フジテレビ日曜朝9時台枠のアニメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

本項目では、フジテレビで毎週日曜9:00 - 9:30、および9:30 - 10:00(JST)に設けられている、テレビアニメの放送枠について取り扱う。

枠のゾーンタイトルは、2009年4月5日から2014年3月30日までは『ドリーム9[1][2]、2014年4月6日から『ストロング9[3][4] と呼称されている。また2016年10月2日から2019年3月31日までの間、直前の時間帯である日曜8時台後半がアニメ枠として設定されていた際、同時間帯も含めたアニメ枠の総称として、『アドベンチャーサンデー[5][6] が用いられたこともあった。

日曜9時台前半のアニメ[編集]

特徴(9時台前半)[編集]

本枠の開始以前、1980年代から1990年代始めにかけて、フジテレビの日曜9時台前半では東映制作の特撮テレビドラマ東映不思議コメディーシリーズ』が放送されてきたが、同シリーズの終了に伴って1993年11月に新たにテレビアニメ枠が新設される運びとなった。テレビアニメ枠への移行後も、本枠のアニメーション制作は東映動画東映アニメーションが担当しており、2021年現在に至るまで一貫して東映系制作のレギュラーテレビ番組枠と位置付けられている。また広告代理店についても、不思議コメディーシリーズより引き続き読売広告社が一貫して担当している。

本枠の代表作としては、『ゲゲゲの鬼太郎』、『デジタルモンスター』のアニメシリーズ[注釈 1]、『金色のガッシュベル!!』、『トリコ』が挙げられる。各番組の放送期間は、基本的には1年以上の長期放送となっている作品が多い[注釈 2]。放送される作品は、前身の不思議コメディーシリーズ後期では女児向け作品が主体となっていたが、本枠への移行に伴って男児向け作品が中心に据えられるようになった。また本枠と同じ東映系制作のレギュラー枠である朝日放送テレビ・テレビ朝日系列の日曜8時台後半のテレビアニメ枠[注釈 3]は、逆に本枠成立以降の1994年からは女児向け作品が主体となった(2021年現在は『プリキュアシリーズ』を放送)。

放送休止(9時台前半)[編集]

毎年主に夏期に放送される『FNSの日』編成時、および3月(2007年から2018年までは2月)の「東京マラソン」中継時[注釈 4]、そして毎年3月第2日曜の「名古屋ウィメンズマラソン」中継時(東海テレビ制作、2012年以降)は、本枠の番組は休止となる。また、時差が大きい海外諸国で開催されるオリンピックや、サッカー・W杯などの中継・ハイライト番組が本時間帯で放送される場合も、同様に休止となる[注釈 5]

作品リスト(9時台前半)[編集]

