マーベラス (企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社マーベラス
Marvelous Inc.
Marvlogo-20140320.png
Shinagawa seaside east tower 2009.JPG
種類 株式会社
市場情報
東証1部 7844
2005年3月9日上場
略称 マベ
本社所在地 日本の旗 日本
140-0002
東京都品川区東品川4丁目12番8号
品川シーサイドイーストタワー
北緯35度36分33.3秒 東経139度44分55.8秒 / 北緯35.609250度 東経139.748833度 / 35.609250; 139.748833座標: 北緯35度36分33.3秒 東経139度44分55.8秒 / 北緯35.609250度 東経139.748833度 / 35.609250; 139.748833
設立 1997年6月25日(株式会社マーベラスエンターテイメント)
業種 情報・通信業
法人番号 3010701022537 ウィキデータを編集
事業内容 映像音楽ソフトの企画・製作・販売
ゲームソフトの企画・製作・販売
劇場演芸の企画・制作・興行
代表者 許田周一代表取締役社長
資本金 11億2800万円
(2020年3月31日現在)[1]
発行済株式総数 5359万3100株
(2020年3月31日現在)[1]
売上高 連結: 253億6500万円
単独: 218億9000万円
(2020年3月期)[1]
営業利益 連結: 24億4900万円
単独: 21億1100万円
(2020年3月期)[1]
経常利益 連結: 25億200万円
単独: 61億1500万円
(2020年3月期)[1]
純利益 連結: 17億9700万円
単独: 35億2600万円
(2020年3月期)[1]
純資産 連結: 200億9900万円
単独: 185億4400万円
(2020年3月31日現在)[1]
総資産 連結: 262億3800万円
単独: 240億6200万円
(2020年3月31日現在)[1]
従業員数 連結: 535人 単独: 479人
(2020年3月31日現在)[1]
決算期 3月31日
会計監査人 有限責任あずさ監査法人[1]
主要株主 Image Frame Investment (HK) Limited 20.00%
中山隼雄 14.98%
中山晴喜 9.04%
株式会社アミューズキャピタル 6.35%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口) 3.07%
株式会社アミューズキャピタルインベストメント 3.02%
株式会社日本カストディ銀行(信託口9) 2.16%
ガバメント オブ ノルウェー 1.78%
株式会社日本カストディ銀行(信託口) 1.75%
バンク オブ ニューヨーク ジーシーエム クライアント アカウント ジェイピーアールディ アイエスジー エフイー-エイシー 1.31%
(2020年9月30日現在)[2]
主要子会社 Marvelous USA,Inc. 100.0%
株式会社ジー・モード 99.9%
Marvelous Europe Limited 100.0%
株式会社デルファイサウンド 100.0%
株式会社HONEY PARADE GAMES 100.0%[1]
関係する人物 中山晴喜(創業者)
泉水敬(元副社長)
外部リンク https://corp.marv.jp/
テンプレートを表示

株式会社マーベラス: Marvelous Inc.[3])は、オンラインゲームゲームソフトの企画・制作・販売を主な事業内容とする日本の企業。

アニメやコミック等の知的財産権を活用した幅広いコンテンツの創出・制作を得意としている。

マーベラス
MARVELOUS!
親会社マーベラス
設立1997年6月25日
設立者中山晴喜
現況アニメ(プリキュアミュージカル・テニスの王子様シリーズ等)ゲームにおける主題歌・サウンドトラック・映像作品の制作・発売
販売元ソニー・ミュージックソリューションズ(主にCD(シングル、アルバム、サウンドトラック)の作品)
ポニーキャニオン(主にDVDブルーレイの作品)
エイベックス・エンタテインメント
KADOKAWA
(旧メディアファクトリー)
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
ジャンルアニメゲームJ-POP
日本の旗 日本
本社所在地東京都品川区
公式サイトhttps://www.marv.jp

概要[編集]

1997年6月25日セガのキャラクター部で商品化獲得営業をしていた中山晴喜がキャラクター資産を活用したビジネスを行う目的で株式会社マーベラスエンターテイメントを設立。

2011年10月1日、元セガ代表取締役社長である中山隼雄が設立したAQインタラクティブ(旧キャビア)とライブウェアの2社を吸収合併し、商号を株式会社マーベラスAQL(マーベラスエーキューエル)に変更[4]

