半保護されたページ

マトリックス リローデッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マトリックス (映画シリーズ) > マトリックス リローデッド
マトリックス リローデッド
The Matrix Reloaded
監督 ラリー・ウォシャウスキー
アンディ・ウォシャウスキー
脚本 ラリー・ウォシャウスキー
アンディ・ウォシャウスキー
製作 ジョエル・シルバー
製作総指揮 ブルース・バーマン
グラント・ヒル
アンドリュー・マーソン
ラリー・ウォシャウスキー
アンディ・ウォシャウスキー
出演者 キアヌ・リーブス
キャリー=アン・モス
ローレンス・フィッシュバーン
モニカ・ベルッチ
ジェイダ・ピンケット=スミス
ヒューゴ・ウィーヴィング
音楽 ドン・デービス
撮影 ビル・ポープ
編集 ザック・ステンバーグ
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 2003年5月15日
日本の旗 2003年6月7日
上映時間 138分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 1億5000万ドル[1]
興行収入 7億3500万ドル[1] 世界の旗
2億8100万ドル[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
110億円[2] 日本の旗
前作 マトリックス
次作 マトリックス レボリューションズ
テンプレートを表示

マトリックス リローデッド』(原題:The Matrix Reloaded)は、2003年アメリカ映画。監督・脚本はウォシャウスキー兄弟ワーナー・ブラザース配給。「マトリックス」シリーズの2作目。

ストーリー

人類の最後の砦「ザイオン」では、一つの重大な問題が持ち上がっていた。人類は宿敵であるマトリックスを支配するコンピュータに対し、ホバークラフトシップを駆使してのゲリラ戦を挑んでいたが、オシリス号がもたらした情報によれば、コンピュータはザイオンを直接攻撃するため、センチネルと呼ばれるロボット25万体もの大群による殲滅作戦を発動したことが明らかとなった。

対応の遅れたザイオンに残された時間は72時間を切っており一刻の猶予もない。ネオたちはマトリックスでオラクルに会う。ネオは彼女の側近であるセラフに導かれ、コンピュータの中で無秩序に広がった仮想世界が、コンピュータの意思決定能力にすら影響すると知る。そしてオラクルは、人類を救うためにネオがマトリックスのソースにたどり着かなくてはならないことを告げた。

ネオはついに、マトリックスの創設者であるアーキテクトと対面する。そこで伝えられたのは、ネオは「予言された救世主」ではなく「プログラムされた」存在で、ザイオンもマトリックスの破局を予防するために「アーキテクト」によって企画されたことを知らされる。現実世界ではセンチネルの大群がザイオンに迫っていた。ネオは、自分の属している現実世界や親しい人たちか、人類を生かしてより完成されたマトリックスへの変化の礎となるかの選択を迫られる。

