恋人たちのクリスマス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
恋人たちのクリスマス
マライア・キャリーシングル
初出アルバム『メリー・クリスマス
B面
[注釈 1]
リリース
規格 エアプレイアメリカ合衆国
シングル(アメリカ合衆国以外)
デジタル・ダウンロード
録音 1994年8月[3]
ジャンル
時間
レーベル 世界の旗コロムビア[4]
日本の旗ソニー
作詞・作曲 マライア・キャリー
ウォルター・アファナシェフ
プロデュース マライア・キャリー
ウォルター・アファナシェフ
ゴールドディスク
チャート最高順位
マライア・キャリー シングル 年表
エンドレス・ラブ
(1994年)
恋人たちのクリスマス
(1994年)
もろびとこぞりて
(1994年)
メリー・クリスマス 収録曲
きよしこの夜
(1)
恋人たちのクリスマス
(2)
オー・ホーリー・ナイト
(3)
グレイテスト・ヒッツ#Disc 2 収録曲
見つめて欲しい
(14)
恋人たちのクリスマス (So So Def Remix)
(15)
マライア・ザ・バラードUS盤 収録曲
エンドレス・ラブ
(17)
恋人たちのクリスマス
(18)
マライア・ザ・バラード日本盤 収録曲
ネヴァー・トゥー・ファー
(18)
恋人たちのクリスマス
(19)
ミュージックビデオ
カラー版 - MariahCareyVEVO - 2009年11月23日公開 - YouTube
ミュージックビデオ
白黒版 - MariahCareyVEVO - 2016年6月1日公開 - YouTube
テンプレートを表示
画像外部リンク
en:File:All I Want for Christmas Is You Mariah Carey.png
? シングルのカバー写真

恋人たちのクリスマス』(こいびとたちのクリスマス、: All I Want for Christmas Is You、「クリスマスに欲しいのはあなただけ」の意味)は、アメリカ合衆国シンガーソングライターであるマライア・キャリー1994年に発表したクリスマスソングである。この曲はキャリーとウォルター・アファナシェフの共筆で書かれ、キャリーにとって4枚目のスタジオアルバムかつ初めてのホリデーアルバムである『メリー・クリスマス』(1994年)のリード・シングルとして、1994年11月1日にコロムビア・レコードから発売された(→#背景と曲の執筆)。曲はアップテンポのラブソングで、ベル・チャイムバック・コーラスシンセサイザーなどが使われている(→#曲と歌詞)。

この曲には2本のミュージック・ビデオが作成された。最初のミュージックビデオは、ホームムービー英語版風の粗い画像で、キャリーや彼女の犬・家族がクリスマスを過ごす風景を写すもので、キャリーはサンタクロースの服を着て、雪降る山辺ではしゃいでいる。このビデオでは、当時キャリーの夫だったトミー・モトラ英語版が、サンタクロースの格好をしてキャリーに贈り物を渡し、赤いそりで走り去る人物としてカメオ出演している[6]。2本目のビデオは白黒映像で、キャリーはザ・ロネッツオマージュをかけた1960年代風の衣装を着て、バック・シンガーや女性ダンサーの前で歌う(→#ミュージック・ビデオ)。

キャリー自身はテレビの生放送で何回もこの曲を披露しているほか、長年ツアーでも歌唱している(→#ライブ・パフォーマンス)。2010年には2作目のホリデー・アルバムである『メリー・クリスマスIIユー英語版』のために再録音し、"All I Want for Christmas Is You (Extra Festive)" と銘打って収録した。またカナダ出身の歌手ジャスティン・ビーバーが2011年に出したアルバム『アンダー・ザ・ミスルトウ英語版』のために、ビーバーとデュエットするバージョンを作成し、"All I Want for Christmas for You (SuperFestive!)" と銘打った(→#リミックスと再発盤)。他にも、キャリー以外の多くのアーティストにカバーされ続けている(→#カバーを行ったアーティスト)。

最初のリリースから何年も経っているが、曲には絶賛が寄せられ続けており、『ザ・ニューヨーカー』誌では、「ホリデー[=クリスマス時期]の名曲に加える価値のある数少ない現代曲のひとつ」(英: "one of the few worthy modern additions to the holiday canon")と評された[7](→#曲の批評)。曲はクリスマスの定番曲と考えられており[8]、毎年のクリスマス毎に人気が再燃する。商業的にも成功し、チェコハンガリーオランダノルウェースロヴェニアスペインでチャート1位、オーストラリア日本イギリスでチャート2位に入ったほか、多くの国でトップ10入りを果たした[9]。中でも日本では、1994年秋放送の『29歳のクリスマス』主題歌に起用され、彼女の人気を押し上げる一因となった[10][11]。世界中で1,600万枚以上を売り上げ、この曲はキャリーにとって1番の世界的成功を収めた曲となったほか、世界11位の売り上げを記録したシングルにもなっている[12]。2017年段階で、この曲は6,000万ドルもの印税を稼ぎ出しているとの報道もある[13](→#チャート順位の変動)。

背景と曲の執筆[編集]

1993年に発表し、自身最高の売り上げを記録した『ミュージック・ボックス』での成功に続き、キャリーと彼女のマネジメントを担当するコロムビア・レコードの職員は、次なるプロジェクトの企画・戦略を考えようとしていた[14]。キャリーが当時結婚していたトミー・モトラ英語版は、コロムビアの親レーベルであるソニー・ミュージックエンタテインメントの長で、彼女のキャリア絶頂期において、次にどんな計画を打ち出すべきか検討を始めた。キャリー本人や、彼女と4年以上仕事をしてきた共執筆者のウォルター・アファナシェフを交え、クリスマスを題材にしたアルバムの制作が話し合われたが、その中では、キャリア絶頂期の人間がホリデー・アルバムを出すのは得策ではなく、落ち目のミュージシャンがキャリアの終わりにやることではないかという不安が出された[6]

アファナシェフは、ホリデー・アルバムに関する最初の会議での心証として、「あの時は、クリスマス・アルバムを出しているアーティストはそう多くなかった。あの時はその術も全く知られていなかったし、新しい人気のクリスマスソングなんて作った人は誰もいなかった。そういう訳で、自分たちは毎日の出来事みたいに、『やあ、知ってるだろ、クリスマスアルバムを出すんだ。大したことじゃないさ』というような感じに[アルバムを]発売した」と回想している[注釈 2]。結局、モトラの粘り強さと、アファナシェフが言うキャリーの「リスク取り」(英: "risk-taker")なイニシアチブが勝って、この曲と収録アルバムの『メリー・クリスマス』は1994年半ばに完成した。アルバム用の録音は6月に始まったが、キャリーとアファナシェフがこの曲を書き上げて録音したのは8月遅くのことだった[6][3]。2人はコードや曲構成、メロディをわずか15分で書き上げたと言われており[6][3]、アファナシェフも大枠をすらすらと書き上げたことを認めている[15]。アファナシェフは更に、「あれは確かに白鳥の湖じゃない。でも、とても単純で楽しいからこそ、あれだけ人気なんだ」(英: "It's definitely not 'Swan Lake,' But that's why it's so popular ― because it's so simple and palatable!")と述べている[3]。自身を陽気な人物と評し、日頃からクリスマス関連のものが大好きだと明らかにしていたキャリーは、レコーディングに合わせて、モトラとニューヨーク北部でシェアしていた家(個人の録音スタジオもあった)を、クリスマスの飾りや、ホリデー風の装身具で飾り付け始めた[16]。その中でキャリーは、曲の中身のエッセンス・精神を感じ取り、より感情を表して心から歌うようになったという。

当初アファナシェフは、キャリーが望むメロディやボーカルの幅に手こずり、「青ざめた」(英: "blanched")ことを認めているが、キャリーの側は曲作りの監督に「毅然とした態度で」(英: "adamant")臨んだ[17]。その後アファナシェフは飛行機でカリフォルニアに戻り、曲の打ち込みプロダクションを完了させた。当初彼は、生で感情的な音を作ろうと、ドラムや他の楽器をバンドに生演奏させるつもりだった。しかし、彼は録音された音源に納得せず、これを却下した上で、自身の個人的な編曲を使い、バック・ボーカル以外の楽器(ピアノ、エフェクト、ドラム、トライアングルなど)を全て打ち込みに変更した[6]。キャリーがハンプトンズに借りた家で歌詞を書き続けている間、アファナシェフは曲の打ち込みを完了させ、バック・ボーカルを重ねるために彼女と会う約束の日を待った[17]

クリスマス・アルバムの収録・発売に興奮したキャリーは、自分にとって、曲の執筆・収録とアルバムにどんな意味があったか次のように語っている。

「私はとても陽気な人物で、ホリデーが大好き。小さな女の子の頃からクリスマス・ソングを歌ってきた。昔はクリスマス・キャロルにも行った。アルバムを出すには、定番のクリスマス聖歌と楽しい歌のいいバランスを取る必要があった。自分にとって、少なくとも2、3曲新しい曲を書くことは間違いなく重要事項だったけれど、新しい曲がどれだけ良くても、多くの人はクリスマスの時期に定番曲を聴きたいものでしょう」

"I'm a very festive person and I love the holidays. I've sung Christmas songs since I was a little girl. I used to go Christmas caroling. When it came to the album, we had to have a nice balance between standard Christian hymns and fun songs. It was definitely a priority for me to write at least a few new songs, but for the most part people really want to hear the standards at Christmas time, no matter how good a new song is."[18]

曲と歌詞[編集]

音楽・音声外部リンク
en:File:Mariah Carey - All I Want For Christmas Is You.ogg
「キャリーの名作は、哲学的逃げ口上の、信じられないほどの偉業だ。クリスマスは物質的に恋愛がらみが多過ぎる時期だが、曲ではたったひとつのことに細く焦点を当てている—特別な人と一緒に過ごすこと—つまり『あなた』と。この曲は、特別な愛を語ることを選んで一般の愛という考えを拒否し、同時にポップ・ミュージックの慣習を無視し再定義する。表現の節約と、疑うこと無く覚えやすい歌詞により、この曲はクリスマス時期の願望をヘーゲルの論理のように表しており、裕福さと特異性という相反する観念を取り入れて、世代を超えて耳に残る曲にしたのである」[19]
―エマ・グリーン、『ザ・アトランティック英語版』誌

