ガメラ 大怪獣空中決戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ガメラ 大怪獣空中決戦
Gamera : Guardian of the Universe
監督 金子修介(本編)
樋口真嗣(特撮)
脚本 伊藤和典
製作 土川勉
製作総指揮 徳間康快
出演者 伊原剛志
中山忍
藤谷文子
螢雪次朗
小野寺昭
音楽 大谷幸
主題歌 神話
爆風スランプ
撮影 戸澤潤一(本編)
木所寛(特撮)
編集 荒川鎮雄(本編)
普嶋信一(特撮)
製作会社 大映
配給 東宝
公開 日本の旗 1995年3月11日
上映時間 95分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 5億2000万円[1]
前作 宇宙怪獣ガメラ
次作 ガメラ2 レギオン襲来
テンプレートを表示

ガメラ 大怪獣空中決戦』(ガメラ だいかいじゅうくうちゅうけっせん)は、1995年(平成7年)3月11日東宝系にて公開された怪獣映画大映製作の平成ガメラシリーズ第1作である。ガメラ誕生30周年記念作。


概要[編集]

ゴジラの復活(1984年版『ゴジラ』)を契機にガメラを復活させようという試みは1980年代からあり、ガメラ誕生20周年に当たる1985年に合わせようとしたが、1984年版『ゴジラ』の成功が思ったほどではなかったためにあやかれず平成期にずれ込み、平成ゴジラvsシリーズのヒットがガメラ復活のきっかけになったという[要出典]

監督の金子修介は、大映の要請で監督を快諾したものの、当初の製作予算が5億円(最終的には6億に増額された)という事実に落胆し、ギャグかコメディー映画にすることを覚悟したという。しかし、脚本に伊藤和典特技監督樋口真嗣を獲得したことで、「怪獣映画の王道」を作ろうということになった。また、ゴジラシリーズではどうしても実現できなかった、ゼロからのリメイク(ガメラそのものの出現と設定からのやり直し)、自由な作劇が可能となった。

それまでの昭和シリーズでは子供向けの展開や演出が目立っていたが、本作では現実世界で実際に起こっている問題や、古代の歴史や伝説とリンクした設定がなされていたり、生物学的な要素が盛り込まれていたりと、従来のシリーズに足りなかったリアリティを徹底して追求した大人向けの演出が全面的に出されており、以後の作品にもこれらの設定が継承される形となっている。

昭和ガメラシリーズの第3作『大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス』とタイトルが似通っているが、話の内容は全く異なった展開となっている。

舞台としては、1995年の日本を舞台に、五島列島や姫神島で孵化したギャオス環礁のような姿から目覚めたガメラ、それらを発見した人々や自衛隊との戦いを描いている。

続編『ガメラ2 レギオン襲来』(以後、『2』)や『ガメラ3 邪神覚醒』(以後、『3』)とは時系列的につながっている。特に、『3』では本作での出来事が直接的に触れられており、『3』での展開に大きく関係している。また、『3』で起こった出来事の一部を示唆する会話もなされている。

撮影にあたり自衛隊へ協力を要請したところは承諾したが、航空自衛隊(空自)だけは難色を示した。理由は、「ギャオスとの空中戦でF-15Jが撃墜され、有楽町マリオンに墜落する」という展開に懸念が持たれたためである[注 1]。幾度かの折衝の結果、このシーンは「戦闘機が出動するが、市街地上空のために交戦できない」というシーンとされ、空自の全面協力を取り付けている。これを踏まえ、今作では意識して「自衛隊に損害が出る」というシーンは極力避けたとされる。そのため、続編の2作品でも戦車が爆発して陸自隊員が吹き飛ぶシーンはあるが、空自の航空機は1機も墜落しないという展開になっている(『3』では怪獣に襲い掛かられるシーンは存在する)。また、三部作の全作品で航空機が墜落するシーンはない(予算の都合上リアリティのある空撮シーンを撮るのは難しいと考えられたため。模型戦闘機が飛び回る安っぽい特撮となるのを嫌った製作者側の意図もあった[要出典])。

後半の東京におけるガメラとギャオスを交えた攻防戦は、屋外にミニチュアのオープンセットを組んで撮影された[注 2]

観客動員90万人、配給収入5億2000万円[1]。配給収入目標は10億円だったが、ビデオ化権や放映権を見込んでかろうじて黒字を確保できた製作陣は、ガメラのキャラクターが世間に浸透したと判断し、シリーズ化を決定した。作品自体の評価は非常に高く、世界最古クラスの映画賞としての伝統を持つキネマ旬報ベストテンに怪獣映画として史上初めて選ばれた。

