キラキラ☆プリキュアアラモード

半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

プリキュアシリーズ > キラキラ☆プリキュアアラモード
キラキラ☆プリキュアアラモード
ジャンル 変身ヒロイングルメ動物スイーツ
戦闘美少女女児向けアニメ
アニメ
原作 東堂いづみ
シリーズディレクター 暮田公平貝澤幸男
シリーズ構成 田中仁
脚本 田中仁、伊藤睦美、犬飼和彦
坪田文、黒須美由紀、香村純子
森江美咲、吉成郁子、村山功
大内珠帆
キャラクターデザイン 井野真理恵
音楽 林ゆうき
アニメーション制作 東映アニメーション
製作 朝日放送ABCアニメーション
ADK、東映アニメーション
放送局 朝日放送・テレビ朝日系列
放送期間 2017年2月5日 - 2018年1月28日
話数 全49話
プリキュアシリーズ
漫画
原作・原案など 東堂いづみ
作画 上北ふたご
出版社 講談社
掲載誌 なかよし
レーベル ワイドKC
発表号 2017年3月号 - 2018年2月号
巻数 全2巻
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメ

キラキラ☆プリキュアアラモード』(KIRAKIRA ☆ PRECURE A LA MODE)は、2017年2月5日から2018年1月28日まで、朝日放送の制作により、テレビ朝日系列で毎週日曜8時30分から9時(JST)に全49話が放送された、東映アニメーション制作のテレビアニメ。「プリキュアシリーズ」の通算14作目にして、12代目のプリキュアに当たる。

略称は「プリアラ[注 1]。また、星マーク(☆)が表示できない場合があるため、『キラキラ プリキュアアラモード』と星マークを省略して表記する場合もある[1]

キャッチコピーは「つくって!たべて!たたかって! 元気と笑顔をレッツ・ラ・まぜまぜ!」。

概要

本作品では「スイーツ×アニマル」をテーマとして、一人一人の性格や価値観が全く異なるがスイーツが好きという共通点を持つ個性的な少女達が普段はパティシエとなってお菓子作りをしながらも、それぞれの個性が元となる動物をモチーフとした姿のプリキュアとなって、大好きなスイーツを守るために敵に立ち向かう物語となる[2][3][4]

ABCアニメーションプロデューサーの田中昂は「見た目も性格も学年もバラバラな、個性豊かな5人の女の子たちが主人公。気が合わないんじゃないかと思わせるが、結び付ける本作品もう一つの主人公であるスイーツを一緒に作って食べ、それをキッカケとして互いの友情や絆を深め、息を合わせ数々の困難に立ち向かっていく。これまで描かれてきた「友情」「夢」といったテーマに加え、友達や家族のことを思いながら料理をすること、そしてそれを一緒に食べること、「つくる」「たべる」という生きていくなかで欠かせないことの大切さを丁寧に描いていきたい」、東映アニメーションプロデューサーの神木優は「彼女達は自分の特技を活かして生きる動物のように、戦い方も5人5様ですし、スイーツへの向き合い方も違う。「素敵なヒロイン像」は決して1つではないはず。個性豊かな5人のプリキュアが繰り広げるドラマやアクションを一緒に楽しんでいただけると嬉しい。またたくさんのスイーツが登場し、作るときの胸の高鳴りや、色、形、味に込められた作り手の想いなど、目には見えないスイーツの魅力も余すことなく描きたいと思う」とそれぞれ語っている[2]

バトルシーンも過去作品での拳による肉弾戦を封印し、「クリームエネルギー」と呼ばれる力を使ったカラフルポップな描写に変わるとされている。これについて神木は「肉弾戦はシリーズの代名詞でもあったので、大切にしてきた。考えた末の決断。一方で、スイーツのときめきをバトルに生かしたい。物理攻撃でなくてもバトルを描けるのではないか?と考えた。挑戦をしたかった」、シリーズディレクターの暮田公平は「スイーツを作ったり、食べる楽しさをバトルでも生かせないか?と考えた。バトルでもときめきを見せたい。エネルギー源をホイップの形にするなどスイーツをイメージしたエフェクトで戦うことになる。アクションも楽しく見せられるように、試行錯誤中」とそれぞれ語っている[5]。本作品にてプリキュアが戦う敵は従来のシリーズ作品のように当初から組織だったものとして描かれておらず、当初の散発的に悪事を働く妖精たちから、彼らの裏で糸を引く幹部相当のキャラクター、そして黒幕的な存在といった具合に、ストーリーの進行に合わせて徐々にその全容を現していくというスタイルが採られている。

また、本作品では毎回様々なスイーツを作る描写が盛り込まれ、料理研究家の福田淳子の監修のもと、家庭でも作れるよう、一部話数では次回予告後のミニコーナー「プリアラレッツ・ラ・1ぷんかんクッキング」[注 2]で紹介[注 3]するほか、毎回番組公式ウェブサイトや公式YouTubeチャンネルにて、登場したスイーツのレシピや作り方の動画も公開されている。このコーナーが放送される場合は、提供クレジットがアバンタイトルとこのコーナー内で表示される[注 4][注 5]。また、エンドカードもその回に作ったスイーツの写真が映し出される。第1話では本編中でも実写による料理作成映像が用いられた。

これまでのシリーズ作品と同様、本作品でも文字多重放送を実施しており、いちか/キュアホイップの台詞を黄色、それ以外の人物を白で表記している。データ放送では前作に引き続き「じゃんけん」を採用、当選時の応募は電話(67コール)と朝日放送の公式ウェブサイト(パソコン用・スマートフォン用いずれも)で受け付ける。データ放送のオーバーレイ表示機能による「リモコン操作による時計表示」は、前作に引き続き通常表示と非表示、「プリキュア仕様」として星型でペコリンの顔が飛び出す「ペコリンとけい」となった[注 5]。また、公式スマートフォンアプリの番組連動機能が刷新され、テレビ視聴中にデータ放送に表示されたアイテムをスマートフォンのカメラで読み取ることで獲得し、写真にデコレーションして楽しむことが出来る「キラキラ☆コレクション」に変更されている[6]。アイキャッチは前作に引き続きBパート開始時のみであるが、前作までとは異なり映像は数パターンの映像を週替わりで流す形式となっている。

最終話には、次回作『HUGっと!プリキュア』のキャラクターである野乃はな / キュアエールとはぐたんが登場した[7][8]

あらすじ

伝説のパティシエ・プリキュア、スイーツで世界を笑顔に包みこんだ古の存在。今、スイーツに宿るキラキラルをめぐり新たなプリキュアの力が試される。これは現代に蘇った悪しき者からみんなの笑顔とキラキラルを守るため、プリキュアとして立ち向かう性格も価値観もスイーツの好みも違う少女たちの物語である。

苺坂町にあるいちご坂中学校へ通う主人公・宇佐美いちかはスイーツ大好き中学2年生。いちかは海外から帰国する母・さとみのためにショートケーキをつくろうと奮闘する。そこにペコリンという不思議な妖精が空から出現、いちかにアドバイスを与える。さらにスイーツに宿るキラキラルというエネルギーを狙う悪い妖精・ガミーもいちご坂商店街に出現し、次々とキラキラルを奪ってスイーツを黒い灰にしてしまう。いちかはペコリンと順調にケーキをつくっていたが、さとみから「帰れない」と電話が入り酷く落胆し手を止めてしまう。間髪いれずにケーキのキラキラルを嗅ぎ付けたガミーが現れそれを強奪しようとするが、いちかは悲しみを一蹴し毅然と立ち向かう。するとケーキのキラキラルがいちかたちを包み込み、その間にいちかはうさぎが描かれたショートケーキを完成させる。その瞬間それがアニマルスイーツへと変化し、同時にスイーツパクトが降ってくる。これらは「伝説のパティシエ・プリキュア」に変身するためのアイテムだった。いちかはそれらを用いてレッツ・ラ・まぜまぜすると「笑顔と元気のうさぎショートケーキ」キュアホイップができあがった。ホイップはキラキラルの力でガミーを退散させる。戦闘後「スイーツ工房」で長老と面会しプリキュアの概要を聞いたいちかは、世界や人々を元気にする源でもあるキラキラルを悪い妖精たちから守ることを決意する。その後、いちかのクラスメイトで少し引っ込み思案かつ臆病だがスイーツに博学な有栖川ひまりが「知性と勇気のりすプリン」キュアカスタードに、2人と同学年かつ「立神コンツェルン」の令嬢で自由奔放だが実は勤勉家の立神あおいが「自由と情熱のらいおんアイス」キュアジェラートに、そしていちご野高校に通いビーナスと崇められている美しく気高いが根は繊細な2年生の琴爪ゆかりが「美しさとトキメキのねこマカロン」キュアマカロンに、ゆかりと同学年で王子さまと称され誰にでも優しくボーイッシュな剣城あきらが「強さと愛のいぬチョコレート」キュアショコラに覚醒し、ここにプリキュアが5人集いキラキラ☆プリキュアアラモードを結成する。これを機に長老は5人に今までの経緯を話し、いちご山でスイーツづくりに励んでいた際に、キラキラルを奪いに来たガミーたちとの戦いの最中キラキラルが爆発し離散してしまったことを明かす。

ある日、工房に空きスペースがあるのを見たいちかは「みんなでスイーツショップ始めない?」とひまりたちを誘うが4人は多忙を理由に躊躇う。しかしいちかの「スイーツでみんなを笑顔にしたい!」との訴えを聞いて考えを改め準備に参加し、ついに「キラキラパティスリー(キラパティ)」を開く。その後街の一大イベント「いちご坂スイーツフェスティバル」に参加したが、そこにガミーたちが結託し会場を襲撃する。5人は苦戦するも人々のスイーツを思う気持ちが結集され新たな武器・キャンディロッドが誕生し、それを用いた必殺技で彼らを正気に戻す。その後ガミーたちを洗脳していた謎の少年ジュリオが現れ、時を同じく中学校に黒樹リオという少年が転校しいちかに近づくようになる。それを見たゆかりはリオに疑念を抱き彼にトラップを仕掛け、ついにジュリオと同一人物だとを突き止める。正体を暴かれたジュリオはいちかのキラキラルを奪取し、駆けつけたカスタードたちを圧倒的な力でねじ伏せる。しかしペコリンによって力を取り戻したホイップの反撃により撤退を余儀なくされその後現れなくなったが、それと同時にキラパティに妙なウワサが流れ客がまったく来なくなる。ゆかりがウワサの出所を親衛隊を使って捜索していると一人の少女が浮上し、彼女が店に来たところを捕まえ問い詰める。彼女はビブリーと名乗り「ジュリオに代わってノワールさまのためにキラキラルを奪う」と宣戦布告し、これによりキラキラルを悪用する闇の存在が明らかになる。その後キラパティは5人の頑張りにより客足が戻り事なきを得る。

そんな中、フランス・パリで「若き天才パティシエ」と称されるキラ星シエルが苺坂町に来日し、商店街にスイーツショップ「Ciel de rève(シエル・ドゥ・レーヴ)」を開店させる。ある日シエルがビブリーに襲われている所を5人がプリキュアに変身して助けると、彼女はプリキュアが伝説のパティシエだとすでに知っていたかのような言動を見せる。その後、長老の花火により離散していた妖精たちがいちご山に集い、みんな口を揃えて「ガミーたちが知らせてくれた」と述べる。いちかたちを見て最初は驚くが、プリキュアだと知ると大歓声を上げる。しかしこれで全員ではなく「海外で修業しているキラリンピカリオという双子姉弟がいて、凄いセンスの持ち主」と長老たちから明かされる。そしていちかの提案で再会を祝うスイーツパーティーを開くことになり宴もたけなわの最中、そこになぜか感涙したシエルが現れる。長老に「お主は誰じゃ?」と聞かれたシエルは自ら妖精に変身して見せて全員を驚かす。彼女こそが前述した双子姉弟の姉・キラリンであり「修業の成果で人間へ変身できるようになった」と経緯を話す。そこにビブリーが襲来し5人はプリキュアに変身し退却させる。5人がプリキュアだと知ったキラリンはホイップに弟子入り志願し彼女を困惑させる。そんな最中、今度はノワールによって憎悪の塊と化したジュリオが現れ、さらに彼が行方不明だったキラリンの弟・ピカリオと判明する。キラリンへのコンプレックスやスイーツへの嫌悪の力により5人を圧倒するが姉やスイーツへの愛情が微かに残っているのをホイップが見抜き、彼に心を開かせて説得し浄化、ピカリオへと戻す。ピカリオの変貌といちかの説得を見たシエルは、ピカリオが闇に染まった原因は自分のせいであると考え、スイーツと決別しプリキュアの夢を捨ててしまう。そこにノワールが現れシエルを闇に取り込み、いちかとピカリオが助けに向かう。自暴自棄になったシエルを見たピカリオは得意のワッフルをつくり食べさせると、彼女が正気に戻りスイーツへの熱意を取り戻す。そしてカスタードたちがノワールの力を纏ったビブリーと対峙していたところ闇から脱出した3人が現れ、しかもシエルからはキラキラルが満ちあふれていた。それを見たノワールはシエル目掛け攻撃を仕掛けるが、いち早く察知したピカリオが身代わりとなり、攻撃を受けてしまう。それでもピカリオの声援のもとシエルは彼の心中を酌み涙を堪えスイーツを完成させ、その直後「夢と希望のペガサスパフェ」キュアパルフェに覚醒、ついに念願成就させる。そして、ピカリオから譲り受けたロッドが変化したレインボーリボンの必殺技でビブリーを退却させる。戦闘後、ピカリオは今までの悪行は自分の心の弱さによるものである、と省み彼女に謝罪し消えていった。その後、いちご山の祭壇で眠るピカリオを見たパルフェは目を覚ましたらまた一緒にスイーツをつくることを誓った。すると、祭壇から6個の宝玉が現れこれに対し長老は「古のプリキュアから6人へのメッセージかもしれん」と見解を示すと共に、ホイップもパルフェを快く仲間として歓迎する。後日シエルはいちご坂中に編入し、いちかたちとさらなる絆を深めていくのであった。

一方、ノワールも新たな幹部・エリシオグレイブを投入しキラキラル奪取の任務に当たらせる。そして、後がなくなったビブリーはノワールから闇の力を授かりラストチャンスとの決意で6人の前に立ちはだかり圧倒的な力を見せつける。しかしその副作用で過去のいちご坂へとタイムスリップし、そこで「自分が絶望したのはノワールと闇のアニマルのせい」と確信する。絶望の恐怖におののいたビブリーはいちかたちに助けを求め、そして6人からの励ましにより改心しかける。だがその矢先、ノワールの力に染まったイルに取り込まれてしまう。それを見たホイップたちは先に出会った古のプリキュア・ルミエルから授かったクリーマーが変化したキラキラルクリーマーと宝玉が変化したクリスタルアニマルを用いた必殺技でイルを撃破、ビブリーを救出する。そして改めてビブリーをキラパティの仲間として迎え入れ、彼女も嫌味を言いつつ快諾する。それと同時にビブリーが言っていた闇のアニマルことディアブルが6人の前に現れる。エリシオ・グレイブ・ディアブルの悪行は日に日に増しているが、6人は強固な絆により屈することなくはねのける。そんな中、6人はいちご山で開かれる「妖精大会議」に参加することになったが、その間にグレイブがいちご坂を奇襲し人々を手下として使役する。6人は応戦するが躊躇い防戦一方となる。次にグレイブはディアブルを吸収した力で猛攻をしかけ6人をさらに追い詰める。絶体絶命かと思われたその時、空から1人の少年が舞い降り加勢する。6人は声色と容姿からある人物と確信する。彼の正体は眠りについていたピカリオであり、傷が完治し駆けつけたのであった。ピカリオはルミエルから授かった力でグレイブを退却させる。その後ピカリオは商店街でのスイーツづくりを提案、6人は早速始めるが手下たちの邪魔により失敗に終わる。またもグレイブに追い詰められ万事休すかと思われたが、闇から解放された人々のキラキラルの融合によりスイーツキャッスルが出現する。そしてそれを用いてアラモードスタイルに変身し、豹変したグレイブを必殺技で撃破しいちご坂を奪還する。その直後、今度はエリシオが現れ6人とピカリオ、ビブリーに不穏な言葉を残し去っていった。