この曲はアップテンポで、ポップスソウルコンテンポラリー・R&Bゴスペルダンス・ポップリズミック・アダルト・コンテンポラリー英語版の影響を受けた構成になっている[20][21][22]。8月初めまでにキャリーとアファナシェフは、「悲しくバラード風の」(英: "sad and balld-y")『ミス・ユー・モスト(アット・クリスマス・タイム)』"Miss You Most (At Christmas Time)" と、「ゴスペル調で宗教的な」(英: "Gospel-tinged and religious")『ジーザス・ボーン・オン・ディス・デイ』"Jesus Born on This Day" の2曲を既に書き上げていた{{。アルバムに収録される3曲目のオリジナル曲について、ふたりはこれをアルバムの中心に据えることと、「フィル・スペクター、古いロックンロール、60年代風のクリスマス・ソング」の雰囲気が感じられるようにすることを決めた[14][15]

曲は、「アンティークのオルゴールや風変わりなスノーグローブに似た」("that resembles an antique music box or a whimsical snow globe")、「きらめくような」("sparking") 打楽器から始まり[14][23]、キャリーのアカペラ歌唱が入った後、お祝いの教会のようなベルや、快活なスレイベルの音、また「トナカイを引く綱のリズムのような、後ろに聞こえるリズミックなビート[注釈 3]など、この季節を表すパーカッションの音が聞こえる。これらの音作りに対しては、「この音は、どちらの方向に明らかに舵を切りすぎてしまうことなく、宗教的にも非宗教的にも響き、[この音のおかげで]曲はアップビートの楽しい雰囲気になる」と評されている[注釈 3]

1994年のインタビューで、キャリーはこの曲を「楽しい」("fun") と述べ、続けて「とても伝統的で、古風なクリスマスだ。とてもレトロで、60年代風」(英: "It's very traditional, old-fashioned Christmas. It's very retro, kind of '60s.")と述べている[14]。アファナシェフは曲の音楽要素について分析し、「キーボードによる豪勢な土台は、小規模なウォール・オブ・サウンド英語版を思い出させ、この曲の陽気なリズムの上に乗る一方で、魂の籠もったボーカル・コーラスは、断固とした驚きと、緊張感を作る対旋律、お祝い気分のハーモニーを曲に加える。それでも最も目立っているのは、陽気なピアノ・コードとメロディで、この曲が愉快に弾んでいることだ」と述べている[注釈 4]

歌詞では、プレゼントは要らないからクリスマスに最愛の人と共に過ごしたいと切望する気持ちが描かれ、オーナメントのライトやツリー、雪や贈り物など、クリスマス・シーズンお決まりの広告的側面は無しで済まされている(このため、日本語タイトルの『恋人たちのクリスマス』と実際の歌詞には差異が生じている)。曲ではピアノドラムスヴァイオリンオーボエフルートベルチャイムバスドラムカウベルなどの楽器音が使われている[17][24]。また、ブリッジ英語版を含め、全編でバック・ボーカルが重ねられている[21]ソニーATVミュージックパブリッシングの Musicnotes.com が出版した楽譜によれば、この曲は4分の4拍子英語版で、キーはト長調(Gメジャー)であり、キャリーの声域英語版はG3からG5までに及ぶ[22]。キャリーはこの曲の作詞・作曲を行い、アファナシェフが編曲に加え、シンセサイザーで作ったコンピュータ音源と録音を合わせて曲を完成させた[21]

スレート英語版』誌のアダム・ラグシーは、曲のコードについて、「少なくとも13の和音が使われており、結果として豪華な色彩のメロディを形作っている。曲には自分がクリスマスっぽいと思うコードが全て入っている—サブドミナントマイナー(IV度)、6音を加えたコード、『クリスマスツリーの下で』との歌詞のところ、その他あちこちに(もしかしたらII音がハーフ・ディミニッシュになったセブンス・コードだったかもしれないが、どっちにしろ解説は正しい)」と述べている[注釈 5]。また『オールミュージック』のロッシュ・パリジーンは、曲に「ザ・ビーチ・ボーイズ風のハーモニー、じゃんじゃん鳴るベル、そりに乗ったようなペース[が含まれ]、このバニラ・セットにほんの少しの快活な喜びを加えている」とした[25]

批評では、この曲は1940年代・50年代・60年代の音楽から影響を受けており、キャリーの歌声やシンプルなメロディと共に成功の理由だったと評されている[26][24]。『スレート』誌のラグシーは、コード進行と曲のスタイルを論じながら、この曲を「20世紀後半に書かれたクリスマス・ソングの中で、唯一グレイト・アメリカン・ソングブックに値する曲」(英: "the only Christmas song written in the last half-century worthy of inclusion in the Great American Songbook.")だと絶賛したほか[24]、『A.V. クラブ英語版』のアニー・ザレスキは、この曲が不朽の人気を誇る理由を、特定の年代に限定されることのない歌詞の曖昧な表現に見出している[14]

ブリル・ビルディングは音楽出版社などが入っていたことで知られるニューヨークの建物である

また、ジュディ・ガーランドナット・キング・コールの曲を少し思わせる部分があることも指摘されているほか、「ジャクソン5スティーヴィー・ワンダーのような、60年代や70年代にモータウンが出した戦前のクリスマス定番曲カバー」("'60s and '70s Motown covers of prewar Christmas classics, such as The Jackson 5's [and] Stevie Wonder".) を思わせるともされている。『スレート』誌のラグシーは、この曲が「40年代に書かれてブリル・ビルディング金庫にしまわれていたような感じ」(["All I Want For Christmas Is You"] "sounds like it could have been written in the '40s and locked in a Brill Building safe.") だと認めている[24]。また『ヴォーグ』誌には、「フランク・シナトラが歌ったような歌詞だ—フランクじゃないかもしれないが、それなら当時の別の歌手だったのだろう。あの曲は不朽で、最高級のものだ」("those lyrics could have been sung by Frank Sinatra―well, maybe not Frank, but another singer back then. I think that's what gives it that timeless, classic quality.") との批評が掲載された[26]

曲の批評[編集]

『恋人たちのクリスマス』は音楽批評家に絶賛された。パリジーンは楽器用法とメロディを褒め称え、「数年続く炸裂」("a year-long banger") と評した[25]。また『ボストン・グローブ』紙の編集者であるスティーヴ・モースは、キャリーの歌声には魂が強く感じられると書いた[27]。『スタイラス・マガジン英語版』のバリー・シュワルツは、「この曲を今の名曲と言うなんて、この曲の凄さを捉え切れていない。これは現代の定番曲で、楽しく、うきうきさせ、声高で、願い事を仄めかしすらする」と述べ、歌詞については「美しいフレーズだ」("beautifully phrased")としたほか、キャリーの声は「ゴージャス」("gorgeous")で「誠実」("sincere.")だと絶賛した[28]

MTVのカイル・アンダーソンは、この曲が「チャイムスレイベルドゥーワップの装飾楽句、決定的な弦楽器、またキャリーのキャリア史上最もダイナミックで澄んだ歌声で溢れる、壮麗な聖歌」だと述べた[29]。2009年のリミックス版を批評して、『アイドレーター英語版』のベッキー・ベインは、曲を「不朽の名曲」("timeless classic") と評し、「クリスマス・ツリーを飾り、メノーラーに火を灯しながら、私たちはこの曲を愛している」と述べた[30]

ビング・クロスビーの『ホワイト・クリスマス』はクリスマスの定番曲のひとつである

スコットランドの『ヘラルド』紙では、ショーナ・クレイヴンが、「楽天主義と楽しさの曲で、多分、飽くまで多分、クリスマスの本当の意味を仄めかしているのかもしれない」と述べた[31]。彼女はまた、この曲が大成功を収めた主因について、歌詞中に登場する「あなた」("you") の存在だとし、「もしかしたらこの曲が大ヒットを飛ばしたのは、全ての人に向けた歌だという事実が原因かもしれない」(英: "Perhaps what makes the song such a huge hit is the fact that it's for absolutely everyone.")と述べた。またクレイヴンは、「ビング・クロスビーが墓に入っているのは当然だが、1980年代の子どもたちは、マライア・キャリーの素晴らしい曲『恋人たちのクリスマス』が、この国いちの祝歌になってチャートを躍り上がるところを見たら驚くだろう」(英: "Bing Crosby may well be turning in his grave, but no child of the 1980s will be surprised to see Mariah Carey's sublime All I Want For Christmas Is You bounding up the charts after being named the nation's top festive song.")とまで述べている[31]

キャリーのアルバム『メリー・クリスマスIIユー英語版』の批評の中で、『シカゴ・サンタイムズ』のトーマス・コナーは、「単純で精巧に作られたチェストナットであり、クリスマスの名曲ポップスに最後に加えられた偉大な曲のひとつ」と述べた[32]。2006年には、キャリーの経歴を振り返る記事で、『ザ・ニューヨーカー』誌のサシャ・フリア=ジョーンズ英語版が、「魅力的な」("charming") この曲はキャリーにとって最大の成果のひとつで、「ホリデーソングの名曲集に加わる価値がある、現代の数少ない一例」(英: "one of the few worthy modern additions to the holiday canon")だと述べた[7]。また『ザ・ナショナル英語版』のダン・ハンコックスは、ジョーンズの記事を引用してこれに賛成し、曲は「完璧だ」("perfection") と述べた[33]

収録曲[編集]

日本 CDシングル(1994年)[34]
  1. 恋人たちのクリスマス
  2. ミス・ユー・モースト(アット・クリスマス・タイム)
日本 CDシングル(1995年)[35]
  1. 恋人たちのクリスマス
  2. ミス・ユー・モースト(アット・クリスマス・タイム)
日本 CDシングル(1996年)[36]
  1. 恋人たちのクリスマス
  2. ミス・ユー・モースト(アット・クリスマス・タイム)
  3. もろびとこぞりて(クラブ・ミックス)
日本 CDシングル(2000年)[37]
  1. 恋人たちのクリスマス
  2. 恋人たちのクリスマス(ミレニアム・リミックス)
  3. オー・ホーリー・ナイト 2000 (ライヴ・ヴァージョン)
  4. もろびとこぞりて(クラブ・ミックス)

チャート順位の変動[編集]

白いロングドレスを着た金髪の女性(キャリー)が、きらきらと反射する素材が巻かれたマイクスタンドの前に立ち、マイクを握って歌っている。彼女は赤い布が敷かれた舞台の上におり、舞台には大きなプレゼント箱が2つとポインセチアの鉢が数個あり、キャリーの前でサンタクロースに扮した男性と、男女の子どもが踊っている。
2013年12月6日、ホワイトハウス近くのナショナル・クリスマス・ツリー英語版点灯式に登場し、『恋人たちのクリスマス』を歌うキャリー

