三精テクノロジーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三精テクノロジーズ株式会社
Sansei Technologies, Inc.
種類 株式会社
市場情報
本社所在地 日本の旗 日本
532-0003
大阪府大阪市淀川区宮原四丁目3番29号
設立 1951年2月27日
(三精輸送機株式会社)
業種 機械
法人番号 3120901006634 ウィキデータを編集
事業内容 舞台機構、遊戯機械、昇降機、特殊機構の製造、保守改修
代表者 良知昇(代表取締役社長
資本金 32億5100万円(2019年3月期)
発行済株式総数 1933万2057株
売上高 連結:527億9400万円
単独:203億4800万円
(2019年3月期)
営業利益 連結:43億1900万円
単独:3億8200万円
(2019年3月期)
経常利益 連結:42億8400万円
単独:14億1600万円
(2019年3月期)
純利益 連結:27億4600万円
単独:12億4700万円
(2019年3月期)
純資産 連結:304億8100万円
単独:214億9400万円
(2019年3月期)
総資産 連結:691億8800万円
単独:467億1400万円
(2019年3月期)
従業員数 連結:1134人
単独:277人
(2019年3月31日現在)
決算期 毎年3月31日
会計監査人 新日本有限責任監査法人
主要株主 鳥海節夫 8.58%
ゴールドマン・サックス 6.09%
日本トラスティ・サービス信託銀行 5.54%
京阪神ビルディング 4.49%
三井住友銀行 4.37%
(2019年3月31日現在)
主要子会社 (株)サンセイメンテナンス 100%
サンセイメンテナンス(株) 100%
サンセイファシリティーズ(株) 100%
(株)サンエース 100%
(株)テルミック 100%
S&S Worldwide, Inc. 100%
Vekoma Rides B.V. 100%
外部リンク https://www.sansei-technologies.com/
テンプレートを表示

三精テクノロジーズ株式会社(さんせいテクノロジーズ、: Sansei Technologies, Inc.)は、舞台設備や遊戯機械、エレベーター等の設計・製造を行う日本企業である。

概要[編集]

舞台機構・遊戯機械・昇降機の3事業をコアとしており、企画・設計・製作・施工・保守・改修までを一貫して手掛けることで、「笑顔と感動、そして安全で快適なくらし」を提供するとしている[1]。設立当初はエレベーターなどの輸送機械の製造が主力事業だったが、現在は舞台機構や遊戯機械に軸足が移っている[2]

社名の三精とは、太陽・月・星の3つの天体を指し、広大無辺の宇宙のように、大きく成長したいという願望をこめたものである[3]

遊戯機械事業において世界トップレベルのシェアを誇り[4]、国内外問わず幅広い納入実績がある。また、売上高でも米国S&S WorldwideオランダVekoma Ridesを合わせたグループ3社で世界トップである[5]。舞台機構事業は官公庁向けで6割、民間向けでは9割以上の国内シェアを握る[6]

遊戯機械の多くは国内のテーマパーク遊園地向けに製造しており、1952年に日本で初めてとなる国産ジェットコースター「ウェーブコースター」を宝塚新温泉(後の宝塚ファミリーランド)に納入した[7]。また、ウォルト・ディズニー・イマジニアリングユニバーサル・パークス&リゾーツは最大の得意先であり、世界各地のディズニーパークやユニバーサル・スタジオ・テーマパークに同社の遊戯機械が納入されている。

舞台機構は創業翌年の1952年より製造を開始し、舞台機構の老舗メーカーとして日本を代表する劇場や文化ホールの多くと取引がある。1958年に舞台機構をフェスティバルホールに納入し、舞台機構メーカーとしての基盤を築いた[注釈 1]。以降、関西の宝塚大劇場国立文楽劇場、東京の帝国劇場歌舞伎座など約2千の劇場やホールに舞台装置を納入している。2016年1月に開業したロームシアター京都には、ワイヤロープを巻き取るドラムを横型から縦型に変えた省スペースの装置を初納入した[8]