多くのカットで人間の目から見た視点で怪獣が撮られているため、完成度は高まっている。当時、ゴジラシリーズの特技監督を務めていた川北紘一も「視点の統一ということを徹底してやっていて、本篇のストーリーも面白くうまくマッチしていた。よくできたと思う」と絶賛している[3]

平成ガメラシリーズの製作には日本テレビも関わっていたため、劇中に同局系列のアナウンサーや報道番組である『ニュースプラス1』や、長崎国際テレビ福岡放送静岡第一テレビの番組やスタッフが登場している。長崎国際テレビは、ギャオスが発見された島から中継するリポーターのマイクについた「社名ロゴ」のみ(リポーター役は女優)、福岡放送は古賀之士アナウンサーが福岡ドームからリポートした他、同社が契約使用している取材ヘリが登場するシーン、静岡第一テレビは田辺稔アナウンサーが同社報道スタジオで臨時ニュースを読むシーンへの協力となっていた。

1996年7月には『2』の劇場公開に合わせ、『金曜ロードショー』で地上波初放映された。その際、作中の報道番組のシーンはキネコによるオリジナル版ではなく撮影時のVTRソースをダイレクトに使用したものへ変更され、現実の報道番組(公開当時の『ニュースプラス1』用)のセットや出演者による「もし現実に怪獣が現れ、それがテレビニュースで報道されたら」というシミュレーション風の映像となり、リアリティを高めていた。特に、深夜のテレビが固定映像にテロップだけを映し続ける場面など、公開の直前に発生した兵庫県南部地震阪神・淡路大震災)の報道に酷似した描写が多かったが、実際は地震発生よりかなり前に映画は完成しており、日本テレビの協力のもと「災害報道のリアリティ」にこだわった結果としての現実との一致である。

あらすじ[編集]

太平洋上に謎の巨大漂流環礁が発見された。その環礁は黒潮の流れに乗って、だんだん日本に近づいているという。保険会社の草薙と海上保安庁米森良成は環礁の調査に乗り出し、環礁の上で不思議な石版と大量の勾玉を発見する。さらに、この環礁が生物であるということが明らかになる。

同じ頃、九州の五島列島・姫神島で、島民が「鳥!」という無線を最後に消息を絶つという事件が発生。調査に呼ばれた鳥類学者の長峰真弓はそこで、島民を食らった巨大な怪鳥を発見する。

政府は貴重な生物であるとして怪鳥の捕獲を決定し、長峰が中心となって福岡ドームに怪鳥を誘い込む作戦を決行する。しかし、ドームの天井が閉まり切らない内に麻酔銃を放ってしまったため、1匹は命中してその場に卒倒したものの、もう1匹は空へ取り逃がしてしまう。麻酔が外れた最後の1匹は真っ直ぐに自衛隊に突進してきたが、とっさに上に付いていたライトを付けたためひるみ、その隙に麻酔銃を打ち付け、仕留めることに成功。同じ頃、巣に向かって帰巣する1匹を自衛隊のヘリが追跡していた時、博多湾の海がいきなり大きな飛沫を上げた。その正体はあの環礁=巨大生物だったのだ。こちらに向かって来る怪鳥の1匹を平手打ちで石油コンビナートに吹き飛ばして倒し、そのまま博多に上陸。周りの建物を破壊しながら、ドームに向かって行く。攻撃をしようにも、相手が明確な攻撃行動を見せないため、自衛隊も手の出しようがない。更に、ドームに着いた巨大生物はそのままドームから一切離れようとしない。予期せぬ事態に周囲は大混乱に陥り、その隙を突いた2匹の怪鳥は自らを閉じ込めていた鉄格子を強力な光線で切断して脱出する。巨大生物も手足から白い煙を噴射し始めると、円盤のような姿となって、高速回転しながら怪鳥を追って飛び去っていった。

――最後の希望・ガメラ、時の揺りかごに託す。災いの影・ギャオスと共に目覚めん。――

古代の石板に記された碑文から、政府は巨大生物をガメラ、怪鳥をギャオスと呼称する。政府はギャオスの捕獲にこだわる一方でギャオスよりも体格的に大きいガメラを危険視し、ギャオスを追うガメラを攻撃する。その最中、ギャオスは雌雄同体の性質をもち、単為生殖が可能な生物であることがわかる。このまま卵が孵化すれば、爆発的な勢いでギャオスが増えることになってしまうのだ。