アメリカ合衆国で『恋人たちのクリスマス』は、1995年1月の第1週に、ビルボードホット・アダルト・コンテンポラリー英語版で最高第6位、ホット100エアプレイ英語版で最高第12位を獲得した[38]。また、1995年12月と1996年12月にも、この2チャートにランクインしている[38]。曲は最初のリリース時には不適格としてBillboard Hot 100にランクインできなかったが、これは商業的にシングルとして発売されなかったためである[39]。このルールは1998年に覆され、Billboard Hot 100へのランクインが認められるようになった(この段階での最高順位は2000年1月に記録した83位[40])。2005年12月には、ビルボードのホット・デジタル・ソングス英語版で1位を獲得したが、再発盤のシングルと考えられ、チャートへの再エントリーが適わなかったため、Billboard Hot 100で最高順位を更新することは出来なかった[41]

2005年から2008年まで、この曲は12月になる度にビルボードのホット100リカレンツ・チャート (Hot 100 Re-currents chartで1位を獲っていた[42]。また2005年には、ビルボードのホット・デジタル・ソングスチャートでも1位を記録したほか[43]、もしHot 100へのチャートイン資格があれば年間チャート6位につけるほどのヒットとなった。2012年には再発盤の扱いが見直され、トップ50以内相当のポイントを稼いだ作品はBillboard Hot 100にチャートインできるようになったため、この曲はまず29位にランクインし、2013年1月5日週の終わりには最高21位を獲得した。2015年12月には、Billboard Hot 100で11位を獲得し、最初のリリース以来最高順位を獲得した[44][5]。2017年12月16日段階では、ビルボードのホリデー100チャートで累積27週トップを誇っている[39]。このチャートは2011年に立ち上げられたが、ホリデー100で2週以上1位を獲得している曲は他に無い[39]

『恋人たちのクリスマス』は、アメリカレコード協会 (RIAA) で初めてダブル・プラチナ英語版を獲得したホリデー着信音である[45]。それに先立つ2006年12月には、マスタートーン(着信音)が50万回以上ダウンロードされたことで、RIAAからクリスマス・ソングのマスタートーンとしては初めてのゴールド認定を受けていた[46]。また2000年以前に録音された女性歌手の歌で、最も売れたデジタル・シングルであるほか、ホリデーソング全体で最多の売り上げを誇るデジタル・シングルでもある[9][47]ニールセン・サウンドスキャンは、2016年11月段階でデジタルトラックとして推定320万回ダウンロードされたと見積もっており[48][49]、ビルボード誌でも同様の結果が掲載された[50]

イギリスでは、1994年12月10日週に、全英シングルチャートで5位にランクインした[51]。翌週には最高順位の2位に達し、12月の残り3週この順位を維持した(「クリスマスナンバーワン」の座はイースト17の『ステイ・アナザー・デイ英語版』に明け渡した (en[52][53]。全英シングルチャートが2006年末より新たにダウンロード数のチャート包含を始めたことから[54]、2007年のクリスマス期間中に、同チャートで最高4位を記録した[55]。2017年12月段階で、この曲は全英シングルチャートに累積で80週以上ランクインしている[56]。また2013年12月19日段階で、『恋人たちのクリスマス』はイギリスで100万枚以上売り上げた曲となった[52]。2015年12圧11日には、ストリーミングを含め120万単位売り上げたとして、英国レコード産業協会からダブル・プラチナ (en認定され、キャリーにとってイギリスで最も売れたシングルとなった[57]。2010年にはイギリスで、10年間のホリデーソングチャートの1位を獲得した[58]

曲はオーストラリア・シングル・チャートで2位を獲得し、21万単位以上を売り上げたとしてオーストラリアレコード産業協会 (ARIA) からトリプル・プラチナ認定を受けている[59]デンマークでは最高4位を獲得して16週連続チャートインしたほか、IFPIからゴールドディスク認定を受けた[60][61]。この曲は、日本でキャリーが最も売り上げたシングルでもあり、1995年の段階で110万単位の売り上げがあったと報道されている[62]。この曲には『恋人たちのクリスマス』との邦題が付けられた上で[63]、ドラマ『29歳のクリスマス』の主題歌に用いられ[64]、日本でのキャリー人気を押し上げる一因となった[10]。オリコンシングルチャートでの最高順位は2位である[65]。セールス・エアプレイ双方で成功したことから、2010年には再び日本のチャートにランクインし、Billboard Japan Hot 100で最高6位を獲得した[41]。また日本レコード協会からは、CD(1994年、アルバム『メリー・クリスマス』でも)・着うた(2008年)の2形態でミリオン認定されている[注釈 6][2][67]ソニー・ミュージックエンタテインメントは1994年12月21日に日本での出荷枚数が100万枚を突破(101万枚)したことを発表したが[68]、洋楽シングルとしてミリオンセラーを達成したのは、ダニエル・ブーンの『ビューティフル・サンデー』以来、オリコンチャート史上2例目・19年ぶりのことだった(1995/1/16付け達成)[69]。キャリー初のベストアルバムである『ザ・ワンズ』は、日本国内の洋楽アルバム売上高として史上最高を記録したが[70]、このアルバムとデビュー25周年記念アルバム『#1 インフィニティ英語版』の双方に、日本版ボーナストラックとしてこの曲が収録されている[71][69]

リミックスと再発盤[編集]

ジャスティン・ビーバーは2011年にキャリーとのデュエット版を発表した

1994年にシングルとして発売された時、作られたリミックスはインストゥルメンタル版だけだったが、これもシングルには収録されなかった。キャリーは2000年に日本でこの曲を再発売し、「ソー・ソー・デフ・リミックス」(英: the So So Def remix)と銘打った新リミックス版を収録した[72][73]。リミックス版ではボーカルが新収録されたほか、アフリカ・バンバータ&ソウルソニック・フォース英語版の『プラネット・ロック英語版』のサンプルを含む、より激しくアーバンなビートに編曲され、ゲスト・ボーカルとしてジャーメイン・デュプリバウ・ワウが参加した[73]。このリミックスは、2001年のコンピレーション・アルバム『グレイテスト・ヒッツ英語版』に特典トラックとして収録された[72]

2009年には、キャリーとロー・サンデー(英: Low Sunday)によるリミックス、"Mariah's New Dance Mix"(マライアのニュー・ダンス・ミックス)が発表された。このミックスでは、1994年のオリジナル版のボーカルに、新しい電子楽器音源を重ねている。このバージョンには肯定的な反応が寄せられた、MTVのカイル・アンダーソンは、「完璧なものを発展させるのは難しい」("it's difficult to improve perfection") としつつも、このリミックスは「[元の]曲をディスコのリズムで飾り立て、職場のクリスマスパーティを去年より28パーセントいかしたものにする」[注釈 7]と述べた[29]。『アイドレーター英語版』のベッキー・ベインは曲の楽しくて覚えやすい様子を賞賛した[30]

2010年にキャリーは、自身13枚目のスタジオ・アルバムで、2枚目のホリデー・アルバムである『メリー・クリスマスIIユー英語版』を制作し、このために『恋人たちのクリスマス』を再録音した。このバージョンは "All I Want for Christmas Is You (Extra Festive)" と銘打たれ、再録音されたボーカルに、柔らかくなったベルの音、力強くなったドラムスが加えられ、ゆっくり歌われる冒頭のヴァースはオーケストラ演奏に置き換えられた[74]。『ラップ=アップ英語版』のスティーヴン・J・ホロヴィッツは、新バージョンについて「1994年版とぴったり同じく楽しい」とした[75]。曲そのものには絶賛が寄せられる一方で、原曲と似通いすぎているとの批評もある。『シカゴ・サンタイムズ』のトーマス・コナーは、新しいバージョンは「全く同じ編曲に、2、3人の耳障りなバック・シンガーを足しただけ」(英: "just seems to add a few brassy backup singers to the exact same arrangement.")と評した[32]。『ローリング・ストーン』のキャリン・ガンズもこれに賛成し、新しいバージョンから「どこが『余分にお祭り気分』['extra festive']なのか見つけるのは難しい」とまで書いた[76]。『ザ・ナショナル』のダン・ハンコックスは、このリミックスは不必要だったとした[33]

2011年には、ジャスティン・ビーバーがキャリーとのデュエットでこの曲を録音し、自身のホリデー・アルバム『アンダー・ザ・ミスルトウ英語版』に収録した(日本語題名は『恋人たちのクリスマス Duet with.マライアキャリー』)[77]。インタビューでビーバーは、キャリーの高いキーに合わせて歌うのは大変だったと述べているが[78]、『ビルボード』誌では、その努力については認めつつも、オリジナルの方が断然上だと切り捨てられた[79]

ライブ・パフォーマンス[編集]

黒く長いドレスを着た金髪の女性(キャリー)が、左手にマイクを持って歌っている。彼女は円形でくすんだ赤色のステージに立っており、その後ろで上下白の服を着たバックダンサーが踊っている。彼女の後ろにある階段を上ると、バックシンガーが数人台の上で歌っており、またキャリーの演奏を観る客がステージの周りを取り囲んでいる
フロリダ州オーランドのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートで、2010年版を歌うキャリー(2010年12月3日)

キャリーはこの曲を、自身のコンサートだけでなくテレビ生放送でも何度となく歌っている[21]。1996年のデイドリーム・ワールド・ツアー英語版日本公演、1998年のバタフライ・ワールド・ツアー英語版、2002年から2003年のチャームブレスレット・ワールド・ツアー英語版、2006年のアドヴェンチャーズ・オブ・ミミ英語版で、この曲がセットリストに加えられた[21][80]。以来キャリーは、ツアーの日本公演ではクリスマスの時期でなくとも、アンコールでは必ずこの曲を歌うほどである[81]。これに加え、キャリーは2004年のウォルト・ディズニー・ワールド・クリスマス・デイ・パレード英語版で歌い、この様子はABCで放送された[82]

