龍の子太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

龍の子太郎(たつのこたろう)は、松谷みよ子児童文学である。本作を原作としてテレビ番組アニメ映画が製作されたほか、人形劇ストレートプレイミュージカル、マスク・プレイ、舞踊劇等々、舞台化もされている。

本作は、長野県信州上田に伝わる民話小泉小太郎』と松本に伝わる民話『泉小太郎』を中心に、秋田の民話など日本各地に伝わる民話を組み合わせ、再話している。創作の過程は松谷の自著『民話の世界』に詳しい[1]

松谷は本作品で第1回講談社児童文学新人賞国際アンデルセン賞優良賞などを受賞する。

あらすじ[編集]

怠け者の太郎は、おばあさんから母がの姿になってしまったと聞かされる。龍となった母を探しに太郎は旅に出る。

テレビ番組[編集]

1963年9月7日から同年10月26日まで、TBS系列の明星食品一社提供による児童向け番組シリーズ『明星杉の子劇場』の第1弾として、人形劇で放送された。

関東地区での放送は毎週土曜13:30 - 14:00(JST)。なお『杉の子劇場』は次作『乞食と若様』より月曜18:00 - 18:30(JST)に変更される。

TBS 土曜13時台後半枠
前番組 番組名 次番組
映画の窓
龍の子太郎
図々しい奴(再)
(13:30 - 14:30)
TBS 明星杉の子劇場
(なし)
龍の子太郎
乞食と若様
(月曜18:00 - 18:30)

アニメ映画[編集]

龍の子太郎
Taro, the Dragon Boy
監督 浦山桐郎
脚本 浦山桐郎、三井隆史
ナレーター 黒田絢子
出演者 加藤淳也
富永みーな
吉永小百合
音楽 真鍋理一郎
主題歌 加藤淳也
「龍の子太郎のうた」
製作会社 東映動画
配給 東映
公開 日本の旗 1979年3月17日
上映時間 75分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 世界名作童話 おやゆび姫(1978年3月)
次作 世界名作童話 森は生きている(1980年3月)
テンプレートを表示

1979年3月17日に「東映まんがまつり」にて公開される。「'79国際児童年」を記念して製作された[2]キャッチコピーは「おッ母さーん、龍の子太郎が会いにきたんだよ」。

「東映まんがまつり」での日本文学アニメ作品は、1974年3月16日公開の『きかんしゃやえもん D51の大冒険』以来5年振りにして最後。また次作『世界名作童話 森は生きている』からビスタビジョンに変更したため、シネマスコープ作品は本作が事実上最後となる。その一方、本作から東映オープニングの「荒磯に波」が3代目バージョンに変わった。

監督には龍役の吉永小百合主演作「キューポラのある街」で知られる浦山桐郎を迎える。実写の映画監督をアニメに起用した場合、脚本以外の実作業はアニメスタッフに任せることが多いが、浦山監督は絵コンテ作成、原画チェック等、制作に深く関わる。

公開当時は、児童客に「匂いの出るシート」が配布され、上映中に擦る場所の番号の字幕が出されると、児童客はその場所を擦って匂いを出すという、変わった趣向が行われていた。

なお上映時間は75分だが、「まんがまつり」の新作長編アニメが「70分」を超えたのは、1971年3月公開の『どうぶつ宝島』(78分)以来8年振りである[3]

登場人物(声の出演)[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

  • 「龍の子太郎のうた」(歌:加藤淳也 作詞:若林一郎・浦山桐郎、作曲・編曲:真鍋理一郎)

同時上映[編集]

タイトル 原作 (声の)出演 備考
ピンク・レディーと春休み (なし) ピンク・レディー 劇場用新作
SF西遊記スタージンガー 松本零士 石丸博也富田耕生富山敬杉山佳寿子
キャプテン・フューチャー エドモンド・ハミルトン 広川太一郎緒方賢一野田圭一川久保潔増山江威子 TVブロウアップ版
闘将ダイモス 八手三郎 神谷明上田みゆき勝田久曽我部和行栗葉子

1973年春興行上映の『マジンガーZ』以来、中断を置きながら上映していた巨大ロボットアニメの上映は、今回が事実上最後、また今回は一本も特撮ヒーロー作品が上映されなかったが、これは先述の『ど宝』を公開した1971年春興行以来である。

映像ソフト[編集]

  • 東映ビデオからビデオソフト(VHS)とレーザーディスクが発売されたが、既に廃盤。2012年2月21日には同じ東映ビデオからDVDが発売された。なおこのDVDには「匂いの出るシート」は付属されてない。
  • 「復刻! 東映まんがまつり」バージョンは、今のところ発売されてない。

エピソード[編集]

舞台劇化[編集]

  • 1965年製作:劇団たんぽぽ 脚色:志水伸  
  • 1967年製作:関西芸術座 脚色:新屋英子 太郎:綿岡好枝
  • 1972年製作:樹の会 脚色:松谷みよ子・高瀬精一郎 太郎:花柳伊兵衛
  • 1972年製作:平多正於舞踊公演 脚色:有賀二郎 太郎:千野美子 
  • 1976年製作:劇団はぐるま 脚色:藤本昭 太郎:岩成知子
  • 1990年製作:こどもの城青山劇場 脚色:遠藤啄郎 太郎:中村梅雀
  • 2007年製作:劇団前進座 脚色:山本響子 太郎:水上琴野

※人形劇・マスクプレイを除く

その他[編集]

まんが日本昔ばなし」のOPに、龍の子太郎をモチーフにした映像が採用されている。一方で、同シリーズでは「龍の淵」「小太郎と母龍」「二ツ池の龍」「男滝の龍」など、いくつか龍にまつわる作品が作られているが、龍の子太郎は作られていない[4]

脚注[編集]

  1. ^ 松谷みよ子『民話の世界』PHP研究所、2005年、ISBN 978-456963818-8
  2. ^ 因みに同年夏興行の「まんがまつり」(『パンダの大冒険』リバイバルなどで構成)に至っては、「'79国際児童年記念」とサブタイトルが付いた。
  3. ^ この後「まんがまつり」の「70分超え新作長編アニメ」は、2年後の1981年3月に公開された『世界名作童話 白鳥の湖』(75分)だけである。
  4. ^ まんが日本昔ばなし~データベース~

外部リンク[編集]