2021年9月時点

作品名 放送期間 話数 備考
1990年代
1 蒼き伝説 シュート! 1993年11月7日 - 1994年12月25日 全58話
2 空想科学世界ガリバーボーイ 1995年1月8日 - 12月24日 全50話
3 ゲゲゲの鬼太郎(第4作) 1996年1月7日 - 1998年3月29日 全114話 1997年4月6日放送分(第64話「激走!妖怪ラリー」)より、デジタル制作&ステレオ放送に移行。
4 ひみつのアッコちゃん(第3作) 1998年4月5日 - 1999年2月28日 全44話 本枠における唯一の少女向け作品で、放送話数・期間ともに本枠では最短となる。
5 デジモンアドベンチャー 1999年3月7日 - 2000年3月26日 全54話 同番組より、音楽制作をNECインターチャネルが担当。
2000年代
6 デジモンアドベンチャー02 2000年4月2日 - 2001年3月25日 全50話  同番組以降、放送期間が各作品とも1年間(4月の第1週開始・翌年3月の最終週終了)となる。
7 デジモンテイマーズ 2001年4月1日 - 2002年3月31日 全51話 2001年7月15日放送分(第16話「街の灯を守れ! デジモンたちの危険なキャンプ」)にて、不思議コメディーシリーズ時代から含めて通算1000回を達成。
8 デジモンフロンティア 2002年4月7日 - 2003年3月30日 全50話
9 金色のガッシュベル!! 2003年4月6日 - 2006年3月26日 全150話 制作上の都合や好評を受け、当初1年であった放送予定を3年に延長して放送され、単独の番組としての放送話数・期間は本枠最長となる。
2005年5月22日放送分(第108話「ホームシック!? 華と母上 さまよえるガッシュ」)より、「アバンタイトル→オープニング→CM→本編→CM→エンディング→次回予告」という放送フォーマットに移行。
2003年10月26日放送分(第29話「激闘!遊園地バトル」で、通算放送回数500回を達成。
10 デジモンセイバーズ 2006年4月2日 - 2007年3月25日 全48話 同番組より、音楽制作がインデックスミュージック(現:ティー ワイ エンタテインメント[注釈 6])に移行。
11 ゲゲゲの鬼太郎(第5作) 2007年4月1日 - 2009年3月29日 全100話 同番組よりハイビジョン放送に移行。
同番組より、制作クレジットの表示が社名ロゴ表記ではなくなる(フジテレビの目玉マークも省略)。
放送期間中の2008年4月より、音楽制作がワーナーミュージック・ジャパンに移行。
12 ドラゴンボール改(第1期) 2009年4月5日 - 2011年3月27日 全97話 ドラゴンボールZ』(1989年 - 1996年)のデジタルリマスター版。同作品の放送20周年を記念して制作された。
同番組より、放送フォーマットがAパートとBパートの間にCMが放送される形態に再度移行。
また同番組より、音楽制作が日本コロムビア[注釈 7]に移行。
2010年代
13 トリコ 2011年4月3日 - 2014年3月30日 全147話 制作上の都合により、当初の2年の放送期間を1年延長し3年間の放送となった。
2011年8月21日放送分(第20話「テリーの為に! 灼熱で弾けろ、BBコーン!」)にて、不思議コメディーシリーズからの通算1500回を達成。
2013年12月15日放送分(第134話「野生の闘い! トリコ、最強攻撃!!」)にて、通算放送回数1000回を達成。
2011年10月放送分以降、エンディングテーマが1クールで変更されるようになり、以降の本枠の番組でもこのスタイルが踏襲された。また同番組よりED音楽制作にビクターエンタテイメントが加わる。
14 ドラゴンボール改(第2期) 2014年4月6日 - 2015年6月28日 全61話  第1期と同じく『ドラゴンボールZ』のデジタルリマスター版。同作品の放送25周年を記念して制作された。
15 ドラゴンボール超 2015年7月5日 - 2018年3月25日 全131話 原作者である鳥山明が初めて、『ドラゴンボール』のテレビアニメシリーズのストーリー原案を務め、原作の空白期間を描く完全新作として制作された。
制作上の都合により、当初の予定を半年延長して2年9か月間の放送となった。
16 ゲゲゲの鬼太郎(第6作) 2018年4月1日 - 2020年3月29日 全97話 『ゲゲゲの鬼太郎』アニメ放送開始50周年記念作品。
2020年代
17 デジモンアドベンチャー: 2020年4月5日 - 2021年9月26日 全67話 1999年に本枠で放送された『デジモンアドベンチャー』のリブート版。
同番組より、番組フォーマットがAパート終了時にそのままCMへ突入する形態に変更され、それまでCM前後に配されていたアイキャッチもBパートスタート時のみとなった。
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行の影響により、放送期間中の2020年4月末より2ヶ月間にわたって新作の放送を休止[注釈 8]
18 デジモンゴーストゲーム[7] 2021年10月3日 -

ネット状況(9時台前半)[編集]

他のローカル枠と違い、多くの同時ネット局ではスポンサードネット扱いとなる。これらの地域ではキー局と同一のCMが放送される(提供クレジットは各局送出となり、スポンサーの商品展開が地域限定となっている場合は、同一企業の別のCMに差し替える場合もある)。

