夏のFree&Easy

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
夏のFree&Easy
乃木坂46シングル
初出アルバム『透明な色
B面 何もできずにそばにいる
その先の出口(Type-A)
無口なライオン(Type-B)
ここにいる理由(Type-C)
僕が行かなきゃ誰が行くんだ?(通常盤)
リリース
規格 マキシシングル音楽配信
レーベル N46Div.
作詞・作曲 秋元康(作詞)
井上トモノリ(作曲)
プロデュース 秋元康
チャート最高順位
乃木坂46 シングル 年表
気づいたら片想い
(2014年)
夏のFree&Easy
(2014年)
何度目の青空か?
(2014年)
ミュージックビデオ
夏のFree&Easy
テンプレートを表示

夏のFree&Easy」(なつのフリーアンドイージー)は、日本の女性アイドルグループ乃木坂46の楽曲。楽曲は秋元康が作詞、井上トモノリが作曲した。2014年7月9日に乃木坂46の9作目のシングルとしてN46Div.から発売された。楽曲のセンターポジションは西野七瀬が務めた[8]

背景とリリース[編集]

DVD付属のType-A・B・C、CDのみの通常盤の4形態で発売[9]。センターポジションは前作に引き続き西野七瀬が務めた[8]生田絵梨花は進学準備のため、2014年4月20日の8thシングルの握手会で9thシングルへの不参加ならびに『16人のプリンシパル trois』終了後から乃木坂46としての一時活動休業を発表しており、本作にはアンダーを含めて参加していない[10]

2014年7月11日、『ミュージックステーション』(テレビ朝日)で本作の表題曲「夏のFree&Easy」が初披露された[11]

表題曲「夏のFree&Easy」は、6thシングル表題曲「ガールズルール」と同様キャッチーなアイドルソングであり[12]、エレキギターの疾走感が溢れる、前向きで元気な夏ソングに仕上がっている[12]

プロモーション[編集]

ヒット祈願キャンペーンとして、世界一の高さを誇る茨城県の大仏・牛久阿弥陀大佛の螺髪を掃除する企画「世界一の大仏の頂上で清掃」に大仏ナインとして西野七瀬、若月佑美深川麻衣斉藤優里堀未央奈橋本奈々未衛藤美彩、大和里菜、高山一実が選ばれ『乃木坂って、どこ?』で放送された[13]

アートワーク[編集]

ジャケット写真のメンバーの割り振りは下表の通りである[14]

Type-A 表 西野七瀬・他(選抜・アンダーメンバー)
Type-A 裏 秋元真夏・桜井玲香・西野七瀬・橋本奈々未・他(選抜・アンダーメンバー)
Type-B 表 秋元真夏・生駒里奈・伊藤万理華・井上小百合・衛藤美彩・川後陽菜・川村真洋・北野日奈子・斉藤優里・桜井玲香・高山一実・橋本奈々未・深川麻衣・星野みなみ・堀未央奈・大和里菜・若月佑美・和田まあや・他(選抜・アンダーメンバー)
Type-B 裏 秋元真夏・生駒里奈・井上小百合・衛藤美彩・斉藤優里・桜井玲香・白石麻衣・高山一実・橋本奈々未・堀未央奈・松井玲奈・大和里奈・他(選抜・アンダーメンバー)
Type-C 表 伊藤万理華・川村真洋・齋藤飛鳥・能條愛未・樋口日奈・他(アンダーメンバー)
Type-C 裏 伊藤万理華・井上小百合・川後陽菜・川村真洋・齋藤飛鳥・中田花奈・中元日芽香・能條愛未・樋口日奈・和田まあや・他(アンダーメンバー)
通常盤 表 秋元真夏・白石麻衣・西野七瀬・橋本奈々未・星野みなみ・堀未央奈・松井玲奈・松村沙友理・他(選抜・アンダーメンバー)
通常盤 裏 秋元真夏・衛藤美彩・齋藤飛鳥・白石麻衣・西野七瀬・橋本奈々未・深川麻衣・星野みなみ・松井玲奈・松村沙友理・大和里菜・若月佑美・他(選抜・アンダーメンバー)

