長靴猫シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

長靴猫シリーズ』(ながぐつねこシリーズ)は、ペローの童話『長靴をはいた猫』を原作とする、東映動画製作による劇場版長編アニメーション映画シリーズ通称[1]。『長靴をはいた猫』(1969年)、『ながぐつ三銃士』(1972年)、『長靴をはいた猫 80日間世界一周』(1976年)の3作が存在する。ペローの原作にある程度沿っているのは第一作のみで、続編の二作は主人公のネコ「ペロ」が活躍するオリジナル作品である[2]。3作とも、宇野誠一郎が音楽を担当し、主要キャストらが主題歌・挿入歌を歌った。なお本シリーズの主人公ペロは、東映アニメーションのマスコットキャラクターに採用されている。

『長靴をはいた猫』(第1作)[編集]

長靴をはいた猫
Puss'n Boots
監督 矢吹公郎(「演出」名義)
脚本 井上ひさし山元護久
原作 シャルル・ペロー
製作 大川博
関政次郎有賀健渋谷幹雄(企画)
出演者 石川進
藤田淑子
榊原ルミ
小池朝雄
音楽 宇野誠一郎
主題歌 「長靴をはいた猫」(石川進、水垣洋子ボーカル・ショップ、トリオ・ポアン)
撮影 平尾三喜、高梨洋一
編集 千蔵豊
製作会社 東映動画
配給 東映
公開 日本の旗 1969年3月18日
上映時間 80分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 太陽の王子 ホルスの大冒険(東映まんがまつり)
【なし】(長猫)
次作 空飛ぶゆうれい船(東映)
ながぐつ三銃士(長猫)
テンプレートを表示

東映動画版第1作『長靴をはいた猫』は、1969年(昭和44年)『東映まんがまつり』のうちの一作として公開された。通称長猫[3]。演出(監督)は矢吹公郎 他。『怪物くん 砂魔人をやっつけろの巻 怪物くんとハニワ怪神の巻』・『ひみつのアッコちゃん サーカス団がやってきた』・『チャコとケンちゃん』・『ひとりぼっち』の4作と同時上映。

1978年の『東映まんがまつり』でリバイバル公開され、このときには『宇宙海賊キャプテンハーロック アルカディア号の謎』『スパイダーマン』『宇宙からのメッセージ・銀河大戦』『キャンディ・キャンディの夏休み』と同時上映された。

東映動画創業40周年(1996年)記念のファン投票で1位を獲得[4]。その後ニュープリント版を製作の上、1998年3月に完全新作の『銀河鉄道999 エターナル・ファンタジー』と同時上映という形でふたたびリバイバル公開された(東映アニメフェア扱いではない)。配給収入は2億円と低調であった[5]

ニュープリント版のDVDビデオ2002年7月21日発売。また2008年には東映長編アニメ開始50年を記念した「名作アニメ DVDセレクション」の一環として、後述の2作品と共に発売[6]、さらに2012年8月10日発売のDVD『復刻! 東映まんがまつり 1969年春』にも収録されている(東映まんがまつり#映像ソフトも参照)。

あらすじ[編集]

以下は、シャルル・ペロー版との差分を中心に記述する。

ペロ(猫)は三男がもらった遺産ではなく、猫の国の掟を破ってねずみを助けたために、猫の国から追われて無宿渡世の旅を続けているという設定で、たまたま通りがかって、ピエール(三男)と知り合う。また、最初から剣士の格好で登場している。

オーガから魔王ルシファに悪役の設定が変わっている。ルシファがお姫様を結婚相手と狙う、という災難が降りかかる。

ウサギの献上の代わりに、ピエールの腹黒い兄二人が献上したものを、ペロの機転で、ピエール(カラバ侯爵)の献上品として王様に献上。まず名前を売る。

王様とお姫様が馬車で通るとき、いきなりピエールに裸になって川に飛び込めとペロは言う。近隣の農民には、ペロに協力的なねずみをけしかけ、カラバ侯爵のものだ、と言わないと、作物を食い荒らしてしまうぞ、と脅し、カラバ侯爵のものと見せかける。災難にあったと現状を説明し、王様とともに城に戻り、まともな格好に着替えさせる。

夜、お姫様とのデートシーンにおいて、ピエールはうそに耐えきれず、本当のことをしゃべってしまう。自分はカラバ侯爵ではないと。そして、その時魔王がお姫様をさらいに来る。ピエールは歯が立たない。あっと言う間にさらわれてしまう。

すぐさま、魔王の城まで追いかけ、進入。ペロの機転で魔王をねずみにし、やっつけようとするが失敗。危機一髪の状態をお姫様に見せ、ピエール一行の命と引き換えに結婚を承諾させる。その結果ピエール一行は城から放り出される。

