戸田菜穂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
とだ なほ
戸田 菜穂
生年月日 (1974-03-13) 1974年3月13日(47歳)
出生地 日本の旗 日本広島県広島市
身長 165 cm
血液型 A型
職業 女優
活動期間 1991年 -
配偶者 あり(2012年 ‐ )
著名な家族 戸田麻衣子(妹)
戸田康平(弟)
事務所 ホリプロ
主な作品
テレビドラマ
ええにょぼ
ショムニ
TEAM
アイ’ム ホーム 遥かなる家路
anego[アネゴ]
空飛ぶタイヤ
高嶺の花
なつぞら
映画
『女はバス停で服を着替えた』
テンプレートを表示

戸田 菜穂(とだ なほ、1974年3月13日 - )は、日本女優ホリプロ所属。

略歴[編集]

広島県広島市、現在の安佐北区出身。広島県立安古市高等学校を経て、玉川大学文学部外国語学科卒業(フランス語専攻)。

高校2年生時の1990年平成2年)、国際花と緑の博覧会会場で開催された第15回 ホリプロタレントスカウトキャラバンにおいて、約3万4千人の応募者のなかからグランプリに選ばれた[1]。戸田は「グランプリ発表の直前に後ろで控えていた時に、審査員の1人だった千葉真一さんが『いつか共演しましょうね』と言ってくださった。『え、もしかして?!』と思ったのをすごくよく思い出す。芸能界の一番最初の思い出です」と振り返っている[1]

1991年(平成3年)に芸能界デビューした。

1993年、『ええにょぼ』に主演したことで全国的に知られるようになる。

その後は『ショムニ』での杉田美園役がハマっていたが、『anego[アネゴ]』では一転してサバサバしたキャリアウーマン役を演じた。

2018年4月より、NHK-TV俳句の第3週の司会を担当。趣味の俳句を披露している。

人物[編集]

父親は広島市で歯科医院[2]を営んでいる。元女優の戸田麻衣子は妹。弟である戸田康平[3]は歯科医師でシンガー・ソングライターである。歯科医院は祖父の代から営んでおり、祖父・幸一は広島への原爆投下後、救護班で被爆者の治療にあたっていた[4]。この時の体験は1950年に広島市が編纂した『原爆体験記』に収録されており、映像化もされている。この経緯から、孫である菜穂も広島原爆投下にまつわるドキュメンタリーナレーションを務めることが多い。

語学はフランス語を得意としている。俳句小唄三味線を趣味としており、2010年に俳句の本を出版した。

2005年(平成17年)には、当時ニューヨーク・ヤンキースに所属していた野球選手・松井秀喜との交際が話題になり、11月のパリ旅行時のルーブル美術館でのツーショット写真がフライデーに、また腕を組んだツーショット写真が他女性誌に掲載されたりと順調に愛を育んでいた中[5]、松井の父親・松井昌雄は2人の結婚を示唆する発言もしていたが、翌2006年(平成18年)には破局した。

2010年(平成22年)3月、1学年年下の医師と婚約したことを所属事務所が発表した[6]。医師は東京都内の病院に勤務しており、身長175cmのスポーツマン、戸田とは2009年7月に行われた知人らとの食事会で知り合って意気投合したものという[6]。結婚式は2010年10月17日に明治神宮で行われ、同日都内ホテルで結婚披露宴が行われた[7]

2012年12月10日午後2時23分、第1子となる3,606gの長女を都内の病院で出産した。2014年4月7日に次女を出産。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK[編集]

日本テレビ[編集]

TBS[編集]

フジテレビ[編集]

テレビ朝日[編集]

テレビ東京[編集]

WOWOW[編集]

その他[編集]

映画[編集]

テレビアニメ[編集]

ドキュメンタリー[編集]