CDジャケットのコンセプトは「ライブで盛り上がる乃木坂46メンバー」で、撮影には大型スピーカーや鉄柵などを用いて本物のライブハウスのシチュエーションを作り、普段はライブを披露する側のメンバーが観客側として音楽にのって盛り上がる様を表現している[15]。8thシングル「気づいたら片想い」に引き続き、Type-Cはアンダーメンバーのみで構成されている[15]

チャート成績[編集]

本作は2014年7月21日付のオリコン週間CDシングルランキングで初登場1位を獲得した[16]。オリコン週間CDシングルランキングにおける乃木坂46のシングルの1位獲得は2ndシングル「おいでシャンプー」から8作連続、通算8作目となった[16]。初週推定売上は42万1622枚を記録し[5]、前作「気づいたら片想い」の約45万8000枚から2作連続で40万枚を突破し、累計推定売上は3作連続で50万枚を突破した[16]。ただし、1stシングル「ぐるぐるカーテン」から前作まで更新していた初週推定売上は[17]、今作で初めて減少に転じ、累計も前作に及ばなかった[16]

ミュージック・ビデオ[編集]

夏のFree&Easy
監督:丸山健志[18]
表題曲「夏のFree&Easy」のミュージック・ビデオは、都会の夏をテーマとし、メンバーが普段買物や食事に出かける渋谷、原宿を舞台に、夏に向けた女の子たちのワクワクした気持ちを表現している[19]。ダンスシーンは「Bershka 渋谷店」を使用し[18]、洋服が陳列されているフロアを片付け、スピーカーやクレーンカメラなどを入れて撮影された[19]。それ以外は渋谷と原宿を中心に撮影され[19]、ラストの部分は足立区栗原にあるギャラクシティで撮影された[20][要高次出典]。衣装は尾内貴美香が担当した[21]
その先の出口
監督:中村太洸[22]
秋元真夏・衛藤美彩・白石麻衣・高山一実・橋本奈々未・松村沙友理・深川麻衣・松井玲奈・大和里菜のユニット曲「その先の出口」のミュージック・ビデオは、2014年5月中旬に東京都内のスタジオで撮影された[23]。乃木坂46の9thシングルのミュージック・ビデオで最初に撮影されたのが「その先の出口」であり、SKE48からの交換留学生・松井玲奈は、これを通じて乃木坂46のミュージック・ビデオの撮影現場に初合流した[24]。内容は、かつて同じダンスグループにいた9名があることをきっかけに分裂するが、ふたたび同じ想いを共有し、同じステージに立つストーリーになっている[23]。これまでの作品の中でも難易度の高いダンスシーンに挑戦しており、撮影前日、ダンス練習に没頭した白石麻衣・高山一実は、撮影当日の朝に筋肉痛となった[23]。松井玲奈もダンス練習に励み、高山一実・衛藤美彩とスタジオの隅のレッスン場で練習し続け、メインのダンスシーンは60回以上繰り返し撮影された[23]
無口なライオン
監督:湯浅弘章[25]
生駒里奈・井上小百合・斉藤優里・桜井玲香・西野七瀬・星野みなみ・堀未央奈・若月佑美のユニット曲「無口なライオン」のミュージック・ビデオは、ドラマ仕立てになっており、神奈川県三浦市内の廃校や海岸で撮影された[26]。「無口なライオン」とは西野七瀬のことを指し[27]、西野七瀬の幼少期役は小泉遥香、父親役は津田寛治、若月佑美の幼少期役は庭野結芽葉が務めた[28]
ここにいる理由
監督:近藤大介[29]
アンダーメンバーの楽曲「ここにいる理由」のミュージック・ビデオは、メンバーがひたすら食べるVer.とDance Ver.の2種類がある[30]。Dance Ver.はメンバーがひたすら食べるVer.の食卓シーンのテレビに映し出されていた映像で、今作の発売後に乃木坂46 Official YouTube Channelで公開されたが[30]、今作の付属DVDやミュージック・ビデオ集『ALL MV COLLECTION〜あの時の彼女たち〜』にも収録されていない[31]

シングル収録トラック[編集]

Type-A[編集]

