殺したい女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
殺したい女
Ruthless People
監督 ジェリー・ザッカー
ジム・エイブラハムズ
デヴィッド・ザッカー
脚本 デイル・ローナー
原作 O・ヘンリー
赤い酋長の身代金
製作 マイケル・ペイサー
製作総指揮 リチャード・ワグナー
ジョアンナ・ランカスター
ウォルター・イエットニコフ
出演者 (後述)
音楽 ミック・ジャガー
ビリー・ジョエル
ミシェル・コロンビエ
撮影 ヤン・デ・ボン
編集 アーサー・シュミット
ジブ・ジャフ
配給 アメリカ合衆国の旗 タッチストーン・ピクチャーズ
日本の旗 東宝
公開 アメリカ合衆国の旗 1986年6月27日
日本の旗 1986年12月13日
上映時間 95分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $71,624,879[1]
テンプレートを表示

殺したい女』(Ruthless People)は、ダニー・デヴィートベット・ミドラージャッジ・ラインホルドヘレン・スレイター主演で1986年に公開されたブラックコメディ映画。

監督は『フライング・ハイ』や『裸の銃を持つ男』シリーズといったコメディ映画の監督者として知られるジェリー・ザッカー、ジム・エイブラハムズ、デヴィッド・ザッカー。ただし、彼らのほかの作品と異なりこの時の作品はギャグや駄洒落、ジョークが非常に少ない。

O・ヘンリーの短編『赤い酋長の身代金』が一部基になっており、また、1959年に製作されたテリー・トーマス、ジョージ・コールシド・ジェームズ主演のイギリスのコメディ『Too Many Crooks』と比べても、不誠実な夫を持つ女性が誘拐されるという設定が類似している。

あらすじ[編集]

ひとりの女が誘拐された。誘拐犯がバーゲンのためにとっていた$10,000ドルを身代金として要求したとき、彼女は泣きながら「Kマートにさらわれた!」と言った。

誘拐された女性(ミドラー)は大富豪で夫がすぐに身代金を支払い助けられると考える。ところが夫は妻がいなくなれば財産を独り占めできると考え誘拐犯の身代金要求に応じないばかりか、妻が死ぬという脅しに嬉々とし、それが進まない事にイライラするほどだった。誘拐犯はお人好しの若い夫婦で、女性(ミドラー)に夫が身代金を支払ってくれないことを打ち明ける。これに激怒したミドラーは若い夫婦と手を組み、夫を懲らしめるべく、策略を仕掛けていく。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
サム・ストーン ダニー・デヴィート 青野武
バーバラ・ストーン ベット・ミドラー 中尾ミエ
ケン・ケスラー ジャッジ・ラインホルド 鈴置洋孝
サンディ・ケスラー ヘレン・スレイター 佐々木優子
キャロル・ドッズワース アニタ・モリス 沢田敏子
アール・モット ビル・プルマン 江原正士
ベンダー警部 アート・エヴァンス 石森達幸
ウォルターズ警部 クラレンス・フェルダー 加藤正之
ヘンリー・ベントン署長 ウィリアム・G・シリング 増岡弘
ベッドルーム・キラー J・E・フリーマン

備考[編集]

リメイク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Ruthless People (1986)” (英語). Box Office Mojo. 2010年4月6日閲覧。
  2. ^ Film Reviews of director Ram Gopal Varma associated movies
  3. ^ http://www.telugucinema.com/c/publish/movieretrospect/money_retrospect.php
  4. ^ Ruthless People (1986) - Movie connections

外部リンク[編集]