サンポール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サンポールの薬剤で磨かれた和風大便器

サンポールは、大日本除虫菊より発売されているトイレ洗剤である。

特徴[編集]

便器のがんこな黄ばみを酸の力で落とすトイレ用洗剤として1960年代に当時の日本電酸工業株式会社足立区にあった)の製造で「トイレサンポール」という商品名で発売。 トイレの便器の他に(トイレの)タイルの洗浄にも適している。清潔感のあるさわやかな香りも魅力。

1990年に経営不振に陥った旧サンポール株式会社から大日本除虫菊株式会社に営業を授受された。授受後暫くは商品名が「サンポールK」(Kは金鳥のK)で、当時のデザインは黄色ロゴの上に旧サンポール(株)の勲章である太陽ロゴが記載されていたが、後のリニューアル時に現在の「サンポール」に変更、便器の縁裏にもかけやすい黄色の横向きノズル(500ml、800ml及び1000mlサイズにのみ)が搭載。当時のデザインは虹の上にロゴと赤のバーに「トイレの洗浄・除菌」と表記されていた。

2002年の発売分より現在のパッケージデザインにリニューアルし、横向きノズルは「スミズミノズル」と呼ばれるようになった。新デザインに伴いロゴもマイナーチェンジされ、ロゴの上には「酸が効く」右には「黄ばみ(改行)スッキリ!!」と表記。2010年には新たにマイナスイオンの相乗効果が加わり、洗浄力が大幅にアップした。

かつては「水洗サンポールS(当時のサンポール(株)より発売)」も存在。類似品(「ナイス」山崎産業(株)製造 など)も多数出回った。

成分[編集]

塩酸9.5%、界面活性剤アルキルトリメチルアンモニウム塩)、洗浄助剤、増粘剤、香料、着色剤

掃除の際の注意[編集]

酸性であり、他の洗剤(漂白剤、カビ取り剤等の塩素系(次亜塩素酸塩を含む)の製品)や硫化物を含む薬剤と混合すると化学反応を起こし、有毒の塩素ガスや硫化水素ガスが発生する恐れがあるため、容器ラベルには「まぜるな危険」と目立つように表記されている。

姉妹品[編集]

  • 浄化槽サンポール - 浄化槽式トイレに適した洗剤。黄ばみのほか、黒ズミを強力分解する。酸性ではない。
  • サンポールスプレー サピカ - 便器内の汚れを約1週間防止でき、除菌もできる乳酸配合のスプレータイプ。洗浄と同時に防汚効果を発揮。浄化槽と同様に酸性ではない。
  • バスカビサンポール - かつてのサンポール株式会社が発売していたお風呂用洗剤。カビや黒ズミを落とす。

CM出演者[編集]

外部リンク[編集]