黒ネコのタンゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

黒ネコのタンゴ」(くろネコのタンゴ、黒猫のタンゴ黒ねこのタンゴ)は、1969年のイタリア童謡(原題は"Volevo un gatto nero")、およびその日本語カバー曲。各国の多くの歌手によってカバーされている。

イタリア語原曲[編集]

Volevo un gatto nero
ヴィンチェンツァ・パストレッリの楽曲
リリース 1969年
規格 シングルレコード
ジャンル 童謡
時間 2分30秒
レーベル Antoniano/Rifi
作詞者 マリオ・パガーノ
アルマンド・ソリチッロ
フランチェスコ・サヴェリオ・マレスカ
作曲者 マリオ・パガーノ
その他収録アルバム
シングル「Il Pesciolino Stanco/Volevo un gatto nero」

「黒ネコのタンゴ」の原曲は、1969年3月のイタリアの童謡コンテスト「第11回ゼッキーノ・ドーロ」(ゼッキノ・ドロとも表記される)で第3位に入賞した曲「Volevo un gatto nero」である[1]

  • 原題: "Volevo un gatto nero"(黒いネコがほしかった)。
  • 作詞:マリオ・パガーノ(Mario Pagano、「フラマリオ (Framario)」の筆名で投稿)、アルマンド・ソリチッロ(Armando Soricillo)、フランチェスコ・サヴェリオ・マレスカ(Francesco Saverio Maresca)
  • 作曲:マリオ・パガーノ
  • オリジナル歌唱者:ヴィンチェンツァ・パストレッリ(Vincenza Pastorelli)

「『本物のアリゲーターやキリン、ゾウ、動物園丸ごとあげるから、代わりに黒ネコがほしい』と言ったのに、友達がくれたのは白ネコだった、嘘をついたんだからもう遊んであげない」というのがオリジナルの歌詞の内容である。最後には「もう黒でも白でもどっちでもいいけど、嘘つきには何にもあげない」と締められる。ヴィンチェンツァ・パストレッリの歌うレコードは900万枚を売り上げた[2]

1969年当時、イタリアでは同じく第11回ゼッキーノ・ドーロの入賞曲である"Il Pesciolino Stanco"(「疲れた小魚」の意味。歌:ナタリーノ・ディ=メッツォ(Natalino Di Mezzo))とカップリングされてシングルレコードとして発売された(レーベル:Antoniano/Rifi、品番:RFN NP 16344)。

歌手のクリスティーナ・ダヴェーナが2012年の第55回ゼッキーノ・ドーロでこの歌を歌うなど、ゼッキーノ・ドーロの曲のうちでもとくに親しまれている楽曲のひとつである。

日本語版[編集]

黒ネコのタンゴ
皆川おさむシングル
B面 ニッキ・ニャッキ
リリース
ジャンル 童謡歌謡曲
時間
レーベル フィリップス日本ビクター
(オリジナル盤)
マーキュリー・ミュージックエンタテインメント
(8cmCD)
作詞・作曲 M. パガーノ, A. ソリチッロ, F. マレスカ
日本語詞:見尾田みずほ
チャート最高順位
  • 週間1位(オリジナル盤、オリコン
  • 週間40位(8cmCD、オリコン)
  • 1969年度年間5位(オリジナル盤、オリコン)
  • 1970年度年間1位(オリジナル盤、オリコン)
  • オリコン歴代シングルランキング16位
  • 39位(8cmCD、CDTV
皆川おさむ シングル 年表
黒ネコのタンゴ
1969年
サッちゃん
1970年
テンプレートを表示

日本では1969年10月5日皆川おさむのデビュー曲として発売された。

見尾田みずほが日本語の詞を付けて邦題を「黒ネコのタンゴ」とし、小森昭宏が編曲した。たまたま皆川おさむの叔母である皆川和子が主宰するひばり児童合唱団に日本語版リリースのオファーが来たことから皆川おさむが歌うことになった。フィリップスからシングル盤『黒ネコのタンゴ』(規格品番:FS-1092)が発売されるとオリコンで14週連続1位を記録、シングルセールスは公称260万枚[3](資料によっては230万枚[4][5])の大ヒットとなった(1969年の年間第5位・1970年の年間第1位)。ニッポン放送ラジオ番組オールナイトニッポン」が日本におけるヒットの発信源とされる[6]。なお、この日本語版の歌詞は原詞の翻訳ではなく独自に作詞したものである。

皆川おさむによるシングル盤「黒ネコのタンゴ」は発売当時のコピーが「大人のための子供の歌」であった[7]。童謡のレコードでは非課税扱いだった物品税が「黒ネコのタンゴ」では課税対象となっていた。

皆川おさむは「黒ネコのタンゴ」をレコーディングした当時、「タンゴ」が音楽用語とは知らず、ネコの名前だと思っていたという。

1999年4月7日に皆川の楽曲が「だんご3兄弟」のカバーと両A面シングルとしてシングルCDで発売され、オリコン最高40位を記録した。これに伴い、「黒ネコのタンゴ」は1999年4月19日付オリコンシングルチャートで1970年7月12日付以来1501週後の再チャートインという記録を達成した。