彼女は「ソー・ソー・デフ・リミックス」を、2009年の大晦日に行われたエンジェルス・アドヴォケート・ツアー英語版の初日公演で歌った[83]。2010年11月9日には、この曲をクリスマス・スペシャル・ライブで録音し、2010年12月13日にこの時の映像がABCで放送された[84]。またキャリーは、2010年のクリスマスに合わせて『オー・サンタ!英語版』とこの曲を歌い、クリスマスの昼にかけてESPNとABCで放送された。同年12月3日には、この2曲をウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートマジック・キングダムで歌い、録画された映像は『ウォルト・ディズニー・ワールド・クリスマス・デイ・パレード・オン・ABC』 ("Walt Disney World Christmas Day Parade on ABC") の中で放送された[85]。また、キャリーはこの2曲を、この日両曲で放送されるNBAの試合のプロモーションとしてミュージック・ビデオにして歌った[86]

キャリーは、ニューヨークビーコン・シアターで行った初の年次クリスマス・コンサートでアンコール曲にこれを選んだが、"All I Want for Christmas Is You, a Night of Joy and Festivity" (enと銘打たれたこの公演はチケット完売を記録した。キャリーは2016年12月15日に放送されたジェイムズ・コーデンの『レイト×2ショー with ジェームズ・コーデン』に出演し、番組の人気企画『カープール・カラオケ英語版』でこの曲を披露した[23][87]。この回ではアデルレディー・ガガデミ・ロヴァートニック・ジョナスエルトン・ジョンセレーナ・ゴメスグウェン・ステファニークリス・マーティンレッド・ホット・チリ・ペッパーズなどが出演した[23][88]。この映像はすぐにネット配信され、24時間以内に200万回以上、また3週間以内に2,500万回以上再生された。

ミュージック・ビデオ[編集]

映像外部リンク
ホーム・ムービー風(2009年11月23日公開) - YouTube
白黒版(2016年6月1日公開) - YouTube
「ソー・ソー・デフ・リミックス」用アニメ版 - YouTube
ジャスティン・ビーバーとのデュエット版 - YouTube
キャリーが参考にしているザ・ロネッツ

『恋人たちのクリスマス』には3本のミュージック・ビデオが作られた。最初の1本は、スーパー8mmフィルムを用いたホーム・ムービー英語版風で撮影され、1993年のクリスマスシーズンに、キャリー自身の監督・撮影で制作された[89]。このビデオは、キャリーがクリスマスツリーの飾り付けをしているシーンから始まり、雪の山辺ではしゃいでいるシーンに繋がる。外のシーンはニュージャージー州のフェアリー・テイル・フォレスト(英: the Fairy Tale Forest)で撮影され、キャリーが当時結婚していたトミー・モトラ英語版サンタクロース役でカメオ出演している[21]。その後、キャリーが自身のアルバムのカバー写真を撮ろうとしているシーン、また飼い犬のジャックと共に過ごすシーンに移る。最後にはサンタクロースがキャリーと共に、プレゼントの入った袋を持って、手を振るシーンになる[63]。このミュージック・ビデオは2009年にYouTubeのアカウントで公開されたが、2017年12月段階で、再生回数は3億回を突破している[90]。もう1本のミュージック・ビデオはザ・ロネッツに影響を受けたもので、キャリーは1960年代風のスタジオで、ゴーゴーダンサーに囲まれて歌う。1960年代風の設定に合わせ、映像は白黒で、キャリーは白いブーツに長く梳いた髪である。この映像もキャリーが監督したもので、2つの編集版がある[89]

「ソー・ソー・デフ・リミックス」用にもミュージック・ビデオが作られたが、これにはキャリーやこの曲を演奏するヒップホップミュージシャンは実写で登場しない[72]。代わりにアニメを用い、キャリーが1999年に発表した『ハートブレイカー英語版』のビデオから1シーンが使われている。また、キャリーやジャーメイン・デュプリバウ・ワウルイス・ミゲル(キャリーの当時の恋人)、キャリーの飼い犬のジャック、サンタクロースがアニメになって登場している。この映像の監督には、サンタクロースを意味する「クリス・クリングル」(英: Kris Kringle)の名前がクレジットされている[72]。2009年からは、ESPN(『NBA on ESPN英語版』)と姉妹局のABC(『NBA on ABC英語版』)でクリスマスに放送されるNBAクリスマス・ゲームズ英語版用のミュージック・ビデオも作られている[86][91]ジャスティン・ビーバーとのデュエット版では、ニューヨーク百貨店メイシーズでミュージック・ビデオを撮影し、ビーバーが友人たちと買い物をする一方で、キャリーがサンタクロースの格好をして歌う姿が収録されている[77]。このミュージックビデオは1億4000万回以上再生されている[23]

レガシー[編集]

『恋人たちのクリスマス』は、最初の発売以来、毎年のクリスマス・シーズンごとにチャートインする。2015年12月には、Billboard Hot 100で11位を獲得し、最高順位を更新した[44][5]。世界中で1,600万枚以上を売り上げ、曲はキャリー最高の世界的成功であると共に、史上11番目に売れたシングルでもある[12]。2017年段階で、この曲は6,000万ドルの印税を稼ぎ出していると報道されている[13]

デイリー・テレグラフ』では、この10年にイギリスで最も人気かつ最も再生されたクリスマス・ソングだと絶賛している[92]。『ローリング・ストーン』では、「偉大なロックンロール・クリスマスソング」(英: Greatest Rock and Roll Christmas Songs list)で4位にランクインし、「ホリデーの定番曲」(英: "holiday standard")と評された[93]。この曲の影響力が長く続いていることから、キャリーは「クリスマスの女王」(英: Queen of Christmas)と呼ばれている[94][95]。一方のキャリーはこの称号を受け入れることに消極的で、「[身に余る]と思うので、その名前は受け入れられません。謹んで感謝しますし、ホリデー・シーズンには驚くくらいの愛を持っています。1年で最も素晴らしい時期なので」と答えている[96]

映像外部リンク
映画予告編 - NBCUniversal Entertainment - YouTube

キャリーはこの曲に基づいた子ども向けの本を2015年11月10日に発表し[97]、75万部を売り上げた[98]。また2017年11月14日には、この曲・本に基づいたアニメーション映画を公開した[99][100]。この映画は、日本では『マライア・キャリー クリスマスにほしいもの』の題名が付けられ、2017年12月21日にディスクとして発売される[101][102]

チャート記録[編集]

各国での認定と売り上げ[編集]

国/地域 認定 認定/売上枚数
オーストラリア (ARIA)[160] 3× Platinum 210,000^
カナダ (Music Canada)[161] 3× Platinum 240,000^
デンマーク (IFPI Denmark)[162]
デジタル・ダウンロード
Platinum 10,000^
ドイツ (BVMI)[163] Platinum 500,000^
イタリア (FIMI)[164] 2× Platinum 40,000*
日本 (RIAJ)[165]
店頭販売
Million 1,100,000[62]^
ニュージーランド (RMNZ)[166] Platinum 10,000*
スペイン (PROMUSICAE)[167] Platinum 40,000^
イギリス (BPI)[168] 2× Platinum 1,200,000double-dagger
アメリカ合衆国 (RIAA)[169]
デジタル・ダウンロード
Gold 3,200,000[48]
アメリカ合衆国 (RIAA)[169]
マスタートーン(着信音)
2× Platinum 2,000,000^
ストリーミング
デンマーク (IFPI Denmark)[170] Platinum 1,800,000double-dagger^
スペイン (PROMUSICAE)[171] 2× Platinum 16,000,000double-dagger[172]^

*認定のみに基づく売上枚数
^認定のみに基づく出荷枚数
double-dagger認定のみに基づく売上枚数と再生回数

カバーを行ったアーティスト[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ "Miss You Most (At Christmas Time)", "Joy to the World", "O Holy Night"
  2. ^ 原文:"Back then, you didn't have a lot of artists with Christmas albums. It wasn't a known science at all back then, and there was nobody who did new, big Christmas songs. So we were going to release it as kind of an everyday, 'Hey, you know, we're putting out a Christmas album. No big deal.'"[14]
  3. ^ a b 原文:"an underlying rhythmic beat that sounds like the loping pace of a horse or reindeer. These sounds echo religious and secular musical touchstones, without veering blatantly too much in either direction, and give the song an upbeat, joyous tone."[14]
  4. ^ 原文:"A lush bed of keyboards, reminiscent of a small-scale Wall of Sound, cushions the song's cheery rhythms, while a soulful vocal chorus adds robust oohs, tension-creating counter-melodies, and festive harmonies. Most notably, however, the song's jaunty piano chords and melody keep the song merrily bouncing along."[14]
  5. ^ 原文:"at least 13 distinct chords at work, resulting in a sumptuously chromatic melody. The song also includes what I consider the most Christmassy chord of all―a minor subdominant, or 'iv,' chord with an added 6, under the words 'underneath the Christmas tree,' among other places. (You might also analyze it as a half-diminished 'ii' 7th chord, but either interpretation seems accurate)."[24]
  6. ^ アルバム『メリー・クリスマス』では1994年11月、シングル単体では1995年1月にミリオン認定されている[66]
  7. ^ 原文:英: [the remix] "does dress up the song in a disco thump that should make your office Christmas party 28 percent funkier than it was last year."
  8. ^ 英: South Korean International Singles

出典[編集]

