手紙 (由紀さおりの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
手紙
由紀さおりシングル
B面 女に生れて悲しくて
リリース
規格 シングル
ジャンル 歌謡曲
レーベル エキスプレス/東芝音楽工業
作詞・作曲 なかにし礼(作詞)
川口真(作曲)
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(6週連続、オリコン
  • 1970年度年間6位(オリコン)
  • 由紀さおり シングル 年表
    好きよ
    1970年
    手紙
    (1970年)
    生きがい
    (1970年)
    テンプレートを表示

    手紙」(てがみ)は、由紀さおりシングル。1970年7月5日発売。発売元は東芝音楽工業(現: EMIミュージック・ジャパン)。レコード品番はEP-1239。

    解説[編集]

    1970年暮れの『第12回日本レコード大賞』では歌唱賞を受賞。大晦日の『第21回NHK紅白歌合戦』でも本楽曲が歌唱され、前年の第20回に続いて2年連続出場を果たし、以降1970年代の紅白常連歌手となった。

    後年、日本テレビ系『速報!歌の大辞テン』で本楽曲がランクインした際、由紀がVTRでゲスト出演し、「(風変わりな『夜明けのスキャット』のヒットにより)当時、自分はキワモノ的な存在だったので、この曲がヒットしてホッとしたのを覚えている」という旨のコメントをした。

    シングルレコードの売上枚数は約70万枚。

    前述の通り『第21回NHK紅白歌合戦』で披露されたが、由紀さおりが本作を歌唱する箇所のフィルムキネコ)が欠落しており、NHKに現存していないものとみられる。

    歌い方の変化[編集]

    • 出だしの「死んでもあなたと」の部分であるが、オリジナル版レコードでは、「しーんでもあなたーと」と歌っているが、1990年代ごろから「しーんでもあなたとー」と歌い方を変えている。
    • オリジナル版レコードでは二番の最後の「涙で綴り終えたお別れの手紙」をリピートしてエンドレス・フェイドアウトで歌っているが、テレビ番組やライブコンサートなどで歌う時は2回リピートするのみである。

    カバー[編集]

    収録曲[編集]

    1. 手紙
    2. 女に生れて悲しくて

    関連作品[編集]

    関連項目[編集]

    外部リンク[編集]