日本でのカバー[編集]

1974年には「ママとあそぼう!ピンポンパン」の挿入歌として石毛恭子にカバーされた。童謡集などでは、稲村なおこ、大和田りつこらも歌っている。また、コロムビアゆりかご会によるコーラスバージョンやCHOCOLATE FASHIONによるバージョン、ザ・カミカゼによるディスコアレンジバージョン、The Phanky OKstraによるヒップホップバージョン(曲名は『TPOの黒ネコのタンゴ』)などがある。2005年には時東ぁみがミニアルバム『①さなぎのバスローブ』でカバー。2002年には、星野隆子がイタリア語の原歌詞でカバーした。2007年にはwyolicaがコンピレーション・アルバム『Lingkaran for Baby』でカバー。2008年には大橋のぞみがアルバム『ノンちゃん雲に乗る』でカバー。2009年には野中藍がアルバム『夏のあらし! キャラクターソングアルバム 歌声喫茶方舟』でカバー。2010年にはROCOがアルバム『こどもじゃず』でカバー。2011年にはミゲル・ゲレイロがアルバム『しあわせソングス★はじめまして、ミゲルです』でカバー。2016年にはムジカ・ピッコリーノ メロトロン号の仲間たち(ゲストヴォーカル:もも(チャラン・ポ・ランタン))がアルバム『ムジカ・ピッコリーノ Mr.グレープフルーツのブートラジオ』でカバー。

ニッキ・ニャッキ[編集]

皆川おさむ版『黒ネコのタンゴ』のシングルB面。こちらも第11回ゼッキーノ・ドーロの入賞曲である。原題は "Nicchi Sgnacchi Mucchi Mucchi"。オリジナルの作詞・作曲はアントニオ・ヴェントゥリーニ(Antonio Venturini)、日本語詞は山上路夫置鮎礼子1964年10月28日-)が歌っていた。

発売当時はあまり話題にならなかったが、約10年後、「ママとあそぼう!!ピンポンパン」の挿入歌として酒井ゆきえとッグ・マンモスがカバーしてリバイバルヒットした。1990年1991年TBSラジオで放送していた「錦織一清のスーパーギャング」のOPとEDで使われた。

2002年5月2日発売のアルバム『柴矢裕美とレッツ・シング!!〜「おさかな天国」から「ニッキ・ニャッキ」まで〜』の中で西脇彩華がカバーしている。

ヒットの影響[編集]

発売当時6歳10か月だった歌手、皆川おさむの大ヒットによって様々な子供歌手がレコード会社各社からデビューし[5][8][9]1970年の日本の歌謡シーンは「子供歌手ブーム」が訪れた[8]

1970年当時レコードデビューした主な子供歌手を以下に挙げる。

ソロ
ユニット(成人歌手との共演を含む)

また、皆川おさむ版「黒ネコのタンゴ」のB面曲を歌っていた置鮎礼子も「パパはママが好き」でシングルA面デビューした[8]

アンサーソング・パロディ[編集]

森あきよ東芝レコードから「ドラネコのゴーゴー」(作詞:足柄金太、作曲:鈴木邦彦)という「黒ネコのタンゴ」のアンサーソングを発売し、3万枚の売上を記録した。B面は「黒ネコのタンゴ」のカバーであった。

2008年には、アニメ『ケロロ軍曹』のエンディングテーマとして、皆川とひばり児童合唱団によるパロディ曲「ケロ猫のタンゴ」が登場している。

皆川おさむ版の日本国外への紹介[編集]

皆川おさむ版「黒ネコのタンゴ」のレコードは日本国外でも発売された[10]

日本語版のレコードはアメリカオランダなどでも販売[10]。また、皆川はイタリア語[10]英語[8]ドイツ語[8]フランス語[8]など世界6か国語[6]歌詞で吹き込み、皆川版の全世界でのレコード売上は400万枚以上に達した[6]

なお皆川の歌唱したイタリア語詞 "Il Tango Del Gatto Nero"(「黒ネコのタンゴ」の意)は原詞 "Volevo un gatto nero"とは異なる内容である。

『ゼッキーノ・ドーロ』司会者のポルトレーラ[11]が羽織袴姿の皆川おさむの映像を紹介、ユーロビジョンを通じてヨーロッパで放映され、イタリアで91%の視聴率を獲得した[10]

主な日本国外版レコード(皆川おさむ版)[編集]

ジャケットやレコード盤に表記されているタイトルを併記する。なお、特記なき盤のB面曲は「ニッキ・ニャッキ」。

レコード会社・品番 曲名 備考
オランダ Philips ‎6058001 Kuroneko No Tango (Black Cat Tango)
スカンディナヴィア Philips ‎6058001 Kuroneko No Tango (Black Cat Tango)
ポルトガル Philips ‎6058001 Kuroneko No Tango (Black Cat Tango)
ドイツ Philips ‎6058001 Kuroneko No Tango (Black Cat Tango)
ローデシア Philips TOS-708 Kuroneko No Tango (Black Cat Tango)
アメリカ Philips 40663 Black Cat Tango
アメリカ(プロモ盤) Philips ‎DJP-54 Black Cat Tango [12]
イタリア Antoniano/Rifi ‎RFN-NP 16403 Il Tango Del Gatto Nero (Kuroneko No Tango)
フランス Sonopresse VA 40000 Black Cat Tango (Volevo un gatto nero) [13]

