おいでシャンプー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おいでシャンプー
乃木坂46シングル
初出アルバム『透明な色
B面 心の薬
偶然を言い訳にして(Type-A)
水玉模様(Type-B)
狼に口笛を(Type-C)
ハウス!(通常盤)
リリース
規格 マキシシングル音楽配信
録音 2012年
時間
レーベル N46Div.
作詞・作曲 秋元康(作詞)
小田切大(作曲)
プロデュース 秋元康
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間4位(サウンドスキャンジャパン[2]
  • 週間48位(Billboard JAPAN Adult Contemporary Airplay)[3]
  • 週間2位(Billboard JAPAN Hot 100[4]
  • 週間2位(Billboard JAPAN Hot Singles Sales)[5]
  • 週間1位(オリコン[6]
  • 2012年度上半期15位(オリコン)[7]
  • 2012年度年間28位(オリコン)[8]
  • 乃木坂46 シングル 年表
    ぐるぐるカーテン
    (2012年)
    おいでシャンプー
    (2012年)
    走れ!Bicycle
    (2012年)
    ミュージックビデオ
    おいでシャンプー
    テンプレートを表示

    おいでシャンプー」は、日本の女性アイドルグループ乃木坂46の楽曲。楽曲は秋元康が作詞、小田切大が作曲した。2012年5月2日に乃木坂46の2作目のシングルとしてN46Div.から発売された。楽曲のセンターポジションは生駒里奈が務めた[9]

    背景とリリース[編集]

    DVD付属のType-A・B・C、CDのみの通常盤の4形態で発売[10]。DVDには特典映像として個人PVがType-A・B・Cに11人分ずつ収録されている[10]。キャッチコピーは「おいでシャンプー。ときどきリンス」[11]

    プロモーション[編集]

    ヒット祈願キャンペーンとして、大分県大分市の市役所を訪問し、釘宮磐大分市長に挨拶する企画「同日発売だから、まずは指原さんの地元、大分にご挨拶しとかなくちゃ!」が実施された[12]

    アートワーク[編集]

    ジャケット写真のメンバー[13]
    Type-A 表 桜井玲香・生駒里奈・中田花奈
    Type-A 裏 岩瀬佑美子・斉藤優里・市來玲奈
    Type-B 表 桜井玲香・生駒里奈
    Type-B 裏 井上小百合・星野みなみ・生田絵梨花
    Type-C 表 生駒里奈・中田花奈
    Type-C 裏 西野七瀬・畠中清羅・宮澤成良
    通常盤 表 橋本奈々未・松村沙友理・白石麻衣・高山一実
    通常盤 裏 橋本奈々未・松村沙友理・白石麻衣・高山一実

    CDジャケット写真は乃木坂46のメンバーが校庭、テニスコート、体育館などで腰を下ろす姿がフィーチャーされている[10]

    チャート成績[編集]

    表1 オリコンランキング
    日付・曜日
    (2012年)
    おいでシャンプー それでも好きだよ
    順位 枚数 順位 枚数
    5月1日(火)[14] 1 111,000 2 57,000
    5月2日(水)[15] 2 22,000 1 30,000
    5月3日(木)[16] 2 8,000 1 12,000
    5月4日(金)[17] 2 5,000 1 8,000
    5月5日(土)[18] 2 4,000 1 6,000
    5月6日(日)[19] 3 3,000 1 5,000
    合計[注 1] 153,000 118,000
    総計[注 2] 1 156,000 2 124,000

    本作は、乃木坂46が「公式ライバル」とする女性アイドルグループAKB48に当時所属していた指原莉乃のソロデビュー曲「それでも好きだよ」のシングルCDと同日発売された[21]

    AKB48に関連するグループ同士がシングルCDを同日発売したことはなく、オリコンのサイト「ORICON STYLE」では発売初週のオリコンデイリーCDシングルランキングを毎日発表する特集記事が用意された[21]。Techinsightの記事では、このデイリーランキングが話題になったことが報道された[22]

