120410-931647.html 2018年4月29日閲覧。 
  55. ^ a b c DVD『滝沢歌舞伎2012』の発売日が2月20日に決定”. BARKS (2013年1月8日). 2016年12月15日閲覧。
  56. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab キャスト (PDF)”. 滝沢歌舞伎2012. 松竹 (2012年). 2014年9月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月8日閲覧。
  57. ^ “京本政樹親子、初競演 滝沢秀明舞台で”. デイリースポーツ (神戸新聞社). (2013年4月9日). http://daily.co.jp/gossip/2013/04/09/0005884633.shtml 2014年4月6日閲覧。 
  58. ^ a b c d e f g h i j k l 滝沢演舞城 2013”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2013年). 2013年5月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月7日閲覧。
  59. ^ a b c d e “ジャニーズのバイオリン王子結婚、同年代一般女性と”. nikkansports.com. (2017年6月13日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1839250.html 2018年4月7日閲覧。 
  60. ^ 公演情報 日程・上演時間―新橋演舞場”. 滝沢歌舞伎2014. 松竹 (2014年). 2014年4月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年11月17日閲覧。
  61. ^ a b “縦横に舞台パフォーマンス 「滝沢歌舞伎」が初見参”. 西日本新聞. (2014年2月23日). オリジナルの2014年3月10日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140301002739/http://www.nishinippon.co.jp/nlp/on_stage/article/71670 2018年4月7日閲覧。 
  62. ^ “「滝沢歌舞伎」東京公演初日 「いずれは海外でやりたい」”. CHUNICHI Web. (2014年4月8日). オリジナルの2014年4月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140408213900/http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2014040802000181.html 2016年6月4日閲覧。 
  63. ^ a b c d e f g 出演者情報はこちら (PDF)”. 滝沢歌舞伎2014. 松竹 (2014年). 2014年5月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年11月17日閲覧。
  64. ^ 松竹創業120周年 滝沢歌舞伎 10th Anniversary”. 松竹 (2015年). 2015年2月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月31日閲覧。
  65. ^ a b “10年目の滝沢歌舞伎スタート!大鶴バルーン登場、8月初海外公演も”. スポーツ報知. (2015年4月9日). オリジナルの2015年4月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150416164544/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20150408-OHT1T50303.html 
  66. ^ 滝沢歌舞伎が10周年で初の海外公演 8月にシンガポールで「雪を降らせたい」”. エンタメOVO. 共同通信社 (2015年2月17日). 2016年7月31日閲覧。
  67. ^ “「滝沢歌舞伎」シンガポール公演のワケ…日本人多く、治安がいい”. Sponichi Annex. (2015年2月18日). オリジナルの2016年3月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160309094114/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/02/18/kiji/K20150218009826510.html 2017年4月8日閲覧。 
  68. ^ a b c d e f “タッキー歌舞伎開幕「10年分の愛をこめた」集大成”. 日刊スポーツ. (2015年4月9日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1458825.html 2018年4月29日閲覧。 
  69. ^ a b “タッキー 8月海外公演見据え“グローバル演出”英語で口上”. Sponichi Annex. (2015年4月9日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/04/09/kiji/K20150409010137010.html 2016年7月31日閲覧。 
  70. ^ 10回目を迎える「滝沢歌舞伎」がシンガポールに雪を!?”. ザテレビジョン (2015年2月17日). 2016年7月31日閲覧。
  71. ^ a b c 10年目迎えた滝沢歌舞伎 滝沢秀明・北山宏光・藪宏太が語る”. NEWSポストセブン (2015年4月18日). 2016年6月4日閲覧。
  72. ^ a b c d e f g キャスト (PDF)”. 滝沢歌舞伎 10th Anniversary. 松竹. 2015年3月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月31日閲覧。
  73. ^ a b c 10年目の滝沢歌舞伎が映像化、豪華内容の「よ〜いやさぁ〜盤」も”. 音楽ナタリー (2015年12月18日). 2016年6月4日閲覧。
  74. ^ “A.B.C-Zの河合郁人は古風!?/芸能ショナイ業務話”. SANSPO.COM. (2015年8月21日). http://www.sanspo.com/geino/news/20150821/joh15082112070002-n1.html 2016年6月4日閲覧。 
  75. ^ 飯塚友子 (2016年4月3日). “11年目の「滝沢歌舞伎」が目指すのは「スカッとする舞台」 光一にあこがれたタッキーが体当たり”. 産経ニュース. http://www.sankei.com/entertainments/news/160403/ent1604030012-n1.html 2016年6月4日閲覧。 
  76. ^ a b V6三宅健が『滝沢歌舞伎』初出演 タッキー直々にオファー”. ORICON STYLE (2016年1月19日). 2016年1月19日閲覧。
  77. ^ a b c d e f “まもなく上演600回!「滝沢歌舞伎2017」にV6・三宅健、Snow Manら”. ステージナタリー. (2017年1月17日). http://natalie.mu/stage/news/217205 2017年1月18日閲覧。 
  78. ^ “V6三宅健は骨折だった 演出変更し千秋楽まで出演”. 日刊スポーツ. (2016年4月14日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1631314.html 2016年4月14日閲覧。 