CD[22]
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「夏のFree&Easy」 秋元康 井上トモノリ 橋本幸太
2. 「何もできずにそばにいる」 秋元康 角野寿和 京田誠一
3. 「その先の出口」 秋元康 Carlos K. Carlos K.
4. 「夏のFree&Easy -off vocal ver.-」   井上トモノリ 橋本幸太
5. 「何もできずにそばにいる -off vocal ver.-」   角野寿和 京田誠一
6. 「その先の出口 -off vocal ver.-」   Carlos K. Carlos K.
合計時間:
DVD[22]
# タイトル 作詞 作曲・編曲 監督 時間
1. 「夏のFree&Easy Music Video」     丸山健志
2. 「その先の出口 Music Video」     中村太洸
3. 「生駒里奈×岡野草平・瀧由理子」     岡野草平、瀧由理子
4. 「衛藤美彩×山本ワタル」     山本ワタル
5. 「高山一実×山崎連基」     山崎連基
6. 「中田花奈×ナカバヤシジュン」     ナカバヤシジュン
7. 「永島聖羅×中島望」     中島望
8. 「西野七瀬×岡川太郎」     岡川太郎
9. 「樋口日奈×最首英也・辻中輝」     最首英也、辻中輝
10. 「深川麻衣×山田篤宏」     山田篤宏
11. 「星野みなみ×宮川慶大」     宮川慶大
12. 「大和里菜×張間純一」     張間純一  
13. 「和田まあや×谷口功・和田大輔」     谷口功、和田大輔
14. 「研究生×山田篤宏 Part 1[注 1]     山田篤宏

Type-B[編集]

CD[32]
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「夏のFree&Easy」 秋元康 井上トモノリ 橋本幸太
2. 「何もできずにそばにいる」 秋元康 角野寿和 京田誠一
3. 「無口なライオン」 秋元康 Shusuiヒロイズム Shusui、ヒロイズム
4. 「夏のFree&Easy -off vocal ver.-」   井上トモノリ 橋本幸太
5. 「何もできずにそばにいる -off vocal ver.-」   角野寿和 京田誠一
6. 「無口なライオン -off vocal ver.-」   Shusui、ヒロイズム Shusui、ヒロイズム
合計時間:
DVD[32]
# タイトル 作詞 作曲・編曲 監督 時間
1. 「夏のFree&Easy Music Video」     丸山健志
2. 「無口なライオン Music Video」     湯浅弘章
3. 「伊藤寧々×tangent」     tangent
4. 「伊藤万理華×関和亮」     関和亮
5. 「川後陽菜×YUKIO-BU」     YUKIO-BU
6. 「齋藤飛鳥×青山裕企」     青山裕企
7. 「斎藤ちはる×田口田」     田口田
8. 「斉藤優里×山岸聖太」     山岸聖太
9. 「桜井玲香×三木聡」     三木聡
10. 「白石麻衣×丸山健志」     丸山健志
11. 「橋本奈々未×熊坂出」     熊坂出
12. 「畠中清羅×志真健太郎・武田さとみ」     志真健太郎、武田さとみ
13. 「堀未央奈×秋葉陽児」     秋葉陽児
14. 「研究生×山田篤宏 Part 2[注 2]     山田篤宏

Type-C[編集]

CD[33]
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「夏のFree&Easy」 秋元康 井上トモノリ 橋本幸太
2. 「何もできずにそばにいる」 秋元康 角野寿和 京田誠一
3. 「ここにいる理由」 秋元康 長谷川湊 Carlos K.
4. 「夏のFree&Easy -off vocal ver.-」   井上トモノリ 橋本幸太
5. 「何もできずにそばにいる -off vocal ver.-」   角野寿和 京田誠一
6. 「ここにいる理由 -off vocal ver.-」   長谷川湊 Carlos K.
合計時間:
DVD[33]
# タイトル 作詞 作曲・編曲 監督 時間
1. 「夏のFree&Easy Music Video」     丸山健志
2. 「ここにいる理由 Music Video」     近藤大介
3. 「秋元真夏×平野奈央・泉田尚美」     平野奈央、泉田尚美
4. 「井上小百合×頃安祐良」     頃安祐良
5. 「川村真洋×大石健弘」     大石健弘
6. 「北野日奈子×古城智大・植田正行」     古城智大、植田正行
7. 「新内眞衣×笹川真」     笹川真
8. 「中元日芽香×月田茂・山本篤彦・柴谷麻衣」     月田茂、山本篤彦、柴谷麻衣
9. 「能條愛未×岡部潤」     岡部潤
10. 「松井玲奈×竹前光昭」     竹前光昭
11. 「松村沙友理×吉田徹」     吉田徹
12. 「若月佑美×中村太洸」     中村太洸
13. 「研究生×山田篤宏 Part 3[注 3]     山田篤宏

