本郷功次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ほんごう こうじろう
本郷 功次郎
本郷 功次郎
大菩薩峠』(大映、1960年)
生年月日 (1938-02-15) 1938年2月15日
没年月日 (2013-02-14) 2013年2月14日(74歳没)
出生地 日本の旗 日本 岡山県岡山市
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1958年 - 2004年
配偶者 古城都
著名な家族 本郷壮二郎(次男)
主な作品
映画
講道館に陽は上る』/『大菩薩峠
釈迦』/『大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン
大魔神怒る』/『空手バカ一代
テレビドラマ
細うで繁盛記』/『特捜最前線
武田信玄』/『炎立つ
テンプレートを表示

本郷 功次郎(ほんごう こうじろう、1938年2月15日 - 2013年2月14日[1])は、日本俳優岡山県出身。岡山県立岡山朝日高等学校立教大学文学部英米文学科卒業。妻は古城都。長男は本郷慎一郎[2]。次男は俳優の本郷壮二郎

来歴・人物[編集]

岡山県岡山市表町(現在の岡山市北区表町)[3]に金物屋の次男として生まれる。大学では柔道部に所属。叔母が黒帯を締めた本郷の写真をいつも持ち歩いていて、たまたま叔父の友人だった大映の重役・松山英夫の目に留まる。大映では藤田進菅原謙二に続く柔道スターを探していたため、松山がその写真を叔母から借りて、社長の永田雅一に見せたところ「すぐに連れてこい」となった。本郷は冗談めかしてその時のことを「拉致された」と笑っている。大映本社で松山と監督市川崑に面接されたが、市川を知らず俳優になるつもりもなかったので、「日本映画はつまらないから観ません」とはっきり断ったが「どうしてもやってくれ」と説得され、最終的に「柔道映画なら仕方がない」と引き受けたという。大映演技研究所に入所し、第12期大映ニューフェイスとして1958年に入社、『講道館に陽は上る』(1959年)で菅原謙二に次ぐ準主役として映画デビュー。柔道家の役は、このほかにも千葉真一主演映画『空手バカ一代』(1977年)で演じており、作中ではプロレスラーエディ・サリバン鶴見五郎を相手に柔道技を披露した。

『講道館に陽は上る』で行われた若草山での撮影では、立ち回りのシーンのために地面にマットが何枚も敷かれた。これを見て「それ、何に使うんですか」と尋ね、「ここに投げられるんだ」と言われたので「下は土だからそんなものいらない」と答えた。これを聞いた監督の田坂勝彦が狂喜して、菅原から連続7本投げ続けられる場面をワンカットで撮影。それまでの柔道映画はすべて吹き替えで、俳優が実際に投げられる例は無かった。これを見た永田も大喜びし、「この男をスターにしろ!」と号令をかけた。こういったいきさつで一躍スターとして売り出されることになったが、本郷自身は「スターになってくれと言われてなったが、自分自身では努力も何もしていない、自分では俳優への憧れどころか別になりたくも何ともなかったんです」と語っている。

永田の声がかりに加え、当時の大映は若手男性スターが不足していたこともあり、その後立て続けに映画出演をこなし、時代劇も現代劇もこなせる若手スターとして売り出される。1961年には日本初の70mm映画『釈迦』の主演に選ばれるまでになる。同じ大映の先輩・市川雷蔵には弟のようにかわいがられ、給料の低い入社当初は居候さえさせていた。共演も多く時代劇の所作を教わった。まだキャリアの浅いうちに主演が決まり、どうしようかと悩んでいると、市川崑には「まず台本を覚えてしまえ」と助言を受け、勝新太郎には「台本なんて覚えなくていい。まず役に入ること」と正反対の助言を受けて混乱したという。「大映時代は目が回るような忙しさで、撮影が押してくるとスタッフとともに楽屋でザコ寝、翌早朝にロケ、終わるとその足で即次の撮影現場へ向かうことも珍しくなかった」と当時を振り返る。

文芸映画志向が強く、会社から『大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン』(1966年)への主演を通達された際には受け入れられず、雲隠れして何日もホテルに泊り込んでいた。「他の俳優は蜘蛛の子を散らすように逃げた」そうで、「私だけが捕まってしまった」と笑っている。仮病でごまかそうと、大阪のホテルから「僕は重病なんです」と本社に電話したところ、「ホントに重病なら」と、本社の制作部長と課長が見舞いに来た。慌てた本郷は知り合いの医者に電話して看護婦を呼び、栄養剤を注射してもらって布団を被り、重篤な芝居を打った。これを見た課長が枕元で「あきまへんわ、本郷の病気は本物ですわ」と電話したという。が「治るまで待つから」と言われ、最終的に説得されて出演する。続いて『大魔神怒る』、『大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス』、『ガメラ対宇宙怪獣バイラス』と、「子供の映画」への出演が続き、だいぶ恨んだというが、平成になって『ガメラ 大怪獣空中決戦』(1995年)に出演。「あの頃ガメラをやってた本郷さんに出てもらおうって話が来た」と聞いたときはうれしかったといい、かつての自分を思い返し、感慨無量の想いだったと語っている。これ以前は自分のプロフィールに「ガメラ映画」のタイトルは入れていなかったが、会う人に必ず「『ガメラ』や『大魔神』が入ってませんね」と言われるので、以後は入れることにした。「まさかこんなに時代に残るとは思ってもみませんでした。今ではもう財産になってしまっていますからね」と語っている。

