青い影

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
青い影
プロコル・ハルムシングル
B面 ライム・ストリート・ブルース
リリース
規格 7インチ・シングル
録音 ロンドンオリンピック・スタジオ
ジャンル プログレッシブ・ロックサイケデリック・ロック
時間
レーベル デラム・レコード
作詞・作曲 キース・リードゲイリー・ブルッカーマシュー・フィッシャー
プロデュース デニー・コーデル
チャート最高順位
プロコル・ハルム シングル 年表
青い影
(1967年)
ホンバーグ
(1967年)
テンプレートを表示

青い影」(あおいかげ、原題:A Whiter Shade of Pale)は、イギリスロック・バンドプロコル・ハルムが1967年に発表したデビュー曲。

全英シングルチャートで6週連続で1位を記録した。ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500(2010年版)では57位にランクされた[7]。イギリスのBBCラジオ22009年に発表した「過去75年UKで最もプレイされた曲トップ10」では第1位に選ばれている[8]

概要[編集]

キース・リード作詞し、ゲイリー・ブルッカー作曲した。しかし、後述のとおり法廷闘争が繰り広げられ、現在は当時のメンバーのマシュー・フィッシャーも作曲者としてクレジットされている。

フィッシャーのオルガンによるイントロダクションと、バッハの『管弦楽組曲第3番「G線上のアリア」』との近似性はこれまでにたびたび指摘されている[9]パーシー・スレッジの「男が女を愛する時」(1966年)の影響を受けているとも言われている[10]

レコーディングは1967年4月、ロンドンオリンピック・スタジオで行われた。当時、プロコル・ハルムにはまだ固定されたドラマーがいなかったため、ジャズ・ドラマーのビル・エイデンがセッションに参加した。2テイクで録音は終了し、オーバーダビングは一切されなかった[11]ハ長調の楽曲である[12]。数日後、グループはボビー・ハリソンを新しくドラマーとして迎え入れ、アドヴィジョン・スタジオで再びレコーディングに取り組むが、このときのテイクは結局採用されなかった。「青い影」のほかに「ライム・ストリート・ブルース」が録音された[13]

際立って聞こえるシンバルの音のせいで、プロデューサーのデニー・コーデルはラジオでかけたときに問題になるかもしれないと考えた。そのためアセテート盤を密かに海賊放送ラジオ・ロンドンに送った。ディスクジョッキーは曲をかけながら「これはとてつもないヒットになるだろう」と言い、コーデルを安心させた[14]。リスナーは熱狂し、ラジオ・ロンドンはデラム・レコードに早くシングルを出すよう働きかけた[15]

1967年5月12日、シングルA面として発売[1]。B面は「ライム・ストリート・ブルース」[16]。2週間で40万枚近くを売り上げた。全英シングルチャートで6週連続1位を記録。同年7月29日から8月5日にかけてビルボード・Hot 100で2週連続5位を記録した[3][4]。そのほか、西ドイツ、フランス、イタリア、オランダ、アイルランド、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、南アフリカにおいて1位を記録した。

同年9月、米国でファースト・アルバム『Procol Harum』が発売される。「青い影」は米国盤には収録されたが、それより3か月後の12月に発売されたイギリス盤には収録されなかった。シングルB面「ライム・ストリート・ブルース」は結局どのオリジナル・アルバムにも収録されなかった(2015年発売のファースト・アルバムのデラックス・エディションには収録された)。

なお、邦題は「青い影」となっているが、原題の「shade」は「影」ではなく「色合い、色調」という意味であり、原題を訳すと「蒼白な」「白に近い色調」といった意味になる。

演奏者[編集]

プロモーション・フィルム[編集]

撮影地のウィットリー・コートの遺跡。(1937年に一部が火災で全焼)