登場人物

キャスト

役名 俳優 日本語吹き替え
劇場公開版 フジテレビ
ネオ(トーマス・A・アンダーソン) キアヌ・リーブス 小山力也 森川智之
モーフィアス ローレンス・フィッシュバーン 玄田哲章 内海賢二
トリニティー キャリー=アン・モス 日野由利加 戸田恵子
エージェント・スミス ヒューゴ・ウィーヴィング 中田和宏 大塚芳忠
ナイオビ ジェイダ・ピンケット=スミス 本田貴子 深見梨加
オラクル グロリア・フォスター 此島愛子 片岡富枝
リンク ハロルド・ペリノー・ジュニア 大川透 鳥海勝美
パーセフォニー モニカ・ベルッチ 大坂史子 塩田朋子
メロヴィンジアン ランベール・ウィルソン 中村秀利 江原正士
キー・メーカー ランドール・ダク・キム 仲野裕 辻親八
ロック司令官 ハリー・レニックス 石塚運昇 菅生隆之
ハーマン評議員 アンソニー・ザーブ 村松康雄 麦人
ジー ノーナ・ゲイ 朴璐美 引田有美
アーキテクト ヘルムート・バカイティス 有本欽隆 中村正
ザ・ツインズ ニール&エイドリアン・レイメント 保村真 福山廉士
セラフ コリン・チョウ 辻谷耕史 家中宏
ベイン イアン・ブリス 斉藤瑞樹 蓮池龍三
カズ ジーナ・トーレス 唐沢潤
ミフネ ナサニエル・リーズ 佐々木勝彦 高瀬右光
バラード ロイ・ジョーンズ・ジュニア 楠大典 大川透
エージェント・ジョンソン ダニエル・バーンハード 辻谷耕史 若本規夫
エージェント・ジャクソン デヴィッド・A・キルド 石住昭彦 青山穣
エージェント・トンプソン マット・マッコーム 松本大 斎藤志郎
ウェスト評議員 コーネル・ウェスト 沢木郁也 宝亀克寿
ディラード評議員 ロビン・ネビン 沢田敏子 久保田民絵
ゴースト アンソニー・ウォン 二又一成 高瀬右光
キッド クレイトン・ワトソン 緑川光 石田彰
副官 ルパート・リード 楠大典 家中宏
ソーレン スティーブ・バストニー 佐々木勝彦 若本規夫
アクセル リー・ワネル 保村真 羽切祥
ベクター ドン・バッテ 石住昭彦 宝亀克寿
マラカイ スティーブ・ベラ 松本大 福山廉士
ローランド デヴィッド・ロバーツ 仲野裕 青山穣
マギー エッシー・デイヴィス 唐沢潤 幸田直子
モーゼル クリストファー・カービー 佐々木勝彦 大川透
コルト ピーター・ラム 斉藤瑞樹 家中宏
エーケイ ロバート・マモーネ 石住昭彦
ティラント フランキー・スティーブンス 沢木郁也 斎藤志郎
アイス ケリー・バトラー 吉沢希梨 幸田直子
コラプト ポール・コッター 保村真 羽切祥
ワーム デレル・ジャクソン 斉藤瑞樹
アジャックス シェイン・C・ロドリゴ 松本大 青山穣
スパークス ラッキー・ヒューム セリフなし
キャス アリマ・アシュトン=ジェイブー 黒葛原未有 きのしたゆうこ
ワーツ 大久保祥太郎
ザイオン航空管制官 マイケル・バット 羽切祥
  • 劇場公開版吹き替え - VHSDVDBD収録
その他吹き替え - 村竹あおい
  • フジテレビ版吹き替え - 初回放送2006年4月15日『土曜プレミアム』(21:00-23:34) ※正味123分
2015年2月14日にWOWOWで放送された際、カット部分を同一声優で追加録音したものが放送された。
2018年11月7日発売の「マトリックス トリロジー 4K ULTRA HD& HD デジタル・リマスター ブルーレイ」には劇場公開版と共に、WOWOW追加収録版が収録[3]

地上波放送履歴

回数 放送日時 放送局 番組名 放送時間 吹替版
1 2006年4月15日 フジテレビ 土曜プレミアム 21:00-23:34 フジテレビ版
2 2008年6月20日 日本テレビ 金曜ロードショー 21:03-23:14

スタッフ

日本語版

- ソフト版 フジテレビ版
演出 岩浪美和 小林守夫
翻訳 久保喜昭 栗原とみ子
古瀬由紀子[4]
調整 N/A 柳川久子
録音 山本和利 オムニバス・ジャパン
効果 N/A サウンドボックス
編集 オムニバス・ジャパン N/A
プロデューサー 尾谷アイコ
小出春美
中島良明
遠藤恵
制作 ワーナー・ホーム・ビデオ
東北新社
東北新社

作品解説

配役

ジー役はアリーヤを配役して撮影を進めていたが、完成前に事故死したため、ノーナ・M・ゲイが務めた。

撮影

撮影は主にオーストラリアシドニーフォックス・スタジオ・オーストラリアにおいて、続編『マトリックス・レボリューションズ』と同時進行で行われた。

高速道路でカーチェイスを行う場面はアメリカカリフォルニア州アラメダの使用されなくなったアラメダ海軍退役軍人飛行場で撮影された。カーチェイスを撮影するべく条件に合う高速道路を探していたとき、撮影のため道路を封鎖して借り切ることが出来る道路としてオハイオ州アクロンにある環状線オハイオ州道59号線を見つけたが、プロデューサーが「撮影を始めるたびに車をスタート位置に配置する時間が莫大にかかる」としたことから、飛行場の古い滑走路上に約2.5 kmに及ぶ道路を造成した。この道路はのちに、劇中のカーチェイスシーンの最後に起きる、2台のセミトレーラトラックが正面衝突するとどうなるかを検証するテレビ番組『怪しい伝説』で使用された。