  • ホリデー・ドキュメンタリー|ホリデーにっぽん「ふるさとに心刻んで」(2010年、NHK総合テレビ) - ナレーション
  • テレメンタリー2014「ひと口の怖さ 食物アレルギーと闘う子どもたち」(2014年、北海道テレビ制作) - ナレーション
  • NNNドキュメント「色彩の記憶〜よみがえる“広島”〜」(2019年7月29日、日本テレビ系列 / 広島テレビ制作) - 語り
  • NNNドキュメント「原爆の絵 高校生が描く“ヒロシマ”」(2019年8月5日、日本テレビ系列 / 広島テレビ制作) - 語り
  • RCCテレビ60年 令和元年8・6関連特別番組「伝言〜広島を生きた母〜」(2019年8月6日、中国放送) - 語りおよび出演
  • NNNドキュメント「夢見た国でみたものはー彷徨う外国人技能実習生ー」(2021年4月4日、日本テレビ系列 / 四国放送制作) - ナレーション

教養番組[編集]

  • NHK俳句(2018年4月 - 、NHK)第3週司会

その他[編集]

  • NHK広島放送局開局90年記念コンサート レッドシンフォニー 〜“赤”につながる音の旅〜(2018年4月30日、NHK総合・中国地方)司会
  • 泣きたいときのクスリ2008

ビデオクリップ[編集]

