田中仁 (脚本家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田中 仁
(たなか じん)
プロフィール
誕生日 (1976-09-20) 1976年9月20日(43歳)
出身地 日本の旗 日本東京都
主な作品
アニメ Go!プリンセスプリキュア2015年
あんハピ♪2016年
キラキラ☆プリキュアアラモード2017年
ゆるキャン△2018年
テンプレートを表示

田中 仁(たなか じん、1976年9月20日[1][2] - )は、日本男性アニメーション脚本家東映アニメーションを経て、現在フリー。東京都出身[1][2]

人物・来歴[編集]

プリキュアシリーズでは、第10作『ドキドキ!プリキュア』から参加する[1][2]。第12作『Go!プリンセスプリキュア』でシリーズ構成を初担当した[1][2]。さらに、第14作『キラキラ☆プリキュアアラモード』で再びシリーズ構成を務めた[2][3]

2016年に『動物戦隊ジュウオウジャー』で実写作品を初担当した[2]

作風[編集]

ファミリー向けの作品を多く手がけていることから、着想を得るために「今の時代感」を考えているという[4]。『ゆるキャン△』では主人公であるリンとなでしこの関係性が時代感にマッチしていたと述べている[4]

原作付きの作品では、原作の魅力を視聴者に伝えることとスタッフが参加して良かったと思ってもらうことを目標としている[4]

子供の健全な成長には保護者の存在が不可欠と考えており、『Go!プリンセスプリキュア』ではトワの物語を通じて環境によって子供が夢を閉ざしてしまうことを描いている[1]。『キラキラ☆プリキュアアラモード』でも、母親不在のいちかを筆頭に様々な生活環境を描いている[3]

交友関係[編集]

脚本家の伊藤睦美は東映アニメーション所属時代の同期である[1]。シリーズ構成を担当した作品にはサブライターとして伊藤を起用している[4]

脚本家の香村純子東映アニメーション研究所の同期である[2]。ただし当時はコースが異なるため面識はなく、互いに脚本家を目指してから知り合ったという[2]。田中はメインライターを務めたテレビアニメ『Go!プリンセスプリキュア』で香村を招き、翌年香村は自身がメインライターを務めた『動物戦隊ジュウオウジャー』に田中を呼んでいる[2]

参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

劇場アニメ[編集]

特撮[編集]

オリジナルビデオ[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 「スタッフインタビュー2 シリーズ構成 田中仁」『Go!プリンセスプリキュアオフィシャルコンプリートブック』Gakken〈Gakken Mook〉、2016年3月31日、80-82頁。ISBN 978-4-05-610993-1
  2. ^ a b c d e f g h i 「Zyuohger Writer Interview 03 田中仁」『動物戦隊ジュウオウジャー公式完全読本 野生解放』ホビージャパン、2017年6月24日、58-59頁。ISBN 978-4-7986-1472-4
  3. ^ a b 「Staff Interview 2 シリーズ構成 田中仁」『キラキラ☆プリキュアアラモードオフィシャルコンプリートブック』Gakken〈Gakken Mook〉、2018年3月24日、90-91頁。ISBN 978-4-05-611342-6
  4. ^ a b c d 「Staff Interview 2 田中仁×伊藤睦美」『TVアニメゆるキャン△ 公式ガイドブック 野外活動記録』芳文社、2018年8月24日、84-86頁。ISBN 978-4-8322-4971-4
  5. ^ 映画魔法つかいプリキュア!
  6. ^ “「映画スタプリ」タイトルは「星のうたに想いをこめて」、うたで絆をつなぐ物語”. コミックナタリー (ナターシャ). (2019年6月24日). https://natalie.mu/comic/news/336803 2019年6月24日閲覧。 

関連項目[編集]