何はともあれピカリオもリオとしてシエル・ドゥ・レーヴに居候が決まり、シエルとかつての同胞・ビブリーと同居することに。しかし喜びも束の間、突然リオに「スイーツを灰色にした犯人」と商店街の人たちから濡れ衣を着せられ、自身もジュリオ時に犯した罪に苛まれる。その結果、リオはいちご坂を去ることを決意するも、シエルによる必死の説得の甲斐もあり、残ることを決めた。後に犯人はエリシオが仕向けた粘土人形が化けたジュリオの偽物と判明、事件後リオの潔白が証明され商店街の人たちから謝罪を受ける。リオは和解の印と挨拶代わりにワッフルを振る舞い、みんながおいしく食べている表情を見て喜びを噛みしめる。こうしてシエルとリオの双子パティシエが誕生し、シエルが祭壇で誓った「ピカリオとスイーツをつくる夢」が念願成就する。シエル以外にもひまりはスイーツ探究、あおいはバンドのさらなる高み、ゆかりはスイーツ留学、あきらは病気治療の研究者とそれぞれの夢を見つけ、それを叶えるべく新たな一歩を踏み入れる。そんな5人を見たいちかは自分の夢に悩み焦るが、父・源一郎とさとみから「夢も大事だが、今やりたい事をやるべき。そうすればおのずと見つかるさ」と諭され夢を叶えるには今も大事だと悟る。その後いちかの誕生日パーティーを開いていた時、エリシオによく似た男が乱入する。リオとビブリーの証言から黒幕のノワールと判明する。6人は怯まず対峙するも闇の力に圧倒されてしまう。その時、危機を察したルミエルが助太刀に参入し、ノワールと対峙する。するとノワールは、100年前のルミエルとの出会いから自らが闇に染まった経緯を語り出し、ルミエルもまた「みんなの力で彼に笑顔を思い出させて欲しい」と懇願する。それを酌んだ6人はノワールを浄化しかけるが、その途中彼の影武者だったエリシオが分離する。そしてエリシオはノワールに蔑むセリフを浴びせ彼とルミエルを封印し、2人の力で地球を光も闇もない「からっぽの世界」に創造、さらに「笑顔が消える」という洗脳を拡散させる。その影響で苺坂町を始めとする地球の人々と妖精たちから笑顔が消えてしまった。

ペコリンと長老はホイップの機転でキラパティに身を隠し、洗脳を免れる事ができたが、いちかたちは既に目が虚ろで無感情な姿であり、自らがプリキュアであることも忘れてしまっていた。ペコリンはめげずに6人を救う手段を探るが、運悪く巡回していたグレイブに囚われてしまう。それでも諦めることなく毅然とグレイブに立ち向かい続けた結果、ペコリンの持っていたドーナツからキラキラルがあふれるとともに、ペコリンがたちまち人間の少女へと変わり、同時に現れた変身アイテムを用いて「ペコペコとキラキラのペコリンドーナツ」キュアペコリンに覚醒、6人を救うべくグレイブおよび粘土人形らと対峙する。いちかたちはペコリンが孤軍奮闘する姿を見て次第に「大好き」の感情を思い出し、そして捨ててしまったアニマルスイーツとクリスタルアニマルが戻ってきたのを見て「捨ててごめんね、わたしたちに再び力を!」と謝り願いを訴える。すると6人にキラキラルが蘇り洗脳が完全に打破されプリキュアへ再変身、そしてペコリンに加勢しグレイブらを一網打尽にする。間髪いれず今度は一部始終を見ていたエリシオが立ちはだかる。ホイップ・カスタード・ジェラート・マカロン・ショコラ・パルフェ・ペコリンの7人は消された地球の笑顔と平和を取り戻すべく対峙、ついに最終決戦の賽は投げられた…。7人はリオとビブリーを始めとする地球の人々や妖精たちからのエールを受け、そして合体必殺技を浴びせエリシオを追いつめる。しかしエリシオは「地球があるから『大好き』で衝突が起こる」と考え、自ら地球を飲み込むという最終手段に出る。今度は7人が追いつめられたが、そんな逆境でもホイップは「『大好き』の衝突がお互いをよく知るきっかけとなり、それがあるからこそみんな笑顔になれる!」との思いをエリシオにぶつける。それを聞いたエリシオは酷く胸を打ち「自分は間違っていた」と改心し、ルミエルとノワールを解放する。そして7人は人々や妖精たちから託されたキラキラルを用いて地球を再生させ、それを見ていたエリシオは何処かへと去っていった。ついに長かった戦いにピリオドが打たれる。

あれから1年、ゆかりは海外へ留学し、ひまり・あおい・あきら・シエルもそれぞれの夢へ向かっての勉強のため日に日にキラパティ通いが難しくなってきていた。そんなある日、ゆかりが帰国し久しぶりに6人でのキラパティが開く、…同時にこれが6人最後のキラパティとなる。店は大盛況を見せ無事閉店を迎える。6人は打ち上げを開き思い出を語っていたが、ふといちかの夢を聞いていないことに気づく。ひまりたちが尋ねるといちかは「エリシオに伝えた『世界中の人たちを笑顔にする』を叶えたい、けどキラパティも続けたい…」とジレンマを吐露する。それを聞いた5人は「世界中でキラパティを開いて笑顔にするのはどう?両方叶えよう!」と後押しし、長老もキラパティをいちかに託す。いちかは思いがけない提案に感涙し感謝を述べ、ひまりたちも彼女の新たな門出を祝福する。キラパティは歓喜と笑顔に包まれ大団円となった。数年後いちかは異国の地でキラパティを開きスイーツを振る舞い、食べたお客さんを笑顔へといざなっていた。

いちかはひまり・あおい・ゆかり・あきら・シエル&リオ、そしてペコリン・長老&ビブリーを思い出し「みんなのエールがあったから、こんなはなやかな夢が叶った…」と改めて感謝し、そして「みんなも夢を叶えて頑張っていると思うから、わたしだって負けない!ホイップ・ステップ・ジャーンプ!」と意気込み、今日もベストマッチな「元気」と「笑顔」をレッツ・ラ・まぜまぜしたスイーツをつくりお客さんをキラっときらめく笑顔で迎えるのであった。

登場人物

プリキュア

いちか、ひまり、あおい、ゆかりは「苺坂町」に住み、あきらは第5話で同町に越してきた。シエルは妖精キラリンが人間に変身した姿で、同町の近くにある「いちご山」出身。

いちか、ひまり、あおいは「いちご坂中学校」の2年生(いちかとひまりは2組、あおいは4組)で、シエルも第24話で2組に編入する。ゆかりとあきらは「いちご野高校」に通う2年生(ゆかりはA組、あきらは言及なし)[9]

宇佐美 いちか(うさみ いちか) / キュアホイップ
- 美山加恋[10]
本作品の主人公。スイーツが大好きで、明るくお調子者の中学2年生の少女[11]。うさぎショートケーキのプリキュア「キュアホイップ」に変身する[11]1月7日生まれ[11]
感受性豊かで、うれしいことがあると「ウサギ」のように跳びはねるクセがある[11]。よく失敗するが、スイーツのデコレーションには自信があり、直感とひらめきを活用して様々なアニマルスイーツを生み出している[11]
口癖は「キラっとひらめいた!」「ホイップ・ステップ・ジャーンプ!」[11]。好きなスイーツはショートケーキ[11]。スイーツが好きな理由は「スイーツには想いがつまっているから」[11]
最終回では、数年後、世界中でスイーツを作っている様子が描かれた[ep 1]
番組開始に先駆けて『魔法つかいプリキュア!』の最終回(第50話)にもゲストとして登場した。詳細は当該項目を参照。
有栖川 ひまり(ありすがわ ひまり) / キュアカスタード
声 - 福原遥[10]
努力家で頭の良い中学2年生の少女[12]。りすプリンのプリキュア「キュアカスタード」に変身する[12]4月16日生まれ[12]
リス」のように小柄で足が早い[12]。普段は臆病な性格だが、スイーツが大好きで、スイーツのこととなると饒舌になる[12]。スイーツに関する知識は膨大で、スイーツ博士としていちかたちから頼りにされている[12]
口癖は「スイーツは科学です!」「説明します!」[12]。好きなスイーツはプリン[12]。スイーツが好きな理由は「スイーツにはおいしさの秘密がつまっているから」[12]
最終回では、エリシオとの戦いから1年後、食品科学で有名な高校への進学が決まった。
立神 あおい(たてがみ あおい) / キュアジェラート
声 - 村中知[10]
自由奔放で情熱的な中学2年生の少女[13]。らいおんアイスのプリキュア「キュアジェラート」に変身する[13]8月27日生まれ[13]
ライオン」のように勇敢で気が強い[13]。腕力には自信があり、スイーツ作りにおいては力仕事を担当し、いちかたちを支えている[13]。歌が好きで、ロックバンド「ワイルドアジュール」ではボーカルを担当している。大企業「立神コンツェルン」の会長令嬢。
口癖は「燃えてきたーーー!」「ウォーーー!」[13]。好きなスイーツはアイス[13]。スイーツが好きな理由は「スイーツを食べると元気がみなぎるから」[13]
最終回では、エリシオとの戦いから1年後、ワイルドアジュールの活動がメジャーデビューに向けて順調である事が明かされた。
琴爪 ゆかり(ことづめ ゆかり) / キュアマカロン
声 - 藤田咲[10]
美しく気高い高校2年生の少女[14]。ねこマカロンのプリキュア「キュアマカロン」に変身する[14]6月11日生まれ[14]
ネコ」のように上品で気まぐれな人物[14]。器用で何事もそつなくこなし、それゆえに日々を退屈に過ごしていたが、風変わりないちかと出会ってからは、毎日を楽しむようになる[14]
口癖は「面白いわ」「フフフ…」[14]。好きなスイーツはマカロン[14]。スイーツが好きな理由は「スイーツにはときめきがあるから」[14]
物語終盤では、スイーツについて真剣に学ぶためにコンフェイト公国へ留学することを決意する[ep 2]
剣城 あきら(けんじょう あきら) / キュアショコラ
声 - 森なな子[10]
やさしくボーイッシュな高校2年生の少女[15]。いぬチョコレートのプリキュア「キュアショコラ」に変身する[15]9月24日生まれ[15]
イヌ」のように仲間思いで、面倒見がよく周囲から頼りにされている[15]。妹のみくの看病のために病院の近くへ引っ越した両親から離れ、いちご野高校があるいちかの住む街に引っ越し、いちかの隣の家の祖母であるトミの家に世話になっている。
口癖は「よしよし」「大丈夫?」[15]。好きなスイーツはチョコレート[15]。スイーツが好きな理由は「スイーツは食べた人を元気にすることができるから」[15]
体が弱い妹のみくの影響もあり、将来は研究者になることを目標とする[ep 3]
キラ星 シエル(キラほし シエル) / キュアパルフェ
声 - 水瀬いのり[16]
妖精のキラリンが人間に変身した姿であり[17]フランスパリで「若き天才パティシエ」として活躍する13歳の少女[16]。ペガサスパフェのプリキュア「キュアパルフェ」に変身する[17]7月30日生まれ[17]
人一倍スイーツへのこだわりを持つ努力家で[16]、プリキュアとなって、スイーツでみんなを幸せにすることを夢としている[17]
口癖は「ボンジュール!」「トレビアン!」[17]。好きなスイーツはパフェ[17]。スイーツが好きな理由は「スイーツを作ることによって自分らしく輝くことができるから」[17]

古のプリキュア

ルミエル
声 - 安野希世乃[18]
100年前のいちご坂にいた古のプリキュア。人々を笑顔にするためにパティシエとして活躍していた。外国人であり、いちご坂の雰囲気を気に入って住み着いたとされる[19]
変身の際の掛け声は「キュアラモード!」のみ。身の丈とほぼ同じ大きさのピンク色の泡立て器型のアイテムを持ち、これを用いてリュミエール・コンフィズリーという技を発動できる。
最終回では、ルミエルが転生した少女が登場した[20]

妖精

いちご山をはじめとする日本各地に里を築いて暮らしており、それぞれがスイーツ作りの修業に励んでいる。中にはキラリンとピカリオのようにさらなる修業のために海外に渡る妖精もおり、一定の修業を積むことで人間に変身することが可能となる[注 6]

ペコリン
声 - かないみか[10][注 7]
プリキュアに憧れている、スイーツが大好きな甘えん坊の妖精[21]。口癖は「〜ペコ!」[21]
気分によって耳の色が変化し、キラキラルを感じることができるという特性を持つ[21]。犬や猫の真似が得意[21]
好きなスイーツはドーナツ[21]。スイーツが好きな理由は「美味しいから」[21]
最終回では、エリシオとの戦いから1年後、いちかたちの意思を受け継ぎスイーツづくりを行うようになる。さらに数年後、修行を経てキラパティの跡地に「ペコリンパティスリー」を開店する。
人間態[注 8]
ペコリンが夢の中でルミエルと出会い、キラキラルの力で人間になった姿[ep 4]。窮地に陥ったプリキュアを助けるために、ペコリン自身のキラキラルを使用したことによって、変身できなくなった[ep 4]。のちにキュアペコリンに変身する際にも人間の姿になった[ep 5]
長老
声 - 水島裕[22]
いちご山の妖精たちの長老[21]。キラキラルを狙う悪い妖精たちからスイーツを守るようプリキュアに助けを求める[21]
弟子たちとスイーツ作りの修行をしていたが、クリーム爆発に巻き込まれて以来、お化けのように透けた体になった[21]。キラパティの外へ出ると消えてしまう後遺症を得てしまったため、普段はキラパティの中に住んでいる。人間の紳士の姿に変身することができる[ep 6]。行方不明になっていた体は、魂と離れている間に闇が生まれたことで暴走するが、説得を受けたことで魂と一緒になった[ep 1]
キラリン
声 - 水瀬いのり[注 9]
スイーツ作りが大好きな、いちご山出身の妖精[21]。ピカリオの双子の姉。フランスでのスイーツ作りの修行の末に、人間のキラ星シエルに変身できるようになった[21]。ただし、空腹になるとキラリンの姿に戻る[ep 7]
ピカリオ
声 - 皆川純子[注 10]
キラリンの双子の弟[21]。努力家で頭がいい[21]。キラリンと共にフランスでスイーツ作りの修行をしていたが[21]、上達していく姉と比べて上手くいかないことに絶望していたところを、ノワールによって悪に染められてジュリオとなった[ep 8]。のちに元の心を取り戻した[21]。復活後はシエル・ドゥ・レーヴに居候し、スイーツもまた作るようになる。
リオ
復活後のピカリオの人間の姿。

キラキラルをうばう存在

本作品におけるプリキュアの敵対勢力で、闇の存在とされているノワールが率いる謎の集団。

人々のこころを深く暗く沈め、世界中を闇に染めて支配することを目的に掲げており、その目的を達成させるために必要なキラキラルという想いが込められた美味しいスイーツに宿る強大なエネルギーを奪おうと目論む。

