山田花子 (タレント)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山田花子
Hanako Yamada crop.jpeg
2006年
本名 福島 京子(ふくしま きょうこ)
(旧姓:渡邉)
ニックネーム 花子、花ちゃん、花子姉さん
生年月日 (1975-03-10) 1975年3月10日(45歳)
出身地 大阪府堺市北区
血液型 A型
身長 150cm
言語 日本語
方言 泉州弁
最終学歴 大阪府立福泉高等学校
芸風 タレント吉本新喜劇
事務所 吉本興業
活動時期 1988年 -
同期 月亭方正島田珠代など
過去の代表番組 ダウンタウンのごっつええ感じ
笑っていいとも!
山田花子と杉本彩と増山さやかのちょっとどうなのよ?
配偶者 福島正紀
テンプレートを表示

山田 花子(やまだ はなこ、1975年3月10日 - )は日本お笑いタレントコメディアン。本名、福島 京子[1](ふくしま きょうこ)、旧姓・渡邉(わたなべ)。愛称は、花子花ちゃん

大阪府堺市北区南花田町出身。長らく吉本興業東京本部所属だったが、2016年より拠点を大阪へ戻し、過去出演していた吉本新喜劇に復帰のほか関西の番組を中心に活動している[2]既婚者で、二児の母である。

NSC出身ではないが、月亭方正などのNSC大阪第6期が同期にあたる。中学生でデビューしているため、年上の後輩が多い。

来歴[編集]

人物[編集]

  • プライベートでは「女芸人会」を率いており、森三中だいたひかるなどがメンバーである。
  • 中学生の頃からタレント活動しているため、年上の後輩が多いが、ナインティナインFUJIWARA千原兄弟陣内智則などは、山田に対し呼び捨てや馴れ馴れしい口調で話すなど、事実上後輩扱いしている。
  • モンゴル人にとって山田の顔は、藤原紀香松嶋菜々子を差し置いて、ダントツ人気の理想的な美人顔である[5]
  • 趣味でトランペットを習っている。2009年1月にアースマラソン途中の間寛平が太平洋に向けて出航する際には、未来予想図IIを港で演奏して見送った。

出演[編集]

映画[編集]

テレビアニメ[編集]

劇場アニメ[編集]

テレビ番組[編集]

ドラマ[編集]

連続[編集]

単発[編集]

ラジオ番組[編集]

CM[編集]

PV[編集]

  • FUNKY MONKEY BABYS 「恋の片道切符」 (CDジャケットにも山田花子のアップ写真が起用されている)

ディスコグラフィー[編集]

Re:Japanとして発売された楽曲に関してはRe:Japanを参照のこと。

  • 虹色橋(1997年、つんくプロデュース、キムラ・チャンとデュエット。つんく、高山厳富永美樹との競作でリリースされた)
  • ブス(1998年)
  • MOTHER(1999年、「hanaco with PUFFY」名義、コーラスとして参加したPUFFYの同名曲のカバー)
  • あの丘をめざして(2002年、「ボケモン5」名義)
  • 主婦ウフフ♪(2012年10月24日)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2010年6月29日『踊る!さんま御殿!!』SPより
  2. ^ 山田花子 12年ぶり吉本新喜劇女優復帰、活動拠点大阪に戻す
  3. ^ 実質的には2008年下旬よりアースマラソンへ挑戦すべく、レギュラーを降板した間寛平の代役としての出演である。
  4. ^ 山田花子が12年ぶり新喜劇活動再開、拠点も大阪へ (日刊スポーツ)- Yahoo!ニュース 2016年8月11日
  5. ^ 岩井志麻子著『ぼっけえ恋愛道―志麻子の男ころがし』太田出版、2003年、ISBN 4872337948 参照。
  6. ^ “しまじろう劇場版第5作の主題歌はPUFFY、山田花子とCOWCOWが声優で参加”. 映画ナタリー. (2016年12月14日). http://natalie.mu/eiga/news/213162 2016年12月14日閲覧。 
  7. ^ しかし、山田花子本人はおはスタ1部にテントウムシハナコが出演していることは知らない。さらに、著作権ギャラも吉本興業持ちのため、貰っていない。ただし、おはスタ1部に登場することは一応レギュラー出演に近い出演をしてるため、実質上出演可能である。

外部リンク[編集]