ガメラの妨害を逃れ、短期間で巨大に成長を遂げ、成体となったギャオスはエサとなる人間を求め、東京へと向かう。ここにきてようやく政府はギャオス捕獲を中止し、東京都民を避難させた後にギャオス攻撃を行うが、ギャオスは自衛隊の発射したミサイルを巧みに誘導し、東京タワーを破壊させる。

真っ二つに折れた東京タワーに営巣するギャオスをただ監視することしかできない自衛隊。しかしギャオスの産卵直後、突如大きな地震が起こる。いくつかのビルを崩落させ、土ぼこりを巻き起こしてその地震は収まった。何か不穏な気配を感じたのか、下を見下ろし鳴き声を上げるギャオス。次の瞬間、公園内の土が一気に舞い上がり、傷の癒えたガメラが地中から出現、プラズマ火球を発射、巣を東京タワーごと破壊したもののギャオスを取り逃がしてしまう。急いで飛び上がるガメラ。今ここに東京の空を舞台として、二大怪獣の空中決戦の火蓋が切られた。

登場怪獣[編集]

ガメラ
ギャオス

登場人物[編集]

米森 良成(よねもり よしなり)
演:伊原剛志
本編の主人公。海上保安庁巡視船「のじま」一等航海士。
太平洋上で謎の環礁による座礁事故に遭遇するも、庁の調査隊に参加させてもらえなかったため、直哉達の保険会社の調査隊に参加する。
ガメラ復活のきっかけを作った人物であり、やがて二体の怪獣の戦いへと関わって行く。
長峰 真弓(ながみね まゆみ)
演:中山忍
本編のヒロイン。福岡市動植物園に勤務する鳥類学者。姫神島でギャオスを発見し、大迫と共に調査を進める。今作の後もギャオスに関して独自調査を行っており、『3』では主人公として再び登場する。
師である平田(名前のみ登場)がギャオスの犠牲になっている。
草薙 浅黄(くさなぎ あさぎ)
演:藤谷文子
米森に渡された勾玉によりガメラと心を通わすことになった女子高生。本作ではガメラとダメージがシンクロする。三部作にわたって登場する。
大迫 力(おおさこ つとむ)
演:螢雪次朗
長崎県警察の刑事。長峰と共に姫神島でギャオスに遭遇する。三部作にわたって登場する。『3』で、階級は警部補であったことが語られている。
本作では「大迫刑事」とクレジットされている。
斎藤 雅昭(さいとう まさあき)
演:本田博太郎
環境庁(当時)審議官。ギャオス保護を訴える。
長峰同様、『3』でも再登場している。
佐竹(さたけ)
演:長谷川初範
自衛隊一等陸佐。ガメラの方がギャオスよりも脅威だと考えていたが、成長したギャオスが昼間でも活動できるようになったのを見てその脅威を感じ取り、自分たちの方針が間違っていたことに気がつく。『2』にも登場する。
巡視船「のじま」船長
演:本郷功次郎
米森の上司。海竜丸から自ら離れていく岩礁をレーダー画面で確認する。
演じた本郷功次郎は、昭和ガメラシリーズの内3作で主演を務めた経歴を持つ。
輸送船「海竜丸」船長
演:久保明
タクシーの運転手
演:松尾貴史特別出演
浅黄に頼まれ、JR三島駅から通行規制により警察が封鎖していた富士山スカイライン料金所を強行突破し、富士山の裾野まで乗せる。
道弥
演:袴田吉彦(特別出演)
長峰の後輩で、九州大学の大学院生。長峰に頼まれギャオスの染色体を調査する。
草薙 直哉
演:小野寺昭
浅黄の父親。八洲損害保険社員。浅黄と二人暮らしで妻(浅黄の母)に関しては不明。『2』ではニューヨークにおり、名前だけが登場する。『3』ではワシントンにいることが語られている。
雪乃
演:坂野友香
浅黄の友人。『2』にも登場する。
大野
演:渡辺裕之
自衛隊三等陸佐。天王洲に設置された戦闘指揮所より、ギャオスへのミサイル攻撃を指揮する。三部作を通して同役で連続出演する。
富士裾野の自衛隊指揮官
演:渡辺哲
ドーム移動指揮所中隊長
演:坂田雅彦
買物の主婦
演:風吹ジュン友情出演
テレビリポーター
演:夏木ゆたか(飛び入り出演)
スーパーのおかみさん
演:石井トミコ
男島の商店のおばさん
演:大島蓉子
劇中「NNNニュースプラス1」キャスター
演:真山勇一木村優子大神いずみ[注 3]
ドームの現場リポーター
演:古賀之士
アルタビジョンのキャスター
演:永井美奈子
深夜臨時ニュースのキャスター
演:若林健治
ドーム移動指揮所通信員
演:中村明美