フジテレビなど一部ネット局では時刻表示を行っているが、番組送出ではなく各局別の送出となっている。

また、本枠は同時ネットかつスポンサードネットの局を除きローカルセールス枠扱いであるため、時差ネットとなっている地域もある。特に政令指定都市以外での同時ネット局が極端に少なく、セールス面でも局により時差スポンサードネットと番組販売が混在している。

  • テレビ大分日本テレビ系列とのクロスネットである都合上、同系列の番組を優先して本時間帯で放送いるため、事実上同時ネットができず、『デジモンアドベンチャー02』以降、2009年に夏休み編成で『ドラゴンボール改』を放送するまで、長い間遅れネットも実施されなかった。9時台後半の放送枠についても、『ONE PIECE』以降は大分放送(TBS系列)に委譲している。
  • 福島テレビは、民放4局以上の地域のFNS単独系列局にもかかわらず、一部作品は非ネットとなっている。『ドラゴンボール超』2016年4月10日放送分よりはキー局との同時ネットとなっていたが、『ゲゲゲの鬼太郎(第6作)』の終了に伴い同時ネットを取りやめ、以降は再び非ネットとなった。
  • 北海道文化放送では、毎年8月最終週に北海道マラソンをテレビ中継しており[注釈 9]、開催日にマラソン中継が行われる場合は中継終了後の同日12時台に繰り下げて放送している。
  • 東映不思議コメディーシリーズ後期にサンテレビKBS京都にスポンサードネット扱いで放映権を譲渡していた関西テレビは、本枠の開始と同時に日曜9時台前半の番組放送を再開したが、長年に渡って関西ローカルまたはFNS関西・中四国各局共同制作のブロックネット番組枠だったため、時差ネットとなっていた(一時期は同時ネットを実施していた)。その後2008年4月以降は1週遅れながらも同時間帯ネットへと移行し、『ドラゴンボール超』放送期間中の2016年4月10日分からキー局との同時ネットに戻った。これにより、五大都市圏全局[注釈 10]でのネット化が達成したこととなる。
  • 中国地方香川県については、不思議コメディーシリーズを放送していた頃から中国電力提供ブロックネット番組枠が、編成により日曜9時台前半または後半のいずれかに長年設けられている都合上、本枠の放送番組については遅れネット(山陰中央テレビは一部未放送の番組もあり。系列局のない山口県は未放送または系列外局に販売)となっている。

日曜9時台後半のアニメ[編集]

特徴(9時台後半)[編集]

本枠の成立以前にも、9時台前半に先駆けてテレビアニメの放送が本時間帯にて実施されており、当初は1983年4月に『ダッシュ勝平』(1981年 - 1982年)が再放送され、半年後の1983年10月には新作アニメとして『機甲創世記モスピーダ』が放送されている。

同番組の終了後、それまで10時台にて放送されていた『笑っていいとも!増刊号』が30分繰り上げとされ[注釈 11]、これ以降も長らくバラエティ番組が連続していたが、2003年の春改編にて当時放送中であった『おそく起きた朝は…』が日曜13時台後半に移動したのに伴い、その後番組として『アストロボーイ・鉄腕アトム』が開始され、日曜9時台後半は19年半ぶりにテレビアニメ枠として位置付けられた。

次番組『レジェンズ 甦る竜王伝説』の終了に伴って1年半のブランクを挟んだ後、2006年の秋改編でそれまで日曜19時台前半に放送されていた『ONE PIECE』が本時間帯に移動。これにより直前の9時台前半と併せて、フジテレビの日曜9時台は東映アニメーション制作のテレビアニメが連続する形となった。また2009年4月から2018年3月の間、両枠とも少年ジャンプ系の作品が連続していた。

『ONE PIECE』が本枠に移動して以降、2009年4月より日曜9時台が「ドリーム9」として確立するまでの間、日曜19時台前半で放送されていた頃の前番組であった『こちら葛飾区亀有公園前派出所』が、本枠にて不定期ながら放送される場合もあった。2016年9月18日にも、『こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE FINAL 両津勘吉 最後の日』と題した同番組の放送が、9:00 - 10:00の1時間枠にて実施されている。

