丸の内ピカデリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
丸の内ピカデリー1・2
Marunouchi Piccadilly 1・2
Yurakucyo-marion.jpg
丸の内ピカデリーがある有楽町マリオン
(中央側に1・2、右側に3)
情報
通称 ピカデリー1、ピカデリー2
完成 1984年
開館 1984年10月6日
開館公演 上海バンスキング(ピカデリー1)
ポリスアカデミー(ピカデリー2)
収容人員 (2館合計)1,388人
設備 ドルビーデジタルサラウンドEX、DTS
用途 映画上映
運営 松竹マルチプレックスシアターズ
所在地 100-0006
東京都千代田区有楽町2-5-1
有楽町センタービルルミネ側9階
位置 北緯35度40分25秒 東経139度45分48.3秒 / 北緯35.67361度 東経139.763417度 / 35.67361; 139.763417座標: 北緯35度40分25秒 東経139度45分48.3秒 / 北緯35.67361度 東経139.763417度 / 35.67361; 139.763417
アクセス JR有楽町駅東京メトロ銀座駅より徒歩1~2分
公式サイト 丸の内ピカデリー
丸の内ピカデリー3
Marunouchi Piccadilly 3
情報
通称 ピカデリー3
旧名称 丸の内松竹、丸の内プラゼール
完成 1987年
開館 1987年10月3日
開館公演 パッセンジャー 過ぎ去りし日々
パンダ物語 ピンピンの大冒険
客席数 540
設備 ドルビーデジタルサラウンドEX、DTS
用途 映画上映
運営 株式会社松竹マルチプレックスシアターズ
所在地 100-0006
東京都千代田区有楽町2-5-1
有楽町センタービル新館5階
アクセス JR有楽町駅、東京メトロ銀座駅より徒歩1~2分

丸の内ピカデリー(まるのうちピカデリー・Marunouchi Picadilly)は、東京都千代田区有楽町センタービル内にある松竹マルチプレックスシアターズが所有する映画館ルミネ側9階にピカデリー1とピカデリー2、新館5階にピカデリー3の3スクリーンを有し、松竹系列のチェーンマスターとして親しまれている。

本項ではピカデリーの前身となった劇場『邦楽座』時代からの歴史についても述べる。

歴史[編集]

  • 1924年7月:前身となる劇場『邦楽座』開業。
  • 1927年:パラマウント映画直営館として映画興行開始。
  • 1934年6月:『丸の内松竹』と改称し松竹キネマの封切館となる。
  • 1942年:戦時体制により設立された社団法人映画配給社」により“白系”に属される[1]
  • 1957年:改築により『丸の内ピカデリー』『丸の内松竹』の2館体制となる。
  • 1984年10月2日:再開発により旧館2館を閉鎖。この日に合わせ「グレート・メモリーズ」と題した名作上映会を行う。
  • 1984年10月6日:有楽町マリオンの西武百貨店(当時)側9階に『丸の内ピカデリー1・2』として再開業。
  • 1987年10月3日:有楽町マリオン新館5階に『丸の内松竹』開業。
  • 1999年6月12日:丸の内松竹が『丸の内プラゼール』に改称。
  • 2008年12月1日:丸の内プラゼールが『丸の内ピカデリー3』に改称。
  • 2011年3月1日:松竹本社から松竹マルチプレックスシアターズに経営移管される。

概要[編集]

時事新報」1928年8月3日付に掲載された邦楽座と東京館(後の東京クラブ、1991年閉館)の広告

1924年7月、東京都麹町区に『邦楽座』(ほうがくざ)として開場する[2]。当初は歌舞伎宝塚歌劇などを上演する芝居小屋だったが、1927年4月からパラマウント映画の直営館となり、映画興行を開始する[2]1928年には第1回アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した『つばさ』(監督ウィリアム・A・ウェルマン)が邦楽座で封切られている[2]徳川夢声率いる「ナヤマシ会」のメンバーだった牧野周一活弁を行ったこともあった。1930年、当館と同じ麹町区内に既存していた帝国劇場が松竹の洋画ロードショー館に転向。邦楽座と競合することになる[3]

