Beginner

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Beginner
AKB48シングル
収録アルバム ここにいたこと
B面 僕だけのvalue
君について(Type-A、劇場盤)
泣ける場所(Type-B、劇場盤)
リリース 2010年10月27日
規格 マキシシングル
録音 2010年
日本の旗 日本
ジャンル J-POPブレイクビーツ
レーベル You, Be Cool!/KING RECORDS
作詞・作曲 秋元康(作詞)
井上ヨシマサ(作曲)
プロデュース 秋元康
ゴールド等認定
チャート最高順位
  • 週間1位オリコン
  • 2010年10月度月間1位(オリコン)
  • 2010年度年間1位(オリコン)
  • 2011年度上半期48位(オリコン)
  • 2011年度年間92位(オリコン)
  • 登場回数52回(オリコン)[1]
  • 1位Billboard JAPAN Hot 100
  • 1位(Billboard JAPAN Hot Singles Sales)
  • 2位(Billboard JAPAN Hot Top Airplay)
  • 8位(Billboard JAPAN Adult Contemporary Airplay)
  • 1位CDTV
  • 2位RIAJ有料音楽配信チャート
AKB48 シングル 年表
ヘビーローテーション
(2010年)
Beginner
(2010年)
チャンスの順番
(2010年)
テンプレートを表示

Beginner」(ビギナー)は、日本の女性アイドルグループ・AKB48の楽曲。楽曲は秋元康により作詞、井上ヨシマサにより作曲されている。2010年10月27日にAKB48のメジャー18作目[注釈 1]シングルとしてキングレコードから発売された。

楽曲のシングル盤は「Type-A」の初回限定盤と通常盤、「Type-B」の初回限定盤と通常盤、サイト「キャラアニ」を通して発売された劇場盤の5種類がリリースされている。劇場盤はCDのみの形態であり、それ以外の4種類はDVDが付属している。Type-AおよびBそれぞれにおける「初回限定盤」と「通常盤」は収録トラックが同一であり封入特典が異なる。4タイプの共通特典として「AKB48 リクエストアワーセットリストベスト100 2011」における楽曲投票シリアルナンバーが封入されている。両タイプの「初回限定盤」には「全国握手会イベント powered by ネ申テレビ 参加券」が封入しているが通常盤には封入していない。劇場盤の封入特典は「劇場盤発売記念大握手会」参加券およびメンバー個別生写真1枚である。カップリング曲は合計3曲。すべてのシングル盤に共通の「僕だけのvalue」は「アンダーガールズ」名義で歌唱されている。Type-Aの2種と劇場盤に収録されているカップリング曲「君について」は、リリースに先立ってアメーバピグにて行われた、チームピグ指名戦にて1位になった「MINT」が歌唱している。Type-Bの2種と劇場盤に収録されている「泣ける場所」は、新しい試みとしてボーカルチームとダンスユニットを組み合わせたユニット「DIVA」により歌唱されている。Type-AおよびBに付属しているDVDには、「Beginner」のフォーメーション映像がそれぞれ3種類ずつ収録されている。

キャッチコピーは「今回のAKBは、かなり、ヤバい!」。

従来の楽曲では基本的にセンターポジションを固定して音楽番組などで披露[注釈 2]していたが、この曲では高橋みなみ篠田麻里子前田敦子板野友美大島優子渡辺麻友松井珠理奈(Wセンター)の6種類の変則センターで披露されている。どのフォーメーションになるかは直前まで分からず、曲冒頭の高橋が背中に回した手でメンバーに送るサインによって変わる[2]。DVD収録のMV・配信限定のオリジナルバージョンともに前田敦子センターフォーメーションを採用している。テレビ番組では渡辺・松井珠versionのみ現時点で一度も披露されておらず、ライブでしか見ることが出来ない[注釈 3]

ミュージックステーション』では2010年10月29日、12月24日の『ミュージックステーションスーパーライブ2010』の2回披露されている。2011年4月17日放送の『MUSIC JAPAN』ではフルバージョンが披露された。

第52回 輝く! 日本レコード大賞」では優秀作品賞を受賞し、ステージではストリングスとブラスが挿入された。

楽曲は以下のメディアで使用されている。

賞歴[編集]

チャート成績[編集]