最初の「青い影」のプロモーション・クリップは、イングランド・ウスターシャー州ウィットリー・コート英語版遺跡で撮影された[18]。ヒットシングルで演奏した5人のミュージシャンのうちの4人、ゲイリー・ブルッカー、マシュー・フィッシャー、デイヴィッド・ナイツレイ・ロイヤーが出演し、演奏と遺跡を歩いて回っている。ドラマーだけがビデオの記録に残っていない。初期のバンドメンバー、ボビー・ハリソンはスタジオ・ミュージシャンのビル・エイデンのドラムを彷彿させる。このフィルムは、ベトナム戦争ニュース映画の映像を挿入したピーター・クリフトン英語版監督が指揮し、BBCのテレビ番組「トップ・オブ・ザ・ポップス」で放送禁止となった[19][20]

プロコル・ハルムはその後、「Scopitone英語版」技術を使用して、もう一つのプロモーション・クリップを制作した。このフィルムには演奏シーンはなく、野外でのシーンのみである[21]。この時点で、ロビン・トロワーB.J.ウィルソン英語版はバンドのロイヤーとハリソンを入れ替えたので、5人のミュージシャンのうち3人だけが録音に参加している。2004年にリリースされた「トップ・オブ・ザ・ポップス40周年記念1964-2004」のDVDでは、この曲は1967年を代表している。

ジョエル・ガレン英語版のDeja-View・ミュージックビデオシリーズの一部として撮影されたフィルムもある[22]。元々、1985年後半から1986年にかけて様々なネットワーク上で放送されていたこのビデオはハリー・ディーン・スタントンバーニー・トゥパン英語版が出演しているが、バンドのメンバーは取り上げられていない。VH1クラシック英語版で放映され、最近はオンラインで登場している。

「青い影」を巡る裁判[編集]

2005年マシュー・フィッシャーが「青い影」の著作権を巡ってゲイリーとキースを相手に訴訟を起こした[23]。 フィッシャーは「オルガン・ソロを書いただけでなく、ゲイリー・ブルッカーによるオリジナルのコードに重要な改変を加え、2分36秒間に渡り、オルガンで貢献している」と主張し、この曲の作曲者としての印税をメンバーに要求した。一方、ブルッカーは「『青い影』はフィッシャーがプロコル・ハルムに加入する前に作られていて、フィッシャーはアレンジしただけだ」と主張している。2006年12月20日(現地時間)、高等法院はフィッシャーの訴えを原則として認め、40パーセントの著作権を認める判決を言い渡した[24]。ブルッカーは判決を不服として控訴した。

2008年4月3日控訴院は2006年の判決を一部覆し、「青い影」におけるマシューの作曲者としてのクレジットを認めつつも、それに伴う印税は一切フィッシャーには入らないとした[25]。だが、2009年7月30日貴族院は2008年の控訴審の判決を覆し、フィッシャーの言い分を認める最終判決を下した[26][27]。これによって長期間に渡る法廷闘争に終止符が打たれた。

カバー・バージョン[編集]

青い影
アニー・レノックスシングル
初出アルバム『メドゥーサ
B面 ヘブン
リリース
時間
レーベル アリスタ・レコード
作詞・作曲 Keith Reidゲイリー・ブルッカーマシュー・フィッシャー
プロデュース Stephen Lipson
チャート最高順位
アニー・レノックス シングル 年表
ノー・モア “アイ・ラヴ・ユーズ”
(1995年)
青い影
(1995年)
ウェイティング・イン・ヴェイン
(1995年)
テンプレートを表示