昇降機事業では、新国立劇場の高さ11mのエレベーターがギネス世界記録に認定されているなど[9]、特色のある製品を多く製造している。

1970年大阪万博では、エレベーターやエスカレーター動く歩道をはじめ、舞台機構やジェットコースター、急流すべりなどの各種遊戯機械を多数提供しているほか、モントリオール万博つくば博、21世紀都市博、横浜博国際花と緑の博覧会愛・地球博での実績も豊富である[10]

沿革[編集]

  • 1951年2月27日 - エレベーター・コンベアー・ロープウェイ・遊戯機械・その他各種輸送機械の製造販売を主たる業務として、東京都港区芝田村町に本社を、大阪市城東区蒲生町に工場を設け資本金40万円にて設立、発足した。
  • 1952年2月 - 機械と繊維取扱いの株式会社三精商会を吸収合併。
  • 1952年3月 - 舞台機構の設計製作を開始。
  • 1956年3月 - 大阪市城東区今福中二丁目に本社を移転し、前本社を東京事務所とした。
  • 1964年11月 - 大阪証券取引所市場第二部に株式を上場。
  • 1968年12月 - 大阪市城東区茨田諸口町(従来の第2工場)に本社を移転。
  • 1972年6月 - 同社所有三精ビルの管理業務を担当する三精不動産設備株式会社(現・連結子会社)設立。
  • 1973年6月 - 京都府福知山市長田野工場団地に福知山工場を建設。
  • 1973年12月 - 大阪府吹田市江坂町に本社移転。
  • 1975年5月 - 中部以西地域のメンテナンス業務を担当する株式会社サンセイメンテナンス(現・連結子会社)設立。
  • 1975年7月 - 関東以北地域のメンテナンス業務を担当するサンセイメンテナンス株式会社(現・連結子会社)設立。
  • 1976年10月 - レジャー・サービス業務を担当する株式会社サンエース(現・連結子会社)設立。
  • 1997年6月 - 福知山工場の荷造発送業務を担当する福知山三精株式会社設立。
  • 2003年8月 - 福知山三精株式会社を経営効率の向上のため、三精不動産設備株式会社を存続会社として合併。
  • 2005年11月 - 遊戯施設営業部門を株式会社サンエースに営業譲渡。
  • 2006年4月 - 株式会社サンエースの小型遊戯施設営業部門を営業譲渡。
  • 2008年5月 - 設計・製造・研究開発を一体化した神戸事業所を神戸市北区に開設に伴い福知山工場閉鎖。
  • 2011年6月 - 株式会社サンセイメンテナンスを完全子会社化。
  • 2012年5月 - テレビ局・コンサート会場等において電飾・機械装置の製作・施工・操作を手掛ける株式会社テルミックを完全子会社化(現・連結子会社)。
  • 2012年7月 - 米国内において、持株会社 Sansei Technologies Inc.を設立(現・連結子会社)。
  • 2012年11月 - 遊戯機械の設計・製造・施工・販売を手掛ける米国企業 S&S Worldwide, Inc.を完全子会社化(現・連結子会社)。
  • 2014年1月 - 三精テクノロジーズ株式会社に社名変更。
  • 2015年1月 - 保守改修部門を含め、本社機能を吹田市江坂町から大阪市淀川区へ移転・統合。
  • 2018年3月 - 遊戯機械の設計・製造・施工・販売を手掛けるオランダ企業 Vekoma Rides B.V.を完全子会社化(現・連結子会社)。

主な製品[編集]

舞台機構
遊戯機械
  • 急流すべり
  • ジェットコースター
  • 回転型ライド
  • ファミリーライド他
  • ミニコースター
  • ダークライド
昇降機
  • 階段室型エレベーター
  • 住宅用エレベーター
  • エスカレーター
  • 乗用エレベーター
  • 特殊エレベーター
  • 寝台用エレベーター
  • 荷物用エレベーター
特殊機構

主な納入実績[編集]