CM[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 柄本時生「絶対井岡だ」スポーツジムで遭遇の記憶」『日刊スポーツ日刊スポーツ新聞社、2020年11月27日。2021年2月21日閲覧。
  2. ^ “戸田デンタルクリニック TODA DENTAL CLINIC”. http://www.toda-dental-clinic.com 
  3. ^ “戸田デンタルクリニック 院長”. http://www.toda-dental-clinic.com/index.html#cont2 
  4. ^ きょうの潮流 2018年6月17日(日)” (日本語). www.jcp.or.jp. 2021年10月27日閲覧。
  5. ^ ヤンキースの松井秀喜外野手、戸田菜穂との交際を「告白」。 | Narinari.com
  6. ^ a b “戸田菜穂がはやりの“ドクター婚””. スポニチ Sponichi Annex. (2010年3月4日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2010/03/04/kiji/K20100304Z00001920.html 2017年3月22日閲覧。 
  7. ^ “戸田菜穂 同い歳の医師と明治神宮で挙式”. スポニチ Sponichi Annex. (2010年10月18日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2010/10/18/kiji/K20101018Z00001310.html 2017年3月22日閲覧。 
  8. ^ “なつぞら:なつの母は戸田菜穂! 放送で判明 記憶の中に登場「不思議な気持ち」”. まんたんウェブ. (2019年9月17日). https://tvfan.kyodo.co.jp/news/topics/1119154 2019年9月17日閲覧。 
  9. ^ “「軍師官兵衛」新キャスト発表!V6岡田の母役に戸田菜穂”. サンスポ. (2013年11月21日). https://www.sanspo.com/article/20131121-SKDHKBRW3ZPXBDQVMMRASR5IO4/?outputType=amp 2013年11月21日閲覧。 
  10. ^ “渡辺謙、来年大河『西郷どん』で島津斉彬役 市原悦子も語りで出演”. ORICON NEWS. (2017年6月27日). https://www.oricon.co.jp/news/2093152/ 2017年6月27日閲覧。 
  11. ^ 蓮佛美沙子さん・戸田菜穂さん初共演!「ランチのアッコちゃん」”. プレミアムよるドラマ. ドラマトピックスブログ: NHKブログ (2015年3月9日). 2015年4月29日閲覧。
  12. ^ “長谷川京子、NHK連続ドラマで主演 『ふれなばおちん』で“危険”な主婦役”. ORICON NEWS. (2016年5月11日). https://www.oricon.co.jp/news/2071487/ 2016年5月11日閲覧。 
  13. ^ 須賀健太主演ドラマをCMプランナー・篠原誠が制作!”. ザテレビジョン (2017年2月2日). 2019年8月8日閲覧。
  14. ^ “井浦新、沖縄基地訪れ「恐怖と怒り」 米軍と闘った外交官を熱演”. エンタメOVO (共同通信社). (2017年8月3日). https://tvfan.kyodo.co.jp/news/topics/1119154 2017年8月3日閲覧。 
  15. ^ 高橋克典さん主演『不惑のスクラム』制作開始!”. NHKドラマ. 日本放送協会 (2018年7月3日). 2018年8月7日閲覧。
  16. ^ “高橋克典が“中年ラガーマン”に!「かっこ悪くてカッコいいオヤジたちの青春群像ドラマ」”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2018年7月3日). https://thetv.jp/news/detail/153031/ 2018年8月7日閲覧。 
  17. ^ 尾野真千子さん主演!『令和元年版 怪談牡丹燈籠』制作開始!”. NHKドラマ. ドラマトピックス. 日本放送協会 (2019年5月28日). 2019年5月28日閲覧。
  18. ^ “尾野真千子、希代の悪女役に挑戦「女として気持ちが分かる部分もあります」”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2019年5月28日). https://thetv.jp/news/detail/191575/ 2019年5月28日閲覧。 
  19. ^ ドラマ「ギルティ」に戸田菜穂、徳永えり、筧美和子、大西礼芳、阿部亮平、長井短”. 映画ナタリー (2020年3月20日). 2020年3月20日閲覧。
  20. ^ “幕末医療漫画『JIN-仁-』が大沢たかお、中谷美紀ら豪華キャストでドラマ化”. ORICON NEWS. (2009年7月22日). https://www.oricon.co.jp/news/67858/ 2009年7月22日閲覧。 
  21. ^ “金曜ドラマ『アンナチュラル』- TBSテレビ”. https://www.tbs.co.jp/unnatural2018/guest/guest4.html 
  22. ^ “戸田菜穂:「病室で念仏を唱えないでください」第7話ゲスト出演 乳がんの末期患者役”. まんたんウェブ. (2020年2月21日). https://mantan-web.jp/amp/article/20200221dog00m200020000c.html 2020年2月21日閲覧。 
  23. ^ “注目ドラマ紹介:「間違われちゃった男」 古田新太が連ドラ初主演 下町舞台の人情コメディー”. まんたんウェブ. (2013年4月13日). https://mantan-web.jp/article/20130412dog00m200080000c.html 2013年4月13日閲覧。 
  24. ^ “タッキー、警察ドラマ初挑戦 見せ場のアクション「願いがかなった」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2013年10月29日). https://www.oricon.co.jp/news/2030236/ 2013年10月29日閲覧。 
  25. ^ “伊原剛志、フジドラマ初主演 『炎の経営者』実写化”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年2月22日). https://www.oricon.co.jp/news/2086363/ 2017年2月22日閲覧。 