短いトンネルの部分はカリフォルニア州オークランドとアラメダを結ぶウェブスターチューブで撮影され、基地内の航空機格納庫では編集作業も行われた。

これらのセットに使用された大量の資材は、撮了後メキシコの低所得者向け住宅の木材として送られるなど97%が再利用された。

公開・反響

本作は、アメリカで公開初日に4250万ドルの興行収入を記録し、2002年5月に『スパイダーマン』が記録した3,940万ドルを越え、全米の公開初日の興行収入の新記録を樹立した。公開3日間の興行収入は$91,774,413を稼ぎ出した。これは『スパイダーマン』に次ぐ歴代2位の記録であった。

また、Rレーティングの映画として興行成績は2004年の『パッション』、公開3日間の成績は2015年の『デッドプール』に抜かれるまで歴代1位であった。[5]

日本では6月7日から先々行、先行を実施。666スクリーンで公開され、初日・2日間の興収は、22億2285万4550円(動員で148万6743人)を稼いだ。動員では及ばなかったものの、これまで「ハリーポッターと秘密の部屋」が持っていた20億5487万8350円を上まわり、日本新記録となった。[6]

映画批評家のレビュー集積サイトのRotten Tomatoesでは244件のレビューで支持率73%、平均点を6.8/10とした。[7]また別の映画批評家のレビュー集積サイトのMetacriticは35件のレビューを調査し、肯定的なものを25件、どちらともいえないものを14件、否定的なものを1件とし、加重平均値を62/100とて「概ね好評」と纏めた。[8]

ユダヤ、キリスト、イスラムの3つの一神教に関連した話題が多いことから、エジプトでは上映禁止になった。エジプトのメディアは、本作に登場する「ザイオン」はシオンエルサレム)をモデルにしており、それが悪に破壊されるため、シオニズムを助長する映画であると批判した。

DVD

2003年に日本で発売された本作のDVDのオリジナル音声と日本語吹替え音声ではサラウンドミックスに違いがある。

ネオがセラフにオラクルの場所まで案内され、オラクルとの会話が終わりエージェント・スミスが登場するシーンでは、オリジナル音声はセンタースピーカーからスミスの声が出るが、日本語吹替え音声はリアスピーカーから声が出る。

フジテレビ制作の吹替は今作からステレオ制作になり、WOWOWでの吹替補完版もステレオ放送が行われた。

トリビア

高速道路の場面中、2台のフォード・トーラスと1台のダッジ・ラムダッジ・ストレイタスが一瞬登場するものの、それ以外の自動車は全てゼネラルモーターズ製である。そのうちカーチェイスに参加した自動車にはトリニティの運転するキャデラック・CTS、敵のザ・ツインズが運転するキャデラック・エスカレード EXT、パトカーには数台のシボレー・インパラシボレー・カプリスが使われた。

後に追加された車種としてオールズモビル・イントリーグオールズモビル・オーロラシボレー・タホアウディ・A8三菱・マグナレクサス・ESなども登場している。

コリン・チョウが演じたセラフの役は、当初ジェット・リーにオファーが来ていたが、ジェット・リーはその役を引受けず、『ザ・ワン』(2001年)へ出演した。なお、キアヌ・リーブスは、『マトリックス』の出演準備として、ジェット・リーの作品からアクション・スタイルのヒントを取り入れたと語っている[9]

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c The Matrix Reloaded (2001)”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2009年12月12日閲覧。
  2. ^ 日本映画産業統計 過去興行収入上位作品 (興収10億円以上番組) 2003年(1月~12月)”. 社団法人日本映画製作者連盟. 2010年4月6日閲覧。
  3. ^ マトリックス トリロジー<4K ULTRA HD&HDデジタル・リマスター ブルーレイ>
  4. ^ 追加録音分
  5. ^ Biggest Opening Weekends at the Box Office” (英語). Box Office Mojo. 2018年8月12日閲覧。
  6. ^ 国内映画ランキング(2003年6月7日~2003年6月8日)” (日本語). 映画.com. 2018年5月5日閲覧。
  7. ^ The Matrix Reloaded” (英語). Rotten Tomatoes. 2018年8月12日閲覧。
  8. ^ The Matrix Reloaded” (英語). Metacritic. 2018年8月12日閲覧。
  9. ^ Cyber Keanu by J.A. Bondy - Keanu Reeves on Matrix - interview, making-of article[1]

関連項目

外部リンク