コロナワールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社コロナワールド
Korona World 1.jpg
コロナワールド本社
本社所在地 日本の旗 日本
485-0048
愛知県小牧市間々本町200番地
北緯35度17分46.8秒 東経136度54分41.2秒 / 北緯35.296333度 東経136.911444度 / 35.296333; 136.911444座標: 北緯35度17分46.8秒 東経136度54分41.2秒 / 北緯35.296333度 東経136.911444度 / 35.296333; 136.911444
設立 1989年3月
業種 サービス業
法人番号 5180001075795 ウィキデータを編集
事業内容 総合アミューズメント施設経営
代表者 室橋義隆(代表取締役社長) 
従業員数 3,100名(グループ計)
決算期 7月
外部リンク http://www.korona.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社コロナワールド(Korona World)は、同名の複合型娯楽施設、及びシネマコンプレックスコロナシネマワールド(Korona Cinema World)などを運営する日本愛知県の企業。

概要[編集]

1926年(大正15年)に愛知県江南市にて映画館新盛館」として創業。その後、1973年(昭和48年)に同市で「江南コロナ会館」と呼ばれる遊技場を開設。そして、1980年(昭和55年)に小牧市で映画館と遊技場を一体化した「小牧コロナ会館」を開館した。

以後、パチンコ店・カラオケ場・ボウリング場・外食施設・漫画喫茶スーパー銭湯(コロナの湯)など様々な施設を手がけ、これらの施設を集めた複合娯楽施設を「コロナワールド」名で展開している。

2021年9月現在、全国9県に16店舗を展開している。

コロナシネマワールド[編集]

独立系では日本最大のシネマコンプレックス(以下、シネコン)チェーン企業となっている。

特徴としては、週末のみならず平日においても深夜12時を過ぎての上映が設定されることや、遊戯施設の一角にシネコンが入居するという形態を取っている(日本国内において郊外に建設されるシネコンの大多数は、ショッピングセンターに併設する形態を取る)こと、出張上映の事業も行っていることなどが挙げられる。また、2013年4月には、体感型上映システムである「4DX」を日本初導入した。

店舗[編集]

東北[編集]

  • 仙台コロナワールド宮城県仙台市宮城野区
    • 東日本大震災による被害の影響で一時休館。その後2012年3月から温浴施設を大江戸温泉物語へ、スポーツ施設を同年5月からソプラティコへ、アミューズメント施設を同年6月からセガ エンタテインメントフェドラの共同へ[1]、ミニレストランスペースを同年7月からサンヨーライフへ、カラオケ店を同年11月からエターナルブライダルへそれぞれ運営委託して営業再開。2012年11月現在、パチンコ店、ボウリング場、温浴施設、スポーツ施設、アミューズメント施設、ミニレストランスペース、カラオケ店およびビジネスホテルは営業しており[2]、一部施設は休業・閉鎖している。
    • 映画館:12スクリーン、1826席
    • ボウリング場:30レーン

関東[編集]

小田原コロナワールド
  • 小田原コロナワールド神奈川県小田原市
    • 映画館:10スクリーン、1531席、4DX導入
    • ボウリング場:26レーン

中部[編集]

大垣コロナワールド
春日井コロナワールド
福井コロナワールド
  • 大垣コロナワールド岐阜県大垣市イオンタウン大垣併設)
    • 映画館:10スクリーン、1551席、4DX導入
    • ボウリング場:30レーン
  • 小牧コロナワールド愛知県小牧市
    • 映画館:10スクリーン、1032席、1997年7月12日改装
    • ボウリング場:28レーン
  • 春日井コロナワールド(愛知県春日井市
    • 2017年2月26日をもってシネコン閉館。他施設(パチンコ)は営業継続
    • 映画館:8スクリーン、878席
  • 江南コロナワールド(愛知県江南市
    • 2011年9月25日をもってシネコン閉館。他施設は営業継続
    • 映画館:6スクリーン、567席
  • 半田コロナワールド(愛知県半田市
    • 2019年5月12日をもってシネコン閉館。他施設は営業継続
    • 映画館:11スクリーン、1617席
    • ボウリング場:28レーン
  • 中川コロナワールド(愛知県名古屋市中川区
    • 映画館:12スクリーン、1773席、2013年4月26日改装、日本初4DX導入
    • ボウリング場:32レーン
  • 豊川コロナワールド(愛知県豊川市
    • 映画館:10スクリーン、1414席(リニューアル前は8スクリーン)、4DX導入
    • ボウリング場:28レーン
  • 豊田コロナワールド(愛知県豊田市
    • 映画館は現在設置されていない(以前は2スクリーンの映画館があった)
  • 安城コロナワールド(愛知県安城市
    • 映画館:10スクリーン、1572席、4DX導入
    • ボウリング場:30レーン
  • 金沢コロナワールド石川県金沢市アピタタウン金沢ベイ併設)
    • 映画館:10スクリーン、1489席、4DX導入
    • ボウリング場:30レーン
  • 福井コロナワールド福井県福井市アピタ福井大和田店併設)
    • 映画館:10スクリーン、1609席
  • 沼津コロナワールド (静岡県沼津市ららぽーと沼津内)
    • ボウリング場:26レーン
    • 映画館は展開せず、代わりに佐々木興業のシネマサンシャインがららぽーと沼津に入居している。

中国[編集]

九州[編集]

かつて存在した店舗[編集]

青森コロナワールド
  • 青森コロナワールド青森県青森市ガーラタウン内)
    • 映画館:8スクリーン、1434席 3D導入
    • 2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災)の影響による地殻変動で温泉が枯れてしまったため、地震発生後から休業し、同年7月をもって閉鎖された。なお、温泉跡地はカラオケボックスとなっている。
    • 貸賃借契約の満了に伴い2021年7月25日にパチンコ青森コロナ、青森メトロポリス、カラオケスタジオスタジオコロナ青森店が閉店。2021年8月29日に青森コロナシネマワールド閉店[3]
  • 太田コロナワールド(群馬県太田市
    • 2012年3月31日をもって全館閉館。施設全体を同年4月から群馬県高崎市に本社があるパチンコチェーン「NEXUS」が引き継ぎ[4]、「太田スマイルタウン」として再オープンした。パチンコホール・温浴施設・インターネットカフェ等を自社にて運営する。
    • 映画館:9スクリーン、1174席
  • 高崎コロナワールド群馬県高崎市
    • 映画館は設置されていない
  • 泉コロナワールド(宮城県仙台市泉区
    • 東日本大震災で甚大な被害を受け、2011年3月11日以降休館した。震災の影響による地殻変動で温泉が枯れた(近隣の温泉にも同被害あり)。復旧を検討していたが本館は同年10月にそのまま閉館することを決定した。別館のパチンコ店のみ同年12月営業再開。2017年10月29日にパチンコ店も閉店し全館営業終了[5]
    • 映画館:10スクリーン
    • ボウリング場:28レーン

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 新店舗OPENのお知らせフェドラ 2012年6月1日
  2. ^ 【重要】仙台・泉コロナワールド 今後の営業に関するお知らせコロナグループ、2012年12月15日閲覧
  3. ^ 【重要】青森コロナワールド 閉店のお知らせ | What’s New(最新情報) | 映画・パチンコ・天然温泉など複合エンターテインメント施設コロナワールド”. www.korona.co.jp. 2021年9月2日閲覧。
  4. ^ 閉店の太田コロナワールド 来月パチンコホールに 群馬MSN産経ニュース 2012年3月27日
  5. ^ パチンコ泉コロナ 閉店のお知らせ コロナワールド公式サイト

外部リンク[編集]