しかし、ピエールはあきらめない。別の方向から城に進入。魔王の弱点が首からかけている髑髏であり、それが朝日にあたると大変まずい状態になることを知る。魔王との戦闘の過程で髑髏がお姫様の手に渡り、それを持って塔のてっぺんに登り、ピエールと共に朝日にあてようとする。魔王はそれを阻止するために塔を破壊するが、塔が倒れる瞬間、朝日が髑髏にあたり、魔王はコウモリとなって消滅。そして子分のカラス達が白いハトになり、落ちてくるピエールとお姫様をささえ、無事地面に。

ピエールと、お姫様の結婚式を見届けた後、ペロはまた旅に出る。

キャスト[編集]

主題歌・挿入歌[編集]

全曲とも、作詞は井上ひさし山元護久の共同名義で、作・編曲は宇野誠一郎による。

主題歌

挿入歌

  • 「カラバさま万歳」 歌:ボーカル・ショップ、トリオ・ポアン
  • 「幸せはどこに」 歌:榊原ルミ
  • 「ネズミたちの行進」 歌:水垣洋子、ボーカル・ショップ
  • 「はなれられない友だちさ」 歌:石川進、藤田淑子

推薦・受賞[編集]

推薦[編集]

  • 文部省選定
  • 東京都知事推薦
  • 優秀映画鑑賞会推薦
  • 厚生省中央児童福祉審議会推薦
  • 東京都地域婦人団体連盟推薦
  • 日本PTA全国協議会推薦
  • 視聴覚教育研究会推薦
  • 全日本教育父母会議推薦
  • 映倫青少年映画審議会推薦

受賞[編集]

その他[編集]

  • ゲゲゲの鬼太郎 アニメ第二作』第18話「幸福という名の怪物」の劇中で、本作の音楽が使われている。
  • 本作には、当時東映動画の社員だった宮崎駿が原画スタッフとして参加している。次項も参照のこと。

漫画版[編集]

東映動画のスタッフの宮崎駿が宣伝展開として1969年(昭和44年)1月-3月まで、漫画形式の『長靴をはいた猫』(全12回)を中日新聞/東京新聞・日曜版に連載した。この作品は後年(1984年)、徳間書店アニメージュ文庫『長靴をはいた猫』として出版された。

『ながぐつ三銃士』(第2作)[編集]

ながぐつ三銃士
Returm Of Pero
監督 勝間田具治(「演出」名義)
脚本 布勢博一
製作 高橋勇
横山賢二(企画)
出演者 鈴木やすし
小宮山清
小鳩くるみ
島宇志夫
音楽 宇野誠一郎
主題歌 「長靴をはいた猫」(鈴木やすし、青二コーラス)
撮影 白根基万、山根恵
編集 花井正明
製作会社 東映動画
配給 東映
公開 日本の旗 1972年3月18日
上映時間 53分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 アリババと40匹の盗賊(東映)
長靴をはいた猫(長猫)
次作 魔犬ライナー0011変身せよ!(東映)
長靴をはいた猫 80日間世界一周(長猫)
テンプレートを表示

1972年公開。西部劇仕立てで、ララミーの町[8]が舞台、劇中では「ゴーゴータウン」という名称になっている。『仮面ライダー対ショッカー』・『スペクトルマン』・『さるとびエッちゃん』・『ムーミン』(第2作)と同時上映。

英文タイトルは「Return Of Pero」で、直訳すると「帰って来たペロ」となり、「三銃士」に相当するタイトルが無い。

1971年8月に大川博が逝去された後の作品であり、初長編作『白蛇伝』以来不変だった「製作 大川博」のクレジットが、東映動画新社長の「高橋勇」に変更された。

文部省選定[9]

DVDは2003年3月21日に発売。なお歴代では唯一、「復刻! 東映まんがまつり」版が存在しない。

あらすじ[編集]

西部の街ゴーゴータウンに流れ着いたペロだったが、そこは無法者一味に牛耳られていた。ペロは街の少女アニー、旅の少年ジミー、そしてネズミたちとともに、無法者に立ちむかう。

キャスト[編集]

主題歌・挿入歌[編集]

両曲とも、作・編曲は宇野誠一郎による。

主題歌

  • 「ながぐつ三銃士」 作詞:山元護久、井上ひさし / 歌:鈴木やすし、青ニコーラス[10]
    予告編にも使用、また後述の『80日間世界一周』の予告編BGMにも使用されている。

挿入歌

  • 「白いレストラン」 作詞:布勢博一 / 歌:鈴木やすし、青ニコーラス

『長靴をはいた猫 80日間世界一周』(第3作)[編集]

