命くれない

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
命くれない
瀬川瑛子シングル
B面 忘れ傘
リリース
ジャンル 演歌
レーベル 日本クラウン
作詞・作曲 作詞: 吉岡治 / 作曲: 北原じゅん
ゴールドディスク
チャート最高順位
瀬川瑛子 シングル 年表
恋は紫
(1985年)
命くれない
(1986年)
サザン瀬戸ブルース
(1987年)
テンプレートを表示

命くれない』(いのちくれない)は、1986年3月に発売した瀬川瑛子の40枚目のシングルである。

解説[編集]

  • 1986年の発売開始当初は鳴かず飛ばずであり、発売時のレコード店からの予約枚数は「1860枚とちょっと」であったという[1]。しかし、1987年に入ってから徐々に有線で上位にランクされるようになる。1988年1月下旬に100万枚目のレコードをプレスし[1]、累計では170万枚を売り上げた[2]
  • この曲の大ヒットにより、1987年暮れの『第38回NHK紅白歌合戦』に瀬川瑛子自身念願の初出場を果たした。なお、瑛子の実父である瀬川伸1952年1月の『第2回紅白』と、1956年12月の『第7回紅白』に過去2回出場しており、史上初めて実の親子の紅白歌合戦出場が実現となった。
  • オリコンチャートでは、最も低い年間売り上げ(42万3千枚)と最も低い最高順位(6位)での年間シングルチャート1位(1987年度)に輝いた。翌1988年度も第20位にランクされている。
  • ザ・ベストテン』(TBS)では1987年年間ランキング第2位・1988年年間ランキング第62位(当番組の週間ランクインは1988年1月に3週連続で8位(最高順位)、1988年2月に1週9位)、『歌のトップテン』(日本テレビ)でも1987年年間ランキング第4位を記録した。
  • JASRAC賞では1987年度・1988年度と2年連続金賞を獲得している。JASRAC賞で2年連続金賞を獲得したのはこの曲と『世界に一つだけの花』『ヘビーローテーション』の3曲のみ(2013年現在)。

収録曲[編集]

  • A面、B面共に作詞:吉岡治/作曲:北原じゅん/編曲:馬場良
  1. (A面) 命くれない
  2. (B面) 忘れ傘

脚注[編集]

  1. ^ a b 読売新聞』1988年2月17日付東京夕刊、15頁。
  2. ^ 『読売新聞』1992年11月18日付東京夕刊、14頁。

関連項目[編集]