備考[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 45cat - Procol Harum - A Whiter Shade Of Pale / Lime Street Blues - Deram - UK - DM 126
  2. ^ ChartArchive - Procol Harum
  3. ^ a b The Hot 100 - Week of July 29, 1967”. Billboard. 2022年4月21日閲覧。
  4. ^ a b The Hot 100 - Week of August 5, 1967”. Billboard. 2022年4月21日閲覧。
  5. ^ “Hits of the World”. Billboard: 63. (30 September 1967). https://books.google.com/books?id=WygEAAAAMBAJ&dq=a+whiter+shade+of+pale+procol+germany++billboard&pg=PA63 2022年3月24日閲覧。. 
  6. ^ dutchcharts.nl - Procol Harum - A Whiter Shade Of Pale
  7. ^ Procol Harum, 'Whiter Shade of Pale' | 500 Greatest Songs of All Time | Rolling Stone
  8. ^ 過去75年、UKで最もプレイされた曲トップ10(BARKS)
  9. ^ Maconie, Stuart (2014). The People's Songs: The Story of Modern Britain in 50 Records. Ebury Press. p. 82. ISBN 978-0091933807. https://books.google.com/books?id=_q4rAwAAQBAJ&pg=PA82 
  10. ^ Holm-Hudson, Kevin (2008). Genesis and The Lamb Lies Down on Broadway. Ashgate Publishing. p. 78. ISBN 978-0-7546-6147-4. https://books.google.com/books?id=CpfMOEIZag4C&q=A+Whiter+Shade+of+Pale+when+a+man+loves+a+woman&pg=PA77 2009年12月8日閲覧。 
  11. ^ Johansen 2000, p. 68.
  12. ^ A Whiter Shade of Pale”. Musicnotes.com (2009年9月14日). 2021年6月2日閲覧。
  13. ^ Johansen 2000, p. 68–69.
  14. ^ Johansen 2000, p. 70.
  15. ^ Gray, Marcus (2017年6月8日). “Procol Harum: The ultimate tale of A Whiter Shade of Pale”. Loudersound. 2022年3月14日閲覧。
  16. ^ Procol Harum - Topic. “Lime Street Blues (2009 Remaster - Mono)”. YouTube. 2022年4月28日閲覧。
  17. ^ You’ve Turned A Whiter Shade Of Pale!”. This Day In Music. 2022年4月28日閲覧。
  18. ^ Hereford and Worcester - Places - Witley court”. BBC (2008年7月14日). 2018年7月2日閲覧。
  19. ^ Robinson, Alan (November–December 2009). “Procol Harum”. Shindig!. 
  20. ^ PROCOL HARUM - A Whiter Shade Of Pale - promo film #1(Official Video)
  21. ^ PROCOL HARUM - A Whiter Shade Of Pale - promo film #2(Official Video)
  22. ^ Noel Holston (1985年12月12日). “Deja View Looks Into The '60s”. Orlando Sentinel. 2018年7月2日閲覧。
  23. ^ A Whiter Shade of Pale authorship lawsuit”. 2018年6月10日閲覧。
  24. ^ BBC NEWS | Entertainment | Organist wins Procol Harum battle
  25. ^ Judgment in the AWSoP lawsuit appeal, 4 April 2008”. Procolharum.com. 2018年6月10日閲覧。
  26. ^ “Victory for Whiter Shade organist”. BBC. (2009年7月30日). オリジナルの2009年7月31日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090731222200/http://news.bbc.co.uk/1/hi/entertainment/8176352.stm 2018年6月10日閲覧。 
  27. ^ Judgments – Fisher (Original Respondent and Cross-appellant) v Brooker and others (Original Appellants and Cross-respondents)” (2009年7月30日). 2018年6月10日閲覧。
  28. ^ King Curtis & The Kingpins - A Whiter Shade Of Pale / I Heard It Thru The Grapevine (Vinyl) at Discogs
  29. ^ 日産ミュージアム シルビア 主なCM曲
  30. ^ 「CM音楽から消えた『時代の音』」『朝日新聞』1988年10月29日東京夕刊、7頁。
  31. ^ プロコル・ハルムの名曲「青い影」にまつわるいくつかの逸話 TAP the POP(2017年5月12日付)

参考文献[編集]

先代
ザ・トレメローズ
「サイレンス・イズ・ゴールデン」
全英シングルチャート 1位
1967年6月8日 - 7月12日(6週)
次代
ビートルズ
愛こそはすべて