名もなき詩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Mr.Children > 名もなき詩
名もなき詩
Mr.Childrenシングル
初出アルバム『深海
B面 また会えるかな
リリース
規格 8cmシングル
ジャンル J-POP
ロック
時間
レーベル トイズファクトリー
作詞・作曲 桜井和寿
プロデュース 小林武史
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1996年2月度月間1位(オリコン)
  • 1996年度年間1位(オリコン)
  • オリコン歴代シングルランキング12位
Mr.Children シングル 年表
シーソーゲーム 〜勇敢な恋の歌〜
1995年
名もなき詩
(1996年)
花 -Mémento-Mori-
(1996年)
深海 収録曲
Making songs
(6)
名もなき詩
(7)
So Let's Get Truth
(8)
テンプレートを表示

名もなき詩」(なもなきうた)は、Mr.Childrenの10枚目のシングル1996年2月5日トイズファクトリーより発売。

概要[編集]

前作から約6ヵ月ぶりに発売されたシングル。4thシングル「CROSS ROAD」から7作連続でミリオンセラーを達成した。累計売上は230.9万枚。

オリコンシングルチャートでの初動売上は当時の歴代最高となる約120.8万枚を記録し、オリコン史上初となる初動売上のみで100万枚を突破したシングルである。本作は月曜日の発売だったため店によっては流通の関係上前週の金曜日から販売されているところもあったが、全て発売週の売上として集計された[1]

Mr.Childrenのシングルでは6thシングル「Tomorrow never knows」に次いで2番目に高い売上を記録。オリコンの集計では1996年3月25日付にてCHAGE and ASKA以来2組目となるシングル2作目の200万枚突破を達成するとともに、オリコン史上3組目となる2度目のシングル年間1位を獲得した[2]

ジャケットは桜井の舌に「NO NAME」と書かれているもので、このジャケットを友人に見せたところ「もうインディーズじゃないんだから」と笑い飛ばされたという。[要出典]

なお、次のシングル以降は、表題曲のインストゥルメンタルバージョンは収録されなくなる。

収録曲[編集]

  1. 名もなき詩
    フジテレビドラマピュア主題歌
    Mr.ChildrenではPVが制作されていない数少ないシングル曲で、テレビ番組では独自の映像やライブ映像を流すことで対応している。
    歌詞に発売当時は放送問題用語だった「ノータリン」が含まれているため、トイズファクトリーは放送局に市販とは異なる当該箇所の歌詞を差し替えた曲を収めた「PR-275」という品番のCDを作成・配布して放送に対応した。当該の歌詞は「言葉では足りん」と替えられているが、1996年4月5日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)で披露した際には、歌詞テロップを無視して「僕はノータリン」と歌った。
    FAN』に出演した際には、1番のAメロとBメロを桜井和寿のみの弾き語りでアレンジしたバージョンで披露した。また桜井は、イントロの部分で、ハーモニカを演奏した。
    ミリオンセラーとなったシングル曲では5thシングル「innocent world」15thシングル「終わりなき旅」などとともにライブで演奏される回数が多い曲で、ライブでは1番のサビを観客に歌わせる演出が行われることがある[3]
    発売から7年後の2003年エリエールCMソング新垣結衣出演)としても起用された。
    後に開催されたファンクラブ限定ツアー「Mr.Children FATHER&MOTHER 21周年ファンクラブツアー」の直前に行われた「会員が最もライブで聴きたい曲」では24位に選ばれた[4]
  2. また会えるかな
    • 作詞・作曲:桜井和寿 編曲:小林武史 & Mr.Children
    NISSANブルーバード」CMソング。
    桜井はこの曲について「下心が育てた曲」と語っている[5]
    5thアルバム『深海』に収録されている「臨時ニュース」では少しだけこの曲が流れている。
  3. 名もなき詩 (Instrumental Version)

脚注[編集]

  1. ^ 1997年からはオリコンの集計方式が変更され発売週より前に集計された売上はそのままその週の売上になり、発売日によって集計期間が少なくなることはあっても多くなることはなくなった。
  2. ^ オリコンと集計方法が異なるプラネットや、オリコンの数字に加え有線放送のリクエスト数などを加味した独自の集計方法を取っているTBS系『COUNT DOWN TV』での年間シングルチャート1位は「DEPARTURES」(globe)で、本作は年間2位となっている。
  3. ^ ライブツアー『Mr.Children TOUR 2011 "SENSE"』では2番のサビを歌わせた。
  4. ^ 映画「Mr.Children REFLECTION」 劇場公開パンフレット
  5. ^ B-SIDE』ライナーノーツより。

収録アルバム[編集]