2014年7月1日、社名を株式会社マーベラスに変更[5]

沿革[編集]

  • 1997年
  • 1998年10月 - テレビアニメのビデオソフトを発売し映像事業に進出。
  • 1999年
    • 8月 - 業務用ゲームソフトの販売を開始し、ゲームソフト事業を開始。
    • 11月 - 家庭用ゲームソフトの発売を開始。コンシューマゲーム事業へ進出。
  • 2000年
    • 3月 - 港区南麻布に本社を移転。株式会社キャビアを設立。
    • 7月 - アミューズメント事業を開始。
  • 2001年
  • 2002年11月 - JASDAQ上場。株式会社キャビア、株式会社スカラベを子会社化。
  • 2003年
  • 2004年
  • 2005年
    • 3月 - 東京証券取引所2部上場。株式会社キャビア、株式会社スカラベを完全子会社化し、商号を株式会社フィールプラスに変更。
    • 4月 - 株式会社マーベラススタジオ(現・株式会社デルファイサウンド)を設立。
    • 5月 - アメリカ合衆国において、Marvelous Entertainment USA, Inc.を設立。
    • 6月 - 株式会社マーベラスライブウェアの商号を株式会社ライブウェアに変更。株式会社キャビア、株式会社アートゥーンを完全子会社化。
    • 10月 - 株式会社キャビア、商号を株式会社AQインタラクティブに変更。
  • 2006年4月有限会社アートランド(現・株式会社アートランド)、有限会社ランタイム(現・株式会社ランタイム)を完全子会社化。
  • 2007年
    • 4月 - マーベラス音楽出版を吸収合併。
    • 6月 - マーベラスインタラクティブを吸収合併。アミューズメント施設の内、5店舗を株式会社マッドを会社分割で設立の上、株式会社マッド全株式をアトラス(旧社)へ譲渡[6]。株式会社AQインタラクティブ、XSEED JKS, Inc.を連結子会社化。
    • 7月 - 残るアミューズメント施設3店舗を株式会社ザ・サードプラネット(後の株式会社サードプラネット)へ譲渡し、アミューズメント施設事業から撤退[7]。株式会社AQインタラクティブ、アミューズメント事業を開始。
  • 2008年
    • 3月 - 株式会社AQインタラクティブ、東証2部に上場。
    • 4月 - 株式会社ランタイムを吸収合併。
    • 5月 - AQインタラクティブ、株式会社マイクロキャビンを連結子会社化。
    • 7月 - 株式会社ライブウェア、株式会社ライブシステムズを子会社化。
  • 2009年
    • 4月 - AQインタラクティブ、ネットワークコンテンツ事業を開始。株式会社リンクシンクを連結子会社化。
    • 7月 - 東京都品川区東品川に本社を移転。
    • 11月 - 株式会社リンクシンクを完全子会社化。
  • 2010年 1月 - 株式会社デルファイサウンドRising Star Games Limitedの全株式をThunderfulに譲渡。
  • 2011年
    • 1月 - 株式会社マイクロキャビンの株式を譲渡し連結除外。
    • 3月 - 株式会社ライブウェア、株式会社デルファイサウンドを子会社化。
    • 8月 -[AQインタラクティブ、株式会社キャビア、株式会社アートゥーン、株式会社フィールプラス3社を吸収合併。
    • 10月 - 株式会社AQインタラクティブ と株式会社ライブウェアを吸収合併。商号を株式会社マーベラスAQLに変更。
  • 2012年
    • 4月 - イギリスにおいて、MAQL Europe Limited(現・Marvelous Europe Limited)を設立。
    • 11月1日 - 東京証券取引所1部へ指定替え。
  • 2013年
  • 2014年7月1日 - 商号を株式会社マーベラスに変更。
  • 2015年
  • 2017年
  • 2019年6月18日 - 同日の定時株主総会をもって中山晴喜(代表取締役会長兼社長CEO)が退任。後任として、許田周一(同日まで取締役副会長・執行役員)が代表取締役に就任。なお中山は体調不良が続いているため同日をもってマーベラス社の経営を離れ、休養に専念する[11]
  • 2020年5月25日 - 中国・テンセント子会社のImage Frame Investmentとの業務資本提携を発表。第三者割当増資を行うとともにアミューズキャピタル・中山隼雄の賛同を得る形で保有株式の譲渡を行い、Image Frame Investmentが発行済み株式20%を保有する筆頭株主に、マーベラスはテンセントの持分法適用会社になる。今後協議を経てテンセントグループ入りもあるともしている[12][13]