通常盤[編集]

CD[34]
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「夏のFree&Easy」 秋元康 井上トモノリ 橋本幸太
2. 「何もできずにそばにいる」 秋元康 角野寿和 京田誠一
3. 「僕が行かなきゃ誰が行くんだ?[注 4] 秋元康 中土智博 中土智博
4. 「夏のFree&Easy -off vocal ver.-」   井上トモノリ 橋本幸太
5. 「何もできずにそばにいる -off vocal ver.-」   角野寿和 京田誠一
6. 「僕が行かなきゃ誰が行くんだ? -off vocal ver.-」   中土智博 中土智博
合計時間:

選抜メンバー[編集]

夏のFree&Easy[編集]

(センター:西野七瀬)[36]

今作は前作「気づいたら片想い」のフォーメーションに3列目に1人増し、「バレッタ」以来の17名選抜である[37]。福神は1列目と2列目を合わせた10人が「十福神」となる[37]。深川麻衣は初の福神[37]。大和里菜・兼任の松井玲奈は初の選抜入り、衛藤美彩は「バレッタ」以来、井上小百合・斉藤優里・星野みなみは「ガールズルール」以来の選抜復帰である[37]。また前作の選抜メンバーで活動休止中の生田絵梨花、そして川村真洋、北野日奈子、樋口日奈、和田まあやが今作の選抜メンバーから外れた。

何もできずにそばにいる[編集]

(センター:西野七瀬)

  • 1期生:秋元真夏、生駒里奈、井上小百合、衛藤美彩、斉藤優里、桜井玲香、白石麻衣、高山一実、西野七瀬、橋本奈々未、深川麻衣、星野みなみ、松村沙友理、大和里菜、若月佑美[33]
  • 2期生:堀未央奈[33]
  • 交換留学生:松井玲奈[33]

その先の出口[編集]

(センター:白石麻衣) 

  • 1期生:秋元真夏、衛藤美彩、白石麻衣、高山一実、橋本奈々未、松村沙友理、深川麻衣、大和里菜[38]
  • 交換留学生:松井玲奈[38]

無口なライオン[編集]

(センター:西野七瀬)

  • 1期生:生駒里奈、井上小百合、斉藤優里、桜井玲香、西野七瀬、星野みなみ、若月佑美[32]
  • 2期生:堀未央奈[32]

ここにいる理由[編集]

(センター:伊藤万理華)[39]

僕が行かなきゃ誰が行くんだ?[編集]

(センター:西野七瀬)

  • 1期生:伊藤万理華、井上小百合、斉藤優里、桜井玲香、中田花奈、西野七瀬、若月佑美[34]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 「研究生×山田篤宏 Part 1」には鈴木絢音、寺田蘭世、米徳京花が出演[22]
  2. ^ 「研究生×山田篤宏 Part 2」には伊藤かりん、伊藤純奈、佐々木琴子が出演[32]
  3. ^ 「研究生×山田篤宏 Part 3」には山﨑怜奈、渡辺みり愛が出演[33]
  4. ^ カップリング曲「僕が行かなきゃ誰が行くんだ?」は「他の星から」の続編[35]

出典[編集]

