中尾ミエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中尾 ミエ
出生名 中尾 美禰子
生誕 (1946-06-06) 1946年6月6日(76歳)
出身地 日本の旗 日本福岡県小倉市
学歴 精華学園女子高校中退
ジャンル 和製ポップス歌謡曲
職業 歌手女優
担当楽器
活動期間 1961年 -
事務所 ワタナベエンターテインメント
公式サイト 中尾ミエ オフィシャルサイト

中尾 ミエ(なかお ミエ、1946年6月6日 - )は、日本の女性歌手女優。本名は中尾 美禰子(なかお みねこ)。福岡県小倉市(現:北九州市小倉北区)出身。身長156cm。名前は中尾ミヱと表記されていた時期もある。

人物・来歴[編集]

6人兄弟。実家は書店を経営していた。

父親が事業に失敗し、1958年に一家で上京[1]、以降は千葉県市川市で育った[1]福岡学芸大学附属小倉小学校を経て[1]市川市立真間小学校に転校[1]精華学園中学校時代に東宝の募集に行くが、背が小さいからダメと渡辺プロダクションを紹介される[1]。すぐには契約してもらえず[1]、毎日通って粘り、平岡精二バンドに預けられ[1]代々木のキャンプなどで歌う[1]。当時はスタンダード・ナンバーを歌っていた。

1961年に渡辺プロと契約。園まり伊東ゆかりらとスパーク3人娘を結成。ザ・ピーナッツの後継として期待され、クレージーキャッツ主演の『シャボン玉ホリデー』などに出演し、一時代を築く。確かな歌唱力で、人気を博し、アメリカンポップス系を得意とする。

16歳にしてリリースした『可愛いベイビー』が大ヒットし、一躍スターの座に。20歳の若さで都内に一軒家を購入して両親へプレゼントした。その後、25歳になると両親の家の隣へ中尾の自宅を建てて現在もその場所で生活しており、後に自宅の隣には自己所有のアパートを建てて経営しており、大家でもある。

気の強さと歯に衣着せぬ物言いが好評で、本業以外にも『ミエと良子のおしゃべり泥棒』など、トーク番組の司会を数多く務め、美川憲一に「和田アキ子と口喧嘩すれば中尾が勝つ」と言わしめる程であった。『新春かくし芸大会』では和田と毒舌漫才を演じ、前川清がどつかれ専門で出演するという演目を演じたこともある。和田のことは『5時に夢中!』内などで「何でみんな和田アキ子を怖がるの?(笑)」と語っているが、和田もデビュー当時、ある先輩から酷いいじめにあっていたときに「先輩のミエちゃんといしだあゆみちゃんにはかばってもらったり助けてもらった」と度々語っており、和田も中尾やいしだに対して今でも頭が上がらずにいる。なお、この3人は2017年に『ボクらの時代』で共演しており、2018年には中尾と和田のコンビで『徹子の部屋』にも出演している。

また「梓みちよとはデビュー当時、下宿先でもあった渡辺晋社長の自宅で取っ組み合いのケンカを、よくしていた」と語ったことがある(梓自身も「当時から中尾とは仲は良くなかったが、互いに良きライバルでもあり歌手としての実力や才能を認めている」と語っている)。伊東や園が毎回2人のケンカの仲裁に入っていたという。その梓が、2020年1月29日に逝去した報道の後、中尾は「びっくりしました。私の天敵と言われたみちよちゃんですが、いなくなるとやはりさみしいですね」と追悼コメントを発表している。

70代の現在も女優として映画やドラマに多数出演しているが、各種トーク番組へのゲスト出演も多く、歌番組・バラエティ・トーク・ドラマと幅広く活躍している。また、園や伊東とスパーク3人娘を再結成し、全国コンサートやディナーショー、チャリティー活動などを行っているが、一個人としても地域と絡んだ社会活動に参画している。

現在も毒舌は健在であるが、初期イメージはキュートな清純派で、回顧ビデオや映画ソフトの流通などにより、そうした側面も改めて流布するようになってきている。『徹子の部屋』の木原光知子追悼特集時には親友として出演した。黒柳徹子とはデビュー当時から親交があり『徹子の部屋』番組開始当時から定期的にゲスト出演しており、後輩の和田アキ子と一緒に出演経験もある。渡辺プロの先輩でもあったザ・ピーナッツの伊藤エミとは引退後もプライベートでの親交は深く、逝去後には伊藤との思い出話等のコメントに応じた。

