ゼイラム2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ゼイラム2
監督 雨宮慶太
脚本 雨宮慶太、松本肇
原作 雨宮慶太
出演者 森山祐子
螢雪次朗
井田州彦
吉田瑞穂
サブ
音楽 太田浩一
撮影 本所寛
編集 今野治人
公開 1994年12月17日
上映時間 100分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 ゼイラム
テンプレートを表示

ゼイラム2』(ぜいらむ)は雨宮慶太原作・監督・脚本による日本の映画作品。1994年12月17日公開。上映時間100分。1995年第26回星雲賞映画演劇部門賞受賞。

概要[編集]

1991年に公開された『ゼイラム』の続編である。元々は森山祐子がかっこいいヒロインを演じるという企画が先行しており、監督の雨宮慶太はヒロイン・イリアのキャラクターには思い入れがなかったが森山が再び演じることに興味があったと述べている[1]

劇中、カヌートに呼ばれイリアを襲うバウンティハンター達は、B-CLUB誌による公募によるもので、全国から集まり撮影に貢献した。コスチュームは各自の自作である[2]

あらすじ[編集]

異星人の賞金稼ぎ(同シリーズでは一貫して「捜索者」と呼ばれている)イリアは、盗賊カヌート一味に盗難された骨董品「カマライト」を奪い返すために、人工知能の相棒ボブ、同業者フジクロと再び地球を訪れていた。難なくカマライトを奪還したイリアは、単身で次の任務である、当局の開発した支援用戦闘ロボットとの模擬戦に向かう。

しかしカマライト目当てに裏切ったフジクロは転送機とボブを破壊、偶然イリアを見かけてベースに訪れた鉄平を捕らえてしまう。一方イリアはカヌートが雇った大勢の賞金稼ぎ達に囲まれて窮地に陥る。そこへ例の戦闘ロボットが現れ、イリアの制止も聞かず賞金稼ぎ全員を虐殺する。

しかしそのロボットには制御ユニットとして、あの恐るべき生体兵器「ゼイラム」の別個体が内蔵されていた。賞金稼ぎやカヌートの返り血によって覚醒したゼイラムによってロボットは暴走、異空間「ゾーン」を生成してイリア、フジクロ、鉄平を閉じこめてしまう。

神谷により修理されたボブのサポートの下、全身兵器の固まりであるゼイラムロボットに挑むイリア。鉄平を救うため自ら「ゾーン」に転送される神谷。3人は無事に再会し、ゼイラムを倒して脱出できるのか。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

映像ソフト[編集]

  • VHSビデオ版(バンダイビジュアル)本編+映像特典「メイキング オブ ゼイラム2(13分)」
  • 2003年にバンダイビジュアルより、DVDソフトが発売。本編100分+映像特典45分。
  • 2016年12月22日にバンダイビジュアルより、『ゼイラム』とセットになったBlu-ray BOXが発売された[4]

備考[編集]

当時雨宮監督は「『ゼイラム3』は過去の世界にゼイラムとイリアがやって来る時代劇にしたい」と語っており、これが後の作品『タオの月』に繋がっていると思われる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 石井博士ほか 1997, pp. 328 - 330, 特撮監督インタビュー - 雨宮慶太.
  2. ^ 石井博士ほか 1997, pp. 369.
  3. ^ クレジットには開田裕治の名前もあるが、コスチューム製作を手伝ったのみで出演はしていない。
  4. ^ 宇宙船』vol.154(AUTUMN 2016.秋)、ホビージャパン2016年10月1日、 99頁、 ISBN 978-4-7986-1312-3

参考文献[編集]

  • 石井博士ほか 『日本特撮・幻想映画全集』 勁文社、1997年ISBN 4766927060

外部リンク[編集]