ブタがいた教室

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブタがいた教室
監督 前田哲
脚本 小林弘利
製作 佐藤直樹
製作総指揮 馬場清
出演者 妻夫木聡
音楽 吉岡聖治
主題歌 トータス松本
花のように 星のように
撮影 葛西誉仁
編集 高橋幸一
製作会社 「ブタがいた教室」製作委員会
(日活=関西テレビ=読売新聞=Yahoo!JAPAN)
配給 日活
公開 日本の旗 2008年11月1日
上映時間 109分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ブタがいた教室』(ブタがいたきょうしつ)は、黒田恭史の書籍『豚のPちゃんと32人の小学生 命の授業900日』(ミネルヴァ書房 2003年)を原案とした、2008年11月1日公開の日本映画である。本項では、映画版について記述する。

キャッチコピーは『――命の長さは、誰が決めるの?』。

概要[編集]

1990年7月から1993年3月の2年半にわたり新任教師の黒田恭史が、大阪府北部山間僻地に出来たニュータウン「北大阪ネオポリス」の造成によりサラリーマン世帯が増加したことをきっかけに、大阪・豊能町立東能勢小学校で実際に900日間にかけて行った授業を基にしている。1993年7月12日にはフジテレビ系の『今夜は好奇心!』の中で放送され、賛否両論を巻き起こした。黒田本人は学生時代に読んだ鳥山敏子の著書「いのちに触れる」を参考に行っている。

映画化により実際とは若干の変更もあり、舞台を大阪の山間部(北大阪ネオポリスなど遠隔郊外住宅地を含むエリア)から東京の市街地部に移したり、児童数も32人から26人に減らしたり、900日を1年にしたりした。また、映画では子供たちだけでブタを飼っていることになってはいるが、実際には、子供たちは廃品回収で小屋代を稼いだり家庭科で豚肉料理を作ったり、余ったパンの耳をもらったり、小遣いをカンパしてもらったりなど保護者をはじめ多くの大人も協力的であった。本作ではディベートが中心となっているためこれらのことは省略されている。

劇中の子供たちのディベートのシーンでは、子役たちは与えられたセリフではなく自分で考えた言葉で話している。台本にはスタッフ・大人の俳優が使う大人用と子役が使う子供用の2種類が用意され、大人用には結末までが書かれているが、子供用にはせりふも結末も何も書かれていない白紙のものしか用意されておらず、監督である前田哲によると、子供たちには演技ではなく素直な気持ちでありままの姿で議論して自分たちで答えを見つけてほしいとの思いから台本を配らなかったとのこと。実際に子どもたちは撮影前に、食肉センターや養豚場を見学したりして、オーディションから180日間、ブタを飼育したりした。このため、スタッフや大人の俳優は注意しながら演技をしていたとのこと。

第21回東京国際映画祭「コンペティション部門 観客賞」を獲得。

ストーリー[編集]

4月、6年2組の新任教師の星はこどもたちに「先生はこのブタを育てて、最後にはみんなで食べようと思います。」と提案。6年2組は騒然となる。ブタにPちゃんと名づけ、校庭に小屋をつくり、交代しながらえさやりから掃除、糞尿の始末まで生まれて初めての作業に戸惑う子どもたちであったが、やがてPちゃんに家畜としてではなくペットとしての愛着を抱くようになっていた。卒業の時は迫り、星はPちゃんをどうするかみんなで話し合って決めてほしいと提案。クラスの意見は「食べる」「食べない」に二分されてしまう。

登場人物[編集]


6年2組[編集]


3年1組[編集]


その他[編集]

スタッフ[編集]

主題歌・劇中歌[編集]

主題歌
劇中歌

外部リンク[編集]