深夜番組の大ファン。

2017年8月には、以前から週刊誌等で噂になっていた自宅で50年の長き間に渡って同居しているパートナーの存在を初めて公にインタビューで語った。

2019年9月18日に、28年ぶりに古巣の後身事務所ワタナベエンターテインメントに復帰[2]。同月には『週刊現代』の企画で73歳にして「最初で最後」としてグラビア姿を公開した。

音楽[編集]

シングル[編集]

  1. 可愛いベイビー/ダンスへおいで(1962年4月)(コニー・フランシスの “Pretty Little Baby” のカヴァー)
    競作。中でも中尾ミエ盤は1962年6月にミュージック・ライフの東京での邦楽売上ランキング1位を記録し、最終的に100万枚を売り上げる大ヒットとなった。今日では曲名は一般的に「可愛いベイビー」と表記されるが、発売当初は「可愛いいベビー」と表記されていた。
  2. ネクタイピンとカフスボタン/アッ・ハァー(1962年6月、PV-11)
  3. シャネルデート/ジムダンディ(1962年9月、PV-22)
  4. ジングルベル/ホワイト・クリスマス(1962年10月、PV-25)
  5. 涙のジューク・ボックス/許して欲しいの(1962年11月、PV-28)
  6. いちごの片想い/可愛いおばかさん(1963年2月、PV-33)
  7. テル・ヒム/月夜にボサノバ(1963年5月)(月夜にボサノバ:“Fly Me to the Moon” のカヴァー)
  8. おじさまとデイト/雨の中のくちづけ(1963年5月、PV-37)
  9. 涙のバースディ・パーティラブ・ユー・ラブ・ユー・ラブ・ユー(1963年8月、PV-47)
  10. 夢の風船旅行(1963年9月、VS-1103)※フランク永井「逢いたくて」のB面
  11. バイ・バイ・バーディー/内気な17才(1963年10月、PV-54)(アン・マーグレットの “Bye Bye Birdie” のカヴァー)
    1963年の『第14回NHK紅白歌合戦』で「キューティ・パイ・メドレー」の1曲として歌唱。
  12. おんなのこだもん/聞いちゃった!歌っちゃった!泣いちゃった!(1964年1月、VS-1188)
  13. 恋と涙の17才/さよなら初恋(1964年4月、SPV-5)
  14. カサノバ・キッス/キス・ミー・クィック(1964年6月、SPV-11)
  15. ウィッシング・ウエル/ハロー・ドーリー! ※B面はキャロル・チャニングのカヴァー。(1964年7月、SPV-16)
  16. マイボーイ・ロリポップ英語版フランス語版/私がわるいのよ(1964年9月、SPV-22)
  17. からかわないで/ローズ・マリー(1964年10月、SPV-19)
  18. ぼくらの手きみの手みんなの手(1964年11月)※B面はデューク・エイセス「タンタタこうしんきょく」
  19. ピザ・パイ/メイ・ビー・アイ・ノー(1964年12月、SPV-29)
  20. アイドルを探せ/恋のセーラー・ガール(1965年1月、SPV-34)(シルヴィ・ヴァルタンの “La Plus Belle Pour Aller Dancer” のカヴァー)
  21. わたしを愛して/あこがれはいつも心に(1965年4月)
  22. 明日も逢おうよ/ドレミばやし(1965年6月)
  23. 夢みるシャンソン人形/恋はおとなしく(1965年10月、SPV-52)(フランス・ギャルの “Poupée de Cire, Poupée de Son” のカヴァー・弘田三枝子との競作)
  24. 淋しいから/忘れさせて(1965年12月)
  25. 涙のシャンソン日記/乙女の涙(1966年2月)(フランス・ギャルAttends ou va t'enのカヴァー)
  26. 哀愁のカレリアチム・チム・チェリー(1966年2月)
  27. いつも青空/乙女の願い(1966年4月)
  28. GO!GO!レンタカー/渚のドライブ(1966年5月、SV-389)※A面は田辺靖雄とデュエット
  29. すてきな王子様/恋のプロフィル(1966年8月)(フランス・ギャルUn prince charmantのカヴァー)
  30. ハロー・プティト・フィーユ〜こんにちはマドモアゼル〜この胸のときめきを(1966年11月、SPV-77)(シェイラHello Petite Filleのカヴァー)[3]
  31. 恋はうそつき/夜よ行かないで(1967年8月、SV-1003)
  32. 花のさだめ/あなたはいない(1968年1月、SV-1009)
  33. 恋のシャロック/シャロックNo.1(1968年7月、SV-1020)
  34. 淋しそうなあなた/頬寄せて(1968年11月、SV-1031)
  35. いくつもいくつも目をとじて/夜明けの渚(1969年3月、SV-1038)
  36. 忘れられた坊や/うわさの二人(1969年8月、SV-1051)
  37. さすらいの町/夕陽が眼にしみる(1969年12月、SV-1065)
  38. ひとり芝居/悲しみに別れて(1970年5月、SV-1073)
  39. 男の酒場/ブルースを唄う女(1970年9月、SV-1085)
  40. 芝居は終わった/はじめて感じたの(1971年3月)
  41. 片想い/それが何になる(1971年11月、SV-1108)(槇みちるのカヴァー)
  42. 心の扉をあなたのために/愛は哀しく(1972年6月、SV-1116)
  43. 魅惑/悲しみの住む部屋(1972年11月)
  44. 駐車場(パーキング)/白い桟橋(1973年4月、SV-1135)
  45. レイン・レイン/夏のある日(1973年8月、SV-1152)
  46. インスピレーション/恋はマジック(1973年12月)
  47. 片想い/駐車場(パーキング)(1977年6月、SV-6230)再発盤
  48. 淋しいから/ただそれだけ(1978年2月、SV-1152)
  49. 淋しいから/おまえさん(1978年、SV-6365)
  50. カーテン・コール/いつも誰かを愛していた(1979年2月、SV-6547)
  51. 帰って来た女/愛に抱かれて(1980年1月、SV-6679)
  52. 風の中で/いつも心にある歌は(1981年11月、SV-7178)
  53. 野暮/ラストシーン(1988年1月28日、AY07-86)
  54. 帰らぬメモリー/オバタリアン・レボリューション'89(1989年10月1日、TD-1254)
  55. 三つの自画像

