赤羽台団地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
赤羽台団地

赤羽台団地(あかばねだいだんち)は、東京都北区に立地する日本住宅公団の造成した公団住宅である。

概要[編集]

1962年昭和37年)、東京23区内としては初めての大規模団地として造成された。また、日本住宅公団による公団住宅の火災への耐久性を見る実験を実施する団地に選ばれ、この実験はこの団地の竣工の年である1962年(昭和37年)に実施された。現在は住棟の老朽化が進んだため、「ヌーヴェル赤羽台」への建て替えが進んでいる。

基本データ[編集]

  • 竣工 - 1962年昭和37年)
  • 構成 - 55棟から構成、全3373戸
  • 所在 - 東京都北区赤羽台1〜2

住棟構成[編集]

  • 中層フラット棟 - 42棟(北廊下型)
  • スターハウス - 8棟
  • 高層棟 - 5棟(内3棟が単身棟)

交通[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]