ノワールのしもべは、ノワールのために大量の「キラキラル」を収集している。いずれの者も元々心に闇を抱えていた人間や妖精であり、ノワールのスカウトを受けた上でキラキラルそのものを闇に染められた存在であるため、たとえプリキュアの技で浄化されたとしても、本人が元々抱えていた心の闇を克服しない限りはキラキラルの闇が浄化されることはない。

ノワール
声 - 塩屋翼[23]
キラキラルを集めるよう、しもべたちに命じている闇の存在[23]。負の感情を抱える人々から無機質と化したキラキラルを抜きだし、そのキラキラルを自身の闇の力によって危険なアイテムに変換する能力を宿している。
本来はエリシオに酷似した男の姿をしている[ep 9]。元々は、戦場で許されない罪を犯す日々を送っていた人間。介護される形で一緒に生活するようになったルミエルに好意を抱くが、博愛を独占しようとして彼女に拒絶されたことで絶望し、闇の存在に変貌して世界を闇で覆い尽くそうと目論むようになった経緯を持つ。
最終回では、とある外国に住む人間の少年として転生していた[24]
ディアブル
声 - 竹内良太[25]
昔のいちご坂に出現したノワールの分身の魔獣で、復活していちかたちの前に現れた[25]。周囲を闇に染める力を持っている[25]。のちにエリシオがノワールをカードに封印して闇の力を消去させた影響でディアブル自身も消滅する。
最終回では、とある外国の通常の犬として転生しており、ノワールが転生した存在である少年と行動をともにしていた[24]
ジュリオ
声 - 皆川純子[23]
仮面をつけた少年[23]。キラキラルの実験のために黒樹 リオ(くろき リオ)という少年に扮し、いちかたちの周囲に現れる[23]
正体は、ノワールによって闇の力で変貌した妖精のピカリオ[ep 8]。スイーツも姉のキラリンも大嫌いだと主張するが、実際は大好きな気持ちの裏返しだった[ep 8]。プリキュアのキラキラルによって浄化され、ピカリオの姿に戻る[ep 8]
ビブリー
声 - 千葉千恵巳[23]
ノワールのしもべを務める少女[23]。ノワールから与えられたイルというぬいぐるみを常に持ち歩いている[26]。ノワールへの忠誠心は非常に高く、自身を「愛の化身」と称する一方、傲慢にして嗜虐的な本性をもつ。
元々は、100年以上前の「いちご坂」にある街でひとり寂しく生活していた少女だった。過去のいちご坂にタイムスリップした際に、自分がノワールに騙されていたことを知り[ep 10]、元の時代に戻り闇の支配から逃れてからは、シエルに請われる形で「シエル・ドゥ・レーヴ」に居候する傍ら店の手伝いをするようになる。
巨大イル
声 - 真木駿一
ぬいぐるみのイルがキラキラルを吸収した姿。ビブリーと合体することもできる[ep 11]。ノワールによって過去から戻ったビブリーを吸収するが、最後はプリキュア・アニマルゴーランドによってビブリーと分離させられ消滅する。
エリシオ
声 - 平川大輔[27]
ノワールのしもべの1人[23]。カードを駆使してプリキュアの弱点を突いた攻撃を行う[23]
「からっぽの道化師」を自称する。表向きは温厚かつ紳士然とした人物だが、その本性は冷徹かつ陰湿であり、相手の弱みにつけ込んだり、相手を追いつめて絶望させることを好む。
その正体は、100年前にノワールが自分の身体から精神を離脱させ、残った身体に「エリシオ」という独自の人格を与えて誕生した存在。ノワールが掲げる闇の世界を創造するため、100年間、闇に染めたキラキラルを集めていた。
封印したルミエルとノワールの力で、大好きも大嫌いもない空っぽな世界を創ろうとするが[ep 9]、プリキュアによって地球が元に戻った後は自身の間違いを認める[ep 12]
カードモンスター
声 - 真木駿一
エリシオが使役する怪物[ep 13]。あらゆる物体にエリシオが所有する「キラキラル」を吸収したカードをまとわせて生みだされる。
グレイブ
声 - 江川央生[27]
ノワールのしもべの1人[23]。自分のルールにこだわりがある、神経質な人物[23]。移動手段として巨大な車を利用し、粘土の手下を使って攻撃する[23]
元来より非常に柄が悪く、何事も自分より弱い者を踏み潰す形でのし上がってきた人間であり、その過程で徐々に孤立して行く中でノワールと出会い、配下となったという経緯をもつ。
ネンドモンスター
声 - 真木駿一
グレイブが操る手下[ep 7]。グレイブがつくった粘土細工の人形を素体に、グレイブが闇に染まった「キラキラル」を1つ与えることで生みだされる存在で、ある程度の知性や感情をもつ。
ガミー
声 - うえだゆうじ[22]
力を得るためにキラキラルを奪おうとする妖精[23]。キラキラルを吸収することによって大きな怪物に姿を変化させる性質を持ち[28]、スイーツフェスティバルでは、悪さをしていた他の妖精たちと合体した姿になった[ep 14]。ガミーや他の妖精たちが悪いことをしていたのは、ジュリオから渡されたベルトに操られていたためであり[ep 15]、プリキュアの力によって心優しい妖精に戻る[23]

プリキュアの家族

宇佐美 源一郎(うさみ げんいちろう)
声 - 津田健次郎[22]
いちかの父で空手家[22]。年頃の女の子の気持ちが読めないことを、最近の悩みとしている[22]
宇佐美 さとみ(うさみ さとみ)
声 - 山口由里子[22]
いちかの母で、世界中の小さな村を回っている医師[22]。家にはほとんどいないがいちかにはとても慕われている。
立神 雷桜(たてがみ らいおう)
声 - 小村哲生[29]
あおいの父。立神コンツェルンの社長。
立神 藍子(たてがみ あいこ)
声 - 中村英香[29]
あおいの母。
水嶌 みつよし(みずしま みつよし)
声 - 佐藤拓也[29]
立神コンツェルンの社員[29]。幼少期に身寄りがない所を立神家に拾われ、あおいと一緒に育った[29]。保護者代理としてあおいを一人前の淑女にするため厳しく教育しており、当初はバンドとキラキラパティスリーへの参加を禁止するが、あおいの歌を通じて活動を認める[ep 16]。後に社長の雷桜に立神コンツェルンの跡取りを託される。
琴爪 しの(ことづめ しの)
声 - 天野由梨[29]
ゆかりの祖母で、茶道家。淑やかな京ことばを話す。ゆかりに茶道の基本となる礼儀作法を仕込んだ。
剣城 みく(けんじょう みく)
声 - 本渡楓[30]
あきらの妹で、年齢は9歳[30]。体が弱く、病院に入院している[30]。あきらに似て、しっかり者で心優しい性格[30]。あきらと同じくチョコレートが好きで、きっかけはトイプードルに吠えられて泣いていたところを、あきらから笑顔になるようにとチョコレートを貰った事から。病院から外泊許可が出た際には、キラキラパティスリーを訪れて手伝いを申し出た[30]
剣城 トミ(けんじょう トミ)
声 - 宮沢きよこ[29]
あきらの祖母[29]。いちかの家の隣に住んでおり[29]、あきらが通ういちご野高校に近いことから、両親の元を離れたあきらの下宿先となる。

いちご坂中学校

下記の4名はいちかのクラスメイト。

和泉 わたる(いずみ わたる)
声 - 虎島貴明[29]
スポーツが得意な少年。
中野 ひろき(なかの ひろき)
声 - 金子誠[29]
にぎやかなムードメーカーの少年。
神楽坂 りさ(かぐらざか りさ)
声 - 渋谷彩乃[29]
明るくミーハーな少女。
光岡 じゅんこ(みつおか じゅんこ)
声 - 引坂理絵[29]
のんびり屋の少女。

その他の人々

ワイルドアジュール
あおいが所属しているロックバンド。
園部 けい(そのべ けい)
声 - 真木駿一[29]
ワイルドアジュールのリーダーで、ベース担当の男性[29]。後に家業である医院を継ぐべく、医師になるための受験勉強に専念することとなり、脱退することが決定した。
横川 りゅうた(よこかわ りゅうた)
声 - 中澤まさとも[29]
ギター担当の少年[29]
浅香 さら(あさか さら)
声 - 祖山桃子[29]
ドラム担当の女性[29]
岬 あやね(みさき あやね)
声 - Machico[29]
ロックバンド「ガナッシュ」のボーカルで、あおいの憧れの女性。
日向 まりこ(ひむかい まりこ)
声 - 藤井ゆきよ[29]
スイーツショップ「シュガー」の店主(声 - 天田益男)の娘。バレリーナであり、いちご坂商店街のマドンナでもある[29]
児玉 えみる(こだま えみる)
声 - 鈴木絵理[29]
キラキラパティスリーの初めての客となった小学生の女の子[29]。常にデジタルカメラを携帯している。親友とのお茶会に必要なスイーツを頼む[ep 6]
辰巳 だいすけ(たつみ だいすけ)
声 - 間島淳司[29]
キラキラパティスリーを訪れた若い男性客。いちか達のバックアップにより、みどりにクッキーをプレゼントする[ep 17]
中村 みどり(なかむら みどり)
声 - 佐藤朱[29]
苺坂保育園の保母の若い女性で、眼鏡をかけている。辰巳の小学生時代の同級生。
ナタ王子
声 - 鳥海浩輔[29]
コンフェイト公国の王子。来日中に一目惚れしたゆかりにプロポーズする。ゆかりをかけてあきらとさまざまなジャンルで勝負を行うが、最後はゆかりに断られて失恋し、あきらにゆかりを幸せにするよう言い残して国に帰る[ep 18]
立花 ゆう(たちばな ゆう)
声 - 魚建[29]
老齢の科学者で、ひまりの愛読書「スイーツの科学」の著者。立花料理研究所の所長を務める。ひまりに巨大スポンジケーキを作るスイーツ科学大実験の助手を依頼する[ep 19]
ソレーヌ
声 - 恒松あゆみ[31]
シエルがパリ在住時に働いていたパティスリー「MON TRESOR」(モン・トレゾール)のオーナーで、シエルを天才パティシエへと育て上げた女性。
シエルをパリに連れ戻すためにいちご坂を訪れるが、シエルがいちかたちのアイデアを得て作った「ハムスターパンプキンプリン」を通じて、シエルにとっていちかたちとの交流がパティシエとして高みを目指すために必要なことだと理解し、キラパティに「世界パティシエコンテスト」への出場を依頼する[ep 20]
ジャン=ピエール・ジルベルスタイン
声 - 尾上松也[29]
シエルのパリ時代の師匠であるパティシエ。映画『パリッと!想い出のミルフィーユ!』では物語の中心となる。
ゆり、かなこ
声 - 駒形友梨(ゆり)、宮本佳那子(かなこ)[32]
スイーツ番組アシスタントのオーディションに来た女性たち[32]
三ツ星にゃんこ(みつぼしにゃんこ)
声 - 尾畑美依奈[29]
いちかたちの街に住む、おでこに3つの星模様がある野良猫。この猫が訪れたスイーツの店は大繁盛すると言われている[29]

他作品からの登場人物

いずれも次回作『HUGっと!プリキュア』の登場人物で、最終回にゲストとして登場。

野乃はな(のの はな) / キュアエール
声 - 引坂理絵
同作品の主人公。
はぐたんと共にキラキラパティスリーを訪れるが、その道中に出会ったゆかりに「素敵なお姉様」と憧れを抱く。
長老の身体との戦闘でも本作品のプリキュア達に助太刀するが、本作品のプリキュア達とは異なり、キラキラルを伴わない近接格闘のみで長老の身体にダメージを与えていた。
はぐたん
声 - 多田このみ
キュアエールたちのパートナーである赤ちゃん。
はなに抱えられ、キラキラパティスリーを訪問する。

プリキュアの設定

本作品におけるプリキュアは「伝説のパティシエ」として位置付けられている[33]。スイーツに宿る「キラキラル」の力を自在に操ることができ、言い伝えではみんなを笑顔にするためにスイーツ作りをしていたという[34]

いちかたちが作り、想いの力で結晶化した各々のアニマルスイーツスイーツパクトに装着し、パクトにある星型のボタンを押し、パクト手前にあるボウルをスティックで混ぜて光のクリームを作り出し、そのクリームを纏いながらプリキュアへと変身する。第8話からは全員で「キラキラ☆プリキュアアラモード!」と名乗るようになる。

変身すると常人を遥かに超えた身体能力と格闘能力を得るほか、キラキラルを使うことでクリームエネルギーと呼ばれる力を使うことができ、パクトのボウルを「キラキラキラルン、キラキラル!」と唱えながらスティックで混ぜることでエネルギーを増幅させ、敵に向かって攻撃することができる。

キュアホイップ

宇佐美いちかが変身する、うさぎショートケーキのプリキュア[11]。変身時の名乗りは「キュアラモード・デコレーション! ショートケーキ! 元気と、笑顔を! レッツ・ラ・まぜまぜ! キュアホイップ! できあがり![11]

ウサギの持つ跳躍力と聴力を持っており、ハイジャンプを可能とするほか、物音を聞くことで敵の場所を察知することができる。クリームエネルギーは淡いピンク色のホイップクリーム状となっており、のように振るうことができる。

個人技はホイップ・デコレーション。キャンディロッドのクリームエネルギーをかき混ぜて充填させた状態でロッドのピンクの星を押し「キラキラキラルン! ホイップ・デコレーション!」と唱えることで、イチゴが添えられた大きいホイップクリームのエネルギー弾を放つ。

キュアカスタード

有栖川ひまりが変身する、りすプリンのプリキュア[12]。変身時の名乗りは「キュアラモード・デコレーション! プリン! 知性と、勇気を! レッツ・ラ・まぜまぜ! キュアカスタード! できあがり![12]

リスのような俊足が持ち味で、小柄なことも相まって高機動で小回りの効いた戦闘を得意とする。クリームエネルギーは淡い黄色で、相手を縛ったり、プリン状に変化させて閉じ込めることができる。

個人技はカスタード・イリュージョン。キャンディロッドの黄色の星を押し「キラキラキラルン! カスタード・イリュージョン!」と唱えることで、2つのサクランボを出した後ぶつけて無数の黄色のエネルギー弾を出し相手に向かって放つ。

キュアジェラート

立神あおいが変身する、らいおんアイスのプリキュア[13]。変身時の名乗りは「キュアラモード・デコレーション! アイス! 自由と、情熱を! レッツ・ラ・まぜまぜ! キュアジェラート! できあがり![13]

ライオンのように勇猛果敢に敵に挑み、淡い水色のクリームエネルギーを氷に変化させて拳に纏うことで攻撃をすることが可能となっている。また、雄叫びを上げることで、その大声で敵をひるませるだけでなく、キラキラルを放出し光の粒でダメージを与えることもできる。

個人技はジェラート・シェイク。キャンディロッドの青色の星を押し「キラキラキラルン! ジェラート・シェイク!」と唱えることで、大きな氷を作り出し、連続パンチで砕いた氷を相手に向かってぶつける。対象を凍らせることもできる。

キュアマカロン

琴爪ゆかりが変身する、ねこマカロンのプリキュア[14]。変身時の名乗りは「キュアラモード・デコレーション! マカロン! 美しさと、トキメキを! レッツ・ラ・まぜまぜ! キュアマカロン! できあがり![14]

