SoulJa

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
SoulJa
出生名 Johannes Marías Reijnders Zwan
ヨハネス・マリアス・レィンダース・ズワン[1]
生誕 (1983-11-01) 1983年11月1日(35歳)[2]
出身地 日本の旗 日本東京都東久留米市
ジャンル J-POPヒップホップR&B
職業 シンガーソングライターラッパー
活動期間 2005年 - 現在
レーベル Rock & Hill Records
(2005年〜2006年)
NAYUTAWAVE RECORDS
(2007年〜2008年)
Def Jam Japan(2008年〜)
事務所 G.P.R
公式サイト www.soulja.jp
ameblo.jp/soulja-blog

SoulJa(ソルジャ、1983年(昭和58年)11月1日 - )[2]は、日本男性ヒップホップミュージシャン

2005年ミニ・アルバムFirst Contact』でインディーズからデビューし、2007年にシングルDOGG POUND」でメジャーデビューを果たした。彼は、青山テルマとの共作で知られている。2008年に彼女を客演に迎えた3枚目のシングル「ここにいるよ」で、オリコンチャート最高6位を記録。デジタル・ダウンロード数は200万を超え、着うたブームの火付け役となった[3]。2008年に青山によるアンサーソング「そばにいるね feat.SoulJa」は、2008年上半期最高の売上を記録し、「日本で最も売れた着うたフル楽曲」としてギネスブックに認定された。2010年に、彼女とのコラボレーション最終作となるシングル「はなさないでよ」を発表。「ここにいるよ」「そばにいるね」の配信は計1,000万ダウンロードを超えた[4]

生い立ち[編集]

1983年(昭和58年)[2]東京都で生まれる。日本人父親ベルギー人母親を持つハーフ。幼い頃に母親の母国ベルギーに移り、その後、日本やアメリカを行き来する。ヴァイオリニスト[3]の母親に強制的にバイオリンを習わされたのをきっかけに、チェロピアノを習い、幼い頃からクラシックに慣れ親しむ[5]

アメリカの高校に単身で進学[6]。15歳の時にヒップホップに目覚め、全米各地で行われるイベントでフリースタイル・ラップバトルを繰り広げる。この頃のラップの内容は「経験に基づく自己分析」が多く、自らのアイデンティティを失っていた時期であった為、ラップバトルは感情の捌け口になっていた[5]。その頃に現地のラッパーから一流ラッパーの称号である「SoulJa」(魂(Soul)神(Jah)を表すスラング)を授かった[2]2003年から日本に住んでいる[3]

経歴[編集]

友人が現在の所属事務所G.P.Rに彼のデモテープを持ち込む[6]2005年俳優オダギリジョーが出演する「メンズビューティーン」のCM曲として「FirstContact」が起用され、デビュー[6]11月1日にミニ・アルバム『First Contact』を発表。

2007年2月28日シングルDOGG POUND」でメジャーデビューを果たす。同年6月に2枚目のシングル「rain」を発表。9月に青山テルマを客演に迎えた3枚目のシングル「ここにいるよ」を発表。遠距離恋愛を歌った同作は、オリコンチャートで最高6位、デジタル・ダウンロード数は200万[4]を記録する大ヒットとなった[6]9月7日にシングル3曲を含む初のアルバム『Spirits』を発表。12月には第40回日本有線大賞新人賞を受賞した[2]

2008年1月、「ここにいるよ」の青山テルマによるアンサーソング「そばにいるね」に客演。NTTドコモのテレビCM曲として起用された同曲は2008年上半期の最高の売上を記録し、「日本で最も売れた着うたフル楽曲」としてギネスブックに認定された[7]。同年4月8日、女性歌手Yukieを客演に迎え、「そばにいるね」をセルフカバーし、着うた限定で配信[8]。同年6月、1枚目のアルバム『Spirits』の完全ニューマスタリング・デラックス編集版アルバムとして『SPIRITS:X`tended』を発表。9月、ジャマイカのレゲエアーティストスライ&ロビーから「そばにいるね」のカバー依頼により、彼が新たに英語詞を起こしてラッパーとして参加した「ハリー・ホーム(そばにいるね)」が、彼らのアルバム『AMAZING』に収録された。同アルバムは同年のグラミー賞最優秀レゲエアルバム部門にノミネートされた[9]

2008年10月、松任谷由実を迎え、“SoulJa×Misslim”名義で「記念日・home」を発表。「記念日」は、1989年に発売された松任谷のシングル「ANNIVERSARY〜無限にCALLING YOU」をサンプリングしている[10]。12月、第59回NHK紅白歌合戦に「そばにいるね」で青山テルマと赤組で出場。