長靴をはいた猫
80日間世界一周
Puss'n Boots' Traveks Around The World
監督 設楽博
脚本 山崎忠昭城悠輔
製作 今田智憲
有賀健、横山賢二(企画)
ナレーター はせさん治
出演者 なべおさみ
神山卓三
滝口順平
大塚周夫
音楽 宇野誠一郎
主題歌 「長靴をはいた猫」(なべおさみ、こおろぎ'73
撮影 高梨洋一、片山幸男
編集 千倉豊
製作会社 東映動画
配給 東映
公開 日本の旗 1976年3月20日
上映時間 68分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 アンデルセン童話 にんぎょ姫(東映。1975年
ながぐつ三銃士(長猫)
次作 世界名作童話 白鳥の王子(東映。1977年
【終了】(長猫)
テンプレートを表示

東映動画設立20周年記念作品。同時上映に『UFOロボ グレンダイザー対グレートマジンガー』・『ロボコンの大冒険』・『秘密戦隊ゴレンジャー 真赤な大進撃!』・『一休さん』。

ジュール・ベルヌの『八十日間世界一周』をモチーフに、ペロたちが活躍する。また第二作までと異なり、本作はすべて擬人化された動物キャラクターだけで物語が進行し、人間は一人も登場しない。

「予告編」は、前2作がナレーション抜きだったのに対し、本作ではナレーションが存在、殺し屋A役のはせさん治が担当している。

なお歴代作品では唯一、「文部省選定」作品に選ばれてない[11]

DVDは2003年4月21日発売。2011年11月21日発売の『復刻! 東映まんがまつり 1976春』にも収録されている。

あらすじ[編集]

ある街でレストランの給仕をしていたペロは、横柄な客グルーモン卿と口論になり、「八十日間で世界を一周してみせる。できなかったらグルーモンの奴隷になる」という賭けをする。 ペロはネズミの父子やレストランのコックのカーターとともに、時間に追われながら苦難の旅を続けるが、グルーモン卿の手先のガリガリ博士、そして謎の美女スザンナが妨害してくる。

キャスト[編集]

主題歌・挿入歌[編集]

全曲とも、作・編曲は宇野誠一郎が担当している。

主題歌

  • 「長靴をはいた猫」 作詞:山元護久、井上ひさし / 歌:なべおさみ、こおろぎ'73

挿入歌

  • 「スザンナのうた」 作詞:城悠輔 / 歌:増山江威子、なべおさみ
  • 「八十日間世界一周のテーマ」 作詞:城悠輔、浦川しのぶ / 歌:なべおさみ、こおろぎ'73

ゲーム[編集]

長靴をはいた猫 世界一周80日大冒険
ジャンル アクションゲーム
対応機種 ファミリーコンピュータ
開発元 ショウエイシステム
発売元 東映動画
人数 1人~2人
メディア 1M+64Kbitロムカセット
発売日 日本の旗 1986年11月21日
テンプレートを表示

1986年、第3作をもとにしたファミリーコンピュータ用ソフトが東映動画より発売された。製作はショウエイシステムで、タイトル名は『長靴をはいた猫 世界一周80日大冒険』。「ペロ」を操作する横スクロールアクションで、「80日」と表示された時間制限のうちに8つのステージをクリアするというもの。

システムはライフ+残機制で、船や気球に乗って操作するステージもある。ステージ3まではボスを倒さないと先に進めない。制限時間内にクリア出来なかったら即座にゲームオーバーになる。なお、ミスするとステージの頭からやり直しになる上、制限時間はそのままの状態という厳しい設定になっている。

脚注[編集]

  1. ^ ながぐつ三銃士 TOEI ANIMATION オンラインショップ 2012年8月22日閲覧
  2. ^ ながぐつ三銃士 TOEI ANIMATION 2012年8月22日閲覧
  3. ^ 東映ビデオ:東映“名作アニメ”特集
  4. ^ 長靴をはいた猫 映連 データベース
  5. ^ 「銀河鉄道999集大成版製作ピンチ!! 先月公開 エターナル・ファンタジー大赤字」『中日スポーツ』1998年4月5日号。
  6. ^ この時のテレビCMでは、ペロの本作からの台詞「これは又とないチャンスなんですよ!」で締めた。
  7. ^ 「東映動画 長編アニメ大全集 下巻」(徳間書店)40頁 1978年
  8. ^ アメリカ合衆国のテレビドラマ『ララミー牧場』が日本でヒットしたことにより、当時の日本人には「西部劇の町」として知られていた。
  9. ^ 「東映動画 長編アニメ大全集 下巻」139頁
  10. ^ 本作に出演した青二プロダクションの声優たち。
  11. ^ 「東映動画 長編アニメ大全集 下巻」255頁
  12. ^ テレビアニメ『ハッスルパンチ』の同名キャラをスピンオフ。

外部リンク[編集]