小林弘利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小林 弘利(こばやし ひろとし、1960年3月29日 - )は、日本の脚本家小説家東京都出身。工科芸術学院映画芸術科卒業。

来歴[編集]

25歳の頃(1985年頃)、映画監督の小中和哉からの依頼により、青少年向けのSF映画作品『星空のむこうの国』の脚本を手がけたことをきっかけとして、同作のノベライズ版となる同名のジュブナイル小説を執筆した。とりもなおさず、同作がそのまま脚本家および作家としての処女作となる。

新井素子と並んで初中期のコバルト文庫を牽引した作家として有名(そもそも小林に作家業を勧めコバルトでデビューさせたのが新井である)であり、日本の青少年向け小説のジャンルがジュブナイルからライトノベルへと発展・移行する過渡期の作家の一人。

なお先述の小中を筆頭に今関あきよしおよび犬童一心手塚眞らとは自主映画製作時代からの知人。実は彼らの無名時代の自主映画のいくつかにも脚本等スタッフとして参加している。

一方、脚本家としてのキャリアもあり、年に1、2本の映画脚本をコンスタントに手がけている。その多くは「SF」「ジュブナイル」「美少女」と、デビュー作である「星空のむこうの国」のプロットを、何らかの形で受け継いだものになっている。

「女性の感覚を大切にしたい」と常々言っており、女性ライターとのコラボレーションした作品も多い。

2009年日本シナリオ作家協会でのシナリオ講座基礎科にて初の教鞭をとる。

作品リスト[編集]

小説[編集]

徳間アニメージュ文庫[編集]

  • 弾丸少年(キャノンボーイ)(全2巻)
  • ふしぎの海のナディア
    • ふしぎの海のナディア 上・中・下
    • NADIA THE MOVIE ふしぎの海のナディア 海から来た妖精
    • ナディアストーリーズ
      • 1.ジャンとナディアのいちばん長い日
      • 2.ふしぎの森のマリー
  • 真夜中不思議族(まよなかファンタジアン)
徳間文庫[編集]
  • 夜空を駆けるギャングたち

集英社コバルト文庫[編集]

  • 星空のむこうの国
  • いつか やさしい雨が
  • タイム・トラブル・プリンセス
  • 聖クレア・ファンタジー
    • 月が魔法をかけた夜
    • 風と天使がおどる夏
    • 虹の彼方につづく道
    • 旅の神話をつなぐ空
    • 夢の秘宝にかわる花 -デイリー・タイムス・ミステリー-
  • 海の回転木馬(メリーゴーラウンド)
  • ほうき星に流されて
  • 童話を胸に抱きしめて(全4巻)
  • こころを女神に
  • 緑の草原 大きな樹
  • 雨ふる午後におまじない
  • サウンド・オブ・サイレンス
  • 遥かなる星の約束
  • 魔法の瞳に逢いたくて
  • 冬を旅するマイ・フレンド
  • 野原シリーズ
    • 野原が生まれた日
    • 野原が眠る午後
    • 野原は風に消えて
    • 野原が輝く季節

スーパーファンタジー文庫[編集]

  • 東京キングダム(全2巻)

角川スニーカー文庫[編集]

  • 水曜日にまた逢おう
  • HEY!スピルバーグ
  • 風たちの水平線
  • キッドナップ・ナイト
  • バード・ウォッチング・エピソード
    • カーテンコールは青空に
    • ラヴ・コールが聞こえますか
    • 歌声でコール・ミー

その他[編集]

脚本[編集]

実写映画[編集]

テレビドラマ[編集]

Webドラマ[編集]

アニメーション[編集]

脚注[編集]

  1. ^ アストロボーイ・鉄腕アトム”. 手塚治虫公式サイト. 2016年5月19日閲覧。

外部リンク[編集]