2009年1月、4枚目のシングル「ONE TIME feat. 一星 & 沖仁」を発表。3月に2枚目のアルバム『COLORZ』を発表。

2010年1月、シングル「Way to love〜最後の恋〜 feat. 唐沢美帆」を発表。4月、デビュー前の果山サキを迎えたシングル「うまく言葉にできないけれど」を発表。5月、「ここにいるよ」「そばにいるね」と続いた“遠距離恋愛”シリーズの完結篇と位置づけたシングル「はなさないでよ feat. 青山テルマ」を発表。2人はこのシングルをもって、コンビを解消した[4]。6月に3枚目のアルバム『Letters』を発表。9月に、DA PUMPISSAとのコラボレーションシングル「Breathe」を発表。

人物[編集]

日本語英語フラマン語フランス語を話す[5]

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

# 情報 最高順位 認定
オリコン
[11]
ビルボード
1st Spirits

9
2nd COLORZ

  • 発売日: 2009年2月25日
  • レーベル: Def Jam Japan
  • 規格: CD、デジタル・ダウンロード

106
3rd Letters

  • 発売日: 2010年6月16日
  • レーベル: Def Jam Japan
  • 規格: CD、デジタル・ダウンロード

36 42
"—"はチャート圏外、チャート対象外の何れかを意味する。
Billboard JAPAN Top Albums2008年から開始された。

ミニ・アルバム[編集]

情報 最高順位 認定
オリコン
[11]
ビルボード
First Contact

ベスト・アルバム[編集]

情報 最高順位 認定
オリコン
[11]
ビルボード
BEST 2007-2010

  • 発売日: 2011年1月12日
  • レーベル: Def Jam Japan
  • 規格: CD、デジタル・ダウンロード

137

その他[編集]

情報 最高順位 認定
オリコン
[11]
ビルボード
SPIRITS X'tended

  • 発売日: 2008年6月18日
  • レーベル: Def Jam Japan
  • 規格: CD、デジタル・ダウンロード

9

シングル[編集]

# 発売日 作品名 最高順位 認定 アルバム
オリコン
[12]
JPN Hot 100 RIAJ
DL
1st 2007年2月28日 DOGG POUND 100 Spirits
2nd 2007年6月20日 rain 99
3rd 2007年9月19日 ここにいるよ feat.青山テルマ 6 77
4th 2008年10月15日 記念日・home(SoulJa×Misslim) 24 33 COLORZ
5th 2009年1月21日 ONE TIME feat. 一星 & 沖仁 86 82
6th 2010年1月20日 Way to love〜最後の恋〜 feat. 唐沢美帆 62 11 Letters
7th 2010年4月14日 うまく言葉にできないけれど feat. 果山サキ 88 13
8th 2010年5月26日 はなさないでよ feat. 青山テルマ 61 57 9
客演
[1] 2008年4月8日 そばにいるね(feat. Yukie) SPIRITS X'tended
[2] 2010年 月光〜GOD'S CHILD〜(feat. 鬼束ちひろ) 23 Letters
"—"はチャート圏外、チャート対象外の何れかを意味する。
Billboard Japan Hot 1002008年RIAJ有料音楽配信チャート2009年から開始された。
備考
  1. ^セルフカバー。ラジオシングル。
  2. ^ラジオシングル。

客演[編集]

発売日 作品名 最高順位 認定 アルバム
オリコン
[12]
JPN Hot 100 RIAJ
DL
2008年1月23日 そばにいるね(青山テルマ feat.SoulJa) 1 1 DIARY
2010年2月17日 What's Love?(SKELT 8 BAMBINO feat.SoulJa) 190 33 LOVE BALANCE
2010年3月3日 帰る場所(青山テルマ feat.SoulJa) 63 26 51
2011年7月27日 本当にキミじゃないのかな…(果山サキ feat.SoulJa)
"—"はチャート圏外、チャート対象外の何れかを意味する。

参加作品[編集]

発売日 作品名 最高順位 認定 収録
オリコン
[12]
JPN Hot 100 RIAJ
DL
2008年9月3日 ハリー・ホーム(そばにいるね)(スライ&ロビー feat.レディ・トラフィック、SoulJa&シャンテル) AMAZING
2010年2月24日 be alive〜そのままの君でいて〜(小柳ゆき feat.SoulJa) 32 The Best Now & Then 〜10th Anniversary〜
2010年8月11日 2111〜過去と未来で笑う子供達へ〜(アンダーグラフ×SoulJa) 夏影
2010年9月22日 Breathe(ISSA×SoulJa) 37 23 11
2011年3月9日 4 chords(ISSA×SoulJa) 57
2011年10月12日 i hate u(ISSA×SoulJa+ROLA) 26 20 11
"—"はチャート圏外、チャート対象外の何れかを意味する。