  26. ^ “『コンフィデンスマンJP』最終回は“ワンシチュエーション劇” ゲストは佐藤隆太”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年6月4日). https://www.oricon.co.jp/news/2112852/ 2018年6月4日閲覧。 
  27. ^ 船越英一郎がベテラン俳優・北大路欣也にキスを迫られうっとり…!?”. ザテレビジョン (2009年10月29日). 2009年10月29日閲覧。
  28. ^ “直木賞作家・重松清の短編小説3作品が1本のドラマに”. ORICON NEWS (oricon ME). (2011年2月11日). https://www.oricon.co.jp/news/84726/ 2011年2月11日閲覧。 
  29. ^ 『バイプレイヤーズ』板谷由夏はじめバイプレ女優も集結”. ORICON NEWS (2018年2月7日). 2018年2月7日閲覧。
  30. ^ 佐藤浩市の洗礼を受けた新人俳優出演 『Aではない君と』キャスト追加発表”. ORICON NEWS (2018年8月24日). 2018年8月24日閲覧。
  31. ^ 芦名星主演ドラマの各話ゲストにホリプロ女優ズラリ”. ORICON NEWS (2019年7月4日). 2019年7月4日閲覧。
  32. ^ “WOWOW版「沈まぬ太陽」第2部にシャーロット・ケイト・フォックス、片岡愛之助ら豪華キャスト!”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2016年6月26日). http://eiga.com/news/20160626/16/ 2017年1月5日閲覧。 
  33. ^ “WOWOW『沈まぬ太陽』第2部キャスト一挙発表 戸田菜穂、佐々木希ら32名”. ORICON NEWS. (2016年6月26日). https://www.oricon.co.jp/news/2074065/ 2016年6月26日閲覧。 
  34. ^ “吉田羊主演「コールドケース3」江口洋介が復讐に燃える父親役、井之脇海も出演”. 映画ナタリー. (2020年9月15日). https://natalie.mu/eiga/news/396423 2020年9月15日閲覧。 
  35. ^ “『コールドケース3』江口洋介、緒形直人、井之脇海らゲスト出演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年9月15日). https://www.oricon.co.jp/news/2172025/full/ 2020年9月16日閲覧。 
  36. ^ “映画『泣きたいときのクスリ』の大東俊介「最近、坂本龍馬の本で泣きました」”. ORICON NEWS. (2008年11月15日). https://www.oricon.co.jp/news/59723/ 2008年11月15日閲覧。 
  37. ^ ホッタラケの島 〜遥と魔法の鏡〜”. メディア芸術データベース. 2016年8月5日閲覧。
  38. ^ “豊川悦司、藤沢時代劇『必死剣鳥刺し』で悲運の剣の遣い手に挑戦”. ORICON NEWS. (2009年11月19日). https://www.oricon.co.jp/news/70843/ 2009年11月19日閲覧。 
  39. ^ “戸田菜穂、初海外進出に「心臓がバクバク」 韓国映画に出演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年6月5日). http://www.oricon.co.jp/news/2091868/full/ 2017年6月30日閲覧。 
  40. ^ “井浦新、沖縄返還のためアメリカと闘った実在の外交官役で「返還交渉人」主演”. 映画ナタリー. (2018-04-06.). https://natalie.mu/eiga/news/276725 2018年4月6日閲覧。 
  41. ^ “福士蒼汰、猫・ナナとじゃれあい 映画『旅猫リポート』予告公開”. ORICON NEWS (株式会社blueprint). (2018年7月12日). https://www.oricon.co.jp/news/2115451/ 2018年7月12日閲覧。 
  42. ^ “甲本雅裕の主演作「高津川」公開、石見神楽を伝承する人々描く”. 映画ナタリー. (2019年8月13日). https://natalie.mu/eiga/news/343530 2019年8月13日閲覧。 
  43. ^ “山田涼介主演の映画『記憶屋』来年1・17公開 梶裕貴が予告映像ナレーションを担当”. ORICON NEWS (株式会社blueprint). (2019年10月11日). https://www.oricon.co.jp/news/2146346/ 2019年10月11日閲覧。 
  44. ^ “吉野北人が奥野壮に“壁ドン” 映画『私モテ』予告編映像解禁”. ORICON NEWS (株式会社blueprint). (2020年3月6日). https://www.oricon.co.jp/news/2156851/ 2020年3月6日閲覧。 
  45. ^ “伊藤健太郎主演、黒木瞳監督で『十二単衣を着た悪魔』実写化決定 共演に三吉彩花、伊藤沙莉ら”. Real Sound (株式会社blueprint). (2020年6月30日). https://realsound.jp/movie/2020/06/post-577309.html 2020年6月30日閲覧。 
  46. ^ “12年前に何が起きたのか?石井杏奈の主演作「記憶の技法」予告解禁”. 映画ナタリー. (2020年10月28日). https://natalie.mu/eiga/news/402435 2020年10月28日閲覧。 
  47. ^ “『劇場版 科捜研の女』マリコの元夫・渡辺いっけいが19年ぶりに再登場 歴代レギュラー集結”. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年6月3日). https://www.oricon.co.jp/news/2195457/ 2021年6月3日閲覧。 
  48. ^ 映画『そして、バトンは渡された』オフィシャルサイト
  49. ^ “比嘉愛未主演の“日本酒映画”「吟ずる者たち」広島で先行公開決定”. 映画ナタリー. (2021年9月15日). https://natalie.mu/eiga/news/445205 2021年9月15日閲覧。 
  50. ^ 絶世の美女・小喬役の戸田菜穂、三国志にハマる「武将たちがかっこいい!」”. ORICON NEWS (2010年8月16日). 2010年8月16日閲覧。

外部リンク[編集]