マタハリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社マタハリーホールディングス
MATAHARI Holdings co.,ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
212-0013
神奈川県川崎市幸区堀川町580-16
川崎テックセンター19階
設立 2020年4月1日
業種 サービス業
法人番号 3020001135609
事業内容 複合エンターテイメント企業の持株会社としてグループの経営管理及びそれに付帯する業務
代表者 代表取締役社長 山中康敬
資本金 1,000万円
決算期 3月31日
主要子会社 (株)マタハリー 100%
(株)マタハリーエンターテイメント 100%
(株)ビーリンク 100%
外部リンク https://www.matahari.co.jp/mhd/
テンプレートを表示
株式会社マタハリー
MATAHARI co.,ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
212-0013
神奈川県川崎市幸区堀川町580-16
川崎テックセンター19階
設立 1960年2月25日
(株式会社マタハリー電気商会)
業種 サービス業
法人番号 3020001074567
事業内容 パチンコホールの企画・開発・運営
代表者 代表取締役社長 山中康敬
資本金 9,900万円
発行済株式総数 456,000株
純利益 52億9341万円(2020年3月期)[1]
総資産 1047億9123万4000円(2020年3月31日現在)[1]
決算期 3月31日
主要株主 (株)マタハリーホールディングス 100%
外部リンク http://www.matahari.co.jp/
テンプレートを表示
株式会社マタハリーエンターテイメント
MATAHARI-ENTERTAINMENT co.,ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
212-0013
神奈川県川崎市幸区堀川町580-16
川崎テックセンター19階
設立 2016年6月
業種 サービス業
法人番号 3020001116708
事業内容 アミューズメント施設の企画・開発・運営
代表者 代表取締役社長 山中康敬
資本金 1,000万円
決算期 3月31日
主要株主 (株)マタハリーホールディングス 100%
外部リンク http://matahari-entertainment.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社マタハリーとは、パチンコパチスロ店を運営する会社。本社は神奈川県川崎市幸区

かつてはゲームセンターネットカフェ事業を直営で行っていたが、2016年に株式会社マタハリーエンターテイメントへ分社化された[2]。家電販売も手掛けていたが、現在は撤退している。

2020年4月1日に持株会社制へ移行。マタハリー、マタハリーエンターテイメント、ビーリンクの3社は、同日付で設立されたマタハリーホールディングスの子会社となった。

沿革[編集]

店舗[編集]

出店地域は川崎駅周辺から神奈川県全域、東京・千葉・埼玉に展開している。

運営施設[編集]

マタハリー直営[編集]

パチンコ
  • PIA
  • ロペステーション
  • サントロペ

マタハリーエンターテイメントが運営[編集]

ゲームセンター
  • AM PIA
  • シルクハット
  • AMサントロペ
  • GIO
ネットカフェ
  • NEW NEW

過去の運営施設[編集]

自社開発メダルゲーム[編集]

  • チャレンジカップ (1976年)
  • オートレース1号機 (1981年)
  • オートレースマークⅡ (1982年)
  • ハリーレーサー(1987年) 競輪をモチーフとした中型マスメダル。他社店舗にも広く設置された。
  • ポーカーフェイス(1998年) コンピューターと対戦する一人用ポーカー。相手の目の部分だけが画面に表示されており手札によって目が光るなどのギミックがある。シグマとの共同開発。
  • スーパー・エキサイティング・ボートゲーム(1993年) 大型のマスメダルゲーム。当時設置されていたセガ製ボートレースと異なりフリートラックではないものの、倍以上の速度で走行する。

脚注[編集]

  1. ^ a b 株式会社マタハリー 第61期決算公告
  2. ^ 株式会社マタハリーエンターテイメント国税庁法人番号公表サイト
  3. ^ 子会社の会社分割(吸収分割)及び孫会社の株式譲渡に関するお知らせセガサミーホールディングス 2016年1月29日
  4. ^ 吸収分割公告セガ エンタテインメント2016年1月29日

外部リンク[編集]