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
井上強 雨のち晴れ(SoulJa×KenJi03×河北麻友子)」(出演:菅谷哲也)
ウスイヒロシ What's your name? collaboration with 壇蜜(SoulJa+中村舞子)」
大橋洋生 i hate u(ISSA×SoulJa+ROLA)」
4 chords(ISSA×SoulJa)」
Breathe(ISSA×SoulJa)」
FOREVA(ISSA×SoulJa+中村舞子)」
菊池久志 「DOGG POUND」
ONE TIME feat.一星 & 沖仁
rain
ここにいるよ feat.青山テルマ」(出演:星野奈津子)
「そばにいるね SoulJa×Yukie」
はなさないでよ feat.青山テルマ
そばにいるね(青山テルマ feat.SoulJa)」
h o m e(SoulJa×Misslim)」
「h o m e (X'mas Version)」
記念日(SoulJa×Misslim)」
土屋隆俊 Way to Love 〜最後の恋〜 feat.唐沢美帆」(出演:松岡里枝)
うまく言葉にできないけれど feat.果山サキ
豊田京太郎 月光〜GOD'S CHILD〜 feat.鬼束ちひろ
向井智洋 i love u(ISSA×SoulJa+峯村優衣+藤田杏奈)」
不明 「First Contact (Indies Version)」

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ミュージックステーション内のMUSIC TOPICS(Mトピ)にて本人より発表。2009年3月13日放送。
  2. ^ a b c d e PROFILE” (日本語). SoulJa Official web site. 2011年9月26日閲覧。
  3. ^ a b c SoulJa (2010年7月2日). ハダカの告白 Vol.213 SoulJa ”古典”を知るラッパーによる音楽理論講座. インタビュアー:橋場了吾. SAPPORO MUSIC NAKED. http://www.sapporo-mn.com/m/naked/naked.php?naked_id=213_1 2011年9月26日閲覧。 
  4. ^ a b c “テルマがコンビ解消…SoulJaとラスト唱” (日本語). スポーツニッポン. (2010年5月13日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2010/05/13/kiji/K20100513Z00001350.html 2011年9月26日閲覧。 
  5. ^ a b c SoulJa (2007年). インタビュアー:金澤隆志. music UP's.. http://www.music-ups.jp/backnumber/30/pickup/11.php+2011年9月26日閲覧。 [リンク切れ]
  6. ^ a b c d 西村綾乃 (2007年11月8日). “音魂 第17回 SoulJa「いろんな自分を見せていきたい」” (日本語). 毎日jp. 毎日新聞社. http://mainichi.jp/enta/music/graph/otodama/17/ 2011年9月26日閲覧。 [リンク切れ]
  7. ^ “青山テルマ×SoulJa「そばにいるね」がギネス認定” (日本語). ナタリー. (2008年9月12日). http://natalie.mu/music/news/9537 2011年9月26日閲覧。 
  8. ^ PROFILE” (日本語). SoulJa Official web site. ユニバーサルミュージック. 2011年9月26日閲覧。
  9. ^ SoulJa (2009年2月5日). SoulJaの「そばにいるね」がグラミー賞にノミネート - 「受賞したら、お世話になった人に恩返ししたいね!」. (インタビュー). マイコミジャーナル.. https://news.mynavi.jp/articles/2009/02/05/soulJa/index.html 2011年9月26日閲覧。 
  10. ^ “あのヒット曲ももちろん収録!SoulJa初のベストアルバム” (日本語). ナタリー. (2011年1月1日). http://natalie.mu/music/news/42860 2011年9月26日閲覧。 
  11. ^ a b c d SoulJaのCDアルバムランキング” (日本語). オリコン芸能人事典. オリコン. 2011年9月25日閲覧。
  12. ^ a b c オリコンシングルチャート
    SoulJaのCDシングルランキング” (日本語). オリコン芸能人事典. オリコン. 2011年9月25日閲覧。
    SoulJa×MisslimのCDシングルランキング” (日本語). オリコン芸能人事典. オリコン. 2011年9月25日閲覧。
    アンダーグラフ×SoulJaのCDシングルランキング” (日本語). オリコン芸能人事典. オリコン. 2011年9月25日閲覧。
    ISSA×SoulJaのCDシングルランキング” (日本語). オリコン芸能人事典. オリコン. 2011年9月25日閲覧。

外部リンク[編集]