  1. ^ Strecker, Erin (2014年10月30日). “Mariah Carey's 'Merry Christmas' 20th Anniversary: Find Out What Went Into Making a Modern Christmas Classic”. ビルボード. 2017年12月14日閲覧。
  2. ^ a b 年度別ミリオンセラー一覧 1994年”. 日本レコード協会. 2004年4月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年4月28日閲覧。
  3. ^ a b c d Beck, Laura (2016年12月25日). “15 Things You Didn't Know About Mariah Carey's 'All I Want for Christmas Is You'”. COSMOPOLITAN. 2017年12月14日閲覧。
  4. ^ Mariah Carey ‎– All I Want For Christmas Is You - Discogs
  5. ^ a b c d マライア・キャリー「恋人たちのクリスマス」が全米チャート11位まで浮上 過去最高位に”. bmr.jp (2015年12月29日). 2017年12月14日閲覧。
  6. ^ a b c d e Phull, Hardeep (2014年12月13日). “8 things you didn’t know about ‘All I Want for Christmas Is You’”. ニューヨーク・ポスト. 2017年12月14日閲覧。
  7. ^ a b Frere-Jones, Sasha (2006年4月3日). “On Top: Mariah Carey's Record-Breaking Career”. The New Yorker. 2010年12月10日閲覧。
  8. ^ The Greatest Rock and Roll Christmas Songs”. Rolling Stone. 2010年12月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年12月15日閲覧。
  9. ^ a b Grein, Paul (2011年12月14日). “Week Ending Dec. 11, 2011. Songs: Mariah's Christmas Gift”. Yahoo! Music英語版. 2011年12月15日閲覧。
  10. ^ a b c マライア・キャリーの「恋人たちのクリスマス」、発売から21年を経て全米チャートで過去最高位を記録”. tvgroove.com (2015年12月24日). 2017年12月14日閲覧。
  11. ^ BIOGRAPHY - Mariah Carey / マライア・キャリー”. UNIVERSAL MUSIC JAPAN. 2017年12月14日閲覧。
  12. ^ a b Wile, Rob (2013年12月25日). “The True Story Behind Mariah Carey's 'All I Want For Christmas'”. シアトル・ポスト=インテリジェンサー英語版. http://www.seattlepi.com/technology/businessinsider/article/The-True-Story-Behind-Mariah-Carey-s-All-I-Want-5092879.php 2013年12月25日閲覧。 
  13. ^ a b The music industry should be dreaming of a white Christmas”. エコノミスト. 2017年12月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。December 1,2017閲覧。
  14. ^ a b c d e f g h Zaleski, Annie (2015年12月7日). “Why Mariah Carey Christmas Hit Will Be Around Forever”. A.V. クラブ英語版. http://www.avclub.com/article/why-mariah-careys-christmas-hit-will-be-around-for-229110 2015年1月5日閲覧。 
  15. ^ a b Strecker, Eric (2015年12月7日). “Mariah Carey's 'Merry Christmas' 20th Anniversary: Find Out What Went Into Making a Modern Christmas Classic”. Billboard. http://www.billboard.com/articles/news/6296926/mariah-carey-merry-christmas-anniversary-all-i-want-for-christmas 2015年1月5日閲覧。 
  16. ^ Aiello, McKenna (2016年11月28日). “Check Out the 8 Craziest Facts About Mariah Carey's "All I Want for Christmas"”. E! news. E!. 2017年12月16日閲覧。
  17. ^ a b c Wile, Rob (2015年12月7日). “The True Story Behind Mariah Carey's 'All I Want For Christmas'”. Business Insider. http://www.businessinsider.com/all-i-want-for-christmas-is-you-profile-2013-12 2015年1月5日閲覧。 
  18. ^ Nickson 1998, p. 133
  19. ^ Green, Emma (2015年12月7日). “'All I Want for Christmas Is You': A Historical Dialectic”. ザ・アトランティック英語版. https://www.theatlantic.com/entertainment/archive/2015/12/mariah-carey-badass-philosopher/421467/ 2015年1月5日閲覧. "And besides making her some sweet seasonal cash, Carey’s masterpiece is an incredible feat of philosophical subterfuge. Christmas is a time of material and affection-based excess, yet the song is narrowly focused on just one thing: getting to be with a specific person, e.g., you. It rejects the idea of love in general in favor of love in particular, simultaneously defying and defining pop-music conventions. With infinitely more economy of expression and undoubtedly catchier lyrics, “All I Want for Christmas Is You” is a sort of Hegelian dialectic of Christmastime desire, taking the conflicting notions of abundance and specificity and packaging them neatly into an earworm for the generations." 
  20. ^ All I Want for Christmas Is You - Mariah Carey”. AllMusic. Rovi Corporation. 2012年9月16日閲覧。
  21. ^ a b c d e f Nickson 1998, p. 134
  22. ^ a b “Mariah Carey – All I Want for Christmas Is You – Digital Sheet Music”. Musicnotes.com (Sony/ATV Music Publishing). 
  23. ^ a b c d e f 本家一成. “マライア・キャリー『クリスマスにほしいもの』発売記念特集 ~クリスマスの女王が贈る心温まるクリスマス・プレゼント”. ビルボードジャパン. 2017年12月17日閲覧。
  24. ^ a b c d e Ragusea, Adam (2015年12月7日). “'All I Want for Christmas Is You' Is Diminished Chords”. スレート英語版. http://www.slate.com/articles/arts/music_box/2014/12/mariah_carey_s_all_i_want_for_christmas_is_you_a_musicological_explanation.html 2015年1月5日閲覧。 
  25. ^ a b Parisien, Roch. “Merry Christmas > Overview”. AllMusic. Rovi Corporation. 2010年8月29日閲覧。 “The Beach Boys-style harmonies, jangling bells, and a sleigh-ride pace, injecting one of the few bits of exuberant fun in this otherwise vanilla set.”
  26. ^ a b Ruiz, Michelle (2015年12月7日). “The Enduring Magic of Mariah Carey's 'All I Want for Christmas Is You'”. Vogue. http://www.vogue.com/13380675/mariah-carey-all-i-want-for-christmas-is-you-analysis/ 2015年1月5日閲覧。 
  27. ^ Morse, Steve (1994年12月4日). “Carey marks the season with music, good works”. Boston Globe. https://pqasb.pqarchiver.com/boston/access/62040881.html?dids=62040881:62040881&FMT=ABS&FMTS=ABS:FT&type=current&date=Dec+04%2C+1994&author=Steve+Morse%2C+Globe+Staff&pub=Boston+Globe+%28pre-1997+Fulltext%29&desc=Carey+marks+the+season+with+music%2C+good+works&pqatl=google 2010年10月19日閲覧。 
  28. ^ Schwartz, Barry (2006年12月21日). “On Second Thought: Mariah Carey – Merry Christmas”. スタイラス・マガジン英語版. 2010年8月30日閲覧。 “Which brings us back to “All I Want For Christmas Is You.” To say this song is an instant classic somehow doesn’t capture its amazingicity; it’s a modern standard: joyous, exhilarating, loud, with even a hint of longing (ooh longing!). She sings, “I don’t want a lot for Christmas / I won’t even wish for snow,” such a beautiful phrase delivered with full sincerity over rolling pianos, spine-squashing tympanis, philharmonic strings, and a quasi-wall of sound—and Mariah’s gorgeous voice bursts through it all. Fuck, why haven’t I been celebrating Christmas?!”
  29. ^ a b Anderson, Kyle (2009年12月1日). “Mariah Carey's 'All I Want For Christmas Is You' Gets The Remix Treatment”. MTV Networks. MTV. 2009年12月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年11月10日閲覧。 “The original version of "All I Want for Christmas is You" is a majestic anthem full of chimes, sleigh bells, doo-wop flourishes, sweeping strings and one of the most dynamic and clean vocal performances of Carey's career.”
  30. ^ a b Bain, Becky (2009年12月1日). “'All I Want For Christmas' Is Mariah's X-Mas Dance Remix”. アイドレーター英語版. Gawker Media. 2010年11月10日閲覧。 “We love the original song to pieces—we blast it while decorating our Christmas tree and lighting our Menorah.”
  31. ^ a b Craven, Shona (2010年12月10日). “In Praise Of ... A Very Mariah Christmas”. The Herald. STV Group plc英語版. 2010年12月10日閲覧。 “[it's] a song of optimism and joy that maybe, just maybe, hints at the real meaning of Christmas.”[リンク切れ]
  32. ^ a b Connor, Thomas (2010年11月9日). “Mariah, Boyle's Christmas CDs a couple lumps of coal”. Chicago Sun-Times. 2010年11月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年11月10日閲覧。 “Carey’s “Merry Christmas II You,” which hit shelves last week, is a followup to 1994’s “Merry Christmas” — forgettable except for “All I Want for Christmas Is You,” a simple, well-crafted chestnut and one of the last great additions to the Christmas pop canon.”
  33. ^ a b Hancox, Dan (2010年11月26日). “Sounds of the Season”. ザ・ナショナル英語版. ムバダラ・ディベロプメント・カンパニー. 2010年12月10日閲覧。
  34. ^ 恋人たちのクリスマス - マライア・キャリー”. goo 音楽. Goo. 2008年10月22日閲覧。
  35. ^ 恋人たちのクリスマス - マライア・キャリー”. goo 音楽. Goo. 2008年10月22日閲覧。
  36. ^ 恋人たちのクリスマス - マライア・キャリー”. goo 音楽. Goo. 2008年10月22日閲覧。
  37. ^ 恋人たちのクリスマス - マライア・キャリー”. goo 音楽. Goo. 2008年10月22日閲覧。
  38. ^ a b Whitburn, Joel (2004). Christmas in the Charts (1920-2004). Wisconsin: Record Research Inc.. p. 26. ISBN 0-89820-161-6. 
  39. ^ a b c Trust, Gary (2017年12月7日). “Hot 100 Chart Moves: Mariah Carey's 'Christmas' Classic Returns”. 2017年12月12日閲覧。
  40. ^ Trust, Gary (2015年12月28日). “Mariah Carey's 'All I Want for Christmas Is You' Hits Another Hot 100 High, Rising to No. 11”. 2017年12月17日閲覧。
  41. ^ a b All I Want for Christmas Is You - Mariah Carey”. Billboard. 2010年11月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年11月10日閲覧。
  42. ^ Hot Singles Recurrents - All I Want For Christmas Is You” (英語). ビルボード. 2008年10月22日閲覧。