その後パラマウント映画が松竹と洋画興行を統合したため松竹の経営に移り、のち松竹キネマの封切館に転換して1934年6月に『丸の内松竹』に改名[2]。帝国劇場がライバル会社・東宝の傘下となった1940年1月、館名を邦楽座に戻したものの[2]、戦後占領軍に接収されて『ピカデリー劇場』と名付けられる。接収解除後も丸の内ピカデリー劇場として、松竹洋画系の基幹劇場となっていた。1947年3月15日、麹町区は神田区と合併統合し、千代田区となる。

邦楽座時代からの初代建物は1957年に建て替えられ、「丸の内ピカデリー」「丸の内松竹」の2館体制となった。この年には東宝が自社ビル内に千代田劇場(後の日比谷映画)とみゆき座を新設[4]するなどしており、千代田区内の映画館は24スクリーンに増えていた[5]1961年12月23日封切の『ウエスト・サイド物語』(監督ロバート・ワイズジェローム・ロビンス)は、1963年5月17日まで509日間に及ぶロングラン上映記録を打ち立てている他、1982年12月4日にはスティーヴン・スピルバーグ監督の『E.T.』が同館をメインに封切られ、当時の興行成績を塗り替える大ヒットを記録している[6]

1984年、2代目の建物も有楽町センタービル(有楽町マリオン)の新館建設に伴い取り壊されることになったため、同年10月6日より、既に隣接地に完成していたマリオン本館の9階に移転。その後、約四半世紀の歴史を経て現在に至る。

2011年3月1日、松竹は映画興行部門をシネマコンプレックス「MOVIX」を運営する子会社の松竹マルチプレックスシアターズ(以下、SMT)に継承したため、現在はSMTの経営・運営となっている。その後もMOVIX系のシネコンと同様のサービスは行っていなかったが、2014年春にSMTが運営する映画館全館のサービス統一に伴いサービスの移行が始まり、同年5月21日に統一を完了している。

ギャラリー
邦楽座時代に上映したパラマウント作品『つばさ』(監督ウィリアム・A・ウェルマン、1927年制作)のポスター 
邦楽座時代の1931年2月25日に封切られた『モロッコ』(監督ジョセフ・フォン・スタンバーグ、1930年制作)。主演のゲイリー・クーパー(写真左)とマレーネ・ディートリヒ 

各館の特徴[編集]

丸の内ピカデリー1[編集]

有楽町ルミネ側ビルの9階。定員802人。常に洋画の大作が上映されているが、松竹系の邦画が上映される時もある。松竹東急系のチェーンマスターであり、特に松竹系では最大規模を誇る。

丸の内ピカデリー2[編集]

有楽町ルミネ側ビルの9階。定員586人。松竹東急系のチェーンマスター。主に松竹系の邦画を中心に上映している。

丸の内ピカデリー3[編集]

マリオン新館の5階。定員540人。洋画と邦画が交互に上映されている。松竹東急系のチェーンのチェーンマスター。1987年に邦画専用館丸の内松竹として開館。興行方針の変更により、1999年6月に丸の内プラゼールとなったのち、2008年12月に現在の名前になった。

丸の内松竹時代の主な上映作
丸の内プラゼール時代の主な上映作
丸の内ピカデリー3改名後

※ただし、ヒット予想の高い作品によっては、客入りなどで上映館が3館内で入れ変わることもたびたびある。

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『映画年鑑 昭和十七年版』、日本映画協会、1942年発行 p.10/24-36.
  2. ^ a b c d e 戦前期日本の映画館写真(2) - 東京・銀座 日比谷 有楽町篇”. NFCデジタル展示室. 東京国立近代美術館フィルムセンター (2013年9月4日). 2014年3月21日閲覧。
  3. ^ 昭和7年の東京市の映画館”. 中原行夫の部屋(原資料「キネマ旬報」). 2014年3月21日閲覧。
  4. ^ いずれも2005年に閉鎖・解体。現在はシアタークリエが立地。
  5. ^ 昭和32年の東京都の映画館”. 中原行夫の部屋(原資料「キネマ旬報」). 2014年3月21日閲覧。
  6. ^ 吉川明利「スピルバーグと「E.T.」、その時代」、『inxoticate』第100号、タワーレコード2012年11月2日2014年3月21日閲覧。

外部リンク[編集]