    本作は発売前日(集計初日)の2012年5月1日付のオリコンデイリーCDシングルランキングで推定売上約11万1000枚を記録し、デイリー1位を獲得した[23]。同日付で「それでも好きだよ」が約5万7000枚でデイリー2位となり、デイリーランキングの初日売上において本作が「直接対決」を制した[23]。初日売上は前作「ぐるぐるカーテン」の約8万5000枚を上回り、オリコンは「“直接対決”効果か」と記した[23]。集計2日目の翌5月2日付で約2万2000枚を記録し「それでも好きだよ」に逆転され、2位に下がった。それ以降、5月3日付から5日付にかけても「それでも好きだよ」を逆転できず、2位を維持した。6日付では、私立恵比寿中学仮契約のシンデレラ」(2012年5月5日発売)に抜かれ、3位となった[19]。しかし、6日間のデイリーランキングにおける合計推定売上枚数は、本作が約15万3000枚であるのに対し「それでも好きだよ」は約11万8000枚となり、初日売上の差を埋められることはなかった。

    その後、本作は2012年5月14日付のオリコン週間CDシングルランキングで推定売上15万5677枚を記録し[6]、週間1位を獲得した[20]。2位は「それでも好きだよ」となり、週間ランキングにおいても同作が「直接対決」を制した[20]。また、前作「ぐるぐるカーテン」で記録した週間2位を上回り、乃木坂46のシングルとして初の週間1位を獲得、推定売上枚数も前作を上回り[20]、2012年にデビューしたアーティストの作品においても1位を獲得した[20]

    ミュージック・ビデオ[編集]

    おいでシャンプー
    監督:高橋栄樹[24]
    表題曲「おいでシャンプー」のミュージック・ビデオは、旧学習院初等科正堂で撮影された。内容は反抗をテーマにドラマ風に描かれ[25]、女子校で学則を破ったために退学処分がくだされて納得がいかない女子生徒たちが学校をバリケードで封鎖する[26]。歌衣装は堀越絹衣が担当[27]。振付は南流石が担当[28]したが、間奏部分の振りは後に変更された[29]
    偶然を言い訳にして
    監督:中村太洸
    白石麻衣・高山一実・橋本奈々未・松村沙友理のユニット曲「偶然を言い訳にして」のミュージック・ビデオは、ワンカット逆再生になっており、一つのシーンを撮影するのに何時間もかかった[25]。振付はair:manが担当した[30]
    水玉模様
    監督:丸山健志[24]
    生駒里奈のソロ曲「水玉模様」のミュージック・ビデオは、丸山が秋元と打ち合わせて大林宣彦監督の尾道三部作イメージでやろうと異国情緒あふれる長崎県内で撮影された[31][32]。少女時代の自分との決別をテーマに故郷を離れ、都会へと旅立つ姿を描いたストーリーになっており、里奈役と里子役の一人二役を生駒里奈が務めた[32]
    狼に口笛を
    監督:福居英晃[33]
    アンダーメンバーの楽曲「狼に口笛を」のミュージック・ビデオは、ドラマバージョンとダンスバージョンがあり[34]、ドラマバージョンではアンダーガールズが地の底から這い上がってくる生命力を描いている[32]

    メディアでの使用[編集]

    おいでシャンプー
    HTC J ISW13HT』(HTC Nippon)のCMソング[9]

    シングル収録トラック[編集]

    Type-A[編集]

    CD[35]
    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.「おいでシャンプー」秋元康小田切大TATOO
    2.「心の薬」秋元康MIKOTO木之下慶行
    3.「偶然を言い訳にして」秋元康坂部大介中土智博
    4.「おいでシャンプー off vocal ver.」 小田切大TATOO
    5.「心の薬 off vocal ver.」 MIKOTO木之下慶行
    6.「偶然を言い訳にして off vocal ver.」 坂部大介中土智博
    合計時間:
    DVD[35]
    #タイトル作詞作曲・編曲監督時間
    1.「おいでシャンプー -MUSIC VIDEO-」  高橋栄樹 
    2.「偶然を言い訳にして -MUSIC VIDEO-」  中村太洸
    3.「生田絵梨花×ヒロシュー」  ヒロシュー
    4.「伊藤万理華×有元沙矢香、山本真希」  有元沙矢香、山本真希
    5.「衛藤美彩×二宮崇」  二宮崇
    6.「川後陽菜×山田篤宏」  山田篤宏
    7.「川村真洋×渡邊直」  渡邊直
    8.「齋藤飛鳥×阿相クミコ、山田一仁」  阿相クミコ、山田一仁
    9.「斎藤ちはる×大形美佑葵」  大形美佑葵
    10.「斉藤優里×榮良太」  榮良太
    11.「桜井玲香×内村宏幸」  内村宏幸
    12.「西野七瀬×萩原健太郎」  萩原健太郎
    13.「松村沙友理×佐藤有一郎」  佐藤有一郎