  79. ^ “滝沢秀明「僕たちができること」熊本地震で募金活動”. nikkansports.com. (2016年4月15日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1632259.html 2016年6月4日閲覧。 
  80. ^ a b c d e f g h i キャスト (PDF)”. 滝沢歌舞伎 2016. 松竹. 2016年6月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月4日閲覧。
  81. ^ a b 「滝沢歌舞伎」通算上演600回達成間近「体力が続く限り」 三宅健との女方披露に滝沢秀明「女性の気持ちが分かります」”. エンタメOVO. 共同通信社 (2017年4月6日). 2017年4月8日閲覧。
  82. ^ a b 「滝沢歌舞伎」が今年も開幕!2017年の見どころは滝沢秀明&三宅健による美麗な女形の披露”. TVLIFE web. 学研プラス (2017年4月6日). 2017年4月8日閲覧。
  83. ^ a b 滝沢秀明&三宅健、女方挑戦も「メイクダウン」心配 - CMオファーも期待”. マイナビニュース (2017年4月6日). 2017年4月8日閲覧。
  84. ^ “専門家うならせた!タッキー&三宅健W女形 「滝沢歌舞伎」初日”. Sponichi Annex. (2017年4月7日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/04/07/kiji/20170406s00041000418000c.html 2017年4月8日閲覧。 
  85. ^ a b c d e f g 演舞場4-5月『滝沢歌舞伎2017』特別チラシ”. 滝沢歌舞伎2017. 松竹 (2017年). 2017年4月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月8日閲覧。
  86. ^ “関西ジャニーズJr.室龍太「滝沢歌舞伎で、こっぴどく怒られた」”. デイリースポーツonline. (2017年12月1日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/12/01/0010780975.shtml 2018年4月7日閲覧。 
  87. ^ a b “滝沢秀明:「滝沢歌舞伎」名古屋初上演に「いつも以上に気合」御園座ならではの演出も?”. MANTANWEB. (2018年3月2日). https://mantan-web.jp/article/20180302dog00m200015000c.html 2018年4月7日閲覧。 
  88. ^ a b 塚田史香 (2018年4月6日). “究極の夢舞台『滝沢歌舞伎2018』開幕! 滝沢秀明×三宅健の新ユニット「KEN☆Tackey」が始動”. SPICE. イープラス. 2018年4月7日閲覧。
  89. ^ a b “滝沢秀明主演「滝沢歌舞伎2018」が3作連続4作品目の1位獲得…オリコンランキングで”. スポーツ報知. (2018年11月29日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20181128-OHT1T50159.html 2019年2月11日閲覧。 
  90. ^ a b “タッキーと三宅健「KEN☆Tackey」で今夏CDデビュー…滝沢歌舞伎で新曲披露”. スポーツ報知. (2018年4月5日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180405-OHT1T50160.html 2018年4月7日閲覧。 
  91. ^ “「滝沢歌舞伎」東京五輪仕様でショー形式に…羽生の表現者魂見習う”. デイリースポーツonline. (2018年2月20日). https://www.daily.co.jp/gossip/2018/02/20/0011001573.shtml 2018年4月7日閲覧。 
  92. ^ a b 三宅健&滝沢秀明で新ユニット「KEN☆Tackey」結成 CDデビュー決定”. モデルプレス (2018年4月5日). 2018年4月7日閲覧。
  93. ^ a b c d e チラシ (PDF)”. 滝沢演舞城2018. 松竹 (2018年). 2018年4月7日閲覧。
  94. ^ 滝沢歌舞伎2018出演者情報”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2018年). 2018年4月7日閲覧。
  95. ^ a b c 出演者情報はこちら (PDF)”. 御園座. 松竹 (2018年). 2018年4月7日閲覧。
  96. ^ a b 南座新開場記念 滝沢歌舞伎ZERO”. 滝沢歌舞伎ZERO. 松竹 (2019年). 2019年2月11日閲覧。
  97. ^ a b 滝沢歌舞伎ZERO”. 滝沢歌舞伎ZERO. 松竹 (2019年). 2019年2月11日閲覧。
  98. ^ a b ““演出家”タッキー、出世作で再出発!メインキャストはSnow Man”. SANSPO.COM. (2018年11月17日). https://www.sanspo.com/geino/news/20181117/joh18111705030001-n1.html 2018年11月19日閲覧。 
  99. ^ “「滝沢歌舞伎」生まれ変わる Jr.が継承…来年4月新橋演舞場などで公演”. CHUNICHI Web. (2018年11月17日). http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2018111702000168.html 2018年11月19日閲覧。 
  100. ^ a b Concert・Stage(ジャニーズJr.)「滝沢歌舞伎ZERO」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2018年11月17日). 2019年2月11日閲覧。
  101. ^ a b c d 村上真都ラウール、「滝沢歌舞伎 ZERO」新橋演舞場公演に出演”. ステージナタリー. ナターシャ (2019年1月18日). 2019年2月11日閲覧。
  102. ^ 「滝沢歌舞伎ZERO 2020」上演決定、演出は引き続き滝沢秀明”. ステージナタリー. ナターシャ (2019年5月20日). 2019年6月2日閲覧。
  103. ^ 2010年版『滝沢歌舞伎』がDVD化”. TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード (2010年8月1日). 2017年5月5日閲覧。
  104. ^ 滝沢秀明主演『滝沢歌舞伎』のDVDが9月22日に発売”. シアターガイド (2010年8月5日). 2017年5月5日閲覧。
  105. ^ 滝沢秀明の終わりなき進化〈滝沢歌舞伎2014〉が早くもDVD化”. CDJournal (2014年5月30日). 2016年6月4日閲覧。
  106. ^ V6・三宅健を迎えた「滝沢歌舞伎2016」が映像化、初回盤には2人のスペシャル対談も”. music.jpニュース. エムティーアイ (2016年7月29日). 2017年4月8日閲覧。
  107. ^ 「滝沢歌舞伎2018」BD/DVD化、キャストによる鑑賞会の模様も収録”. ステージナタリー. ナターシャ (2018年10月26日). 2019年2月11日閲覧。

関連項目[編集]

  • DREAM BOY - 滝沢が座長を務めたミュージカル作品。

外部リンク[編集]