  43. ^ No Dislodging Brown's 'Run It' From No. 1” (英語). ビルボード (2005年12月15日). 2012年7月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年10月22日閲覧。
  44. ^ a b Trust, Gary. “Mariah Carey's 'All I Want for Christmas Is You' Hits Another Hot 100 High, Rising to No. 11”. Billboard. http://www.billboard.com/articles/columns/chart-beat/6821662/mariah-carey-all-i-want-for-christmas-is-you-hits-hot-100-high 2015年12月29日閲覧。 
  45. ^ Mariah Carey's 'All I Want For Christmas Is You' Is World's First Double Platinum Holiday Ringtone”. レガシー・レコーディングス. PRニュースワイア英語版. 2010年11月10日閲覧。
  46. ^ “[sev.prnewswire.com/music/20061213/NYW04413122006-1.html Mariah Carey's 'All I Want For Christmas Is You' Is Best-Selling Holiday Ringtone Ever]”. PR Newswire (2006年12月13日). 2006年12月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2006年12月14日閲覧。
  47. ^ Grein, Paul (2010年9月24日). “Chart Watch Extra: Songs From The Last Century”. Nielsen Business Media英語版. Yahoo! Music. 2010年10月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年11月10日閲覧。
  48. ^ a b Billboard Staff (2016年11月25日). “What Are the Top-Selling Holiday Songs?”. Billboard. 2016年11月25日閲覧。
  49. ^ Grein, Paul (2012年12月17日). “Chart Watch Extra: Christmas Albums, From Bing To Buble”. Yahoo! Music. 2012年12月18日閲覧。
  50. ^ アメリカでもっともダウンロードされたホリデーソングは?”. 映画.com (2016年12月8日). 2017年12月17日閲覧。
  51. ^ Top 40 Official UK Singles Archive”. オフィシャル・チャーツ・カンパニー英語版 (1994年12月10日). 2011年6月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年11月28日閲覧。
  52. ^ a b Kreisler, Lauren (2013年12月19日). “Mariah Carey's All I Want For Christmas Is You Tops 1 million sales”. オフィシャル・チャーツ・カンパニー. 2013年12月19日閲覧。
  53. ^ Mariah Carey - All I Want For Christmas Is You”. UK Singles Chart. Chart Stats. 2010年12月6日閲覧。
  54. ^ Festive hits fly back into chart”. BBCニュース. 英国放送協会 (2007年12月9日). 2009年1月27日閲覧。
  55. ^ Melua duet ends Lewis's chart run”. BBCニュース. 英国放送協会 (2007年12月16日). 2009年1月27日閲覧。
  56. ^ All I Want for Christmas Is You”. オフィシャル・チャーツ・カンパニー. 2015年12月27日閲覧。
  57. ^ BPI - Certified Awards”. British Phonographic Industry. 2010年1月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年8月13日閲覧。
  58. ^ a b Williams, Paul (2010年11月29日). “The Fairytale of New Media”. ミュージック・ウィーク英語版. United Business Media英語版. 2011年1月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年12月1日閲覧。
  59. ^ Kent, David (2006). Australian Chart Book 1993-2005. ISBN 0-646-45889-2. 
  60. ^ Mariah Carey - All I Want For Christmas Is You (song)”. Danishcharts.com. Hung Medien. 2010年11月10日閲覧。
  61. ^ Guld og platin 2008” (Danish). International Federation of the Phonographic Industry – Denmark. 2014年12月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年6月29日閲覧。
  62. ^ a b The World's Number-Two Music Market Is No Afterthought. Prometheus Global Media. (August 5, 1995). https://books.google.com/books?id=xwsEAAAAMBAJ&pg=PA57 2010年8月15日閲覧。. 
  63. ^ a b Nickson 1998, p. 135
  64. ^ 山口智子、マライア・キャリーとコラボ再び 『29歳のクリスマス』から20余年”. オリコンニュース. オリコン (2015年6月19日). 2017年12月16日閲覧。
  65. ^ 恋人たちのクリスマス/マライア・キャリー”. オリコン. 2008年12月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年10月22日閲覧。
  66. ^ ミリオン認定数推移”. 日本レコード協会. 2017年12月16日閲覧。
  67. ^ レコード協会調べ 12月度有料音楽配信認定<略称:12月度認定>- 「着うた(R)」”. 日本レコード協会. 2009年1月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年4月28日閲覧。有料音楽配信認定 - 着うた - 2008年12月”. 日本レコード協会. 2017年12月16日閲覧。
  68. ^ “エンターテインメント・ソフト 『恋人たちのクリスマス』マライア・キャリー CDシングル100万枚突破”. 日経産業新聞: p. 7. (1994年12月26日) 
  69. ^ a b デビュー25周年。伝説の歌姫マライアが新たな歴史を刻む”. 朝日新聞デジタル (2015年6月25日). 2017年12月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月17日閲覧。
  70. ^ マライアを超えるのは、マライアだけ。マライア・キャリー究極のベスト『#1インフィニティ』特集”. ビルボード・ジャパン. p. 1. 2017年12月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月17日閲覧。
  71. ^ マライア・キャリー「The Ones」| SICP-20201 | 4547366047776 | Shopping”. Billboard JAPAN. 2017年12月17日閲覧。
  72. ^ a b c d Nickson 1998, p. 138
  73. ^ a b 恋人たちのクリスマス2000~ミレニアム・リミックス”. ソニーミュージック (2000年12月23日). 2017年12月17日閲覧。
  74. ^ Juzwiak, Rich (2010年11月10日). “On Mariah Carey's Agreeably Bizarre Yuletide Sequel Merry Christmas II You”. ヴィレッジ・ヴォイス英語版. ヴィレッジ・ヴォイス・メディア英語版. 2010年11月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年11月10日閲覧。
  75. ^ Horowitz, Steven J.. “Album Preview: Mariah Carey – 'Merry Christmas II You'”. ラップ=アップ英語版. 2010年10月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年11月10日閲覧。 “With a new orchestral introduction, this American classic features newly recorded vocals from Mariah as well as a beefier backing chorus, fresh ad-libs, and an extended outro, sounding just as enjoyable as it did in 1994.”
  76. ^ Ganz, Caryn (2010年11月2日). “Mariah Carey: Merry Christmas II You”. Rolling Stone. 2010年11月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年11月10日閲覧。 “It's hard to figure out what's "extra festive" (as the full song title promises) about her "All I Want for Christmas Is You" update, and far easier to determine what's wrong with "Auld Lang Syne" (an awkward dance beat), but the LP's warm heart is in the right place.”
  77. ^ a b Ford, Rebecca (November 30, 2011). “Justin Bieber and Mariah Carey's 'All I Want For Christmas' Video Debuts (Video)”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/justin-bieber-all-i-want-christmas-mariah-carey-video-267851 2011年11月23日閲覧。. 
  78. ^ Justin Bieber & Mariah Carey’s ‘Under The Mistletoe’ Duet: ‘All I Want For Christmas’ (LISTEN)”. ハフィントン・ポスト (2011年10月28日). 2017年12月17日閲覧。
  79. ^ Lipshutz, Jason (2011年11月1日). “Justin Bieber, 'Under The Mistletoe': Track-By-Track Review”. 2017年12月17日閲覧。
  80. ^ Virtual Tickets”. Mariahcarey.com. 2010年3月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年11月10日閲覧。
  81. ^ MARIAH CAREY THE BALLADS”. ソニー・ミュージックエンタテインメント. 2008年10月22日閲覧。
  82. ^ The Stars Are Heading Down Santa Claus Lane”. Disney (2004年12月21日). 2010年11月10日閲覧。
  83. ^ Mariah Rings In 2010 at Madison Square Garden, NY”. Mariahcarey.com (2010年1月1日). 2011年8月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年12月20日閲覧。
  84. ^ Mariah Tapes ABC Christmas Special, Grants A Fan's Wish”. Mariahcarey.com (2010年11月9日). 2011年7月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年11月10日閲覧。
  85. ^ Mariah Performs at Disney Christmas Day Parade”. Mariahcarey.com (2010年12月4日). 2010年12月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年12月6日閲覧。
  86. ^ a b Mariah Carey NBA Christmas Special 2010 - YouTube
  87. ^ 'All I Want for Christmas' Carpool Karaoke - The Late Late Show with James Corden - YouTube 2017年12月17日閲覧。
  88. ^ “Watch Adele, Chris Martin, Red Hot Chili Peppers, Mariah Carey and more in 'Carpool Karaoke' Christmas special - NME” (en-US). NME. (2016年12月16日). http://www.nme.com/news/music/carpool-karaoke-christmas-adele-rhcp-mariah-1916018 2016年12月16日閲覧。 
  89. ^ a b Nickson 1998, p. 136
  90. ^ MariahCareyVEVO (2009-11-23), Mariah Carey - All I Want For Christmas Is You, https://www.youtube.com/watch?v=yXQViqx6GMY 2017年6月16日閲覧。 
  91. ^ Hoppes, Lynn (2009年12月17日). “Behind the scenes with Mariah Carey”. ESPN. 2010年11月29日閲覧。
  92. ^ Mariah Carey hit is most popular Christmas song”. デイリー・テレグラフ. デイヴィッド・バークリーとフレデリック・バークリー英語版 (2010年12月10日). 2011年1月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年1月28日閲覧。
  93. ^ Greene, Andy. “The Greatest Rock and Roll Christmas Songs”. Rolling Stone. 2010年12月20日閲覧。
  94. ^ Mariah Carey Brings Christmas Cheer to NYC's Beacon Theater”. Billboard (2014年12月16日). 2014年12月21日閲覧。 “Queen Of Christmas, Mariah Carey performs her holiday smash hits at the Beacon Theatre on December 15, 2014 in New York City.”
  95. ^ Mariah Carey’s Christmas Concert In NYC”. SpinMedia Publishers. 2014年12月21日閲覧。 “Queen Of Christmas, Mariah Carey performs her holiday smash hits at the Beacon Theatre on December 15, 2014 in New York City.”
  96. ^ Oswald, Anjelica (2017年11月17日). “Mariah Carey shows a humble side and rejects the title of ‘Queen of Christmas’”. The Insider. http://www.thisisinsider.com/mariah-carey-rejects-queen-of-christmas-title-2017-11 2017年11月19日閲覧. ""I don't accept that name because I feel like it's [too much]," she said. "I humbly thank them and I do have an extraordinary love for the holiday season, and it is the best time of the year."" 