作品リスト(9時台後半)[編集]

作品名 放送期間 話数 備考
1980年代
1 ダッシュ勝平(再放送) 1983年4月 - 1983年9月 再放送番組。本放送は日曜18:00 - 18:30に放送。
2 機甲創世記モスピーダ 1983年10月2日 - 1984年3月25日 全25話
2000年代
3 アストロボーイ・鉄腕アトム 2003年4月6日 - 2004年3月28日 全50話
4 レジェンズ 甦る竜王伝説 2004年4月4日 - 2005年3月27日 全50話
5 ONE PIECE 2006年10月1日 - 日曜19:00 - 19:30から移動。

ネット状況(9時台後半)[編集]

直前の9時台前半と同様に、本枠もまたローカルセールス扱いである都合上、同枠以上に時差ネットとなっている地域が多いが、2011年以降は同時ネットを実施するネット局も増えてきている。

また、一部系列局では過去に本時間帯にて、9時台前半に放送されていた番組の時差ネットを行っていた局もある。関西テレビのように、逆に本時間帯のアニメを9時台前半にて同日先行放送していたケースも存在する(2003年4月 - 2004年9月)。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 本枠では『デジモンアドベンチャー』 - 『デジモンセイバーズ』と『デジモンアドベンチャー:』 - 『 デジモンゴーストゲーム』を放送。
  2. ^ 途中の中断を挟み、本枠で通算5年間放送されたデジモンシリーズは、1年ごとにタイトルをリニューアルしていた。
  3. ^ 制作局について、2018年3月25日放送分までは、同年4月1日の認定放送持続会社移行に伴う商号変更並びに分社化前のため、朝日放送。
  4. ^ 日本テレビと隔年で中継。
  5. ^ 本時間帯にて放送されているローカル番組・遅れネット番組も休止となる。
  6. ^ 2013年4月以降はドリーミュージックパブリッシング内のFEEL MEEレーベルに音楽制作を移管。
  7. ^ 2010年9月までは「コロムビアミュージックエンタテイメント」名義。
  8. ^ 同番組の新作放送の休止期間中、5月いっぱいまでは前番組『ゲゲゲの鬼太郎(第6作)』より一部のエピソードを、6月以降は同番組の既放送分を、それぞれ再放送する形で対応。
  9. ^ かつては、FNN系列局全国ネットで放送されていた。現在はBSフジで同時放送している。
  10. ^ 東京都市圏フジテレビジョン(制作局)、大阪都市圏関西テレビ放送名古屋都市圏東海テレビ放送福岡都市圏テレビ西日本札幌都市圏北海道文化放送
  11. ^ それまで土曜23時台で放送されていた『クイズDEデート』(関西テレビ制作)が、日曜11時台後半に移動したことに伴う措置。

出典[編集]

関連項目[編集]

フジテレビ 日曜9:00 - 9:30
前番組 番組名 次番組
東映不思議コメディーシリーズ
(1981年10月4日 - 1993年10月31日)
日曜朝9時枠のアニメ
(1993年11月7日 - )
-
フジテレビ 日曜9:30 - 10:00
ザ・ドキュメント
(1982年10月 - 1983年3月)
  • ※30分繰り上げ
日曜朝9時30分枠のアニメ
(1983年4月 - 1984年3月)
笑っていいとも!増刊号
(1984年4月 - 9月)
※9:30 - 11:20
  • ※30分繰り上げ
おそく起きた朝は…
(1994年4月3日 - 2003年3月30日)
  • 改題の上日曜13:30 - 14:00に移動
日曜朝9時30分枠のアニメ
(2003年4月6日 - 2005年3月27日)
おすピー&ロンブーの起きなさいよッ!!
(2005年4月3日 - 2006年9月24日)
おすピー&ロンブーの起きなさいよッ!!
(2005年4月3日 - 2006年9月24日)
日曜朝9時30分枠のアニメ
(2006年10月1日 - )
-