  1. ^ 週間 CDソフト TOP20 2014年7月7日〜2014年7月13日 調査分”. Phile-web. 音元出版 (2014年7月). 2015年7月21日閲覧。
  2. ^ “Billboard Japan Adult Contemporary Airplay 2014/07/21 付け”. Billboard JAPAN (Hanshin Contents Link Corporation, PLANTECH Co.,Ltd. & Prometheus Global Media, LLC.). (2014年7月21日). http://www.billboard-japan.com/charts/detail?a=adult_airplay&year=2014&month=07&day=21 2015年7月21日閲覧。 
  3. ^ “Billboard Japan Hot 100 2014/07/21 付け”. Billboard JAPAN (Hanshin Contents Link Corporation, PLANTECH Co.,Ltd. & Prometheus Global Media, LLC.). (2014年7月21日). http://www.billboard-japan.com/charts/detail?a=hot100&year=2014&month=07&day=21 2015年7月21日閲覧。 
  4. ^ “Billboard Japan Top Singles Sales 2014/07/21 付け”. Billboard JAPAN (Hanshin Contents Link Corporation, PLANTECH Co.,Ltd. & Prometheus Global Media, LLC.). (2014年7月21日). http://www.billboard-japan.com/charts/detail?a=sales&year=2014&month=07&day=21 2015年7月21日閲覧。 
  5. ^ a b オリコン週間 CDシングルランキング 2014年07月07日〜2014年07月13日”. ORICON STYLE. oricon ME (2014年7月). 2014年7月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月20日閲覧。
  6. ^ CDシングル 月間ランキング-音楽ランキング(2014年07月度)”. ORICON STYLE. oricon ME (2014年7月). 2014年8月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月17日閲覧。
  7. ^ 2014年 年間音楽&映像ランキング発表 2ページ目”. ORICON STYLE. oricon ME (2014年). 2015年7月21日閲覧。
  8. ^ a b “乃木坂46新曲で松井玲奈選抜入り、センターは再び西野七瀬”. ナタリー (ナターシャ). (2014年5月12日). http://natalie.mu/music/news/116368 2014年6月10日閲覧。 
  9. ^ “今年の夏を彩る 乃木坂46 NewSingle「夏のFree&Easy」MusicVideoが遂に完成!!”. 乃木坂46公式サイト (乃木坂46LLC). (2014年6月10日). http://www.nogizaka46.com/news/2014/06/-46-new-singlefreeeasymusic-video.php 2014年6月10日閲覧。 
  10. ^ “乃木坂46生田絵梨花、進学準備のため一時休業を発表”. ナタリー (ナターシャ). (2014年4月20日). http://natalie.mu/music/news/114878 2016年9月11日閲覧。 
  11. ^ “吉田山田、「Mステ」初登場で話題曲披露”. ナタリー (ナターシャ). (2014年7月4日). http://natalie.mu/music/news/120459 2016年4月8日閲覧。 
  12. ^ a b 乃木坂46の楽曲は、松井玲奈・生駒里奈の兼任でどう変わった? 最新シングルを徹底分析”. Real Sound. blueprint (2014年7月13日). 2017年1月19日閲覧。
  13. ^ “乃木坂46堀未央奈、高所での大仏掃除で号泣「なんで私の時だけ風強いの!?」”. Real Sound (blueprint). (2014年7月7日). https://realsound.jp/2014/07/post-846.html 2014年7月7日閲覧。 
  14. ^ 乃木坂46 2014a乃木坂46 2014b乃木坂46 2014c乃木坂46 2014d
  15. ^ a b “乃木坂46の9thシングル「夏のFree&Easy」のジャケットが決定! メンバーが真夏のライブで盛り上がる!!”. webザテレビジョン (KADOKAWA). (2014年6月12日). http://news.thetv.jp/article/47550/ 2014年6月13日閲覧。 
  16. ^ a b c d “【オリコン】乃木坂46、8作連続シングル首位 SKE松井玲奈初参加曲”. ORICON STYLE (oricon ME). (2014年7月15日). http://www.oricon.co.jp/news/2039803/full/ 2014年7月16日閲覧。 
  17. ^ “【オリコン】乃木坂46、自己最高初動45.8万枚で7作連続首位”. ORICON STYLE (oricon ME). (2014年4月8日). http://www.oricon.co.jp/news/2036133/full/ 2014年7月16日閲覧。 