    Type-B[編集]

    CD[24]
    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.「おいでシャンプー」秋元康小田切大TATOO
    2.「心の薬」秋元康MIKOTO木之下慶行
    3.「水玉模様」秋元康若田部誠若田部誠
    4.「おいでシャンプー off vocal ver.」 小田切大TATOO
    5.「心の薬 off vocal ver.」 MIKOTO木之下慶行
    6.「水玉模様 off vocal ver.」 若田部誠若田部誠
    合計時間:
    DVD[24]
    #タイトル作詞作曲・編曲監督時間
    1.「おいでシャンプー -MUSIC VIDEO-」  高橋栄樹 
    2.「水玉模様 -MUSIC VIDEO-」  丸山健志
    3.「安藤美雲×松田一輝」  松田一輝
    4.「生駒里奈×青山裕企」  青山裕企
    5.「市來玲奈×掛川康典」  掛川康典
    6.「岩瀬佑美子×村山和也」  村山和也
    7.「柏幸奈×青松拓馬」  青松拓馬
    8.「高山一実×松本博樹」  松本博樹
    9.「永島聖羅×石井貴英」  石井貴英
    10.「橋本奈々未×杉本達」  杉本達
    11.「畠中清羅×佐藤大輔」  佐藤大輔
    12.「大和里菜×フラッシュハリー」  フラッシュハリー
    13.「和田まあや×岩元正幸」  岩元正幸

    Type-C[編集]

    CD[33]
    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.「おいでシャンプー」秋元康小田切大TATOO
    2.「心の薬」秋元康MIKOTO木之下慶行
    3.「狼に口笛を」秋元康Akira Sunsetシライシ紗トリ
    4.「おいでシャンプー off vocal ver.」 小田切大TATOO
    5.「心の薬 off vocal ver.」 MIKOTO木之下慶行
    6.「狼に口笛を off vocal ver.」 Akira Sunsetシライシ紗トリ
    合計時間:
    DVD[33]
    #タイトル作詞作曲・編曲監督時間
    1.「おいでシャンプー -MUSIC VIDEO-」  高橋栄樹 
    2.「狼に口笛を -MUSIC VIDEO-」  福居英晃 
    3.「伊藤寧々×デハラユキノリ」  デハラユキノリ
    4.「井上小百合×森田一平」  森田一平
    5.「白石麻衣×長崎愛」  長崎愛
    6.「中田花奈×手塚眞」  手塚眞
    7.「中元日芽香×マツモトジュンイチ」  マツモトジュンイチ
    8.「能條愛未×鈴木真人」  鈴木真人
    9.「樋口日奈×池田圭太」  池田圭太
    10.「深川麻衣×入江和宏」  入江和宏
    11.「星野みなみ×川島小鳥、箕浦建太郎」  川島小鳥、箕浦建太郎 
    12.「宮澤成良×カツヲ」  カツヲ
    13.「若月佑美×岡川太郎」  岡川太郎

    通常盤[編集]

    CD[36]
    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.「おいでシャンプー」秋元康小田切大TATOO
    2.「心の薬」秋元康MIKOTO木之下慶行
    3.「ハウス!」秋元康y@suo ohtaniy@suo ohtani
    4.「おいでシャンプー off vocal ver.」 小田切大TATOO
    5.「心の薬 off vocal ver.」 MIKOTO木之下慶行
    6.「ハウス! off vocal ver.」 y@suo ohtaniy@suo ohtani
    合計時間:

    選抜メンバー[編集]

    おいでシャンプー[編集]

    (センター:生駒里奈)[9]

    七福神は生駒里奈、桜井玲香、白石麻衣、高山一実、中田花奈、橋本奈々未、松村沙友理[37]。岩瀬佑美子、畠中清羅、宮澤成良が初の選抜入り。前作の選抜メンバーだった川村真洋、齋藤飛鳥能條愛未は選抜から外れた。

    心の薬[編集]

    (センター:生駒里奈)

