高橋栄樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
たかはし えいき
高橋 栄樹
生年月日 (1965-01-20) 1965年1月20日(53歳)
出生地 日本の旗 日本岩手県
職業 映画監督
ミュージックビデオディレクター
公式サイト オフィシャルサイト

高橋 栄樹(たかはし えいき、1965年1月20日 - )は、日本映画監督ミュージック・ビデオ ディレクター日本大学芸術学部映画学科映像コース卒業[1]岩手県出身[1]

略歴[編集]

大学生時代、ウィリアム・S・バロウズに関するビデオアート作品『Alone at Last』を制作し第2回ビデオテレビジョンフェスティバルでグランプリを受賞。ビル・ヴィオラらとともに作品上映され、以降ミュージック・ビデオ(MV)ディレクターとしての活動を開始する。1990年凸版印刷映像部に入社。そこでも数多くのMVを手がける。

中でもTHE YELLOW MONKEYの楽曲を多数手掛け、「SPARK」以降の楽曲(「パール」、「プライマル。」以外)のMVを監督。他にも『BLUE FILM』などの映像作品も手掛け、吉井和哉から「第5のメンバー」とまで言われるようになった。

1997年に、SPACE SHOWER Music Video Awardsで、ベストディレクター賞を受賞。3年後の2000年には、ゆずの「飛べない鳥」が、BEST YOUR CHOICEを受賞した。

1999年に、『trancemission トランスミッション』で映画監督デビューを飾る。

2006年ヴィム・ヴェンダース監督の写真展『尾道への旅』のドキュメンタリーを制作、監督したが、もともとは同監督の1990年『夢の崖てまでも』の日本ロケに参加しており、その際にU2の"Night and Day"のMVの編集アシスタントも手がけていた。

メジャー作品としては日本で初めて、一眼レフカメラキヤノン EOS 5D Mark IIを使用してMVを監督した(AKB4810年桜」)。

2014年、アートプログラム「Moving Distance:2579枚の写真と11通の手紙」(主催:東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団)、豊島区)にて、映像作品"after"を発表する。同作品は、宮城県山元町で撮影され、ナレーションに元AKB48仲谷明香が参加、詩人の和合亮一がテキストの書き下ろしで参加している。

作品[編集]

ミュージック・ビデオ[編集]

映画[編集]

ドラマ[編集]

映像作品[編集]

  • ヴィム&ドナータ・ヴェンダース 写真展ドキュメンタリー『Perspective』
  • 生田絵梨花「1/24物語」(2012年)
  • 生駒里奈「潜水1.1M」(2012年)
  • after(2014年)監督 after〈前編〉after〈後編〉
  • 生駒里奈&伊藤万理華「あわせカガミ」(2015年)
  • 「踊る大宣伝会議、(略)」或いは私は如何にして踊るのをやめてゲームのルールを変えるに至ったか。 Season 2 (ネスレシアター)

WEB CM[編集]

  • Canon EOS 7D -Short Film- The Passage
  • Canon EOS kiss X4 -Short Film- Book of Days
  • JINS 花粉CUT〜人間VS花粉〜 (2015年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b PROFILE 高橋栄樹 eiki.takahashi official site”. 2017年4月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]