アルバム[編集]

  1. 抒情詩 遠い日の歌 こども風土記(1962年10月)オムニバス盤
  2. ヒットソング集(1962年12月)⇒CD化済
  3. 中尾ミエと恋のバカンス(1963年11月)
  4. 中尾ミエ ステレオ・ハイライト(1964年5月)
  5. 中尾ミエ ニュー・ヒット・キット(1964年10月)
  6. 夢みるシャンソン人形(1966年3月)
  7. まり・ミエ・ゆかりの大作戦(1970年)アポロン8トラック・テープで発売、1970年3月9日 三人娘共演ライブ盤 ⇒CD済
  8. さすらい演歌(1970年10月)
  9. 天草と海と空(1970年12月)
  10. 片思い(1977年12月)
  11. パフォーマンス(1978年11月)
  12. ザ・ピーナッツ・トリビュート(1999年5月)伊東ゆかりとの共演盤
  13. Smile01(2001年7月)
  14. 片想い/三つの自画像(2004年6月)
  15. ハイハイ3人娘〜花の同窓会「まり・ミエ・ゆかり」(2004年6月)
  16. ミエ・まり・ゆかり 3人娘CD-BOX(2005年6月)6枚組CD-BOX ①中尾ミエ ベスト・コレクション ②園まり ベスト・コレクション ③伊東ゆかり ベスト・コレクション ④3人娘ライヴ・トラックス ⑤3人娘ア・ラ・カルト ⑥3人娘シネマ・トラックス
  17. 今、甦るウエスタン・カーニバル ロカビリー三人男&3人娘 スペシャル・コンサート2005(2006年4月)
  18. 団塊娘(2007年6月)

その他[編集]

  • 男と女(1969年) - フジテレビ系ドラマ『若い恋人たち』主題歌として人気になった[4]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ[編集]

情報番組[編集]

教養番組[編集]

  • 趣味Do楽「城戸真亜子の油絵って楽しい!」(NHK Eテレ、2013年6月・7月期)

ラジオ番組[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

吹き替え[編集]

コマーシャル[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手 備考
1962年(昭和37年)/第13回 可愛いベイビー 07/25 北原謙二
1963年(昭和38年)/第14回 2 キューティ・パイ・メドレー 24/25 植木等 伊東ゆかり園まりと出演。トリ前
1964年(昭和39年)/第15回 3 夢みる想い 03/25 芦野宏 伊東ゆかり、園まりと出演。
1965年(昭和40年)/第16回 4 夢見るシャンソン人形 23/25 西郷輝彦(1)
1966年(昭和41年)/第17回 5 蜜の味(ア・テイスト・オブ・ハニー) 01/25 西郷輝彦(2) トップバッター
1967年(昭和42年)/第18回 6 ただそれだけ 14/23 坂本九
1968年(昭和43年)/第19回 7 恋のシャロック 11/23 ダークダックス(1)
1969年(昭和44年)/第20回 8 忘れられた坊や 18/23 ダークダックス(2)

