松山英夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
まつやま ひでお
松山 英夫
生年月日 (1906-03-27) 1906年3月27日
没年月日 (1986-04-11) 1986年4月11日(80歳没)
出生地 日本の旗 日本 愛知県宝飯郡蒲郡町(現在の同県蒲郡市
職業 映画プロデューサー実業家
ジャンル 劇映画現代劇時代劇剣戟映画トーキー
活動期間 1920年代 - 1970年代
配偶者 松山とよ

松山 英夫(まつやま ひでお、1906年3月27日 - 1986年4月11日)は、日本の映画プロデューサー実業家である[1][2][3][4][5][6][7]マキノトーキー製作所企画部長、大映専務取締役ダイニチ映配取締役社長を歴任した。和製英語ゴールデンウィーク」と「シルバーウィーク」の名付け親として知られる[7]

来歴・人物[編集]

1906年明治39年)3月27日愛知県宝飯郡蒲郡町(現在の同県蒲郡市)に生まれる[1][4][7]

1928年(昭和3年)、関西学院を卒業する[7]

満29歳であった1935年(昭和10年)12月末、太秦帷子ヶ辻中開町(現在の右京区太秦堀ヶ内町)に、牧野省三の長男であるマキノ正博トーキー(映音式)のための新しい撮影所を建設した新会社、マキノトーキー製作所を設立、これに入社して「企画部長」に就任、翌年1936年(昭和11年)1月、同社の陣容を発表した際に名を連ね、同部のメンバーには岡本潤中川信夫坂田重則らがいた[6][7]。やがて同社は経営が悪化し、1937年(昭和12年)4月に解散することになり、従業員のための退職金は、中川信夫を監督として製作した『旗本五人男 大江戸の鳶』の配給権を松山が東京に行って売却して用立てた[6]

解散後は、日活に移籍、関西支店宣伝部長に就任した[7]。1940年(昭和15年)には、日活京都撮影所企画部長に就任した[7]。1942年(昭和17年)1月27日、戦時統合により大映が発足し、日活京都撮影所は大映京都撮影所となり、曾我正史所長の下で同撮影所企画部長となる[7]

第二次世界大戦終結後、1949年(昭和24年)1月、『キネマ旬報』誌上に『日本映画についての反省と抱負』を発表する[8]。その後、京都撮影所次長、取締役所長を経て、1951年(昭和26年)、大映発足10周年を記念し、『大映十年史』を発行するにあたり、当時宣伝企画部長であった松山がこれを編纂した[9]。同年5月5日、松竹と競作して同日公開することになった映画『自由学校』のプロモーションにあたり、この5月の連休を松山が「ゴールデンウィーク」と名付け、同年からそう呼ばれるようになった[7][10]。同作はいずれも好成績を残し、翌1952年(昭和27年)、松山は常務取締役に就任する[7]

1961年(昭和36年)3月、日本映画製作者協会(現在の日本映画テレビプロデューサー協会)の三代目理事長に就任、1964年(昭和39年)5月には、佐藤一郎にその座を譲った[11]

1970年(昭和45年)6月、配給会社・ダイニチ映配を発足、当時大映の専務取締役であった松山が社長に就任、日活常務取締役の壺田重三が副社長に就任した[12]。1971年(昭和46年)5月、松山は病気を理由に同社社長を退任した[12]。大映は同年倒産、12月28日上場廃止となった。

1986年(昭和61年)4月11日心不全のため死去した[1]。80歳没。

フィルモグラフィ[編集]

特筆以外すべてクレジットは「企画」(プロデューサー)である[2][3]。公開日の右側には特筆する職能のクレジット[2][3]、および東京国立近代美術館フィルムセンター(NFC)所蔵等の上映用プリントの現存状況についても記す[5]。同センター等に所蔵されていないものは、とくに1940年代以前の作品についてはほぼ現存しないフィルムである。

大映京都撮影所[編集]

特筆以外すべて製作は「大映京都撮影所」、配給は「大映」である[2][3][4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 松山英夫jlogos.com, エア、2012年12月20日閲覧。
  2. ^ a b c d 松山英夫日本映画データベース、2012年12月20日閲覧。
  3. ^ a b c d 松山英夫、日本映画情報システム、文化庁、2012年12月20日閲覧。
  4. ^ a b c 松山英夫allcinema, 2012年12月20日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 松山英夫東京国立近代美術館フィルムセンター、2012年12月20日閲覧。
  6. ^ a b c マキノ[1977]、p.338-374.
  7. ^ a b c d e f g h i j 映画年鑑[1953], p.578.
  8. ^ 日本映画についての反省と抱負国立国会図書館、2012年12月20日閲覧。
  9. ^ 大映十年史、国立国会図書館、2012年12月20日閲覧。
  10. ^ 大辞林 第三版『ゴールデンウイーク』 - コトバンク、2012年12月20日閲覧。
  11. ^ 歴代 理事長・会長日本映画テレビプロデューサー協会、2012年12月20日閲覧。
  12. ^ a b 石割ほか[2005], p.166.

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]