ピンキーとキラーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ピンキーとキラーズ
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ボサ・ノヴァ
歌謡曲
活動期間 1968年 - 1972年
レーベル キングレコード
メンバー 今陽子ヴォーカル
ジョージ浜野(ギター
エンディ山口(ギター)
ルイス高野(ベース
パンチョ加賀美ドラムス

ピンキーとキラーズラテン文字表記:Pinky & Killers)は、1968年から1972年にかけて活動した、ソロ歌手を伴った日本ボサ・ノヴァバンドである。グループ名のピンキーとは「小指」、キラーズとは「殺し屋」という意味である。愛称は、ピンキラ

概要[編集]

1968年結成のボサノバ・グループ。前年の1967年に15歳で「甘ったれたいの」でビクターレコードからソロ歌手としてデビューした今陽子(ピンキー)がキングレコードに移籍し、男性ボーカル4人ジョージ浜野(ギター1941年1月1日 - )、エンディ山口(ギター、1945年6月12日 - )、ルイス高野(ベース、1947年1月14日 - )、パンチョ加賀美(ドラムス、1944年2月21日 - )と顔ぶれで結成。山高帽(ダービーハット)をトレードマークにしていた。

デビュー盤『恋の季節』のライナーノーツには『セルジオ・メンデスを目指す新進気鋭のグループ』と書かれていた。

デビュー曲の「恋の季節」(岩谷時子作詞、いずみたく作曲)は発売直後からヒットを記録し、オリコンで17週間1位(歴代最高記録)となるミリオンセラーを記録し、270万枚[1]を売り上げ、「第10回日本レコード大賞新人賞」を始め、数々の新人賞を受賞し、第19回NHK紅白歌合戦では男女混成グループとして初の出場を果たした。また1969年2月、同名映画が彼ら主演のもとに松竹にて製作され、公開される。

1969年1月、4枚目のシングル「涙の季節」が発売され1位になり、続く「七色のしあわせ」が4位、「星空のロマンス」が10位とオリコンのトップ10に入ったが、それ以降トップ10からは遠ざかった。1972年2月に今がソロに転向し脱退。脱退した理由は今陽子が「おっさんたち、足手まとい!」とキラーズに暴言を吐いた為である[2]。一方、キラーズは2人組の女性ヴォーカル(ラブリーズ)を加え、ニュー・キラーズとして再スタートするが、1974年3月、解散する。

「ナショナルパナソニックテレビ パナパナ」「ナショナル冷凍冷蔵庫」(松下電器)などのCMに出演し、CMソングを歌っていたこともある。

その後、懐メロ番組(NHK『思い出のメロディー』やテレビ東京『にっぽんの歌』等)への出演のために単発で再結成する事があったが、キラーズは全員がオリジナルメンバーだったかは不詳である。『今陽子とキラーズ』とクレジットされた事もあった。

2008年7月30日、今陽子の脱退以来、32年ぶりにオリジナルメンバーでピンキーとキラーズが再結成することになった。今陽子の芸能生活40周年記念のディナーショーにメンバーが集結する形で登場したのである[3]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  1. 恋の季節 (1968.07.20) 作詞:岩谷時子/作曲:いずみたく/編曲:いずみたく
    17週間にわたってオリコン1位、200万枚を超すセールス(2007年6月末現在シングル歴代セールス16位) 
    (c/w) つめたい雨
  2. オレと彼女 (1968.09.10) TBS系ドラマ『オレと彼女』主題歌
    (c/w) ファンキー・エンジェル
  3. ゆびきりげんまん (1968.12.01) フジテレビ系『ゆびきりげんまん』主題歌 
    (c/w) ドレミの歌
  4. 涙の季節 (1969.01.01) 作詞:岩谷時子/作曲:いずみたく/編曲:いずみたく
    オリコン1位、恋の季節とともに7週間同時にトップ10にランクされる。
    (c/w) 涙のバラード
  5. 七色のしあわせ (1969.04.20) 作詞:岩谷時子/作曲:いずみたく/編曲:いずみたく
    (c/w) 愛の湖
  6. 青空にとび出せ! (1969.05.20) TBS系ドラマ『青空にとび出せ!』主題歌
    (c/w) ニャーオン
  7. 星空のロマンス (1969.08.20) 作詞:岩谷時子/作曲:いずみたく/編曲:いずみたく
    (c/w) あのとき あなたは
  8. ピンキラのジングル・ベル (1969.10.20)
    (c/w) ホワイトクリスマス
  9. 恋人の讃歌 (1969.11.20)
    (c/w) 陽のあたる街
  10. かぜの季節 (1969.12.20)
    (c/w) 花も嵐も
  11. 土曜日はいちばん (1970.01.20)
    (c/w) 小さな大切な恋
  12. 誕生日はいいもんだ (1970)
    (c/w) 十二の誕生日
  13. 愛の丘の上 (1970.04.20)
    (c/w) 青春のブルースカイ・ロード
  14. 青い森の二人 (1970)
    (c/w) 恋のサンポラレ島
  15. 若いときこそ (1970.09.01)
    (c/w) 恋人よバラのように
  16. 愛に生き平和に生きる (1971.01.01)
    (c/w) 明日へ行く汽車
  17. 何かいいことありそうな (1971.04.20)
    (c/w) 愛の花をふたたび
  18. 幸福ちゃん (1971.08.10)
    (c/w) 許されぬ恋
  19. 虹と雪のバラード (1971.08.25)
    (c/w) みんなでつくろう
  20. ロマンス (1971.11.20)
    (c/w) こんなの恋じゃない
  • 1970年夏には今陽子の出身地である愛知県東海市のご当地ソング「東海音頭」(作詞:林勲 補作:山上路夫 作・編曲:いずみたく)を東海市内限定で発表。

アルバム[編集]

  • ピンキラ・ダブル・デラックス(1969.9.20)
  • ビンキラの民謡お国めぐり(1970.10.20)
  • ピンキーとキラーズ・リサイタル(1970.11.5)
ほか

NHK紅白歌合戦出場記録[編集]

年度/放送回 曲目
1968年(昭和43年)/第19回 恋の季節
1969年(昭和44年)/第20回 2 星空のロマンス
1970年(昭和45年)/第21回 3 土曜日はいちばん
1971年(昭和46年)/第22回 4 何かいいことありそうな

主なテレビ出演[編集]

主な映画出演[編集]

監督:井上梅次 音楽:いずみたく 出演:森田健作奈美悦子松岡きっこ

主なミュージカル出演[編集]

  • さよならTYO(1970年)

主なCM[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]