1969年まで大映の主演スターとして活躍した後は、他社の映画やテレビドラマに活動の場を広げる。『特捜最前線』の橘警部役は9年間にわたりレギュラー出演し、代表作の1つとなった。また大河ドラマ武田信玄』では甘利虎泰を演じた。

2004年、突然の脳梗塞で倒れ意識不明の重体となったが、リハビリを継続し奇跡的に回復。しかし、これ以降表舞台から退き、事実上引退状態だった。2013年2月14日心不全のため死去。74歳没[4]

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

Vシネマ[編集]

  • ビジネス最前線(1987年、管理者養成学校)※企業向けビデオ
  • ジゴロ・コップ 六本木・赤坂 美少年倶楽部(1991年、ジャパンホームビデオ
  • 難波金融伝 ミナミの帝王3(1993年、ケイエスエス) - 権堂社長
  • 闇金の帝王 銀と金3(1994年、SHSプロジェクト)
  • 日本極道史(1994年、SHSプロジェクト)
  • 極道の門 二代目・流血の盃(1995年、タキコーポレーション
  • 極道の門 最後の首領 (1995年、SHSプロジェクト)
  • 東京魔悲夜(1995年、タキコーポレーション)
  • 東京魔悲夜2(1996年、タキコーポレーション)
  • 新・第三の極道(2000年、ミュージアム) - 関東侠友会理事長 竜崎吾一
    • 新・第三の極道11 血塗られた仁義(2000年2月)
    • 新・第三の極道12 裏盃よ永遠に…(2000年12月)
  • 示談屋(2000年、ミュージアム) - 沖滑組組長 沖滑
  • 日本極道史 龍神三兄弟2(2000年、ミュージアム)
  • 日本極道史 さらば仁義(2000年、東映ビデオ
  • 実録・鉄砲玉 平成二年大阪山羽抗争勃発(2001年) - 羽山組組長
  • 実録・日本やくざ烈伝 義戦 昇龍篇(2001年)
  • 全国制覇テキ屋魂(2001年、東映ビデオ)
  • 全国制覇テキ屋魂 第二幕 鰯神社と恋吹雪(2002年、東映ビデオ)
  • 実録・北陸やくざ戦争(2002年、GPミュージアム) - 三代目山王会会長 竜造寺誠道
  • 実録・最後の愚連隊(2002年) - 堀井一家総長 横山新次郎
  • 実録・北海道やくざ戦争 北海の挽歌(2003年) - 三代目山王会直参 鴨井組組長 鴨井茂夫(→丸和会理事長)
  • 実録・瀬戸内やくざ戦争 伊予路水滸伝(2003年) - 二代目大日本昭和会 剛誠会会長 月形剛
  • 難波金融伝 ミナミの帝王24 海に浮く札束(2003年、ケイエスエス) - 浜本漁業組合長

舞台[編集]

  • 島倉千代子公演
    • 『維新前夜 京洛に燃えて』
    • 『花と龍』
  • どついてんか!(花登筐原作&演出)

ディスコグラフィー[編集]

  • 「明日に夢をかけようよ」(1963年、コロムビア
  • 「あの娘」(1963年、コロムビア)

参考文献[編集]

  • 『大怪獣ガメラ秘蔵写真集』(徳間書店)「本郷功次郎特別インタビュー」

出典[編集]

  1. ^ “訃報:本郷功次郎さん74歳=俳優”. 毎日jp. (2013年2月14日). オリジナルの2013年2月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130217062001/http://mainichi.jp/select/news/20130215k0000m060085000c.html 2017年11月8日閲覧。 
  2. ^ 『宇宙船YEAR BOOK 2001』朝日ソノラマ宇宙船別冊〉、2001年4月30日、99頁。雑誌コード:01844-04。 
  3. ^ 任侠劇、時代劇を皮切りに 骨のある映画人を育てた土壌 尾上松之助、八名信夫やオダギリジョーを輩出した岡山県”. WEDGE Infinity(ウェッジ). 2018年2月5日閲覧。
  4. ^ 本郷功次郎さんが心不全のため死去 74歳”. ORICON NEWS. オリコン (2013年2月14日). 2019年6月26日閲覧。

外部リンク[編集]