サウンドスキャンジャパン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

サウンドスキャンジャパンは、音楽映像ソフトの推定販売枚数およびランキングを集計・発表しているサービスである。

2014年までは株式会社エス・アイ・ピーが、2015年からは阪神コンテンツリンクが、それぞれアメリカニールセン・サウンドスキャン英語版社から許諾を受けてサービスを提供している。

概要[編集]

1995年にサービス提供を開始し、実店舗、コンビニEコマースを含む全国約9割以上の音楽・映像ソフトショップのPOSデータを基に、ランキングを発表している。

現在はビルボードジャパンが発表する「Top Singles Sales」と「Top Albums Sales」に使用されるほか、8つの指標からなる総合シングルチャートBillboard Japan Hot 100と3つの指標からなる総合アルバムチャートBillboard Japan Hot Albumsに当サービスの売上枚数をポイント化して反映される。

12cmCDシングルは、以前はアルバムチャートにランクインされていた[1]

オリコンチャートは2001年以後、CDが「初回限定盤」と「通常盤」に分かれている場合も同じ商品として扱うが、サウンドスキャンのチャートは「初回限定盤」と「通常盤」は異なる商品として扱っていた。

原則、一般店舗で販売されているパッケージのみが集計対象であったが、2016年2月以降、それまで集計対象外だった一般流通でない特定のオンラインサイトで販売される特典付きCDも集計対象とし、以前と傾向が変化した。イベント会場での販売は小売チェーンが出店して販売されたものは集計しているが、それ以外による直接販売は集計外となっている。

なお、オリコンでは販売促進イベントによる複数購入は1人3枚までしかカウントしないルールがある(2017年までは2枚まで)[2]。一方でビルボードジャパンは複数購入による減算処理はしておらず[3]、実売枚数を公表している。そのため販促イベントを行なっているアーティスト(主に女性アイドルやK-POP)はビルボードより売り上げ枚数が数万枚から10万枚少ない傾向にあり、時には大きく剥離することがある。

2014年12月31日にサウンドスキャンジャパンの事業は、エス・アイ・ピーから日本でビルボード関連事業を展開する阪神コンテンツリンクに譲渡された。2015年以降は阪神コンテンツリンクがサウンドスキャンジャパンに関する全業務を継承し、サウンドスキャンジャパン・ビルボードジャパン両チャートの競争力強化や、両事業を合わせた新たな解析サービス[4]を計画する。

提供ランキング

脚注[編集]

  1. ^ ドリカム 「朝がまた来る」CDランキング初登場1位、ZAKZAK、1999年1月29日。(インターネットアーカイブのキャッシュ)。
  2. ^ 販売施策イベントに基づく売上集計ルールの改定について、オリコン、2017年9月8日。
  3. ^ 【Billboard JAPAN Chart】よくある質問 シングルセールスについて ビルボードジャパン
  4. ^ サウンドスキャン事業に関する事業譲渡契約締結のお知らせ,阪神コンテンツリンク,2014年10月17日

外部リンク[編集]

  • Phileweb - ランキング(音元出版・2015年11月4日発表分をもって更新終了)
  • Billboard JAPAN (総合チャートの他、オリコン同様「初回限定盤」と「通常盤」を合算した売上枚数のみのチャートも掲載。原則木曜日に途中経過、月曜日に週間チャートの速報も掲載される)