その他のカバー[編集]

日本で「黒ネコのタンゴ」がヒットした直後、フィンランドでも子供のデュオ歌手「ヤーナ・ヤ・ティーナ (fi:Jaana_ja_Tiina)」が "Mustan Kissan Tango"(=黒ネコのタンゴ)という曲名で歌ってヒットさせた。日本でのヒットを受けて発売されたためか、サビ部分に「日本から私たちのとこにも飛んできた」という内容があり、現地では日本の歌だと誤解されることがある。

フランスでは1972年にÉric Berdaという子供歌手が、"Je veux vivre tango"(タンゴのように生きたい)としてカバーしてヒット[14]

スペインでは1978年に男女デュオ「エンリケ・イ・アナ (es:Enrique y Ana)」が、スペイン語版歌曲 "Queria un gato negro"(イタリア語原題と同じく「黒いネコがほしかった」の意味)としてリリースしている[15]

デンマークでは "Min Kat Den Danser Tango" というタイトルで知られており、1999年には女性デュオのCreamyがアルバム "Creamy" でカバーしている。

韓国では1970年MBC音楽部長の娘で当時5歳の朴慧玲(パク・ヘリョン)が「검은 고양이 네로(黒猫ネロ)」という曲名でシングル6万枚を売り上げ、テレビ番組で皆川との共演も果たした[16]1995年には、ダンスグループのTurbo(터보)がカバーしてリバイバルヒットした[17]2005年には、カサ&ノバ(카사앤노바、Casa&Nova)がリメイクしている。

台湾では1999年に女性3人グループのKissが、"Shut Up" としてカバーしてヒットした。シングルCDのカップリングは朴志胤の "Steal Away" のカバー「当机情人」だった。

現在ではタンゴの定番曲の1つにもなっており、様々な音楽家によって演奏されている。ドイツの名門コンチネンタル・タンゴ楽団、アルフレッド・ハウゼ・タンゴ・オーケストラも取り上げた(2000年発売のアルバム『真珠採りのタンゴ』に収録)。さらには、リチャード・クレイダーマンによるピアノ演奏バージョンも存在する。

その他[編集]

ひたちなか海浜鉄道那珂湊駅に住み着き、現在は駅員の一員ともなった黒猫「おさむ」は、黒猫という事で、この曲を歌った皆川おさむの名前から名づけられた。また皆川から同駅に黒猫のオブジェの寄贈もされている。

脚注[編集]

  1. ^ 同年のゼッキーノ・ドーロの第1位はアウグスト・マルテッリ作曲の"Tippy, il coniglietto hippy"(ティッピーは子ウサギのヒッピー)。
  2. ^ うたの旅人:天才少女の絶頂と転落 「黒ネコのタンゴ」朝日新聞社、2011年8月4日。(『朝日新聞 be』2011年8月6日付朝刊)
  3. ^ 広告景気年表:1969年
  4. ^ 長田暁二『昭和の童謡アラカルト―戦後編』ぎょうせい、1985年、208頁。ISBN 4324001243
  5. ^ a b 長田暁二『歌謡曲おもしろこぼれ話』社会思想社、2002年、231頁。ISBN 4390116495
  6. ^ a b c 産経新聞』1999年4月3日付東京夕刊、1999年4月10日付大阪夕刊
  7. ^ 「女性が活躍 今年の歌謡界」『朝日新聞』1969年11月30日付東京朝刊、23頁。
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 「豆歌手は花ざかり」『朝日新聞』1970年5月31日付東京朝刊、30頁。
  9. ^ a b サンデー毎日』1970年4月26日号、41頁。
  10. ^ a b c d 「海を渡る『黒ネコのタンゴ』外国語を特訓中の皆川おさむ君」『朝日新聞』1970年4月24日付東京夕刊、9頁。
  11. ^ 出典とした『朝日新聞』の原文ママ、チノ・トルトレッラ(it:Cino Tortorella)のことか。
  12. ^ A面・B面共に「黒ネコのタンゴ」を収録。A面はモノラル録音、B面はステレオ録音
  13. ^ B面は「『いけません』のおばけ」(The Scolding Monster)を収録。「『いけません』のおばけ」は日本では皆川の3枚目のシングルとして発売された。皆川おさむ#シングルを参照。
  14. ^ http://www.bide-et-musique.com/song/887.html
  15. ^ http://www.arqmauh.es.tl/MUSICA-1978.htm
  16. ^ '검은고양이 네로' 부른 6살 박혜령, 24년만에 신보 스타뉴스 2013.10.10
  17. ^ Turboのテレビ出演時の映像 1995年12月15日 - YouTube / 1995年12月22日 - YouTube / 1996年1月5日 - YouTube / 1996年1月19日 - YouTube 1996年1月26日 - YouTube / 2017年7月28日 - YouTube

関連項目[編集]

外部リンク[編集]