青い影

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
青い影
プロコル・ハルムシングル
初出アルバム『青い影 (アルバム)英語版
B面 ライム・ストリート・ブルース
リリース
規格 7インチ・シングル
録音 ロンドンオリンピック・スタジオ
ジャンル プログレッシブ・ロックサイケデリック・ロック
時間
レーベル デラム・レコード
作詞・作曲 キース・リード英語版ゲイリー・ブルッカーマシュー・フィッシャー
プロデュース デニー・コーデル
チャート最高順位
  • 1位(イギリス[2]、オランダ[3]
  • 3位(ノルウェー[4]
  • 4位(オーストリア[5]
  • 5位(アメリカ[6]
プロコル・ハルム シングル 年表
青い影
(1967年)
ホンバーグ
(1967年)
テンプレートを表示

青い影」(あおいかげ、原題:A Whiter Shade of Pale)は、イギリスロック・バンドプロコル・ハルムが1967年に発表したデビュー曲。

ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500(2010年版)では57位にランクされている[7]。イギリスのBBCラジオ22009年に発表した「過去75年UKで最もプレイされた曲トップ10」では第1位に選ばれている[8]

概要[編集]

ゲイリー・ブルッカー作曲キース・リード英語版作詞を手掛けているが、後述の通り、クレジットをめぐって法廷闘争が繰り広げられた。

マシュー・フィッシャーオルガンによる荘重な)イントロダクションは、バッハの『管弦楽組曲第3番「G線上のアリア」』からの引用とされる[9]1988年日産自動車から発売されたS13型シルビアのCMソングに使用された[10]のを始め、多くのCMやTVドラマなどで使用されている。

1967年5月12日に発売され[1]、2週間で40万枚近くを売り上げた。イギリスのヒットチャートで6週連続1位を獲得。アメリカで5位を獲得するなど、全世界でヒットを記録した。だが、当時発売のファースト・アルバムには収録されていなかった。その後の再発盤などでは収録されている。この曲ができた当時はマルチトラックも発達し、ステレオ録音は一般的に行われていたが、この曲はあえてモノラル風の作りになっている。

なお、邦題は「青い影」となっているが、原題の「shade」は「影」ではなく「色合い、色調」という意味であり、原題を訳すと「蒼白な」「白に近い色調」といった意味になる。

音楽シーンへの影響[編集]

生前のジョン・レノンも、この曲をお気に入りのひとつとして挙げており「人生でベスト3に入る曲」と語り、発表当時の1967年には「今の音楽業界で、この曲以外は聴く価値がない」と発言していた[11]

日本のポピュラー・ミュージシャンにも影響を与え、松任谷由実はこの曲をきっかけに音楽を自作するようになる。山下達郎も当時ラジオでこの曲を聴き、すぐにレコードを購入し、その日のうちに100回は聴いたという。

プロモーション・フィルム[編集]

撮影地のウィットリー・コートの遺跡。(1937年に一部が火災で全焼)

最初の「青い影」のプロモーション・クリップは、イングランド・ウスターシャー州ウィットリー・コート英語版遺跡で撮影された[12]。ヒットシングルで演奏した5人のミュージシャンのうちの4人、ゲイリー・ブルッカー、マシュー・フィッシャー、デイヴィッド・ナイツレイ・ロイヤーが出演し、演奏と遺跡を歩いて回っている。ドラマーだけがビデオの記録に残っていない。初期のバンドメンバー、ボビー・ハリソンはスタジオ・ミュージシャンのビル・エイデンのドラムを彷彿させる。このフィルムは、ベトナム戦争ニュース映画の映像を挿入したピーター・クリフトン英語版監督が指揮し、BBCのテレビ番組「トップ・オブ・ザ・ポップス」で放送禁止となった[13][14]

プロコル・ハルムはその後、「Scopitone英語版」技術を使用して、もう一つのプロモーション・クリップを制作した。このフィルムには演奏シーンはなく、野外でのシーンのみである[15]。この時点で、ロビン・トロワーB.J.ウィルソン英語版はバンドのロイヤーとハリソンを入れ替えたので、5人のミュージシャンのうち3人だけが録音に参加している。2004年にリリースされた「トップ・オブ・ザ・ポップス40周年記念1964-2004」のDVDでは、この曲は1967年を代表している。