猫のような俊敏さと柔軟性が特徴で、敵の攻撃を受け流し回避しながら挑発・翻弄する。爪による攻撃も行う。クリームエネルギーは薄紫色で、シャボン玉のようにして飛ばしたり、マカロンの形に生成しヨーヨーのようにして投げた後に絡め取ったりする戦法もできる。

個人技はマカロン・ジュリエンヌ。キャンディロッドの紫色の星を押し「キラキラキラルン! マカロン・ジュリエンヌ!」と唱えることで、マカロン型のクリームエネルギーを飛ばし「にゃーお♥」の掛け声でクリームエネルギーから爪を出し相手を攻撃する。

キュアショコラ

剣城あきらが変身する、いぬチョコレートのプリキュア[15]。変身時の名乗りは「キュアラモード・デコレーション! チョコレート! 強さと、愛を! レッツ・ラ・まぜまぜ! キュアショコラ! できあがり![15]

服は襟付きのジャケット風のチュニックをベルトで締め、その下に赤いレザーパンツを着用している[35]

犬のような俊敏性を兼ね備え鼻が利くようになっており、敵の居場所もその匂いで察知することができる。クリームエネルギーは薄い赤色で、剣のような形にしての近接戦を行う。また、チョコレートのようなブロック状の足場を作ることで高い場所への移動も可能とする。

個人技はショコラ・アロマーゼ。キャンディロッドの赤色の星を押し「キラキラキラルン! ショコラ・アロマーゼ!」と唱えることでドリルのようなチョコレートを発射し、相手の攻撃を包み込んで球状にして闇のキラキラルを浄化する。

キュアパルフェ

キラ星シエルが変身する、ペガサスパフェのプリキュア[17]。変身時の名乗りは「キュアラモード・デコレーション! パフェ! 夢と、希望を! レッツ・ラ・まぜまぜ! キュアパルフェ! できあがり![17]。イメージカラーは虹色[36]

クリームエネルギーの色は明るめの虹色。武器はレインボーリボンで相手に絡めて動きを封じる戦法を行い、ペガサスの羽根を使うことによる飛行能力を持つ。ただしシエル時と同様にエネルギーを多く消費するのが欠点であり、空腹になると変身が解けてしまいキラリンの姿に戻る。

パルフェ単独での浄化技はキラクル・レインボー。レインボーリボンの星の部分を動かし「行くよ! アン・ドゥ・トレビアン!」と唱え、敵を閉じ込めた器の上にパフェを盛り付け「キラクル・レインボー!」と唱えてリボンを回すことで、パフェが敵を圧縮しキラキラルが下から舞い上がり「ボナペティッ☆」の掛け声で虹色の爆風を起こして敵を浄化する。

個人技はパルフェ・エトワール。レインボーリボンの星のボタンを押し「キラキラキラリン!パルフェ・エトワール!」と唱えることで、リボンで七色のリングを3つ作り出し相手を拘束した後、爆発して攻撃する。

キュアペコリン

ペコリンがペコリンドーナツのアニマルスイーツで変身するプリキュア。変身時の名乗りは「キュアラモード・デコレーション! ドーナツ! ペコペコと、キラキラを! レッツ・ラ・まぜまぜ! キュアペコリン! できあがり!」。

クリームエネルギーはピンクがかったクリーム色で、キャンディロッドからホイップクリーム状の弾を発射することができ、時間が経つことで爆発する。

個人技はキュアドーナッツフルー。他の妖精達と共にキャンディロッドでキラキラルをかき混ぜ、ドーナツ状にして放つ。

初期の構想ではペコリンを番組の中盤で追加戦士としてプリキュアに加入させる案も存在したが、「プリキュアの可愛さとペコリンの可愛さは違う」との理由で一度棄却された[37]

アラモードスタイル

キラキラルクリーマーにスイーツキャッスルをセットすることで変身する、プリキュアのパワーアップした姿。

合体技

スイー・ツー・ワンダフル・アラモード
キャンディロッドを使用した合体技。キャンディロッドのキラキラルポットを回し「キラキラキラルン、フルチャージ!」と唱え、それぞれケーキ作りの要領でクリームエネルギーを練成していく。完成した巨大な5段ケーキで敵を包み込み、そろって「スイー、ツー、ワンダフルアラモード!」と唱えロッドのポットを回すことで敵を浄化する。
プリキュア・アニマルゴーランド
キラキラルクリーマーを使用した合体技。キラキラルクリーマーから6つのクリスタルにそれぞれのイメージカラーのキラキラルを入れクリスタルを上部分に差し込み「キラッと輝け! クリスタルアニマル!」と唱えながらクリスタルアニマルを召喚する。クリスタルアニマルの背中に乗り敵を囲んだ後回って、「プリキュア・アニマルゴーランド!」と唱えながらキラキラルクリーマーからキラキラルを出しメリーゴーランドにして包み込んで回転させる。その後中からクリスタルアニマルが出現し爆発して敵を浄化する。
プリキュア・ファンタスティックアニマーレ
ホイップ、カスタード、ジェラート、マカロン、ショコラ、パルフェの6人がアラモードスタイルに変身して放つ合体技。キラキラルクリーマーから6つのクリスタルに金色のキラキラルを入れクリスタルを上部分に差し込み「キラッと輝け! クリスタルアニマル!」と唱えながらクリスタルアニマルを召喚し、召喚したクリスタルアニマルに乗ってキラキラルクリーマーからキラキラルを放ち対象の敵を囲んで周りながら「プリキュア・ファンタスティックアニマーレ!」と叫んで対象をスイーツキャッスル型に包んだ後に回転させクリスタルアニマルが出現して爆発したあと対象を浄化させる。
プリキュア・ファンタスティックアニマーレスペシャル
上記の6人とキュアペコリンがアラモードスタイルに変身して放つ合体技。キラキラルクリーマーにスイーツキャッスルをセットし、アラモードスタイルに変身した後、「プリキュア・ファンタスティックアニマーレスペシャル!」と叫びながらキラキラルクリーマーから大量のキラキラルを出し超巨大なケーキを作り出したあと、対象の敵にぶつけて宇宙まで飛ばすと中から現れたクリスタルアニマルが対象を包み込み大ダメージを与える。

関連アイテム

スイーツパクト[注 11]
変身アイテム。これとアニマルスイーツを使い、プリキュアへの変身とクリームエネルギーの生成を可能とする。変身後は左腰につけられたスイーツパクトキャリーに収納される。
アニマルスイーツ
いちかたちが作る、動物状にデコレーションされたスイーツ。完成したアニマルスイーツに特別なキラキラルが込められると、キラキラルは結晶化し、小型のアイテムとなる。プリキュアが変身に使用する変身アニマルスイーツを下記に示す。
うさぎショートケーキ
いちかが母への思いを込めて作り、ウサギのデコレーションを施したショートケーキ。母の帰国が延期になり、一度は「どうでもいい」とガミーに差し出そうとしたものの思い直し、ケーキに含まれたキラキラルが結晶化してアイテムに変化した。いちかはこれを用いてホイップに変身する。
りすプリン
いちかとひまりが協力して作り、いちかがひまりをイメージしてリスのデコレーションを施したプリン。ひまりが「友達をなくしたくない!」と強く思ったことでアイテムに変化した。ひまりはこれを用いてカスタードに変身する。
らいおんアイス
いちかがひまりと協力して作り、あおいをイメージしてライオンのデコレーションを施したアイス。アイスを狙ったホットーにあおいが「あたしの大事なアイスだ!」と力強く叫んだことでアイテムに変化した。あおいはこれを用いてジェラートに変身する。
ねこマカロン[注 12]
ゆかりが作成に失敗したものに、いちかがゆかりをイメージして猫のデコレーションを施したマカロン。マカロンを狙うマキャロンヌに対して守ろうとするホイップの姿にゆかりが応えアイテムに変化した。ゆかりはこれを用いてマカロンに変身する。
いぬチョコレート[注 13]
いちかがあきらに買ってもらったものを使って作り、あきらをイメージして犬のデコレーションを施したチョコレート。チョコレートを狙うビタードからチョコレートを守ろうとしたあきらの思いがきっかけになりアイテムに変化した。あきらはこれを用いてショコラに変身する。
ペガサスパフェ
シエル(キラリン)が自身およびいちかたちから分け与えられたキラキラルとジュリオ(ピカリオ)が作ったワッフルを用いて作り、いちかがワッフルを翼に見立ててペガサスを連想したところからそのイメージを反映させて作り上げたパフェ。完成後すぐにアイテム化する。シエルはこれを用いてパルフェに変身する。
スイーツキャッスル
いちご坂の全ての住民たちのキラキラルが結集して誕生したお菓子の城。同じ形状のものが6人分存在し、キラキラルクリーマーにセットすることでアラモードスタイルに変身できる。
ペコリンドーナツ
仲間の妖精達と離れ離れになって落ち込んでいるペコリンを元気づけようと、いちかがペコリンと一緒に作ったペコリンをモチーフとしたドーナツ[ep 21]。通常のリングドーナツにストロベリーチョコレートでコーティングし、ペコリンの髪と耳をイメージしたホイップクリームと目と口をチョコレートペンでデコレーションしている。「からっぽの世界」において、いちか達の感情と記憶を取り戻そうと、自ら作ったこのドーナツを守ろうとした際に、ペコリンがプリキュアに覚醒したのを受けてアイテム化した。これを用いてキュアペコリンに変身する。
キャンディロッド[注 14]
ホイップ、カスタード、ジェラート、マカロン、ショコラの5人とキュアペコリンの戦闘用アイテム。5人のキャンディロッドはスイーツに込められた人々の思いから生まれ出たキラキラルが集まることによって新たに生み出された[ep 14]。キュアペコリンのキャンディロッドはプリキュアへの覚醒と共に新たに生み出された。
ロッドの中央部にキラキラルが溜まったポットが組み込まれており、これを回すことによってクリームエネルギーを作り出し、エネルギーの放出や各種の個人技・合体技を使うことができる。
レインボーリボン[注 15]
ジュリオから託された黒いロッドが変化して誕生した[ep 11]パルフェの戦闘用アイテム。レインボーのリボンで虹を描いて攻撃に使用する[41]。ほかにも様々な用途がある。
キラキラルクリーマー[注 16]
ルミエルから譲渡された絞り器が変化したアイテム[ep 10]。中央部にキラキラルを入れるポッドを備え、リボンの丸いボタンを押すことでキラキラルを出す。また上部にはクリスタルやアニマルスイーツを装着することができ、クリスタルアニマルの召喚やアラモードスタイルへの変身を可能とする。
クリスタルアニマル
各々のイメージの動物をモチーフとした、透明な小瓶型のアイテム。先代のプリキュアより授けられた、それぞれのイメージカラーの球体が変化したものであり、これをキラキラルクリーマーに装着することでプリキュアに力を与える。

作中用語

キラキラパティスリー[注 17]
いちかたちがスイーツを作るパティスリー工房で、通称キラパティ。普段は小型のカバンの形状を取っており、これを開けることであらゆる場所に工房を設置することができる。
いちかはパティスリーの店長、ひまりは材料の買い出し、あおいはパティスリーのカウンターやスイーツオブジェの設置、ゆかりはクリームエネルギーを使ってスイーツオブジェの製作、あきらはギャルソンをそれぞれ担当している。シエルも自身の店で余裕が出来た場合を中心に、キラパティに関わるようになった。
調理道具が揃った工房のほか、地下には集めたキラキラルを貯めることができるキラキラルポット[注 18]がある。キラキラルポットで生成したクリームエネルギーを利用して設備を作ることも出来る。
キラキラル
想いが込められたスイーツに宿るエネルギー。人々や世界を元気にする力があり、プリキュアたちの力の源でもある。
ノワールの手先たちはこのエネルギーを狙っており、キラキラルを奪われることで人々は活力を、スイーツは彩りをそれぞれ失う。
苺坂町(いちござかまち)
いちかたちの住む町。また100年前にルミエルが活躍した場所でもある。山と海に挟まれた立地で坂が多く、商店街には階段も多い。また街中にはシンボルともいえる時計塔も建っている。
いちご坂中学校
いちか・ひまり・あおい・シエルが通う男女共学の中学校。
いちご野高校
ゆかりとあきらが通う男女共学の高等学校。2人にはそれぞれ「お慕いするファンの集い」ができており、それぞれ制服のブレザーの胸元に2人のイラストが入った缶バッジを付けている[注 19]
いちご坂商店街
苺坂町にある商店街。まりこの父が営むスイーツショップ「シュガー」やいちかたちをからかったりする店主(声 - 西村太佑)が営む青果店など、様々な店が立ち並ぶ。
マスコットキャラクターはイチゴン[ep 22]。商店街のプロモーション動画を撮るために、いちかがこの着ぐるみを着用した[ep 22]
苺坂自然公園(いちござかしぜんこうえん)
苺坂町にある自然公園。基本的にはここでキラキラパティスリーの工房を開くことが多い。
いちご山(いちごやま)
苺坂町の近くにある、ペコリンや長老などの妖精たちが住む山。ここで妖精たちがスイーツを作っていたが、ガミー集団の襲撃の際に引き起こされたクリーム爆発による突風で散り散りになった。
山の内部には大量のキラキラルが蓄積された空間も存在し、かつて戦いにより傷ついたピカリオもここで眠りについていた。また内部には古のプリキュアであるルミエルの魂を祭るケーキ型の祭壇が設けられており、そこに備えられた6本のローソクには、クリスタルアニマルの元となった飴型のアイテムも秘められていた。
苺坂保育園(いちござかほいくえん)
苺坂町にある保育園で、中村みどりが勤めている。また、過去にはあおいもこの保育園に通っていた。
いちご坂スイーツフェスティバル
苺坂町で開かれるイベント。ひまり曰く「スイーツを作りたい人も食べたい人も一緒に盛り上がる毎年恒例の一大イベント」で、源一郎と共にいちかも幼少時から訪れていた。いちかたちもキラパティとして、作る側で参加したこともある。
Ciel de rève(シエル・ドゥ・レーヴ)
シエルが営むスイーツショップ。住居も兼ねており、彼女以外に復活したリオとビブリーが居候するようになった。
いちごの総合病院
みくが入院している病院。
立神コンツェルン(たてがみコンツェルン)
あおいの両親が経営している大企業。
黒いロッド
ジュリオの武器。ピカリオのキラキラルがノワールの闇の力によって変化したもので、先端には紫色の宝石が施されている。人々からキラキラルを抜き取ったり、闇の光線を放つ能力を持つ。また奪い取ったキラキラルを用いたノワール・デコレーションで、ロッド自体を様々な武器に変化させることも出来る。後にシエルのキュアパルフェへの覚醒にともない、ロッドも「レインボーリボン」へ変化を遂げた。
白いロッド
復活したピカリオのキラキラルが、ルミエルの光のカによって変化した武器。人々のキラキラルを癒して、光の光線を放つ能力を持つ。グレイブとの戦闘において破壊されてしまったが、この破片の力がいちご坂の妖精・動物達を闇の力から守った。
コンフェイト公国(コンフェイトこうこく)
スイーツで有名な国[29]

スタッフ

シリーズディレクターは若手の暮田とベテランの貝澤幸男の2人体制となる。これは一から作品を立ち上げそれから1年間作品をコントロールするに当たり、シリーズディレクターの負担が大きいため見直した結果だという[45]

シリーズ構成はプロデューサーの神木優と共に『Go!プリンセスプリキュア』や『映画 魔法つかいプリキュア! 奇跡の変身!キュアモフルン!』を手がけた田中仁が、キャラクターデザインは井野真理恵が担当する。音楽は前作『魔法つかいプリキュア!』まで担当した高木洋に代わり林ゆうきが手がける。