舞台機構[編集]

官公庁[編集]

など

民間[編集]

など

海外[編集]

など

遊戯機械[編集]

以下は、同社子会社のS&S WorldwideとVekoma Ridesが設計・製造した納入先も含む。

国内[編集]

など

海外[編集]

など

昇降機[編集]

など

特殊機構[編集]

など

事業拠点[編集]

  • 本社・事業所・支店
本社(大阪府大阪市)、神戸事業所(兵庫県神戸市)、東京支店(東京都新宿区)、東京支店分室(東京都江東区
  • 営業所
札幌営業所(北海道札幌市)、青森営業所(青森県青森市)、秋田営業所( 秋田県秋田市)、仙台営業所(宮城県仙台市)、金沢営業所(石川県金沢市)、名古屋営業所(愛知県名古屋市)、広島営業所(広島県広島市)、九州営業所(福岡県福岡市
  • サービスセンター
東日本集中監視センター( 東京都新宿区 )、西日本集中監視センター(大阪府大阪市)

関連会社[編集]

  • 株式会社サンセイメンテナンス - 西日本地区保守改修工事
  • サンセイメンテナンス株式会社 - 東日本地区保守改修工事
  • サンセイファシリティーズ株式会社 - 不動産管理、製品発送業務、輸送機械の組立
  • 株式会社サンエース - 業務施設運営管理
  • 株式会社テルミック - テレビ・舞台・イベント・コンサート等の電気・機械装置の設計・製作・施工及び操作
  • S&S Worldwide, Inc. - 遊戯機械の設計、製造、施工、販売
  • Vekoma Rides B.V. - 遊戯機械の設計、製造、施工、販売

注釈[編集]

  1. ^ 同社は2013年のリニューアル時にも舞台機構を手掛けている。

脚注[編集]

  1. ^ 社長メッセージ|企業情報|遊戯機械 舞台機構 昇降機 の三精テクノロジーズ” (日本語). www.sansei-technologies.com. 2018年6月27日閲覧。
  2. ^ “三精輸送機が社名変更 14年1月、「三精テクノロジーズ」に” (日本語). 日本経済新聞 電子版. https://www.nikkei.com/article/DGXNASDD100QK_Q3A510C1TJ2000/ 2018年6月28日閲覧。 
  3. ^ 三精輸送機|由来.jp”. www.yurai.jp. 2019年2月11日閲覧。
  4. ^ “なぜ “爆誕”できたのか。クレイジーな乗用人型変形ロボット「J-deite RIDE」開発ストーリー(前編)” (日本語). Z TOKYO. https://ztokyo.net/articles/j-deite2018_01/ 2018年7月11日閲覧。 
  5. ^ “日米欧の“遊園地”攻略、世界トップに躍り出た日本企業” (日本語). ニュースイッチ. https://newswitch.jp/p/14400 2018年9月12日閲覧。 
  6. ^ “三精テクノ、舞台機構を標準化−コスト2割低減”. 日刊工業新聞電子版. https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00290255 2018年7月7日閲覧。 
  7. ^ 三精ライブラリー|企業情報|遊戯機械 舞台機構 昇降機 の三精テクノロジーズ” (日本語). www.sansei-technologies.com. 2018年6月27日閲覧。
  8. ^ “昇降1万回 演出磨く黒子 三精テクノの舞台研究棟(ここに技あり)” (日本語). 日本経済新聞 電子版. https://www.nikkei.com/article/DGXLASHD04H34_V00C16A7AA2P00/ 2018年9月3日閲覧。 
  9. ^ 三精ライブラリー|企業情報|遊戯機械 舞台機構 昇降機 の三精テクノロジーズ” (日本語). www.sansei-technologies.com. 2018年7月4日閲覧。
  10. ^ 「大阪万博」へ本腰、なるか五輪→万博“高度成長”の方程式 <株探トップ特集> | 株探ニュース” (日本語). kabutan.jp. 2018年7月10日閲覧。

外部リンク[編集]