ドルビーアトモス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ドルビーアトモスのロゴ

ドルビーアトモス(Dolby Atmos)とは、ドルビーラボラトリーズ(Dolby Laboratories, Inc.)が開発したサラウンド記録再生方式である。従来の制作時にミキシングを行う方式ではなく、ミキシング前の三次元位置情報(パン情報)が含まれたマルチトラック(128本)を再生側でミックスして出力する方式である。アクースモニウムと同様に再生環境に多くのスピーカーを配置する。

メリダとおそろしの森は、2012年に発表した「ドルビーアトモス」を初めて導入した作品である。

2012年6月にロサンゼルスにあるドルビー・シアターに設置され、メリダとおそろしの森のワールドプレミア上映で初披露した。

技術[編集]

DOLBY ATMOS for Theater
劇場の広さと設備に応じ最大128個の音響素材を元にリアルタイムレンダリングを実施し、最大64chのスピーカー音響となる。ドルビーアトモスは既存のサラウンドとは異なり、3次元空間を独立した動きのあるサウンド(またはオブジェクト)を、よりクリアで、より正確に配置することが可能(音声情報として128個のトラックがあり、それぞれに三次元空間をパンできる位置情報が含まれている。それを再生環境側で合成して、適切なスピーカーへ出力している。)。
DOLBY ATMOS for Home
従来のチャンネルベース(5.1ch,7.1ch)のミキシング方式と、オブジェクトベースのダイナミックなオーディオミキシングを組み合わせ、精密な音の定位や移動を表現できることが特徴。スピーカーの配置は5.1.2ch(5.1chにオーバーヘッド(天井)又はトップスピーカー:OHSP×2ch),5.1.4ch,7.1.2ch,7.1.4ch,9.1.6chまで可能。(出力されるスピーカーの数はAVアンプ側による。)また天井スピーカーの設置が困難な環境の場合、「ドルビーイネーブルドスピーカー」(ユニットが斜め上の天井を向いたスピーカー)を既存の5.1chのフロントスピーカーの上に設置することで、ユニットから天井に向けて音を出し、反射させることで天井から聴こえるようにする事が可能。
規格媒体はBlu-ray Disc,Ultra HD Blu-ray, Kindle Fire HD, Windows10, Xbox One, そしてNETFLIXであり、ドルビーTrueHD又はドルビーデジタルプラスの拡張規格として記録が可能。ドルビーアトモス非対応の再生機器ではドルビーアトモスの拡張機能は無視され、基本部分のドルビーTrueHD(7.1ch)、ドルビーデジタルプラス(7.1ch)、ドルビーデジタル(5.1ch,2ch)のみが再生される。
DOLBY ATMOS for Headphone

ドルビーアトモスが導入された劇場[編集]

国内
  • イオンシネマ
    • イオンシネマ幕張新都心
    • イオンシネマ名古屋茶屋
    • イオンシネマ京都桂川
    • イオンシネマ和歌山
    • イオンシネマ岡山
  • TOHOシネマズ
    • TOHOシネマズ梅田
    • TOHOシネマズくずはモール
    • TOHOシネマズ新宿
    • TOHOシネマズ日本橋
    • TOHOシネマズ日比谷
    • TOHOシネマズ六本木ヒルズ
    • TOHOシネマズららぽーと船橋
    • TOHOシネマズ柏
    • TOHOシネマズ仙台
    • TOHOシネマズららぽーと富士見
    • TOHOシネマズ赤池
    • TOHOシネマズアミュプラザおおいた
  • スターシアターズ
    • シネマQ
    • シネマライカム


ドルビーアトモスが搭載されたAV機器[編集]

4Kテレビ
AVアンプ
サウンドバー

ドルビーアトモスが導入されたスタジオ[編集]

国内

ドルビーアトモスが導入された配信サービス[編集]

ドルビーアトモスが採用された作品[編集]

洋画
邦画
海外TV
国内TV
海外インターネット配信
国内インターネット配信
コンピュータゲーム

脚注[編集]

関連項目[編集]