また、声優には主人公の宇佐美いちか / キュアホイップを演じる美山加恋と有栖川ひまり / キュアカスタードを演じる福原遥の子役出身者2人[10]が起用されている。

主題歌

主題歌は、オープニングテーマの歌唱を第5回全日本アニソングランプリのファイナリストになった経験を持ち、声優としても活動している、シリーズ初参加の駒形友梨が担当。エンディングテーマは『Yes!プリキュア5』シリーズのエンディングテーマの歌手であり、『ドキドキ!プリキュア』では剣崎真琴 / キュアソードを演じるなど長らくシリーズに関わっている宮本佳那子が歌うこととなった。駒形と宮本はテレビシリーズ第43話でも、テレビ番組アシスタントのオーディションを受けに来た女性役で出演している[32]。また、プリキュア役声優6人によるキャラクターソングを挿入歌として用いている。

音楽面においては放送外でも活動を活発化させており、2017年5月14日にはキャラクターソングシングルリリース記念のミニライブが[46]、同年10月7日には主題歌歌手を含めた作品単独のライブ「キラキラ☆プリキュアアラモードLIVE2017 スウィート☆デコレーション」が開催された。また、同年8月26日には「Animelo Summer Live 2017 -THE CARD-」に「キラキラ☆プリキュアアラモード サマーセッション」として主題歌歌手とプリキュア役声優計8人が出演した。これはプリキュアシリーズとしては2014年(「プリキュアサマーレインボー!」)以来の出演となる[47]

オープニングテーマ

SHINE!! キラキラ☆プリキュアアラモード
作詞 - 大森祥子 / 作曲・編曲 - 大竹智之 / 歌 - 駒形友梨
第2話から第6話にはいちかによる冒頭ナレーションが挿入された。
第24話をもってオープニング映像が一部変更。映像後半にシエル / キュアパルフェが登場し、アニマルスイーツに「ペガサスパフェ」が追加された。ジュリオは映像の変更後にも引き続き登場するが、その他の幹部(ビブリー、グレイブ、エリシオ)や黒幕(ノワール)は登場しなくなった。
YouTube版を含む第1話の公式配信分では、歌詞の記載がなくスタッフのみがクレジットされたバージョンのオープニング・エンディング映像が使用されている[48][49]

エンディングテーマ

エンディング映像でのプリキュアたちのダンスの振り付けは、振付稼業air:manが担当している。

レッツ・ラ・クッキン☆ショータイム」(第1話 - 第22話)
作詞・作曲 - 藤本記子(Nostalgic Orchestra) / 編曲 - 福富雅之(Nostalgic Orchestra) / 歌 - 宮本佳那子[50]
5人のプリキュアがダンスを披露しているほか、ペコリンも登場している。
シュビドゥビ☆スイーツタイム」(第23話 - 第36話、第39話 - 第49話)
作詞・作曲・編曲 - R・O・N / 歌 - 宮本佳那子
キュアパルフェを加えた6人のプリキュアがダンスを披露しているほか、ペコリンも登場している。
トレビアンサンブル!!」(第37話 - 第38話)
作詞 - 藤本記子(Nostalgic Orchestra)[50] / 作曲・編曲 - 三好啓太 / 歌 - 駒形友梨&宮本佳那子
映画『パリッと!想い出のミルフィーユ!』エンディングテーマをそのまま使用、映像は同作品のハイライトシーンを用いている。
映像ソフト収録版、動画配信版では「シュビドゥビ☆スイーツタイム」に差し替え。

挿入歌

「ダイスキにベリーを添えて」(第1話、第8話、第21話)
作詞 - 藤本記子(Nostalgic Orchestra)[50] / 作曲・編曲 - 板垣祐介 / 歌 - キュアホイップ(CV:美山加恋
「プリアラレッツ・ラデコレーション」のBGMとしても使用される。
「プティ*パティ∞サイエンス」(第2話、第13話、第28話、第43話)
作詞 - 六ツ見純代 / 作曲・編曲 - 板垣祐介 / 歌 - キュアカスタード(CV:福原遥
「Soul Believer」(第3話、第14話、第27話)
作詞 - ミズノゲンキ / 作曲・編曲 - 睦月周平
歌 - 岬あやね(CV:Machico)(第3話、第27話)
歌 - 立神あおい(CV:村中知)(第3話、第14話、第27話)
「青空Alright」(第3話、第14話、第27話、第42話)
作詞 - ミズノゲンキ / 作曲・編曲 - 睦月周平 / 歌 - キュアジェラート(CV:村中知)
「CAT MEETS SWEETS」(第5話、第16話、第29話、第45話)
作詞 - 藤本記子(Nostalgic Orchestra)[50] / 作曲・編曲 - サイトウヨシヒロ / 歌 - キュアマカロン(CV:藤田咲
「ショコラ・エトワール」(第6話、第15話、第30話、第44話)
作詞 - eNu / 作曲・編曲 - Kohei by SIMONSAYZ / 歌 - キュアショコラ(CV:森なな子
勇気が君を待ってる」(第17話、第31話)
作詞・作曲 - Motokiyo / 編曲 - 菊谷知樹 / 歌 - 駒形友梨
「虹色エスポワール」(第23話、第26話、第41話)
作詞 - 六ツ見純代 / 作曲・編曲 - 加藤賢二 / 歌 - キュアパルフェ(CV:水瀬いのり
「ススメ!スイーツウェイ」(第38話)
作詞・作曲 - 藤本記子(Nostalgic Orchestra) / 編曲 - 福富雅之(Nostalgic Orchestra) / 歌 - おんなのこペコリン(CV:かないみか[50]
劇中では人間と化したペコリンが口ずさむ形で使用。
「はらぺこ☆ハピデコ♡ドーナツ」(第38話)
作詞・作曲 - 藤本記子(Nostalgic Orchestra) / 編曲 - 福富雅之(Nostalgic Orchestra) / 歌 - 宇佐美いちか(CV:美山加恋)&ペコリン(CV:かないみか)[50]
エンディングでのクレジット記載は無し。
「IGNITION」(第42話)
作詞 - ミズノゲンキ / 作曲・編曲 - 睦月周平 / 歌 - 岬あやね(CV:Machico)
「Aile」(第42話)
作詞 - ミズノゲンキ / 作曲・編曲 - 睦月周平 / 歌 - 立神あおい(CV:村中知)

各話リスト

  • 以下断りのない限り、放送日は日曜日の日付を示し、日曜日以外に放送したものは曜日も併記。さらに通常の放送時間以外に放送された場合にはその旨脚注にて示す。
  • 第41話から第44話までのエンドカードでは、「Instagramハッシュタグキャンペーン」に投稿された視聴者が作ったアニマルスイーツの優秀作が発表された[51]
  • 特番などによる放送休止・放送日時変更・放送時間変更は以下の通り。
話数サブタイトル脚本絵コンテ演出作画監督美術本放送日
[注 22]
1大好きたっぷり!
キュアホイップできあがり!
田中仁暮田公平山岡直子飯野敏典2017年
2月5日
2小さな天才
キュアカスタード!
宮元宏彰石川てつや齋藤優2月12日
3叫べライオン!
キュアジェラート!
伊藤睦美小山賢古家陽子高橋晃黄国威2月19日
43人そろってレッツ・ラ・まぜまぜ! 犬飼和彦貝澤幸男フランシス・カネダ
アリス・ナリオ
鈴木祥太2月26日
5きまぐれお姉さまは
キュアマカロン!
坪田文黒田成美中島豊上野ケン田中里緑3月5日
6これってラブ!?
華麗なるキュアショコラ!
田中仁神谷智大平山美穂赤田信人戸杉奈津子3月12日
7ペコリン、ドーナツ作るペコ〜! 犬飼和彦佐々木憲世河野宏之いいだりえ3月19日
8キラパティ
オープン…できません!
坪田文やしろ駿松永真彦渡邉慶子鈴木祥太3月26日
9キラパティが
あなたの恋、叶えます!
黒須美由記小山賢青山充栫ヒロツグ4月2日
10ゆかりVSあきら!
嵐を呼ぶおつかい!
伊藤睦美土田豊稲上晃齋藤優4月9日
11決戦!
プリキュアVSガミー集団!
田中仁宮元宏彰爲我井克美黄国威4月16日
12敵は…モテモテ転校生!? 坪田文座古明史松浦仁美鈴木祥太4月23日
13ムリムリ!
ひまり、まさかのデビュー!
犬飼和彦中島豊フランシス・カネダ
アリス・ナリオ
田中里緑4月30日
14お嬢さまロックンロール! 田中仁三上雅人上野ケン戸杉奈津子5月7日
15愛ゆえに!
怒りのキュアショコラ!
伊藤睦美鵜飼ゆうき古家陽子青山充いいだりえ5月14日
16キケンな急接近!
ゆかりとリオ!
坪田文佐々木憲世赤田信人鈴木祥太5月21日
17最後の実験!
変身できないキュアホイップ!
田中仁今千秋河野宏之栫ヒロツグ5月28日
18ウワサの主は強敵ビブリー! 犬飼和彦土田豊松永真彦渡邉慶子齋藤優6月4日
19天才パティシエ!
キラ星シエル!
香村純子宮元宏彰稲上晃倉橋隆6月11日
20憧れまぜまぜ!
いちかとシエル!
伊藤睦美中島豊松浦仁美鈴木祥太6月25日
21なんですと〜!?
明かされるシエルの正体!
犬飼和彦座古明史フランシス・カネダ
アリス・ナリオ
田中里緑
黄 国威
7月2日
22やめてジュリオ!
憎しみのキラキラル!
香村純子貝澤幸男古家陽子青山充戸杉奈津子7月9日
23翔べ!
虹色ペガサス、キュアパルフェ!
田中仁暮田公平川村敦子いいだりえ7月16日
24転校生は妖精キラリン!? 伊藤睦美三上雅人上野ケン鈴木祥太7月23日
25電撃結婚!?
プリンセスゆかり!
坪田文佐々木憲世河野宏之栫ヒロツグ7月30日
26夏だ!海だ!
キラパティ漂流記!
黒須美由記紅優松永真彦渡邉慶子齋藤優8月6日
27アツ〜いライブバトル!
あおいVSミサキ!
香村純子宮元宏彰赤田信人田中里緑8月24日(木)
[注 23]
8月13日
28ふくらめ!
ひまりのスイーツ大実験!
伊藤睦美中島豊青山充鈴木祥太8月25日(金)
[注 23]
8月20日
29大ピンチ!
闇に染まったキュアマカロン!
坪田文やしろ駿芝田浩樹稲上晃黄国威
田中里緑
8月27日
30狙われた学園祭!
ショコラ・イン・ワンダーランド!
田中仁小山賢古家陽子フランシス・カネダ
アリス・ナリオ
戸杉奈津子9月3日
31涙はガマン!
いちか笑顔の理由!
畑野森生川村敦子いいだりえ9月10日
32キラッと輝け6つの個性!
キラキラルクリーマー!
香村純子貝澤幸男三上雅人上野ケン鈴木祥太9月17日
33スイーツがキケン!?
復活、闇のアニマル!
伊藤睦美角銅博之河野宏之栫ヒロツグ9月24日
34小さな大決闘!
ねこゆかりVS妖精キラリン!
森江美咲今千秋松永真彦渡邉慶子齋藤優10月1日
35デコボコぴったり!
ひまりとあおい!
吉成郁子佐々木憲世赤田信人田中里緑10月8日
36いちかとあきら!
いちご坂大運動会!
香村純子中島豊青山充鈴木祥太10月15日
37サリュー!
シエル、フランスへ去るぅー!?
村山功宮元宏彰松浦仁美黄国威10月22日
38ペコリン
人間になっちゃったペコ〜!
犬飼和彦芝田浩樹フランシス・カネダ
アリス・ナリオ
戸杉奈津子10月29日
39しょんな〜!
プリキュアの敵はいちご坂!?
田中仁紅優古家陽子稲上晃いいだりえ11月12日
40レッツ・ラ・おきがえ!
スイーツキャッスルできあがり!
畑野森生河野宏之鈴木祥太11月19日
41夢はキラ☆ピカ無限大! 香村純子角銅博之上野ケン栫ヒロツグ11月26日
42歌えWOW!
あおいラストソング!
吉成郁子三上雅人板岡錦戸杉奈津子12月3日
43かくし味は勇気です!
ひまりの未来レシピ!
伊藤睦美やしろ駿松永真彦渡邉慶子本間禎章12月10日
44雪に秘めた想い!
愛をさけべ、あきら!
田中仁中島豊青山充いいだりえ12月17日
45さよならゆかり!
トキメキ☆スイーツクリスマス!
坪田文佐々木憲世赤田信人鈴木祥太12月24日
46ノワール大決戦!
笑顔の消えたバースデー!
田中仁宮元宏彰フランシス・カネダ
アリス・ナリオ
田中里緑2018年
1月7日
47大好きをとりもどせ!
キュアペコリンできあがり!
大内珠帆芝田浩樹古家陽子稲上晃齋藤優1月14日
48さいごの戦い!
世界まるごとレッツ・ラ・まぜまぜ!
田中仁暮田公平川村敦子鈴木祥太1月21日
49大好きの先へ!
ホイップ・ステップ・ジャーンプ!
貝澤幸男井野真理恵飯野敏典1月28日

放送局・配信元

日本国内での放送

字幕放送連動データ放送はテレビ朝日系列フルネット局のみ実施。シリーズ開始以前より行われてきた、宮崎放送での番組販売による「プリキュアシリーズ」のネット受けは編成の都合上、本作品をもって終了となった[52]

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 備考
日本国内[注 24] 朝日放送制作局)をはじめとする
テレビ朝日系列フルネット全24局
2017年2月5日 - 2018年1月28日 日曜 08:30 - 09:00 テレビ朝日系列 同時ネット
鳥取県島根県 山陰放送 2017年2月11日[注 25] - 2018年2月3日 土曜 11:15 - 11:45 TBS系列 遅れネット
スポンサードネット
宮崎県 宮崎放送 2017年3月4日 - 3月25日
2017年4月15日[注 26] - 2018年3月10日
土曜 05:30 - 06:00
土曜 05:15 - 05:45
遅れネット
番組販売

日本国外でのネット配信

台湾
2017年11月3日から2018年5月11日まで東森幼幼台YouTubeチャンネルにて、『光之美少女 食尚甜心』のタイトルで毎週金曜・土曜にテレビシリーズの配信を実施。普通話配信、繁体字字幕あり。日本国内での視聴はできない[53]
フランス
2020年7月14日より、アニメデジタルネットワークフランス語版にて、テレビシリーズ全話の配信を実施[54]
南北アメリカ・オーストラリア・ニュージーランド・ヨーロッパ・中東・アフリカ
2020年8月にCrunchyrollによる配信が行われると発表されている[55][56]

映画

映画 キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ![57]
2017年10月28日公開。キュアパルフェ(キラリン)、いちご山の長老、ピカリオは映画初登場となる[注 27]。後述の『ドリームスターズ』に登場した妖精たちがメインのCG短編作品『Petit☆ドリームスターズ!レッツ・ラ・クッキン?ショータイム!』も同時上映される。
同作品のオリジナルキャラクターであるジャン=ピエールは、映画公開に先駆ける形でテレビシリーズ第22話にも、シエル(キラリン)の回想シーンに一瞬だけ登場している。また公開直前の放送となる第37話では映画と連動したエピソードが放送された[58]。さらに第48話ではエリシオの体内に吸収されたプリキュアにキラキラルを与えて励ます場面に、ジャン=ピエールと、敵キャラ「クック」に似た少女(映画ラストに登場)が登場している。
同作品の公開に合わせ、本作品の第36話から第39話までのオープニング映像には同作品のハイライトシーンが一部使用されている。