ジョエル・ガレン英語版のDeja-View・ミュージックビデオシリーズの一部として撮影されたフィルムもある[16]。元々、1985年後半から1986年にかけて様々なネットワーク上で放送されていたこのビデオはハリー・ディーン・スタントンバーニー・トゥパン英語版が出演しているが、バンドのメンバーは取り上げられていない。VH1クラシック英語版で放映され、最近はオンラインで登場している。

「青い影」を巡る裁判[編集]

2005年マシュー・フィッシャーが「青い影」の著作権を巡ってゲイリーとキースを相手に訴訟を起こした[17]。 フィッシャーは「オルガン・ソロを書いただけでなく、ゲイリー・ブルッカーによるオリジナルのコードに重要な改変を加え、2分36秒間に渡り、オルガンで貢献している」と主張し、この曲の作曲者としての印税をメンバーに要求した。一方、ブルッカーは「『青い影』はフィッシャーがプロコル・ハルムに加入する前に作られていて、フィッシャーはアレンジしただけだ」と主張している。2006年12月20日(現地時間)、高等法院はフィッシャーの訴えを原則として認め、40パーセントの著作権を認める判決を言い渡した[18]。ブルッカーは判決を不服として控訴した。

2008年4月3日控訴院は2006年の判決を一部覆し、「青い影」におけるマシューの作曲者としてのクレジットを認めつつも、それに伴う印税は一切フィッシャーには入らないとした[19]。だが、2009年7月30日貴族院は2008年の控訴審の判決を覆し、フィッシャーの言い分を認める最終判決を下した[20][21]。これによって長期間に渡る法廷闘争に終止符が打たれた。

カバー・バージョン[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 45cat - Procol Harum - A Whiter Shade Of Pale / Lime Street Blues - Deram - UK - DM 126
  2. ^ ChartArchive - Procol Harum
  3. ^ dutchcharts.nl - Procol Harum - A Whiter Shade Of Pale
  4. ^ norwegiancharts.com - Procol Harum - A Whiter Shade Of Pale
  5. ^ Procol Harum - A Whiter Shade Of Pale - austriancharts.at
  6. ^ Procol Harum - Procol Harum | AllMusic - Awards - Billboard Singles
  7. ^ Procol Harum, 'Whiter Shade of Pale' | 500 Greatest Songs of All Time | Rolling Stone
  8. ^ 過去75年、UKで最もプレイされた曲トップ10(BARKS)
  9. ^ かまち 1998, p. 27.
  10. ^ 日産ミュージアム シルビア 主なCM曲
  11. ^ プロコル・ハルムの名曲「青い影」にまつわるいくつかの逸話 TAP the POP(2017年5月12日付)
  12. ^ Hereford and Worcester - Places - Witley court”. BBC (2008年7月14日). 2018年7月2日閲覧。
  13. ^ Robinson, Alan (November–December 2009). “Procol Harum”. Shindig!. 
  14. ^ PROCOL HARUM - A Whiter Shade Of Pale - promo film #1(Official Video)
  15. ^ PROCOL HARUM - A Whiter Shade Of Pale - promo film #2(Official Video)
  16. ^ Noel Holston (1985年12月12日). “Deja View Looks Into The '60s”. Orlando Sentinel. 2018年7月2日閲覧。
  17. ^ A Whiter Shade of Pale authorship lawsuit”. 2018年6月10日閲覧。
  18. ^ BBC NEWS | Entertainment | Organist wins Procol Harum battle
  19. ^ Judgment in the AWSoP lawsuit appeal, 4 April 2008”. Procolharum.com. 2018年6月10日閲覧。
  20. ^ “Victory for Whiter Shade organist”. BBC. (2009年7月30日). オリジナル2009年7月31日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090731222200/http://news.bbc.co.uk/1/hi/entertainment/8176352.stm 2018年6月10日閲覧。 
  21. ^ Judgments – Fisher (Original Respondent and Cross-appellant) v Brooker and others (Original Appellants and Cross-respondents)” (2009年7月30日). 2018年6月10日閲覧。
  22. ^ King Curtis & The Kingpins - A Whiter Shade Of Pale / I Heard It Thru The Grapevine (Vinyl) at Discogs

参考文献[編集]

  • かまち潤 『これがリヴァプール・サウンドだ!』 小学館、1998年12月1日ISBN 4-09-440803-7 


先代:
ザ・トレメローズ
「サイレンス・イズ・ゴールデン」
全英シングルチャート 1位
1967年6月8日 - 7月12日(6週)
次代:
ビートルズ
愛こそはすべて