発売前日の2010年10月26日付オリコンデイリーチャートで推定売上枚数約56.8万枚を記録。自身の前々作「ポニーテールとシュシュ」の記録(2010年5月25日付、約35.4万枚)を抜き、デイリーでの推定売上枚数公開以降の最高枚数を更新した[注釈 4]。また、自身の過去の全シングルの初動売上を1日で上回った。さらに、本シングル発売まで2010年のシングルのうち最も高い初動売上を記録していた「Monster」()の初動売上も、同じく1日で上回った。

推定売上枚数の合計は、発売当日(集計2日目)で60万枚を突破。2000年1月にモーニング娘。が「恋のダンスサイト」で記録した「女性アイドルグループ歴代最高初動記録」(約60.1万枚。出典の記事には60.0万枚とある)[3]および、1998年10月にSPEEDが「ALL MY TRUE LOVE」で記録した「女性グループ歴代最高初動記録」(約60.1万枚)[4]を2日で更新した。推定売上枚数の合計は、発売翌日(集計3日目)で70万枚を突破。本作発売まで2010年度のオリコン年間シングルチャートで暫定1位だった「Troublemaker」(嵐)の累積売上を3日で上回った[3]

2010年11月8日付オリコン週間シングルチャートで初登場1位を獲得。1位獲得は「RIVER」から5作連続となった。最終的な初動売上は約82.7万枚に達し、前述の通り女性グループとしての歴代最高初動記録を更新した。ソロを含めた女性アーティストの初動売上では「Addicted To You」(宇多田ヒカル)、「CAN YOU CELEBRATE?」(安室奈美恵)に続く発売当時歴代3位[注釈 5]となった。また、「ポニーテールとシュシュ」から3作連続で初動売上が50万枚を突破。これは女性アーティスト初の記録[4]

2011年1月31日付オリコン週間シングルチャートで正式に100万枚を売り上げ、「千の風になって」(秋川雅史)以来史上243作目のミリオンセラーとなった。なお、女性アーティストとしては「地上の星/ヘッドライト・テールライト」(中島みゆき)以来7年10ヶ月ぶり、女性グループとしては「恋のダンスサイト」(モーニング娘。)以来約10年11ヶ月ぶり、秋元康の作詞による楽曲では「愛が生まれた日」(藤谷美和子大内義昭)以来約16年半ぶり・通算4作目の記録[5]。2010年11月10日に、日本レコード協会から、本作の最低正味出荷枚数がミリオンであることが発表された[6]。ミリオンセラー達成は「千の風になって」以来、約3年2ヶ月ぶり。また、ポップスでは「Real Face」(KAT-TUN)以来約4年5ヶ月ぶり、キングレコードから発売されたシングルでは中山美穂ただ泣きたくなるの」(1994年)以来、約16年ぶり。

2010年度のオリコン年間シングルチャートでは初動のみで暫定1位に位置づけ、最終結果も1位となった。翌2011年度の同チャートでは92位にランクインし、2年連続で100位以内に入った。

ミュージック・ビデオ[編集]

楽曲のミュージック・ビデオは2種類存在する。当初公開[注釈 6]されたものは中島哲也が監督した[注釈 7]ゲーム画面をモチーフにしたオリジナルバージョン。これはメンバーがゲームプレーヤーとして自身のアバターを操作して敵と戦うものとなっているが、アバターが潰されるなど過激なシーンが多いことから、若年層ファンへの悪影響の懸念があり、付属DVDへの収録を取りやめ、配信限定での公開となった[7]。このため、DAM[8]JOYSOUND[9]など、カラオケの本人映像は当初から収録されていない。その後、MV集「AKBがいっぱい 〜ザ・ベスト・ミュージックビデオ〜」に収録された。また一部はCMでも利用された。代わりに制作されたもう一つのバージョンはダンスシーンを中心に一部オリジナルバージョンのメイキング映像などで構成されたDVDバージョンで、CDにはこのDVDバージョンが添付された。

衣装で各メンバーに小道具がある。

メンバー 小道具 装着位置
大島優子 グローブ 両手
前田敦子 バッジ 左胸
篠田麻里子 ファー 右腰
板野友美 キャップ 左腰
渡辺麻友 サスペンダー
高橋みなみ アームバンド 左腕
小嶋陽菜 リボン 左腰
柏木由紀 リング 両手
宮澤佐江 リストバンド 両手首
松井珠理奈 ポーチ 右腰
松井玲奈 チェーン 右腰
河西智美 ガーターベルト 右腿
高城亜樹 ピアス
峯岸みなみ メガネ
北原里英 ウォッチ 左手首
指原莉乃 パスケース

シングル収録トラック[編集]

Type-A[編集]