クロスオーバー映画

映画 プリキュアドリームスターズ!
2017年3月18日公開。本作品からはキュアホイップ、キュアカスタード、キュアジェラート、キュアマカロン、キュアショコラ、ペコリンが登場。
同作品の公開に合わせ、本作品の第5話から第10話までのオープニング映像、並びに第6話と第7話のエンディング映像には同作品のハイライトシーンが一部使用されている。エンディングでは両脇に同作品の前売券限定グッズとなる「サクラケーキだいふく」と「モフルンさくらマフィン」が映されている。
映画 プリキュアスーパースターズ!
2018年3月17日公開。『ドリームスターズ!』に登場済みの5人とペコリンに加え、キュアパルフェがクロスオーバー映画初登場。また、いちご山の長老が登場。また作中にていちかと『HUGっと!プリキュア』のはな(キュアエール)が初対面した際、本作品の最終回にて対面済みであることを踏まえた描写・演出も盛り込まれている。
映画 HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ
2018年10月27日公開。本作品のプリキュア6人[注 28]が声付きで登場。
映画 プリキュアミラクルユニバース
2019年3月16日公開。本作品のプリキュア6人とペコリン[注 29]、いちご山の長老が登場。

その他の作品

HUGっと!プリキュア
2018年に放送された、プリキュアのテレビシリーズ第15作。同作品の第36・37話に本作品のプリキュア全員とペコリン[注 30]、いちご山の長老が声付きで登場[59]。このほか、その他のいちご山の妖精たち(36話)、リオとビブリー(37話)が1カットのみ登場。『ハピネスチャージプリキュア!』以前のプリキュアたちとは同作品が初対面となる。

漫画版

これまでのシリーズ同様、『なかよし』(講談社)にて、上北ふたごによる漫画版が2017年3月号から2018年2月号まで連載された。コミックの1巻には描き下ろしのエピソードも掲載されており、漫画版オリジナルの敵、ソルティペッパーが登場する。また、2017年11月号掲載分はシリーズ連載初となる2本立てで、うち1話は映画『パリッと!想い出のミルフィーユ!』の前日譚として描かれている[60]

書誌情報

いずれも通常版と特装版でカバーイラストやピンナップイラストが異なるほか、特装版には描き下ろし漫画を収録した小冊子が付属する。

  1. 『キラキラ☆プリキュアアラモード1 プリキュアコレクション』 2017年8月10日発売
    • 『なかよし』2017年3月号 - 8月号掲載分及び描き下ろし作品を収録
      • 通常版 ISBN 978-4-06-337866-5
      • 特装版 ISBN 978-4-06-362369-7
        • 小冊子には歴代プリキュアが登場する描き下ろし作品を収録。
  2. 『キラキラ☆プリキュアアラモード2 プリキュアコレクション』 2018年3月13日発売
    • 『なかよし』2017年9月号 - 2018年2月号掲載分及び描き下ろし作品を収録
      • 通常版 ISBN 978-4-06-511046-1
      • 特装版 ISBN 978-4-06-511045-4
        • 小冊子には本作品及び『魔法つかいプリキュア!』『HUGっと!プリキュア』の3作品のプリキュアが共演する描き下ろし作品を収録。

また、『魔法つかいプリキュア!』第2巻特装版(2017年3月13日発売、ISBN 978-4-06-362357-4)付属小冊子には同作品と本作品、そして『Go!プリンセスプリキュア』の3作品のプリキュアが共演する描き下ろし漫画が収録されている。

キャラクターショー

キャラクターショーは従来の2期構成から変わって3期に分かれており、第1期では初期メンバー5人とペコリン、敵側はガミーとショーオリジナルのモンブランが登場する。第2期ではパルフェが加わる一方、ペコリンが登場しなくなるほか、敵側ではビブリーが登場する。第3期ではプリキュア6人とペコリン、改心後のガミーが登場するが、ノワールが声のみで登場しガミーを再び闇に染めるという展開が盛り込まれている。

上記とは別に『キラキラ☆プリキュアアラモード ドリームステージ〜メチャまぜ♥キラパティレビュー〜』としてミュージカルショー(有料)も7月より開催されている[61][62]。ミュージカル、ダンスレクチャー、ライブショーの3部構成となっており、ミュージカル本編では敵側からエリシオが登場するほか、他シリーズからの客演としてキュアミラクルとキュアフローラが登場、さらにライブショーでは『Go!プリンセスプリキュア』『魔法つかいプリキュア!』の全プリキュアも登場する。

イベント

キラキラ☆プリキュアアラモードLIVE2017 スウィート☆デコレーション
2017年10月7日に東京都葛飾区かつしかシンフォニーヒルズモーツァルトホールで開催された、主題歌歌手と出演声優によるキャラクターソングライブ[63]。詳細は当該項目を参照。

関連商品

音楽CD

いずれも発売元はマーベラス。サウンドトラック・ボーカルアルバムの詳細は『キラキラ☆プリキュアアラモード サウンドアルバム』を参照。

シングル
  1. SHINE!! キラキラ☆プリキュアアラモード/レッツ・ラ・クッキン☆ショータイム」(2017年3月1日発売)
    • CD+DVD盤:MJSS-09184 - 85
    • 通常盤:MJSS-09186
    • オープニングテーマと前期エンディングテーマを収録。CD+DVD盤のDVDには前期のオープニングおよびエンディングのノンテロップムービーが収録されている。初回限定封入特典は、通常盤がジャケットイラスト・ステッカー、CD+DVD盤がキラキラ☆パティシール。
  2. 「キラキラ☆プリキュアアラモード」キャラクターソングシングル sweet etude」(2017年4月26日発売、MJSS-09193 - 7/2017年8月2日発売、MJSS-09199)
    • 挿入歌として用いられているプリキュア達によるキャラクターソングのシングルシリーズ6作品。カップリング曲としてエンディングテーマ「レッツ・ラ・クッキン☆ショータイム」の各キャラによるカバーバージョンを収録。
  3. シュビドゥビ☆スイーツタイム/勇気が君を待ってる」(2017年8月23日発売)
    • CD+DVD盤:MJSS-09203 - 4
    • 通常盤:MJSS-09205
    • 後期エンディングテーマと挿入歌「勇気が君を待ってる」を収録。CD+DVD盤のDVDには後期のオープニングおよびエンディングのノンテロップムービーが収録されている。初回限定封入特典はジャケットイラスト・ステッカー。
サウンドトラック
  1. キラキラ☆プリキュアアラモード オリジナル・サウンドトラック1 プリキュア・サウンド・デコレーション!!』(2017年5月31日発売、MJSA-01220)[64]
    • BGMと主題歌のテレビサイズ・バージョン、ボーナストラックとして挿入歌「Soul Believer」のガナッシュバージョンのフルサイズなど全44曲を収録したサントラ盤。初回封入特典はジャケットサイズ・ステッカー。
  2. キラキラ☆プリキュアアラモード オリジナル・サウンドトラック2 プリキュア・サウンド・ゴーランド!!』(2017年11月29日発売、MJSA-01227)
    • BGMと主題歌や挿入歌のテレビサイズ・バージョンなど全45曲を収録したサントラ盤。初回封入特典はジャケットサイズ・ステッカー。
ボーカルアルバム
  1. キラキラ☆プリキュアアラモード ボーカルアルバム キュアラモード☆アラカルト』(2017年7月26日発売、MJSA-01221 - 2)
    • オープニングテーマのロングイントロバージョンとエンディングテーマのプリキュアバージョン、挿入歌「Soul Believer」のあおいバージョンをはじめ、プリキュアとペコリンによるキャラクターソングの新曲や主題歌歌手によるイメージソングなど全10曲を収録したボーカルアルバム。キャラクターソングなどのダンスレッスンムービー6本を収録したDVDを同梱。初回封入特典はジャケットサイズ・ステッカー。
  2. キラキラ☆プリキュアアラモード ボーカルアルバム2 苺坂物語』(2017年11月29日発売、MJSA-01226)
    • 挿入歌などキャラクターソングの新曲や主題歌歌手によるイメージソング、「Soul Believer」のあおいとあやねのデュエットバージョン、「sweet etude」収録曲のオリジナル・メロディ・インストバージョンなど全16曲を収録したボーカルアルバム。初回封入特典はジャケットサイズ・ステッカー。
  3. キラキラ☆プリキュアアラモード ボーカルベストアルバム スイート☆エチュード☆アラモード』(2018年1月17日発売、MJSA-01228)
    • 「sweet etude」収録曲や新録挿入歌などを収録したベストアルバム。初回封入特典はジャケットサイズ・ステッカー。

DVD / Blu-ray Disc

いずれも発売元はマーベラス、販売元はポニーキャニオン。2017年7月19日発売のDVD第2巻で、プリキュアのテレビシリーズのDVD通算200巻を達成した。

DVDは2017年6月21日から2018年5月16日にかけて全16巻(各巻3話(Vol.16のみ4話)収録)が、Blu-ray Discは2017年9月20日から2018年5月16日にかけて全4巻(各巻2枚組・12話(Vol.4のみ13話)収録)がそれぞれ発売された[65]。DVDおよびBD第1巻に収録の第1話には、いちか役の美山加恋とペコリン役のかないみかによるオーディオコメンタリーが収録される[66]

DVD
巻数 収録話数 ジャケットイラスト 映像特典 発売日
1 1話 - 3話 キュアホイップ
キュアカスタード
キュアジェラート
キュアマカロン
キュアショコラ
ペコリン
前期ノンテロップOP&ED
前期エンディングダンスレッスンムービー
アニマルスイーツレシピ動画1〜3
番組PV集
Blu-ray&DVD告知CM
第1話オーディオコメンタリー
2017年6月21日
2 4話 - 6話 キュアホイップ
ペコリン
前期エンディングダンスレッスンムービー
アニマルスイーツレシピ動画4〜5
2017年7月19日
3 7話 - 9話 キュアカスタード
ペコリン
前期エンディングダンスレッスンムービー 2017年8月16日
4 10話 - 12話 キュアジェラート
ペコリン
2017年9月20日
5 13話 - 15話 キュアマカロン
ペコリン
前期エンディングダンスレッスンムービー
アニマルスイーツレシピ動画集
2017年10月18日
6 16話 - 18話 キュアショコラ
ペコリン
前期エンディングダンスレッスンムービー 2017年11月15日
7 19話 - 21話 いちか・ひまり・あおい
ゆかり・あきら
(キラパティ制服)
ペコリン
2017年12月20日
8 22話 - 24話 キュアパルフェ
ピカリオ
2018年1月17日
9 25話 - 27話 いちか・シエル・ペコリン エンディングダンスレッスンムービー 2018年2月21日
10 28話 - 30話 ひまり・あおい・ペコリン
11 31話 - 33話 あきら・ゆかり
ペコリン・三ツ星にゃんこ
2018年3月21日
12 34話 - 36話 キュアホイップ
キュアカスタード
キュアジェラート
ペコリン
13 37話 - 39話 キュアマカロン
キュアショコラ
ペコリン
2018年4月18日
14 40話 - 42話 キュアパルフェ
ジュリオ
ペコリン
15 43話 - 45話 キュアホイップ
キュアカスタード
キュアジェラート
キュアマカロン
キュアショコラ
キュアパルフェ
(アラモードスタイル)
2018年5月16日
16 46話 - 49話 キュアホイップ
キュアカスタード
キュアジェラート
キュアマカロン
キュアショコラ
キュアパルフェ
ペコリン・長老・ピカリオ
Blu-ray Disc
巻数 収録話数 ジャケットイラスト 映像特典 発売日
1 1話 - 12話 キュアホイップ
キュアカスタード
キュアジェラート
ペコリン
前期ノンテロップOP&ED
前期エンディングダンスレッスンムービー
変身シーン集
アニマルスイーツレシピ動画1〜5
設定資料ギャラリー
番組PV集
Blu-ray&DVD告知CM
第1話オーディオコメンタリー
2017年9月20日
2 13話 - 24話 キュアマカロン
キュアショコラ
ペコリン
後期ノンテロップOP&ED
後期エンディングダンスレッスンムービー
変身&技シーン集
アニマルスイーツレシピ動画集
設定資料ギャラリー
2018年1月17日
3 25話 - 36話 キュアパルフェ
ペコリン
リオ/ジュリオ
技シーン集
アニマルスイーツレシピ動画集
設定資料ギャラリー
2018年3月21日
4 37話 - 49話 キュアホイップ
キュアカスタード
キュアジェラート
キュアマカロン
キュアショコラ
キュアパルフェ
ペコリン・長老・リオ
ビブリー・ルミエル
変身&技シーン集
アニマルスイーツレシピ動画集
設定資料ギャラリー
2018年5月16日

ライブ・ビデオ

キラキラ☆プリキュアアラモードLIVE2017 スウィート☆デコレーション2018年2月21日発売、マーベラス/ポニーキャニオン)
2017年10月7日にかつしかシンフォニーヒルズモーツァルトホールで開催された、主題歌歌手と出演声優によるシリーズ初のキャラクターソングライブを昼夜2部それぞれBD/DVD1枚ずつ計2枚組で収録したライブ・ビデオ。

スマートフォンアプリ

キラキラ☆プリキュアアラモード公式応援アプリ
iOS版(iPhone/iPadユニバーサル対応)[67]Android[68]版が用意されている。
前述の通り、番組連動がこれまでの放送中にタップする形式から、データ放送に映されたアイテムをカメラで読み取って取得し、写真のデコレーション素材として使える形式に変わっている。
キラキラ☆プリキュアアラモード アラモードコレクション
auスマートパス向けのサービスで、Android版はネイティブアプリ、iOS版はWebアプリで提供している[69]。これまでの「ボイス&カードコレクション」「魔法つかいプリキュア!マジカルコレクション」同様に放送後30分以内にアクセスすることでキャラクターのイラストカードや音声、ボイスムービーが入手出来るほか、スタンプを貯めることでイラストカードや音声、ボイスムービーが得られる「スタンプコレクション」も実施、2017年5月31日からは表示されたスイーツとシルエットの絵合わせゲーム「パティシエコレクション」を開始している。
プリキュア つながるぱずるん[70]
2017年3月16日から2020年6月2日まで、バンダイナムコエンターテインメント(BNEI)より配信されたスマートフォン向けゲームアプリ。2017年3月19日より本作品に登場するプリキュアが順次実装され、8月19日にはキュアパルフェも実装された。
「プリキュアオールスターズ」LINE着せ替え[71]/「キラキラ☆プリキュアアラモード」LINE着せ替え[72]
『映画 プリキュアドリームスターズ!』公開を記念として販売されたLINEの着せ替えセット。本作品及び『Go!プリンセスプリキュア』『魔法つかいプリキュア!』の3デザインが用意されている。また、2017年7月には本作品単独の着せ替えも販売されている。
「キラキラ☆プリキュアアラモード」LINEスタンプ[73]
無料通話アプリLINEのクリエイターズスタンプ。このスタンプのために新たに描き下ろされたイラスト全40種類を用いている。LINE STOREで販売されている。6月24日に第1弾、10月7日に第2弾が発売。
プリキュアかずあそび[74]
NTTドコモの知育サービス「dキッズ」で提供されている算数学習用アプリ。数字の数え方から足し算引き算までをプリキュアと一緒に学習できる。