(注意点)

  • 対戦相手の歌手名の()内の数字はその歌手との対戦回数、備考のトリ等の次にある()はトリ等を務めた回数を表す。
  • 出演順は「(出演順)/(出場者数)」で表す。

NHKみんなのうた出演歴[編集]

▲は地上波版『なつかしのみんなのうた』、△はNHK衛星第2(現:BSプレミアム)版『なつかしのみんなのうた』での再放送。

初放送年月 曲目 再放送年月 備考
1963年(昭和38年)2月 - 3月 雨の遊園地 2003年(平成15年)8月 - 9月▲
1963年(昭和38年)8月 - 9月 オカリナの丘 2006年(平成18年)8月16日△
2006年(平成18年)11月19日△
2007年(平成19年)1月1日△
1964年(昭和39年)8月 - 9月 ママごめんなさい 2003年(平成15年)10月 - 11月▲
2006年(平成18年)8月19日△
2006年(平成18年)12月5日△
2007年(平成19年)1月1日△
2011年(平成23年)8月 - 9月
2022年(令和4年)3月
[12]

テーマパーク[編集]

受賞[編集]

その他[編集]

  • 2000年、ミエつながりで三重県の観光キャンペーン「超☆巨大テーマパーク 中尾三重県[13]のイメージキャラクターに起用され、テレビコマーシャルに人魚力士(中尾ミエの海)や伊勢海老などのコスプレ姿で出演した。また力士コスプレで登場したもののうち、「うでずもう編」は中尾の胸を男性が突くシーンが県幹部からセクハラの恐れがあるとの指摘を受け、放映が中止された。
  • フジテレビ「ゴールデン洋画劇場」の「殺したい女」ベット・ミドラーの吹替。なお、この番組の日本語吹替え版は、プロの声優ではなく、有名人吹替えが多く、それらの作品はあまり好評ではなかったが、本作は好評だった。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h 「データバンクにっぽん人 第65回 中尾ミエ」『週刊現代』1979年10月25日号、講談社、 66–70頁。
  2. ^ 中尾ミエ「古巣に」28年ぶりワタナベエンタ復帰 日刊スポーツ2019年9月18日閲覧。
  3. ^ 元々はレノン=マッカートニーザ・フォーモストに提供したHello Little Girlの仏語カヴァー
  4. ^ 「てれび街 かくれたヒット曲」『読売新聞』1969年12月17日付朝刊、18頁。
  5. ^ “中尾ミエ・山崎紘菜・森尾由美ら、葵わかな主演『三千円の使いかた』出演決定”. マイナビニュース (マイナビ). (2022年11月23日). https://news.mynavi.jp/article/20221123-2520822/ 2022年11月23日閲覧。 
  6. ^ 感謝離 ずっと一緒に : 作品情報” (日本語). 映画.com (2020年10月1日). 2020年10月1日閲覧。
  7. ^ “白井晃が問題作「マハゴニー市の興亡」に挑む、山本耕史やマルシアら出演”. ステージナタリー. (2016年4月27日). http://natalie.mu/stage/news/185209 2016年4月27日閲覧。 
  8. ^ “老人ロックバンドが魅せる「ザ・デイサービス・ショウ」再演、中尾ミエら歌う”. ステージナタリー. (2016年9月13日). http://natalie.mu/stage/news/201688 2016年9月13日閲覧。 
  9. ^ 音楽朗読劇『黑世界』” (日本語). 音楽朗読劇『黑世界』. 2020年9月24日閲覧。
  10. ^ Inc, Natasha. “【公演 / 会見レポート】山田裕貴らが“奥の奥、隅の隅”まで感情を伝える、音楽劇「海王星」開幕(舞台写真あり)” (日本語). ステージナタリー. 2021年12月13日閲覧。
  11. ^ “中井和哉、関智一、武内駿輔も!ディズニー新作『ミラベルと魔法だらけの家』日本版声優に決定”. シネマトゥデイ. (2021年11月9日). https://www.cinematoday.jp/news/N0126960 2021年11月9日閲覧。 
  12. ^ 2022年再放送は、テレビでは『走馬燈』・『今日の日はさようなら』とメドレー形式で放送、ラジオでは『今日の日はさようなら』と共に放送した。なお放送は「2022年3月」となっているが、実際はNHK総合テレビの2022年度改編開始が2022年4月4日になったため、4月3日まで延長して放送された。
  13. ^ 中尾三重県、観光三重(三重県観光連盟)。(インターネットアーカイブのキャッシュ)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]