  18. ^ a b 「映画監督×乃木坂46メンバー対談 丸山健志×生駒里奈」『MdN EXTRA 乃木坂46 映像の世界』Vol.3、エムディエヌコーポレーション〈インプレスムック〉、2015年10月15日、60頁。ISBN 978-4-8443-6529-7
  19. ^ a b c “乃木坂46、松井玲奈参加9thシングルPVがYouTube公開”. ナタリー (ナターシャ). (2014年6月10日). http://natalie.mu/music/news/118587 2014年7月1日閲覧。 
  20. ^ fumichen (2014年6月14日). “乃木坂46「夏のFree&Easy」PV撮影場所”. fumi Diary 2号店. ライブドアブログ. 2015年12月23日閲覧。
  21. ^ 「乃木坂46と欅坂46 永遠性も、閃光のきらめきも閉じ込めた衣装の力」『装苑』2016年9月号、文化出版局、2016年7月28日、26頁。ASIN B01G5SQDWE
  22. ^ a b c d 乃木坂46 2012a
  23. ^ a b c d “松井玲奈、高難易度のダンスで魅せる 乃木坂46MV初収録作品が解禁”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2014年6月24日). http://mdpr.jp/news/detail/1380551 2015年10月14日閲覧。 
  24. ^ “松井玲奈もひたすらダンスレッスン! 乃木坂46「その先の出口」のMVが完成!!”. Smartザテレビジョン (KADOKAWA). (2014年6月24日). http://thetv.jp/news_detail/47903/ 2015年10月14日閲覧。 
  25. ^ 「乃木坂46のMVを手掛ける才能ある監督たち」『MdN EXTRA 乃木坂46 映像の世界』Vol.3、エムディエヌコーポレーション〈インプレスムック〉、2015年10月15日、89頁。ISBN 978-4-8443-6529-7
  26. ^ “乃木坂46、西野七瀬が涙…キスシーンも 「無口なライオン」MV熱演”. ORICON STYLE (oricon ME). (2014年7月3日). http://www.oricon.co.jp/news/2039377/full/ 2014年7月3日閲覧。 
  27. ^ 桜井玲香、高山一実、西野七瀬 「打倒AKB、やれんのか? 乃木坂の乱! Vol.33 ムラサキノホノオ 真夏の神宮決戦SP」『BUBKA』2014年10月号、西廣智一、白夜書房、2014年8月30日、14頁。ASIN B00GYORCES
  28. ^ 庭野 結芽葉”. CENTRAL. セントラル. 2015年2月16日閲覧。
  29. ^ 「9th Single「夏のFree&Easy」収録ミュージック・ビデオ」『MdN EXTRA 乃木坂46 映像の世界』Vol.3、エムディエヌコーポレーション〈インプレスムック〉、2015年10月15日、93頁。ISBN 978-4-8443-6529-7
  30. ^ a b “乃木坂46、幻のMV「ここにいる理由」Dance Ver.が解禁”. アメーバニュース (CyberAgent). (2014年7月26日). http://news.ameba.jp/20140726-244/ 2014年7月26日閲覧。 
  31. ^ 既存楽曲MUSIC VIDEO 2曲分を追加して、なんと57曲分を完全収録! 12月23日発売のMUSIC VIDEO集「ALL MV COLLECTION~あの時の彼女たち~」収録楽曲等詳細発表!”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2015年11月16日). 2017年2月27日閲覧。
  32. ^ a b c d e 乃木坂46 2012b
  33. ^ a b c d e f g h 乃木坂46 2012c
  34. ^ a b 乃木坂46 2012d
  35. ^ ポップス (2014年7月13日). “(2ページ目)乃木坂46の楽曲は、松井玲奈・生駒里奈の兼任でどう変わった? 最新シングルを徹底分析”. Real Sound. blueprint. 2014年7月13日閲覧。
  36. ^ a b c d “乃木坂46 9thシングル選抜メンバー(立ち位置順)”. ORICON STYLE (oricon ME). (2014年5月12日). http://www.oricon.co.jp/news/2037343/full/ 2015年7月12日閲覧。 
  37. ^ a b c d 向原康太 (2014年5月12日). “乃木坂46、9thシングルで西野七瀬センター継続! SKE48松井玲奈も福神メンバー入り果たす”. リアルサウンド (blueprint). http://realsound.jp/2014/05/post-529.html 2014年5月12日閲覧。 
  38. ^ a b ダンスしまくりの新曲「その先の出口」Music Videoが遂に解禁!!”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2014年6月24日). 2015年6月24日閲覧。
  39. ^ “伊藤万理華がセンターを務める「ここにいる理由」”. Real Sound (blueprint). (2014年12月13日). http://realsound.jp/2014/12/post-2004.html 2015年7月13日閲覧。 

参考文献[編集]

外部リンク[編集]