  97. ^ Mariah Carey Announces Children's Book Based on All I Want for Christmas Is You: People.com”. People. 2015年12月23日閲覧。
  98. ^ Mariah Carey's "All I Want for Christmas Is You" Song Gets Movie Treatment”. The Hollywood Reporter. 2017年11月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月22日閲覧。
  99. ^ All I Want For Christmas Is You Animated Film”. プレスリリース. 2017年11月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月22日閲覧。
  100. ^ マライア・キャリーの大ヒット曲「恋人たちのクリスマス」がアニメ映画に”. 映画.com. 2017年12月17日閲覧。
  101. ^ マライア・キャリー クリスマスにほしいもの”. NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン. 2017年12月17日閲覧。
  102. ^ マライア・キャリーからクリスマスプレゼント!名曲モチーフアニメ『クリスマスにほしいもの』リリース”. cinemacafe.net (2017年10月20日). 2017年12月17日閲覧。
  103. ^ "Australian-charts.com – Mariah Carey – All I Want for Christmas Is You". ARIA Top 50 Singles. 2015年5月1日閲覧。
  104. ^ "Austriancharts.at – Mariah Carey – All I Want for Christmas Is You" (in German). Ö3 Austria Top 40. 2017年12月14日閲覧。
  105. ^ "Ultratop.be – Mariah Carey – All I Want for Christmas Is You" (in Dutch). Ultratop 50. 2015年5月1日閲覧。
  106. ^ "Mariah Carey – Chart history" Canadian Hot 100 for Mariah Carey. 2016年12月28日閲覧。
  107. ^ "ČNS IFPI" (in Czech). Hitparáda – Radio Top 100 Oficiální. IFPI Czech Republic. Note: insert 201652 into search. 2015年5月1日閲覧。
  108. ^ "Mariah Carey – Chart history" Brasil Hot 100 Airplay for Mariah Carey. 2015年5月1日閲覧。
  109. ^ "ČNS IFPI" (in Czech). Hitparáda – Digital Top 100 Oficiální. IFPI Czech Republic. Note: insert 201652 into search.
  110. ^ "Mariah Carey – All I Want for Christmas Is You Hitlisten.nu" (in Danish). Tracklisten. 2017年12月17日閲覧。
  111. ^ Hits of the World”. ビルボード (1995年1月14日). 2015年5月1日閲覧。
  112. ^ "Mariah Carey: All I Want for Christmas Is You" (in Finnish). Musiikkituottajat – IFPI Finland. 2017年1月1日閲覧。
  113. ^ "Lescharts.com – Mariah Carey – All I Want for Christmas Is You" (in French). Les classement single. 2016年12月24日閲覧。
  114. ^ "Offiziellecharts.de – Mariah Carey – All I Want for Christmas Is You". GfK Entertainment Charts. 2016年12月30日閲覧。
  115. ^ Greece Digital Songs”. Billboard. 2015年5月22日閲覧。
  116. ^ "Archívum – Slágerlisták – MAHASZ" (in Hungarian). Single (track) Top 40 lista. Magyar Hanglemezkiadók Szövetsége. 2015年5月1日閲覧。
  117. ^ "The Irish Charts – Search Results – All I Want for Christmas Is You". Irish Singles Chart. 2015年5月22日閲覧。
  118. ^ "Italiancharts.com – Mariah Carey – All I Want for Christmas Is You". Top Digital Download. 2015年5月1日閲覧。
  119. ^ マライア・キャリーのアルバム売り上げランキング”. オリコン. 2013年12月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月22日閲覧。
  120. ^ "Mariah Carey – Chart history" Japan Hot 100 for Mariah Carey. 2017年12月17日閲覧。
  121. ^ Mariah Carey Awards”. AllMusic. 2015年5月1日閲覧。
  122. ^ Billboard Japan Hot Overseas” (Japanese). Billboard Japan (2016年12月26日). 2016年12月20日閲覧。
  123. ^ "Nederlandse Top 40 – week 1, 1995" (in Dutch). Dutch Top 40 2015年5月20日閲覧。
  124. ^ "Dutchcharts.nl – Mariah Carey – All I Want for Christmas Is You" (in Dutch). Single Top 100. 2016年12月31日閲覧。
  125. ^ "Charts.org.nz – Mariah Carey – All I Want for Christmas Is You". Top 40 Singles. 2015年5月1日閲覧。
  126. ^ VG-lista – Topp 20 Single uke 50, 2017”. VG-lista. 2017年12月16日閲覧。
  127. ^ "Listy bestsellerów, wyróżnienia :: Związek Producentów Audio-Video". Polish Airplay Top 100. 2015年12月28日閲覧。
  128. ^ "Portuguesecharts.com – Mariah Carey – All I Want for Christmas Is You". AFP Top 100 Singles. 2016年12月29日閲覧。
  129. ^ "Mariah Carey – Chart history" |Billboard Portugal Digital Songs for Mariah Carey. 2015年5月22日閲覧。
  130. ^ Portugal Digital Songs”. Billboard. 2015年5月22日閲覧。
  131. ^ "Archive Chart: December 11, 1994". Scottish Singles Top 40. 2015年12月22日閲覧。
  132. ^ "SNS IFPI" (in Slovak). Hitparáda – Radio Top 100 Oficiálna. IFPI Czech Republic. Note: insert 201549 into search.
  133. ^ "SNS IFPI" (in Slovak). Hitparáda – Singles Digital Top 100 Oficiálna. IFPI Czech Republic. Note: insert 201550 into search.
  134. ^ SloTop50 – Slovenian official singles chart”. slotop50.si. 2016年12月18日閲覧。
  135. ^ "Spanishcharts.com – Mariah Carey – All I Want for Christmas Is You" Canciones Top 50. 2017年1月4日閲覧。
  136. ^ "Swedishcharts.com – Mariah Carey – All I Want for Christmas Is You". Singles Top 100. 2017年12月9日閲覧。
  137. ^ "Swisscharts.com – Mariah Carey – All I Want for Christmas Is You". Swiss Singles Chart. 2016年12月26日閲覧。
  138. ^ "Mariah Carey: Artist Chart History" Official Charts Company. 2015年5月22日閲覧。
  139. ^ "Archive Chart: 19941211" UK R&B Chart. 2015年12月22日閲覧。
  140. ^ "Mariah Carey – Chart history" Billboard Hot 100 for Mariah Carey. 2015年12月22日閲覧。
  141. ^ "Mariah Carey – Chart history" Billboard Adult Contemporary for Mariah Carey. 2015年5月22日閲覧。
  142. ^ "Mariah Carey – Chart history" Billboard Adult Pop Songs for Mariah Carey. 2015年5月22日閲覧。
  143. ^ “Billboard - Artists - Mariah Carey - Holiday 100”. Billboard (Prometheus Global Media). http://www.billboard.com/biz/charts/2013-12-14/hot-holiday-songs 2013年12月14日閲覧。 
  144. ^ "Mariah Carey – Chart history" Billboard Pop Songs for Mariah Carey. 2015年5月22日閲覧。
  145. ^ "Mariah Carey – Chart history" Billboard Rhythmic Songs for Mariah Carey. 2015年5月22日閲覧。
  146. ^ Jaarlijsten 1994” (Dutch). Stichting Nederlandse Top 40. 2015年5月25日閲覧。
  147. ^ Najlepsze single na UK Top 40-1994 wg sprzedaży” (Polish). Official Charts Company. 2015年10月11日閲覧。[リンク切れ]
  148. ^ Jaarlijsten 1995” (Dutch). Stichting Nederlandse Top 40. 2015年5月25日閲覧。
  149. ^ Összesített singles- és válogatáslemez-lista – eladási darabszám alapján - 2016”. Mahasz. 2017年1月14日閲覧。
  150. ^ International Digital Chart” (ko). Gaon Music Chart. 2016年1月15日閲覧。(朝鮮語)
  151. ^ "Ultratop.be – Justin Bieber with Mariah Carey – All I Want for Christmas Is You (SuperFestive!)" (in Dutch). Ultratip. 2015年5月1日閲覧。
  152. ^ "Justin Bieber – Chart history" Canadian Hot 100 for Justin Bieber. 2015年5月1日閲覧。
  153. ^ "Justin Bieber – Chart history" Japan Hot 100 for Justin Bieber. 2015年5月1日閲覧。
  154. ^ "Norwegiancharts.com – Justin Bieber with Mariah Carey – All I Want for Christmas Is You (SuperFestive!)". VG-lista. 2015年5月1日閲覧。
  155. ^ "Spanishcharts.com – Justin Bieber with Mariah Carey – All I Want for Christmas Is You (SuperFestive!)" Canciones Top 50. 2015年5月1日閲覧。
  156. ^ Tobias Zywietz. “Chart Log UK 2011”. zobbel.de. 2015年5月1日閲覧。
  157. ^ "Justin Bieber – Chart history" Billboard Hot 100 for Justin Bieber. 2015年5月1日閲覧。
  158. ^ "Justin Bieber – Chart history" Billboard Adult Contemporary for Justin Bieber. 2015年5月1日閲覧。
  159. ^ Justin Bieber Awards”. AllMusic. 2015年5月1日閲覧。
  160. ^ Ryan, Gavin (2015年12月26日). “ARIA Singles: Justin Bieber 'Love Yourself' Stays No 1”. Noise11. 2015年12月26日閲覧。
  161. ^ "Canadian single certifications – Mariah Carey – All I Want For Christmas Is You". Music Canada. December 13, 2016閲覧. 
  162. ^ Certificeringer – Mariah Carey – 'All I Want For Christmas Is You' Track”. IFPIデンマーク英語版. 2015年5月22日閲覧。
  163. ^ "Gold-/Platin-Datenbank (Mariah Carey; 'All I Want For Christmas Is You')" (German). Bundesverband Musikindustrie. December 13, 2017閲覧. 
  164. ^ "Italian single certifications – Mariah Carey – All I Want for Christmas Is You" (Italian). Federazione Industria Musicale Italiana. May 22, 2015閲覧.  Select Online in the field Sezione. Enter Mariah Carey in the field Filtra. Select 2014 in the field Anno. The certification will load automatically
  165. ^ RIAJ Million List – マライア・キャリー 恋人たちのクリスマス ソニーレコード 1994.10.29”. 日本レコード協会. 2015年12月22日閲覧。
  166. ^ "New Zealand single certifications – Mariah Carey – All I Want for Christmas Is You". Recorded Music NZ. December 11, 2015閲覧. 
  167. ^ Spanish single certifications – Mariah Carey – All I Want for Christmas Is You”. Productores de Música de España. 2015年5月22日閲覧。
  168. ^ "British single certifications – Mariah Carey – All I Want for Christmas Is You". British Phonographic Industry. October 9, 2013閲覧.  Enter All I Want for Christmas Is You in the field Keywords. Select Title in the field Search by. Select single in the field By Format. Select Platinum in the field By Award. Click Search