    • 生田絵梨花、生駒里奈、市來玲奈伊藤万理華、井上小百合、岩瀬佑美子、斉藤優里、桜井玲香、白石麻衣、高山一実、中田花奈、永島聖羅、西野七瀬、橋本奈々未、畠中清羅、深川麻衣、星野みなみ、松村沙友理、宮澤成良、大和里菜[36]

    偶然を言い訳にして[編集]

    • 白石麻衣、高山一実、橋本奈々未、松村沙友理[35]

    水玉模様[編集]

    狼に口笛を[編集]

    (センター:伊藤万理華)[38]

    ハウス![編集]

    (センター:生駒里奈)

    • 生田絵梨花、生駒里奈、市來玲奈、井上小百合、岩瀬佑美子、衛藤美彩、川村真洋、斉藤優里、桜井玲香、白石麻衣、高山一実、中田花奈、西野七瀬、能條愛未、橋本奈々未、畠中清羅、星野みなみ、松村沙友理、宮澤成良、若月佑美[36]

    脚注[編集]

    [ヘルプ]

    注釈[編集]

    1. ^ 2012年5月1日付から2012年5月6日付のオリコンデイリーCDシングルランキングの推定売上枚数を合計した。算出にあたってはオリコンが公表している一の位までの数値を使用し、一万の位で四捨五入した。
    2. ^ 2015年5月14日付のオリコン週間CDシングルランキングの推定売上枚数[20]

    出典[編集]