関連書籍

月刊ComicREX』2017年9月号増刊 『Febri』Vol.43 「巻頭特集 キラキラ☆プリキュアアラモード」(一迅社、2017年8月10日発売)
シリーズディレクターのコメント付き前半2クール分のストーリーガイドに加え、メインキャスト6人の座談会や、シリーズディレクターの暮田公平と貝澤幸男、キャラクターデザインの井野真理恵、プロデューサーの神木優、バンダイガールズトイ事業部の長谷川歩のインタビュー記事、井野によるキャラクター設定や修正原画、映画の最新情報などで構成した38頁の特集記事。
月刊アニメージュ2018年1月号増刊 『キラキラ☆プリキュアアラモード』特別増刊号(徳間書店、2017年11月16日発行)
映画公開に合わせて発行されるアニメージュの増刊号で、これまで同誌に掲載された記事の再録や最新情報、スタッフインタビューや声優の座談会[注 31]・インタビュー[注 32]など、テレビシリーズと映画の情報を掲載。昨年までと異なりこの号より全ページフルカラーとなる。
『キラキラ☆プリキュアアラモード オフィシャルコンプリートブック』(アニメディア編集部・編、学研プラス・発行、2018年3月17日発売) ISBN 978-4-05-611342-6
主要キャラクターの紹介や設定資料、全ストーリーの解説、声優・スタッフ・主題歌歌手などのインタビュー、劇場版情報などで構成。
『キラキラ☆プリキュアアラモード設定資料集』(東映アニメーション、2018年7月10日発売)
本作品の設定資料集。A4横版全480ページ、表紙箔押し仕様。
『井野真理恵 東映アニメーションプリキュアワークス』(一迅社、2019年12月23日発売予定[75]ISBN 978-4-7580-1676-6
本作品を中心とした井野によるイラストギャラリーの書籍。各種アニメ雑誌やDVDジャケットなどに使われた版権イラスト、キャラクター設定、原画等を収録。

フィギュア

S.H.Figuartsシリーズ
S.H.Figuarts キュアホイップ[76]
魂ウェブ商店限定。2018年2月発送。ペコリンのミニフィギュア、スイーツパクト、キャンディロッド、ワンダフルアラモード用のPETパーツが付属。
S.H.Figuarts キュアマカロン[77]
魂ウェブ商店限定。2018年6月発送。スイーツパクト、キャンディロッド、ワンダフルアラモード用のPETパーツ、しゃがみポーズ用のスカートパーツが付属。
S.H.Figuarts キュアショコラ[77]
魂ウェブ商店限定。2018年9月発送。スイーツパクト、キャンディロッド、ワンダフルアラモード用のPETパーツが付属。
S.H.Figuarts キュアパルフェ[77]
魂ウェブ商店限定。2018年10月発送。スイーツパクト、レインボーリボン及びそれ専用のリボンパーツが付属。
S.H.Figuarts キュアカスタード&キュアジェラートセット[78]
魂ウェブ商店限定。2018年12月発送。キラリンとピカリオのミニフィギュア、スイーツパクト、キャンディロッド、キュアジェラート変身時のギターエフェクトパーツ、ワンダフルアラモード用のPETパーツが付属。

その他

ミスタードーナツとのコラボ商品
2017年7月20日から販売される物で、「ペコリンドーナツ」のほか、オリジナルボックスに入った商品やレシピノートが付いたキッズセットが販売される[79]
また、同年11月15日からはプリキュアが描かれたミニポーチが付属するキッズセットが販売される[80]
ローソンとのコラボ商品
ローソンのイメージカラーである青と白のストライプ及びワンポイントのピンクをあしらった服を着たプリキュア6人とペコリンの描き下ろしイラストを使った、アクリルスタンドパネルと、缶バッジ・キーホルダー・タペストリーのセットが販売される[81]
また、2017年11月4日からは全国のローソン(沖縄県内の店舗、ナチュラルローソンを除く)で、バンダイによるチルドデザート「プリキュア アニマルスイーツ うさぎショートケーキ」が先行販売される[82]
初音ミク」「鏡音リン・レン」とのコラボ商品
2017年に10周年を迎え、また一部担当声優も共通している[83]VOCALOID「初音ミク」「鏡音リン・レン」とのコラボレーションとして、いちか・ゆかり・あきら・シエルがミク、ひまりがリン、あおいがレン、ミクがホイップ、リンがカスタード、レンがジェラートのそれぞれのコスチュームを着たイラストを用いたグッズを公式ショップ「プリティストア」で販売する[84]
プリプリおてだま
プリティストアで販売したお手玉型の小さなぬいぐるみ。キュアホイップ、キュアカスタード、キュアジェラート、キュアマカロン、キュアショコラ、ペコリンの6種類。後からキュアパルフェ、キラリン、ジュリオ、ピカリオの4種が追加された。
ぷりきゅみシリーズ 第1弾
各プリティストアで販売。前作『魔法つかいプリキュア!』・本作品・次作『HUGっと!プリキュア』のプリキュアたちが様々な妖精(歴代妖精には含まれていない妖精も含む)の着ぐるみ[注 33]を着たイラストが描かれている。ミニタオル、クッション、アクリルチャームは、缶バッジ、パスケースがある。

話題

  • 国境なき医師団日本が2017年11月1日に創設25周年を記念して開設した特設サイトにおいて、いちか(ホイップ)が祝福のメッセージを贈るコラボレーションが行われている。これはいちかの母さとみが世界中の小さな村を回り医療人道援助に携わっているという設定が、SNS等で国境なき医師団を想起させると話題になったことから実現した物で、同団体としては史上初のアニメ作品とのコラボレーションとなる。特設サイトには記念メッセージの他、東映アニメーションによる描き下ろしイラストも掲載されている[85][86]
  • 最終話が放送された2018年1月28日には、直前の時間帯に放送されているニュース・情報番組『サンデーLIVE!!』(テレビ朝日・朝日放送・メ〜テレ共同制作)とコラボレーションし、地上波の生放送で初めてLive2Dの技術を使って描き動くキュアホイップと、同番組メインキャスターの東山紀之少年隊)による生でのクロストークを展開した[87]

脚注

注釈

  1. ^ 後述の「プリアラレッツ・ラ・1ぷんかんクッキング」で用いられているほか、東映アニメーションの公式Twitterアカウントによるハッシュタグでも「#プリアラ」が確認できる。
  2. ^ さらに一部話数では「プリアラレッツ・ラデコレーション」。
  3. ^ 単純にスイーツ作りの紹介だけにとどまらず、第6話では「動物にスイーツをあげてはいけないよ」と剣城あきらが発言するなど、児童視聴者への警告を盛り込んだこともあった。
  4. ^ このコーナーの枠自体がない場合は、これまでのシリーズと同様、前後の提供クレジットがアナウンス付きで表示される。
  5. ^ a b 提供テロップが表示される直前には時計の表示が消え、提供テロップ終了後に再び表示される。
  6. ^ 第38話のペコリンのような例外もある。
  7. ^ 第13話では未登場だが、かないは同話で一般の幼い少女の母親役として出演している。
  8. ^ 第38話の挿入歌として使われたペコリンのキャラクターソング「ススメ!スイーツウェイ」では歌唱者名が「おんなのこペコリン」とクレジットされている。
  9. ^ EDクレジットではノンクレジット。
  10. ^ EDクレジットの名義では第23話までは「ジュリオ」、第33話以降および映画では「ピカリオ」、第39話以降は「リオ」と表記。
  11. ^ 商品化された際にはまぜまぜ変身!スイーツパクト[38]、もしくはまぜまぜ変身!スイーツパクトDX[39]という名義で発売された。
  12. ^ 玩具のアニマルスイーツでは「キャットマカロン」。
  13. ^ 玩具のアニマルスイーツでは「ドッグチョコレート」。
  14. ^ 商品化された際にはくるくるチャージ☆キャンディロッド[40]という名義で発売された。
  15. ^ 商品化された際にはパルフェレインボーリボン[41]という名義で発売された。
  16. ^ 商品化された際には作中と同じキラキラルクリーマーの名義で発売された[42]
  17. ^ 商品化された際にはいらっしゃいませ!キラパティショップへ☆[43]という名義で発売された。
  18. ^ 玩具では同デザインで小型化したくるくるスイーツビーズメーカー[44]として商品化されている。
  19. ^ 実際にこの缶バッジは公式で商品化されており、「ゆかりファンクラブ缶バッジ」「あきらファンクラブ缶バッジ」 という商品名で発売されている。
  20. ^ その他のテレビ朝日系列局では、本来の放送予定通りに先行ネットしている。
  21. ^ 制作局の朝日放送では『大改造!!劇的ビフォーアフター2時間SP』(6:55 - 8:55、2015年7月26日の再放送)および『千原ジュニアの暴れん坊シニアにおともします!』(8:55 - 10:20、2015年9月27日の再放送)を放送。いずれの番組も朝日放送以外のテレビ朝日系列フルネット23局では各局別に自主編成。
  22. ^ 特記のない限り、全てのテレビ朝日系列局での本放送日。2つ記載している場合、上段:制作局(朝日放送)、下段:制作局を除くテレビ朝日系列フルネット23局。
  23. ^ a b 10:55 - 11:25に放送(関西地区の放送について重要なお知らせ、朝日放送、2017年8月21日)。
  24. ^ 遅れネットの鳥取県・島根県・宮崎県および、ANNフルネット局が所在しない山梨県富山県福井県徳島県高知県佐賀県を除く。
  25. ^ 12月30日は『報道の日2017』のため休止。第45話は2018年1月6日に13日遅れで放送した。
  26. ^ 4月1日は「映画 プリキュアドリームスターズ!」の公開記念特番に差し替え。4月8日マスターズゴルフ中継のため、8月5日8月12日は「世界陸上ロンドン2017」のため、12月30日は『Born Again〜画家 正子・R・サマーズの人生〜(JNN協議会賞受賞作品。琉球放送制作。)』のため、それぞれ休止。
  27. ^ ピカリオはシエルの回想シーンのみ登場。
  28. ^ オールスターズとしては全員初登場。
  29. ^ 人間態の姿でも登場。
  30. ^ 第37話ではキュアペコリンにも変身。
  31. ^ プリキュアチーム(美山・福原・村中・藤田・森・水瀬)、妖精チーム(かない・水島・皆川)、ノワールチーム(塩屋・千葉・平川・江川)の3編
  32. ^ 映画ゲスト出演の尾上松也、悠木碧齋藤彩夏の3編
  33. ^ 初期メンバー5人はペコリン、シエルはピカリオ。

参照話数

  1. ^ a b 第49話 あらすじ”. キラキラ☆プリキュアアラモード. 東映アニメーション. 2022年2月13日閲覧。
  2. ^ 第45話 あらすじ”. キラキラ☆プリキュアアラモード. 東映アニメーション. 2022年2月13日閲覧。
  3. ^ 第44話 あらすじ”. キラキラ☆プリキュアアラモード. 東映アニメーション. 2022年2月13日閲覧。
  4. ^ a b 第38話 あらすじ”. キラキラ☆プリキュアアラモード. 東映アニメーション. 2022年2月13日閲覧。
  5. ^ 第47話 あらすじ”. キラキラ☆プリキュアアラモード. 東映アニメーション. 2022年2月13日閲覧。
  6. ^ a b 第8話 あらすじ”. キラキラ☆プリキュアアラモード. 東映アニメーション. 2022年2月13日閲覧。
  7. ^ a b 第24話 あらすじ”. キラキラ☆プリキュアアラモード. 東映アニメーション. 2022年2月13日閲覧。
  8. ^ a b c d 第22話 あらすじ”. キラキラ☆プリキュアアラモード. 東映アニメーション. 2022年2月13日閲覧。
  9. ^ a b 第46話 あらすじ”. キラキラ☆プリキュアアラモード. 東映アニメーション. 2022年2月13日閲覧。
  10. ^ a b 第32話 あらすじ”. キラキラ☆プリキュアアラモード. 東映アニメーション. 2022年2月13日閲覧。
  11. ^ a b 第23話 あらすじ”. キラキラ☆プリキュアアラモード. 東映アニメーション. 2022年2月13日閲覧。
  12. ^ 第48話 あらすじ”. キラキラ☆プリキュアアラモード. 東映アニメーション. 2022年2月13日閲覧。
  13. ^ 第29話 あらすじ”. キラキラ☆プリキュアアラモード. 東映アニメーション. 2022年2月13日閲覧。
  14. ^ a b 第11話 あらすじ”. キラキラ☆プリキュアアラモード. 東映アニメーション. 2022年2月13日閲覧。
  15. ^ 第12話 あらすじ”. キラキラ☆プリキュアアラモード. 東映アニメーション. 2022年2月13日閲覧。
  16. ^ 第14話 あらすじ”. キラキラ☆プリキュアアラモード. 東映アニメーション. 2022年2月13日閲覧。
  17. ^ 第9話 あらすじ”. キラキラ☆プリキュアアラモード. 東映アニメーション. 2022年2月13日閲覧。
  18. ^ 第25話 あらすじ”. キラキラ☆プリキュアアラモード. 東映アニメーション. 2022年2月13日閲覧。
  19. ^ 第28話 あらすじ”. キラキラ☆プリキュアアラモード. 東映アニメーション. 2022年2月13日閲覧。
  20. ^ 第37話 あらすじ”. キラキラ☆プリキュアアラモード. 東映アニメーション. 2022年2月13日閲覧。
  21. ^ 第7話 あらすじ”. キラキラ☆プリキュアアラモード. 東映アニメーション. 2022年2月13日閲覧。
  22. ^ a b 第13話 あらすじ”. キラキラ☆プリキュアアラモード. 東映アニメーション. 2022年2月13日閲覧。