  169. ^ a b "American single certifications – Mariah Carey – All I Want for Christmas Is You". Recording Industry Association of America. November 25, 2016閲覧.  If necessary, click Advanced, then click Format, then select Single, then click SEARCH
  170. ^ Certificeringer – Mariah Carey – 'All I want For Christmas is You' Streaming”. IFPI Denmark. 2014年10月9日閲覧。
  171. ^ "Spanish single certifications – Mariah Carey – All I Want for Christmas Is You" (PDF) (Spanish). Productores de Música de España.  Select the "Chart", enter 2016 in the field "Year". Select '' in the field "Semana". Click on "Search Charts"
  172. ^ PROMUSICAE: wEEKLY cHARTS from December 15, 2016” (2015年12月26日). 2016年12月15日閲覧。
  173. ^ “Have Yourself a Carey Christmas”. セント・ポール・パイオニア・プレス英語版. (2009年12月18日). http://nl.newsbank.com/nl-search/we/Archives?p_product=PD&s_site=twincities&p_multi=SP&p_theme=realcities&p_action=search&p_maxdocs=200&p_topdoc=1&p_text_direct-0=10CA9C2E810BD668&p_field_direct-0=document_id&p_perpage=10&p_sort=YMD_date:D&s_trackval=GooglePM 2011年8月19日閲覧。 
  174. ^ Samantha mumba - All I Want For Christmas - SamanthaMumbaVEVO͘ - YouTube
  175. ^ Bierly, Mandi (2009年12月17日). “All 'Love Actually' scene-stealer Olivia Olson wants for graduation is a record deal”. Entertainment Weekly's EW.com. http://www.ew.com/article/2009/12/17/love-actually-olivia-olson 2016年12月2日閲覧。 
  176. ^ Johnny Loftus. “A Cheetah-licious Christmas”. AllMusic. 2015年12月23日閲覧。
  177. ^ Färsjö, Therese (2007年11月29日). “Julens hetaste par” (スウェーデン語). Expressen. http://www.expressen.se/noje/julens-hetaste-par/ 2016年12月2日閲覧。 
  178. ^ Hiffmeyer, Paul (2007年11月20日). “Yuletide Cheer”. People. 2001年10月11日閲覧。
  179. ^ Levine, Nick (2007年12月13日). “'X Factor' final songlist revealed”. Digital Spy英語版. Hachette Filipacchi Médias. 2010年11月10日閲覧。
  180. ^ a b Foster, Patrick (2008年12月15日). “X Factor winner Alexandra Burke odds on for Christmas hit”. サンデー・タイムズ. 2010年11月10日閲覧。
  181. ^ Sony Music Online Japan: Suemitsu - The Suemith” (Japanese). ソニー・ミュージックエンタテインメント. 2009年1月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年12月27日閲覧。
  182. ^ Trust, Gary (2010年12月9日). “Weekly Chart Notes: 'Glee' Cast, Katy Perry, Bruno Mars”. Billboard. http://www.billboard.com/articles/columns/chart-beat/949489/weekly-chart-notes-glee-cast-katy-perry-bruno-mars 2016年12月2日閲覧。 
  183. ^ Moore, Rick (2010年11月29日). “Gift Guide: The Best New Christmas Albums « American Songwriter”. American Songwriter. http://americansongwriter.com/2010/11/gift-guide-the-best-new-christmas-albums/ 2016年12月2日閲覧。 
  184. ^ Rice, Lynette (2010年11月20日). “'Big Time Rush' First Look: Snoop Dogg brings some holiday cheer to the Nickelodeon show”. Entertainment Weekly's EW.com. http://www.ew.com/article/2010/11/20/big-time-rush-snoop-first-look 2016年12月2日閲覧。 
  185. ^ Byrd, Stephanie (2012年10月22日). “Lady Antebellum spreads holiday cheer”. Daily Trojan. http://dailytrojan.com/2012/10/22/lady-antebellum-spreads-holiday-cheer/ 2016年12月2日閲覧。 
  186. ^ Trust, Gary (2010年12月9日). “Weekly Chart Notes: 'Glee' Cast, Katy Perry, Bruno Mars”. Billboard. 2017年12月17日閲覧。
  187. ^ All I Want For Christmas - Album - Various Artists”. iTunes Store. 2010年12月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年12月24日閲覧。
  188. ^ Believin'...”. レコチョク. 2010年11月24日閲覧。
  189. ^ Christmas! A Newsboys Holiday”. Amazon.com. 2010年10月8日閲覧。
  190. ^ NOTA - All I Want For Christmas Is You - NotaVEVO - YouTube 2017年12月17日閲覧。
  191. ^ Merry Flippin' Christmas, Vol. 1 and 2”. itunes.apple.com. 2011年11月8日閲覧。
  192. ^ Gallo, Phil (2011年8月1日). “Michael Buble Christmas Special Coming to NBC”. Billboard. 2011年8月25日閲覧。
  193. ^ Phares, Heather. “Review - Glee: The Music, The Christmas Album, Vol. 2”. allmusic. 2011年12月13日閲覧。
  194. ^ All I Want for Christmas Is You”. Amazon.com. 2012年12月15日閲覧。
  195. ^ Demi Lovato Covers 'All I Want For Christmas Is You' At ‘Christmas In Washington’ Concert”. アイドレーター英語版 (2012年12月23日). 2015年12月21日閲覧。
  196. ^ Ariana Grande - "All I Want For Christmas Is You" [Mariah Carey cover] (Live in L.A. 11-10-12). YouTube.. (2012年11月11日). https://www.youtube.com/watch?v=1HGetdu0XPc 2015年12月23日閲覧。 
  197. ^ Dornbush, Jonathon (2014年12月5日). “Mariah or Ariana: Who sings 'All I Want for Christmas' better?”. エンターテインメント・ウィークリー. 2017年12月17日閲覧。
  198. ^ Sia, Nicole (2012年11月26日). “Let Cee Lo Green's Muppets Christmas Video Thaw Your Cold, Cold Heart | SPIN”. Spin. http://www.spin.com/2012/11/let-cee-lo-greens-muppets-christmas-video-thaw-your-cold-cold-heart/ 2016年12月2日閲覧。 
  199. ^ All I Want for Christmas Is You”. Amazon.com. 2012年11月27日閲覧。
  200. ^ Atomic Tom - All I Want For Christmas Is You (Mariah Carey Cover). YouTube.. (2013年12月18日). https://www.youtube.com/watch?v=f50MhLGRLIw 2015年12月23日閲覧。 
  201. ^ Melodia 2 Ayahi Takagaki CD Album”. CDJapan. 2017年3月28日閲覧。
  202. ^ Park Bom and Lee Hi Release Pretty But Creepy “All I Want for Christmas Is You” MV”. 2017年11月2日閲覧。
  203. ^ Theelectricalfire.bandcamp.com”. 2013年12月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月9日閲覧。
  204. ^ Paula arenas - all i want fior christmas is you. (2016年12月15日). https://www.youtube.com/watch?v=YYe-T4dn6pA 
  205. ^ 西野カナ 7変化で1万2000人魅了”. デイリースポーツ (2013年12月14日). 2017年12月17日閲覧。
  206. ^ BT Fasmer. “New Age Music Guide”. New Age Music Guide. 2015年12月23日閲覧。
  207. ^ Epic Records (2014年11月11日). “Epic Records Caps Banner Year With The Release Of First Holiday EP... -- NEW YORK, Nov. 11, 2014 /PRNewswire/ --”. 2015年12月23日閲覧。
  208. ^ Fifth Harmony - All I Want for Christmas Is You - YouTube2017年12月17日閲覧。
  209. ^ The MccLymonts Forever Begins Tonight tour”. 2016年1月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月23日閲覧。
  210. ^ Feeney, Nolan (2014年10月14日). “Idina Menzel: It's Too Early for Christmas Music”. TIME.com. http://time.com/3503348/idina-menzel-christmas-album/ 2016年12月2日閲覧。 
  211. ^ All I Want for Christmas Is You”. Amazon.com. 2014年11月12日閲覧。
  212. ^ Exclusive: Hear Mariah Carey's 'All I Want for Christmas Is You' in 20 Different Styles”. Billboard Music (2014年12月2日). 2017年9月15日閲覧。
  213. ^ Hear “All I Want For Christmas Is You” in Almost Every Style You Can Imagine”. Slate Holdings Group, LLC (2014年12月3日). 2017年9月15日閲覧。
  214. ^ All I Want for Christmas Is You”. Amazon.com. 2015年12月8日閲覧。
  215. ^ "All I Want For Christmas Is You" MUSIC VIDEO - Steve Grand. YouTube.. (2015年12月21日). https://www.youtube.com/watch?v=Qlpnt-6HQZo 2015年12月23日閲覧。 
  216. ^ All I Want for Christmas Is You”. Amazon.com. 2015年12月6日閲覧。
  217. ^ “Mumford And Sons Join Kylie Minogue For A Mariah Carey Christmas Cover”. baeblemusic.com. (2015年12月9日). http://www.baeblemusic.com/musicblog/12-9-2015/mumford-and-sons-join-kylie-minogue-for-a-mariah-carey-christmas-cover.html 2016年1月3日閲覧。 
  218. ^ All I Want for Christmas Is You”. Amazon.com. 2016年6月10日閲覧。
  219. ^ All I Want for Christmas Is You”. Amazon.com. 2015年11月19日閲覧。
  220. ^ X Factor semi final: Is Saara Aalto's All I Want For Christmas is You song of the night?. UnrealityTV.. (2012年11月11日). http://www.unrealitytv.co.uk/x-factor/x-factor-semi-final-saara-aaltos-i-want-christmas-song-night-video/ 2016年12月3日閲覧。 
  221. ^ [내 손안에 쥬크박스 쥬스TV] 우주소녀 - all i want for christmas is you #55. (2015年12月21日). https://www.youtube.com/watch?v=7hf-gDOBezc 
  222. ^ All I Want for Christmas Is You”. Amazon.com. 2016年11月21日閲覧。
  223. ^ Christmas Party”. Amazon.com. 2016年10月28日閲覧。
  224. ^ I'll Have Another...Christmas Album”. Amazon.com. 2016年10月16日閲覧。
  225. ^ Friend, David (2012年10月22日). “Indie rockers the Darcys change face, record Mariah Carey Christmas cover”. CTV News. http://www.ctvnews.ca/entertainment/indie-rockers-the-darcys-change-face-record-mariah-carey-christmas-cover-1.3189907 2016年12月5日閲覧。 
  226. ^ All I Want for Christmas Is You”. Bandcamp.com. 2016年12月9日閲覧。
  227. ^ Finally, It's Christmas”. Amazon (2017年10月27日). 2017年12月6日閲覧。
  228. ^ Lindsey Stirling: Warmer In The Winter”. 2017年12月6日閲覧。
  229. ^ Sing meinen Song – Das Weihnachtskonzert”. Amazon.com. 2017年11月25日閲覧。
  230. ^ All I Want For Christmas Is You - Charity Single - Mariah Carey - Out of the Blue - YouTube 2017年12月17日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]