初回限定盤と通常盤の2種類が存在するが、収録トラックは同一。

CD
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「Beginner」   秋元康 井上ヨシマサ 井上ヨシマサ 4:00
2. 「僕だけのvalue」 (アンダーガールズ) 秋元康 小網準 生田真心 4:33
3. 「君について」 (MINT) 秋元康 青野ゆかり 佐々木裕 5:41
4. 「Beginner (off vocal ver.)」          
5. 「僕だけのvalue (off vocal ver.)」          
6. 「君について (off vocal ver.)」          
DVD
# タイトル 時間
1. 「Beginner」    
2. 「僕だけのvalue」    
3. 「君について」    
4. 「「Beginner」フォーメーション映像(大島優子センターver.)」    
5. 「「Beginner」フォーメーション映像(篠田麻里子センターver.)」    
6. 「「Beginner」フォーメーション映像(松井珠理奈・渡辺麻友センターver.)」    

Type-B[編集]

初回限定盤と通常盤の2種類が存在するが、収録トラックは同一。

CD
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「Beginner」   秋元康 井上ヨシマサ 井上ヨシマサ  
2. 「僕だけのvalue」 (アンダーガールズ) 秋元康 小網準 生田真心  
3. 「泣ける場所」 (DIVA) 秋元康 鶴崎輝一 野中“まさ”雄一 5:04
4. 「Beginner (off vocal ver.)」          
5. 「僕だけのvalue (off vocal ver.)」          
6. 「泣ける場所 (off vocal ver.)」          
DVD
# タイトル 時間
1. 「Beginner」    
2. 「僕だけのvalue」    
3. 「泣ける場所」    
4. 「「Beginner」フォーメーション映像(前田敦子センターver.)」    
5. 「「Beginner」フォーメーション映像(板野友美センターver.)」    
6. 「「Beginner」フォーメーション映像(高橋みなみセンターver.)」    

劇場盤[編集]

CD
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「Beginner」   秋元康 井上ヨシマサ 井上ヨシマサ  
2. 「僕だけのvalue」 (アンダーガールズ) 秋元康 小網準 生田真心  
3. 「君について」 (MINT) 秋元康 青野ゆかり 佐々木裕  
4. 「泣ける場所」 (DIVA) 秋元康 鶴崎輝一 野中“まさ”雄一  

選抜メンバー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 配信限定シングル「Baby! Baby! Baby!」を含む。インディーズシングルを含めると通算20作目。
  2. ^ 但し、出演メンバーの都合で変更あり。
  3. ^ ライブでは「AKB48 東京秋祭り」で一度披露されたのみ。
  4. ^ この記録はのちに2011年2月16日付で自身の「桜の木になろう」(約65.5万枚)が更新している。
  5. ^ 21世紀に限ると1位。それまでの1位は宇多田ヒカル「Can You Keep A Secret?」であった。のちにAKB48自身の「桜の木になろう」などの作品が本作の初動を上回っている。
  6. ^ AKB48 19thシングル選抜じゃんけん大会』(2010年9月21日)にて初公開
  7. ^ 中島の監督作品映画『告白』に挿入歌として「RIVER」を使用している。
  8. ^ a b AKB48の姉妹グループ・SKE48から選抜。

出典[編集]

  1. ^ Beginner(Type-A) AKB48のプロフィールならオリコン芸能人事典-ORICON STYLE”. 2012年7月24日閲覧。
  2. ^ 「秘密いっぱいの6パターンAKB新シングル(日刊スポーツ、2010年9月26日)」(2010年9月29日閲覧)。
  3. ^ a b リッスンジャパン (2010年10月29日). “AKB48新曲「Beginner」が発売3日目で年間シングルランキング1位に!” (日本語). 2010年10月30日閲覧。
  4. ^ a b オリコン (2010年11月2日). “AKB48、女性グループ歴代最高の初週売上約82.7万枚 5作連続首位” (日本語). 2010年11月2日閲覧。
  5. ^ オリコン (2011年1月25日). “AKB48、デビュー5年目で初ミリオン! シングルでは3年5ヶ月ぶり快挙” (日本語). 2011年1月25日閲覧。
  6. ^ 一般社団法人日本レコード協会各種統計(2010年11月10日閲覧)
  7. ^ AKB 衝撃の“残虐PV”は有料配信のみ」 Sponichi Annex、2010年10月18日。
  8. ^ DAMの検索結果 「本人映像」部分が「-」となっている。
  9. ^ JOYSOUND.comによる検索結果

外部リンク[編集]