出典

  1. ^ キラキラ プリキュアアラモード|アニメ声優・キャラクター・登場人物・最新情報一覧”. アニメイトタイムズ. アニメイト. 2022年1月14日閲覧。
  2. ^ a b 新番組「キラキラ☆プリキュアアラモード」 2017年2月5日(日)スタート!! 午前8:30〜9:00 ABC・テレビ朝日系列全国24局ネット”. 東映アニメーション株式会社 (2016年12月26日). 2016年12月28日閲覧。
  3. ^ “最新作はスイーツが大好きなプリキュア5人が大活躍!”. WEBザテレビジョン (KADOKAWA). (2016年12月26日). https://thetv.jp/news/detail/96650/ 2016年12月28日閲覧。 
  4. ^ “プリキュア:第14弾のテーマは“スイーツ×アニマル” ウサ耳の主人公が登場”. MANTANWEB (MANTAN). (2016年12月26日). http://mantan-web.jp/2016/12/26/20161225dog00m200036000c.html 2016年12月28日閲覧。 
  5. ^ “プリキュア:新作が肉弾戦を封印した理由とは 話題のキャスティングは…”. MANTANWEB (MANTAN). (2017年2月4日). http://mantan-web.jp/2017/02/04/20170203dog00m200025000c.html 2017年2月4日閲覧。 
  6. ^ おたのしみ|データほうそうであそぼう”. キラキラ☆プリキュアアラモード. 朝日放送. 2017年1月31日閲覧。
  7. ^ “キラキラ☆プリキュアアラモード:最終回に「HUGっと!プリキュア」主人公が登場 ゆかりさんが一時帰国”. MANTANWEB (MANTAN). (2018年1月27日). https://mantan-web.jp/article/20180127dog00m200000000c.html 2022年2月13日閲覧。 
  8. ^ satojumichiの2018年1月28日のツイート2022年2月13日閲覧。
  9. ^ プリキュア新聞』2017年春号抜き取りページ「プリアラ図鑑」より。
  10. ^ a b c d e f g “美山加恋、福原遥がプリキュア声優に 新作キャスト発表”. ORICON NEWS (オリコン). (2017年1月6日). https://www.oricon.co.jp/news/2084155/full/ 2017年1月6日閲覧。 
  11. ^ a b c d e f g h i j キャラクター|キュアホイップ”. キラキラ☆プリキュアアラモード. 朝日放送. 2017年2月17日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g h i j k キャラクター|キュアカスタード”. キラキラ☆プリキュアアラモード. 朝日放送. 2017年2月17日閲覧。
  13. ^ a b c d e f g h i j キャラクター|キュアジェラート”. キラキラ☆プリキュアアラモード. 朝日放送. 2017年2月17日閲覧。
  14. ^ a b c d e f g h i j キャラクター|キュアマカロン”. キラキラ☆プリキュアアラモード. 朝日放送. 2017年2月17日閲覧。
  15. ^ a b c d e f g h i キャラクター|キュアショコラ”. キラキラ☆プリキュアアラモード. 朝日放送. 2017年2月17日閲覧。
  16. ^ a b c “『キラキラ☆プリキュアアラモード』第19話より あらすじ&先行場面カット到着! 天才パティシエ・キラ星シエル(声:水瀬いのり)がついに登場”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2017年6月10日). http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1496997178 2017年6月10日閲覧。 
  17. ^ a b c d e f g h i キャラクター|キュアパルフェ”. キラキラ☆プリキュアアラモード. 朝日放送. 2017年7月9日閲覧。
  18. ^ “『プリアラ』第32話よりあらすじ&先行場面カットが到着! 安野希世乃さん演じる古のプリキュア・ルミエル登場!”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2017年9月16日). http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1505466025 2017年9月16日閲覧。 
  19. ^ アニメージュ2018年1月号増刊, p. [要ページ番号].
  20. ^ オフィシャルコンプリートブック, pp. 38, 89.
  21. ^ a b c d e f g h i j k l m n o キャラクター|妖精”. キラキラ☆プリキュアアラモード. 朝日放送. 2022年2月13日閲覧。
  22. ^ a b c d e f g “『キラキラ☆プリキュアアラモード』、新キャラクター&キャストを発表”. マイナビニュース (マイナビ). (2017年1月30日). http://news.mynavi.jp/news/2017/01/30/150/ 2017年1月30日閲覧。 
  23. ^ a b c d e f g h i j k l m n キャラクター|キラキラルをうばう存在”. キラキラ☆プリキュアアラモード. 朝日放送. 2022年2月13日閲覧。
  24. ^ a b オフィシャルコンプリートブック, p. [要ページ番号].
  25. ^ a b c “『キラキラ☆プリキュアアラモード』第33話よりあらすじ&先行場面カットが到着! 新たな敵・ディアブル役で竹内良太さんが出演! コメントも到着”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2017年9月23日). http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1506080867 2017年9月23日閲覧。 
  26. ^ ビブリー|キャラクター”. キラキラ☆プリキュアアラモード. 東映アニメーション. 2022年2月13日閲覧。
  27. ^ a b “『キラキラ☆プリキュアアラモード』第24話よりあらすじ・先行場面カット公開! 平川大輔さん&江川央生さん演じる新幹部登場&コメントも到着!”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2017年7月22日). http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1500628160 2017年7月22日閲覧。 
  28. ^ その他のキャラクター|キャラクター”. キラキラ☆プリキュアアラモード. 東映アニメーション. 2022年2月13日閲覧。
  29. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af 取り巻く人々|キャラクター”. キラキラ☆プリキュアアラモード. 東映アニメーション. 2022年1月24日閲覧。
  30. ^ a b c d e “『キラキラ☆プリキュアアラモード』第15話よりあらすじ&先行場面カット到着! 本渡楓さん演じるあきらの妹・みくが登場”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2017年5月13日). http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1494562211 2017年5月13日閲覧。 
  31. ^ “『キラキラ☆プリキュアアラモード』第37話よりあらすじ&先行場面カットが到着! シエルの過去について描かれる映画と連動したエピソード!”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2017年10月21日). http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1508491523 2017年10月21日閲覧。 
  32. ^ a b c “キラキラ☆プリキュアアラモード:主題歌歌手・駒形友梨、宮本佳那子が声優に”. MANTANWEB (MANTAN). (2017年12月9日). https://mantan-web.jp/article/20171208dog00m200031000c.html 2022年2月13日閲覧。 
  33. ^ “新プリキュアはパティシエ! スイーツ×アニマル変身「キラキラ☆プリキュアアラモード」”. シネマトゥデイ. (2016年12月26日). http://www.cinematoday.jp/page/N0088555 2016年12月28日閲覧。 
  34. ^ ストーリー&キーワード”. キラキラ☆プリキュアアラモード. 東映アニメーション. 2017年2月5日閲覧。
  35. ^ 『プリキュア15周年アニバーサリー プリキュアコスチュームクロニクル』より。
  36. ^ “キュアパルフェお披露目直前! 6人チームとなったその理由とは!?”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2017年7月14日). http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1499997366 2017年7月18日閲覧。 
  37. ^ “プリキュア・キラ星シエル演じる水瀬いのり決意語る”. 日刊スポーツ. (2017年6月30日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1847758.html 2017年7月18日閲覧。 
  38. ^ キラキラ☆プリキュアアラモード まぜまぜ変身!スイーツパクト|商品情報”. キラキラ☆プリキュア アラモード|バンダイ「プリキュアおもちゃサイト」. 2017年1月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年1月29日閲覧。
  39. ^ キラキラ☆プリキュアアラモード まぜまぜ変身!スイーツパクトDX|商品情報”. キラキラ☆プリキュア アラモード|バンダイ「プリキュアおもちゃサイト」. 2021年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年1月29日閲覧。
  40. ^ キラキラ☆プリキュアアラモード くるくるチャージ☆キャンディロッド|商品情報”. キラキラ☆プリキュア アラモード|バンダイ「プリキュアおもちゃサイト」. 2021年4月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年1月29日閲覧。
  41. ^ a b キラキラ☆プリキュアアラモード パルフェレインボーリボン|商品情報”. キラキラ☆プリキュア アラモード|バンダイ「プリキュアおもちゃサイト」. 2021年2月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年1月29日閲覧。
  42. ^ キラキラ☆プリキュアアラモード キラキラルクリーマー|商品情報”. キラキラ☆プリキュア アラモード|バンダイ「プリキュアおもちゃサイト」. 2021年6月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年1月29日閲覧。
  43. ^ キラキラ☆プリキュアアラモード いらっしゃいませ!キラパティショップへ☆|商品情報”. キラキラ☆プリキュア アラモード|バンダイ「プリキュアおもちゃサイト」. 2021年5月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年1月29日閲覧。
  44. ^ キラキラ☆プリキュアアラモード くるくるスイーツビーズメーカー|商品情報”. キラキラ☆プリキュア アラモード|バンダイ「プリキュアおもちゃサイト」. 2019年2月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年1月29日閲覧。
  45. ^ “『キラキラ☆プリキュアアラモード』で肉弾戦を封印する理由とは!?”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2017年2月3日). http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1485843322 2017年2月4日閲覧。 
  46. ^ “プリアラキャラソンシングル[swee etude(スウィート・エチュード)]シリーズの リリースイベントが決定!キャスト5名によるミニライブです☆”. マーベラス. (2017年4月11日). http://www.marv.jp/news/article/5281/ 2017年4月14日閲覧。 
  47. ^ “『アニサマ2017』に「けものフレンズ」や「プリキュア」が限定ユニットを組んで参戦!”. RBB TODAY (イード). (2017年4月14日). https://www.rbbtoday.com/article/2017/04/14/150878.html 2017年4月17日閲覧。 
  48. ^ 【公式】キラキラ☆プリキュアアラモード 第1話「大好きたっぷり!キュアホイップできあがり!」. 東映アニメーション. (2018年6月30日). https://www.youtube.com/watch?v=2Dsi__K15R4 2019年12月3日閲覧。 
  49. ^ キラキラ☆プリキュアアラモード 第1話”. バンダイチャンネル. 2019年12月3日閲覧。
  50. ^ a b c d e f Works | Nostalgic Orchestra
  51. ^ Instagramハッシュタグキャンペーン! プリキュアが作った「アニマルスイーツ」を作ろう!”. キラキラ☆プリキュアアラモード. 東映アニメーション (2017年9月16日). 2017年11月27日閲覧。
  52. ^ 野口, 博之 (2018年3月12日). “プリキュア、宮崎放送で終了にファン悲鳴 一方、仮面ライダーは4月に復活!”. Jタウンネット. https://j-town.net/2018/03/12257242.html?p=all 2021年9月16日閲覧。 
  53. ^ 【光之美少女】KIRA KIRA PRETTY CURE A LA MODE|キラキラ☆プリキュアアラモード|卡通|官方HDYOYOTV公式Youtubeチャンネル
  54. ^ ADNanimeのツイート(1281951556468789249)
  55. ^ “Crunchyroll Adds Kirakira Precure a la Mode Anime in North America, Australia, More Regions” (英語). Anime News Network. (2020年8月24日). https://www.animenewsnetwork.com/news/2020-08-24/crunchyroll-adds-kirakira-precure-a-la-mode-anime-in-north-america-australia-more-regions/.163272 2020年8月24日閲覧。 
  56. ^ “Crunchyroll Streams Kirakira Precure a la Mode Anime in Europe, Middle East, North Africa” (英語). Anime News Network. (2020年8月24日). https://www.animenewsnetwork.com/news/2020-08-20/crunchyroll-streams-kirakira-precure-a-la-mode-anime-in-europe-middle-east-north-africa/.163136 2020年8月24日閲覧。 
  57. ^ “キラキラ☆プリキュアアラモード:劇場版アニメが10月28日公開 舞台はフランス シエルの師匠が登場”. MANTANWEB (MANTAN). (2017年7月1日). https://mantan-web.jp/2017/07/01/20170630dog00m200052000c.html 2017年7月1日閲覧。 
  58. ^ 『映画キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!』天才パティシエ・シエルの過去に繋がる新エピソードがテレビシリーズで明らかに!,アニメイトタイムズ,2017年10月13日
  59. ^ “『HUGっと!プリキュア』第36話と第37話に全プリキュアが登場!? プリキュアTVシリーズ15作目にして初の試み”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2018年10月1日). https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1538282757 2018年10月1日閲覧。 
  60. ^ @futagokamikita (2017年9月30日). "10月3日発売「なかよし11月号」は、プリキュア連載初の二本立てです!!1映画公開記念★番外編(映画ストーリーの前日譚)2スイーツの科学で恋に落ちるお話どうぞよろしくお願いいたします💛" (ツイート). Twitterより2018年1月21日閲覧
  61. ^ キラキラ☆プリキュアアラモード ドリームステージ 劇団飛行船 - ウェイバックマシン(2017年7月21日アーカイブ分)[1]
  62. ^ キラキラ☆プリキュアアラモードドリームステージ 全国スケジュール|ABC朝日放送
  63. ^ 「キラキラ☆プリキュアアラモード」シリーズ初のキャラソン公式ライブ開催”. アニメ!アニメ! (2017年6月28日). 2022年2月20日閲覧。
  64. ^ キラキラ☆プリキュアアラモード オリジナル・サウンドトラック1 プリキュア・サウンド・デコレーション!! - MARVELOUS!
  65. ^ 『キラキラ☆プリキュアアラモード』Blu-ray&DVD発売決定!”. キラキラ☆プリキュアアラモード. 東映アニメーション (2017年3月19日). 2017年3月21日閲覧。
  66. ^ 『アニメージュ』2017年7月号P.92
  67. ^ 【公式】キラキラ プリキュアアラモード 応援アプリ - App Store
  68. ^ 【公式】 キラキラ☆プリキュアアラモード 応援アプリ - Google Play
  69. ^ プリキュア アラモードコレクションの詳細|アプリ - auスマートパス
  70. ^ プリキュアつながるぱずるん|バンダイナムコエンターテイメント公式サイト
  71. ^ プリキュアオールスターズ
  72. ^ キラキラ☆プリキュアアラモード
  73. ^ 「キラキラ☆プリキュアアラモード」のスタンプが登場!,キラキラ☆プリキュアアラモード(東映アニメーション),2017年6月24日
  74. ^ プリキュアかずあそび
  75. ^ ichijin_precureのツイート(1181841814820704256)
  76. ^ S.H.Figuarts キュアホイップ | プレミアムバンダイ | バンダイ公式通販サイト
  77. ^ a b c 【魂ネイション2017】ピックアップレポート『タイバニ』『プリキュア』『ワンピース』『ドラゴンボール』,HOBBY maniax,2017年11月30日
  78. ^ 『キラキラ☆プリキュアアラモード』キュアカスタードとキュアジェラートがセットでS.H.Figuartsから登場!キラリンとピカリオも付属!,電撃ホビーウェブ,2018年7月12日
  79. ^ キラキラ☆プリキュアアラモード ペコリンドーナツ|新商品|ミスタードーナツ
  80. ^ 11月15日(水)、ミスタードーナツに「キラキラ☆プリキュアアラモード ミニポーチ」「ウルトラマンジード シールブック」登場! カナヘイの「ピスケ&うさぎ」食器も販売スタート,ネタとぴ,2017年11月14日
  81. ^ @Toei_anim_goods (2017年8月1日). "キラキラ☆プリキュアアラモードとローソンがコラボ!オリジナルイラストのアクリルスタンドやオリジナルグッズセットを全国のローソン、ミニストップのLoppiで予約受付中!10/31まで!" (ツイート). Twitterより2018年1月21日閲覧
  82. ^ プリキュアのアニマルスイーツが本物のデザートに! ローソンが先行発売,マイナビニュース,2017年10月26日
  83. ^ 【その他(お知らせ)】アニメ「キラキラ☆プリキュアアラモード」と 「初音ミク 」「 鏡音リン ・レン」夢のコラボ が実現!12/27(水)よりコラボフェアを開催♪札幌では先行発売も!”. 初音ミク公式ブログ. 2017年12月11日閲覧。
  84. ^ 「キラキラ☆プリキュアアラモード」と「初音ミク」「鏡音リン・レン」夢のコラボ決定!| ニュース,キラキラ☆プリキュアアラモード(東映アニメーション),2017年12月1日
  85. ^ “プリキュア宇佐美いちかが国境なき医師団日本を祝福”. 日刊スポーツ. (2017年11月1日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201711010000351.html 2017年11月1日閲覧。 
  86. ^ “国境なき医師団日本、設立25周年記念 特設ウェブページを開設”. 国境なき医師団日本. (2017年11月1日). http://www.msf.or.jp/news/detail/pressrelease_3579.html 2017年11月1日閲覧。 
  87. ^ “キラキラ☆プリキュアアラモード:東山紀之とキュアホイップが共演 「サンデーLIVE!!」で生トーク”. MANTANWEB (MANTAN). (2018年1月27日). https://mantan-web.jp/article/20180126dog00m200042000c.html 2018年1月27日閲覧。 

参考文献

  • 『アニメージュ』2018年1月号増刊『キラキラ☆プリキュアアラモード』特別増刊号、徳間書店。
  • 「キラキラ☆プリキュアアラモード オフィシャルコンプリートブック」、学研プラス、 ISBN 978-4-05-611342-6

外部リンク

朝日放送制作・テレビ朝日系列 日曜8:30 - 9:00
前番組 番組名 次番組
魔法つかいプリキュア!
(2016年2月7日 - 2017年1月29日)
キラキラ☆プリキュアアラモード
(2017年2月5日 - 2018年1月28日)
HUGっと!プリキュア
(2018年2月4日 - 2019年1月27日)
※2018年4月1日以降は分社設立された
朝日放送テレビ制作