主な役員[編集]

主な作品履歴[編集]

テレビアニメ[編集]

2000年代前半[編集]

2000年代後半[編集]

2010年代[編集]

2020年代[編集]

オリジナルビデオアニメ[編集]

劇場アニメ[編集]

プリキュアレギュラーシリーズ映画

プリキュアクロスオーバー映画

その他

音楽制作[編集]

DVD発売[編集]

家庭用ゲーム[編集]

所属アーティスト[編集]

かつて在籍していたアーティスト[編集]

グループ企業・出資企業[編集]

(カッコ内は主力事業内容)

  • 株式会社ジー・モード(オンラインゲーム開発事業)
  • 株式会社デルファイサウンド(アニメーションの音響制作事業・録音スタジオ運営事業) ※旧株式会社マーベラススタジオ
  • 株式会社リンクシンク(ソーシャルゲーム開発事業)
  • Marvelous USA, Inc.(北米でのオンラインゲーム事業・家庭用ゲームソフト販売事業) ※「XSEED Games」のブランドで事業を展開する
  • Marvelous Europe Limited(欧州でのオンラインゲーム事業・家庭用ゲームソフト販売事業)

かつて存在したグループ企業[編集]

  • 現マーベラス傘下
    • 株式会社アートランド - 2015年にマーベラスに吸収合併
    • 株式会社エンタースフィア - 2013年に子会社化、2015年に株式譲渡しグループ離脱、2017年に破産申請
    • 旧マーベラスAQL - (現・マーベラスへ商号変更)
      • 旧マーベラスエンターテイメント - 2011年 マーベラスAQLに経営統合、以下傘下
        • 株式会社マーベラス音楽出版 - 2007年 マーベラスエンターテイメントに吸収合併
        • 株式会社マーベラスインタラクティブ - 2007年 マーベラスエンターテイメントに吸収合併
      • 旧AQインタラクティブ - 2011年 マーベラスAQLに経営統合、以下傘下
      • 株式会社ライブウェア - 2011年 マーベラスAQLに経営統合

主な販売委託先[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k 株式会社マーベラス (2020-06-18). 第23期(2019年4月1日 - 2020年3月31日)有価証券報告書 (Report). 
  2. ^ 株式会社マーベラス (2020-11-05). 第24期第2四半期(2020年7月1日 - 2020年9月30日)四半期報告書 (Report). 
  3. ^ 株式会社マーベラス 定款 第1章第1条
  4. ^ マーベラスエンターテイメントとAQインタラクティブ、ライブウェアが合併 新会社「マーベラスAQL」に,ITmedia,2011年5月10日
  5. ^ 商号変更及び定款一部変更に関するお知らせ マーベラスAQL,2014年3月20日
  6. ^ 会社分割によるアミューズメント事業部門の一部分社化並びに新設株式会社株式譲渡についてマーベラスエンターテイメント 2007年3月20日
  7. ^ アミューズメント事業部門の一部事業譲渡に関するお知らせマーベラスエンターテイメント 2007年3月20日
  8. ^ 当社子会社によるIndex Digital Media,Inc.(米国)のオンラインゲーム事業取得に関するお知らせ 株式会社マーベラスAQL,2013年4月1日
  9. ^ 連結子会社の吸収合併(簡易合併・略式合併)に関するお知らせ,株式会社マーベラス,2015年2月20日
  10. ^ 株式会社ジー・モードの株式取得(子会社化)に関するお知らせ,株式会社マーベラス,2015年3月13日
  11. ^ 代表取締役の異動および役員人事に関するお知らせ 株式会社マーベラス,2019年5月13日
  12. ^ マーベラスが中国テンセント傘下入りへ テンセント子会社Image Frame Investmentが筆頭株主に 新株発行で約49億円を調達,Social Game Info,2020年5月25日
  13. ^ マーベラス、テンセントの完全子会社と資本業務提携に係る契約を締結,GAME Watch,2020年5月25日
  14. ^ KADOKAWA、マーベラス、バンダイナムコアーツ、AT-X、レッグス、EGG FIRMによる共同制作チーム。

外部リンク[編集]