    1. ^ 各種統計”. 一般社団法人 日本レコード協会. RIAJ. 2012年8月28日閲覧。
    2. ^ 週間 CDソフト TOP20 2012年4月30日〜2012年5月6日 調査分”. Phile-web. 音元出版 (2012年4月). 2015年7月21日閲覧。
    3. ^ Billboard Japan Adult Contemporary Airplay”. Billboard JAPAN. Prometheus Global Media (2012年5月21日). 2015年6月18日閲覧。
    4. ^ Billboard Japan Hot 100”. Billboard JAPAN. Prometheus Global Media (2012年5月14日). 2015年6月18日閲覧。
    5. ^ Billboard Japan Top Singles Sales”. Billboard JAPAN. Prometheus Global Media (2012年5月14日). 2015年6月18日閲覧。
    6. ^ a b オリコン週間 CDシングルランキング 2012年04月30日〜2012年05月06日”. ORICON STYLE. oricon ME (2012年5月). 2012年5月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月13日閲覧。
    7. ^ 上半期ランキング特集『オリコン2009年上半期ランキング大発表!』”. ORICON STYLE. oricon ME (2012年). 2015年6月18日閲覧。
    8. ^ オリコン年間 CDシングルランキング 2012年度 21〜30位”. ORICON STYLE. oricon ME (2012年). 2015年6月18日閲覧。
    9. ^ a b c “乃木坂46、間奏省略で新曲披露 HTC新スマホCMキャラクターに抜てき”. ORICON STYLE (oricon ME). (2012年4月20日). http://www.oricon.co.jp/news/2010453/full/ 2012年4月20日閲覧。 
    10. ^ a b c “乃木坂46新作は「おいでシャンプー」&デートPV一部公開”. ナタリー (ナターシャ). (2012年4月4日). http://natalie.mu/music/news/67295 2014年10月22日閲覧。 
    11. ^ 乃木坂46・おいでシャンプー [CD+DVD盤/Type-A]”. Sony Music Shop. ソニー・ミュージックマーケティング (2012年). 2012年5月2日閲覧。
    12. ^ “指原莉乃に続け! 乃木坂46が大分市観光特使に任命”. ナタリー (ナターシャ). (2012年5月5日). http://natalie.mu/music/news/68902 2016年1月5日閲覧。 
    13. ^ 乃木坂46 2012a乃木坂46 2012b乃木坂46 2012c乃木坂46 2012d
    14. ^ 2012年05月01日のCDシングルデイリーランキング”. ORICON STYLE. oricon ME. 2012年5月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月12日閲覧。
    15. ^ 2012年05月02日のCDシングルデイリーランキング”. ORICON STYLE. oricon ME. 2012年5月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月12日閲覧。
    16. ^ 2012年05月03日のCDシングルデイリーランキング”. ORICON STYLE. oricon ME. 2012年5月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月12日閲覧。
    17. ^ 2012年05月04日のCDシングルデイリーランキング”. ORICON STYLE. oricon ME. 2012年5月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月12日閲覧。
    18. ^ 2012年05月05日のCDシングルデイリーランキング”. ORICON STYLE. oricon ME. 2012年5月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月12日閲覧。
    19. ^ a b 2012年05月06日のCDシングルデイリーランキング”. ORICON STYLE. oricon ME. 2012年5月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月12日閲覧。
    20. ^ a b c d e “【オリコン】乃木坂46、AKB指原との同門対決制す 今年初の新人首位”. ORICON STYLE (oricon ME). (2012年5月8日). http://www.oricon.co.jp/news/2011204/full/ 2012年5月12日閲覧。 
    21. ^ a b 指原莉乃 VS 乃木坂46『毎日更新!注目のランキング対決! 勝敗は果たして……?!』”. ORICON STYLE. oricon ME (2012年5月2日). 2014年4月14日閲覧。
      なお、この特集記事に記載されている順位や枚数は、ORICON STYLEのデイリーランキングのページに記載されたものと一部異なっている。
    22. ^ 真紀和泉 (2012年5月13日). “【エンタがビタミン♪】指原デビューシングル1位に。“JCD”ランキングでは“指原VS乃木坂”に逆転現象。”. Techinsight. メディアプロダクツジャパン. 2014年4月14日閲覧。
    23. ^ a b c “【オリコン】AKBさしこ、乃木坂46に初日敗れる 同門対決はまさかのダブルスコア”. ORICON STYLE (oricon ME). (2012年5月2日). http://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/2011026/full/ 2012年5月2日閲覧。 
    24. ^ a b c d e 乃木坂46 2012b
    25. ^ a b 井上小百合; 岩瀬佑美子; 高山一実; 橋本奈々未; 松村沙友理 (2012年5月2日). 乃木坂46『意外なキャラクターも明らかに……制作秘話から夏の思い出まで語る!』. インタビュアー:若松正子. ORICON STYLE.. http://www.oricon.co.jp/music/interview/2012/nogizaka0502/index.html 2016年9月11日閲覧。 
    26. ^ 「乃木坂46 歌と魂を視覚化する物語」『MdN』2015年4月号、エムディエヌコーポレーション、2015年3月6日、月刊版、49頁。ASIN B00TSOFB2G
    27. ^ 「LOVE IDOL!! アイドルと衣装」『装苑』2014年2月号、文化出版局、2013年12月26日ASIN B00H8X8270
    28. ^ “SASUGA MOTION”. 流石組. http://www.sasugagumi.com/motion/ 2017年8月5日閲覧。 
    29. ^ 「おいでシャンプー」振り付け変更についてのお知らせ”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46運営委員会 (2012年4月16日). 2013年7月22日閲覧。
    30. ^ Works【仕事内容】”. 振付稼業 air:man公式サイト. air:man. 2013年9月25日閲覧。
    31. ^ 支援作品のお知らせ”. 長崎県フィルムコミッション. Facebook (2012年5月7日). 2015年12月24日閲覧。
    32. ^ a b c 「ミュージックビデオ全解説」『MdN EXTRA 乃木坂46 映像の世界』Vol.3、エムディエヌコーポレーション〈インプレスムック〉、2015年10月15日、58、77頁。ISBN 978-4-8443-6529-7
    33. ^ a b c d 乃木坂46 2012c
    34. ^ “乃木坂46「おいでシャンプー」カップリング曲PV公開”. ナタリー (ナターシャ). (2012年4月28日). http://natalie.mu/music/news/68618 2012年4月28日閲覧。 
    35. ^ a b c d e f 乃木坂46 2012a
    36. ^ a b c 乃木坂46 2012d
    37. ^ “乃木坂46、2本目のレギュラー番組「乃木坂浪漫」スタート”. ナタリー (ナターシャ). (2012年3月28日). http://natalie.mu/music/news/66850 2015年8月8日閲覧。 
    38. ^ 香月孝史 (2015年2月28日). “乃木坂46がバースデーライブで描いた“多層的な絵” 最新のグループ動向を読み解く”. Real Sound. サイゾー. 2015年6月28日閲覧。

    参考文献[編集]

    外部リンク[編集]