登場兵器・メカニック[編集]

自衛隊
海上保安庁
その他
  • プルトニウム輸送船「海竜丸」(架空)
  • 調査船「けんざき」

設定[編集]

劇中で米森と長峰が「XXだけでなくYYの染色体も見つかった」、「YYというのは雄の染色体…」というやり取りをするが、YYという染色体の構成は遺伝学的にありえないもので、YY=雄というのは間違いである(ヒトの場合、男性はXY)。

劇中で環境庁(現:環境省)が希少動物としてギャオスの保護を決定しているが、あからさまに被害が多い動物に関しては保護が形式的なもので終わったり、見送られることや希少動物でも駆除が決まることも多く(トド#人間との関係も参照)、現実には有り得ない選択との指摘もある[誰によって?]

姫神島で見つかったギャオスのペレットフンと誤認されることが多いが、ペレットとは未消化物を吐き出したものであり[注 4]、主に猛禽類によるものが知られる(ただし、猛禽類のペレットは羽や骨などが固まった乾燥した物体であり、ドロドロな劇中のそれとは大幅に異なる)。

スタッフ[編集]

特撮ユニット

スーツアクター[編集]

受賞歴[編集]

また、本作は前記の通り映画雑誌『キネマ旬報』による1995年度の「キネマ旬報ベストテン」で6位にランクインした。これは、本作の特技監督である樋口が監督を務めた『シン・ゴジラ』(総監督は庵野秀明)が2016年度のベストテン2位にランクインするまで、ベストテン入りした唯一の怪獣映画であった。他に同誌の「日本映画ベスト100」にランクインしている。

映像ソフト化[編集]

  • DVDは2001年2月21日発売[4]
    • 2001年3月23日発売のトールケース版「ガメラ THE BOX(1995-1999)」に収録されており[4]、単品版は2007年10月26日発売。
    • 「ガメラ 生誕40周年記念Z計画 DVD-BOX」に収録されている。
  • Blu-rayディスクは2009年8月28日発売の「平成ガメラ ブルーレイ BOX」に収録されており、単品版も同時発売。
    • 同一のマスターを使用したデジタル・リマスター版DVDも、2010年7月23日に発売されている。

金子修介にまつわるエピソード[編集]

金子が怪獣映画を手がけたのは本作が初めてであったが、にっかつで助監督をしていた当時、大学の映研(映画研究会)の先輩である押井守からの誘いでテレビアニメ『うる星やつら』(文芸担当:伊藤和典[注 5])の脚本、第4話「つばめさんとペンギンさん」を執筆したが、その内容は巨大化したツバメが東京タワーに巣を造るというものだった。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 戦車が破壊されるシーンは、陸上自衛隊の担当者いわく「ガメラですからねぇ、しょうがないですね」として承諾された[2]
  2. ^ この場面のために三池敏夫によって製図された東京タワーの模型図面は、そのまま『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』(2003年)でも使われている。設計図が同じことから、どちらの映画でも折れる部分はほぼ同じである。
  3. ^ 大神自身は、本家のプラス1の担当経験は無い。
  4. ^ 劇中でも大迫の「フンですか?」の問いに長峰が「未消化物の塊です」と答えている。
  5. ^ 金子が『うる星やつら』に参加した当時。伊藤は後にシリーズ構成となるが、そのときにはすでに金子は『うる星やつら』から離れていた[5]

出典[編集]

  1. ^ a b 平成ガメラパーフェクション 2014 p.269 全スタッフ&キャストデータ
  2. ^ 『メイキング・オブ・G2』より。
  3. ^ 冠木新市 『ゴジラ・デイズ ゴシラ映画クロニクル 1954〜1998』 集英社〈集英社文庫〉、1998年、404頁。ISBN 4087488152
  4. ^ a b 「綴込特別付録 宇宙船 YEAR BOOK 2002」、『宇宙船』Vol.100(2002年5月号)、朝日ソノラマ2002年5月1日、 170頁、 雑誌コード:01843-05。
  5. ^ 金子修介 (2013年3月16日). “魔法の天使クリィミーマミ 生誕30周年”. 金子修介の雑記"Essay". 2015年8月28日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『平成ガメラパーフェクション』 電撃ホビーマガジン編集部、KADOKAWA〈DENGEKI HOBBY BOOKS〉、2014年ISBN 9784048918817

外部リンク[編集]