COSMIC RESCUE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

COSMIC RESCUE -The moonlight generations-』(コスミック・レスキュー ザ・ムーンライト・ジェネレーションズ)は、2003年7月11日に公開された日本映画。アイドルグループ・Coming Centuryの映画デビュー作、堀北真希の女優デビュー作である。

概要[編集]

全編宇宙の本格サイエンスフィクション映画の宣伝文句の通りVFXを駆使して近未来の宇宙を表現しているだけでなく、太陽フレアスペースデブリなどの科学要素を盛り込んでいる。

ストーリー[編集]

近未来、人類の宇宙進出により宇宙船事故も社会的な問題となっていた。宇宙開発関連保険は宇宙船事故の人命救助を行うコスミック・レスキュー、通称CRを結成。

西暦2053年、そのCRの中でも伝説的な活躍をしてきた南條俊をリーダーとする第89師団はデブリ回収に執着していた。しかし、メカニックを行う江口亮と南條に憧れCRに入った澤田東はそんな南條をじれったく思っていた。そんな中、澤田は座礁船からの救助信号をキャッチする。

出演[編集]

スタッフ[編集]

テーマソング[編集]

主題歌
挿入歌

サウンドトラック[編集]

アルバム名は『COSMIC RESCUEオリジナル サウンドトラック』で2003年7月9日にエイベックス・マーケティングから発売された。ボーナストラックに「COSMIC RESCUE-Coming Century Vo Ver.-」「Come With Me -ムービーVer.-」が収録された

収録内容[編集]

  1. COSMIC RESCUE -Coming Century Vo Ver.-
  2. やわらかな光 -Edit-
  3. Hurry Up
  4. Three men’s
  5. 太陽フレア
  6. 政府広報のテーマ
  7. ズワイガニのパスタ
  8. once
  9. Run through
  10. the right of case
  11. Hero
  12. Emergency
  13. 別れのテーマ
  14. やわらかな光
  15. Come With Me -ムービーVer.-

関連事項[編集]

  • 本作がきっかけでComing Centuryの三人は2003年に行われた「第18回世界宇宙飛行士会議」の公式サポーターに認定される。

関連項目[編集]