ねぎぼうずのあさたろう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ねぎぼうずのあさたろう』は、飯野和好原作の絵本シリーズである。1999年より福音館書店から刊行されている。第49回小学館児童出版文化賞を受賞[1]2008年よりテレビアニメ化された。

あらすじ[編集]

ねぎぼうずのあさたろうは、秩父にあるあさつき村で家族と暮らしていた。

ある日、あさつき村を荒らし回る悪党・やつがしらの権兵衛を撃退したあさたろう。

しかし、このまま村に居続ければ、権兵衛は再びやってくる。あさたろうは村を出ることを決意する。

キャラクター[編集]

本作品で登場するキャラクターの全てが野菜果物、その他植物がモチーフになっているが、アニメ版は一部異なる(こしあん和尚、大福餅のよさく等)。

レギュラーキャラクター[編集]

あさたろう
声 - くまいもとこ
主人公。武州秩父、あさつき村出身のねぎぼうず。
母、お玉からもらったねぎの一刀「しらねぎすけ」を携え、三度笠を被った旅装束をしている。
若いながらも曲がったことが嫌いな男気溢れる性格で、困っている人を見過ごせない。ただ生まれてからずっとあさつき村にいたために、世間一般のことに疎いところもある。また、すこし天然ボケの部分を見せる。
決め台詞は「顔はまぁるいネギの花 心はシャキッと辛口一本ねぎ!」
道中出会ったにきち、こももと共に旅をする。
慣用句をよく使うが、いつも微妙に間違えてにきちに訂正させられる。
必殺技は「正義のねぎ汁」。汗や唾液のようなものらしく、目や鼻にかかると非常にしみる。これで相手を無力化させる。
にきち
声 - 田中一成
あさたろうの男気に惚れ、共に旅するニンニク盗賊。あさたろうを兄貴と呼ぶ。
腕っ節はそこそこだが、旅の知識や盗賊ならではの機知に富み、世間知らずなあさたろうのサポートをする。
惚れっぽい性格で、旅の道中で出会った女性に求婚することがしばしばある。
盗賊だったこともあり、各地の盗賊宿の場所を知っており、盗賊・義賊の顔見知りも多い。
ニンニクの粉を持ち歩き、目つぶしに使う「にんにくの粉の目つぶし」が得意技。
あさたろうの名乗りの後、「いよっ!、にんにくいね〜」とやじを入れるのが毎度のパターン。
きゅうべえ
声 - 浅沼晋太郎
きゅうり浪人
当初はあさたろうの命を狙っていたが、その義侠心を認め、旅の道中に出会っては手助けすることも。
性格は気むずかしく、無口であまり人に心を開かないが、本来は義理深い。
娘のお菊を国内最大の盗賊集団「もろこし天狗党」にさらわれ、旅の理由も天狗党を追い、お菊を助け出すことにある。
冷えた米に出がらしの茶をかけた茶漬けばかり食べている。
作中はあさたろうやこももに「きゅうちゃん」と呼ばれる。そのたびに「きゅうべえだ」と訂正している。
回が進むごとに心がほぐれ、最終回ではあさたろうに「きゅうべえさん」と呼ばれて「きゅうちゃんだ」と応え、周囲を困惑させた。
ながきち
声 - 大場真人
あさたろうの父。
幼い息子・あさたろうを残してあさつき村を出た。通称「秩父のからっ風」。眉の上の三日月形の傷が特徴的。
性格はあさたろうの父らしく、強きをくじき弱きを助ける、男気と義侠心に溢れた男。ただただまっすぐなあさたろうとは異なり、先を見据える心眼を持ち、時に悪役に回っても、人の心をおもんばかる。
こもも
声 - 菊池こころ
アニメ版オリジナルキャラクター。
本作のヒロイン。あさたろうと旅をする謎の多いスモモの少女。その正体は女忍者・くノ一のこもも。
さっぱりした性格。
普段は旅装束だが、いざとなると煙幕で姿を隠し、桃色の忍者装束に着替える。その際の決め台詞は「天才忍者くのいちのこもも、人呼んでくのいちのこもも」。
忍者だが、忍術の腕はあまり良くない。特に手裏剣などの投擲物は、毎回あさってのところに飛んで行ってしまう。
忍者としての腕のなさは自覚している。ただ本人は忍術よりも歌の方が好きで、その歌声はかなりのものがある。
グルメ。「東海道味巡り」の冊子を常に持ち歩いていて、各地の名産に目がない。
浪曲ナレーション
声 -国本武春
ナレーションを担当。

ゲストキャラクター[編集]

テレビアニメ[編集]

ねぎぼうずのあさたろう
ジャンル 冒険
アニメ
原作 飯野和好
シリーズディレクター 池田洋子
シリーズ構成 米村正二
キャラクターデザイン 稲上晃
音楽 丸山和範
アニメーション制作 東映アニメーション
製作 テレビ朝日、東映アニメーション
放送局 テレビ朝日他
放送期間 2008年10月12日 - 2009年9月27日
話数 全48話
テンプレート - ノート

テレビ朝日で、2008年10月12日から2009年9月27日まで毎週日曜日6時30分-7時00分に放送された。全48話。また、同枠の作品としては初めてテレ朝チャンネルでも放送されている。

ハイビジョン制作。SD放送は16:9レターボックス放送。地上波のみ字幕放送。第13回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門にて審査委員会推薦作品に選定された[2]

概要[編集]

野菜果物をモチーフにし、それらを擬人化した戯画的なキャラクターが登場、演出などもコミカルなものが多い。その一方、物語の本筋は古き良き時代劇の定石を守りつつ、現代的かつ子供向けのアレンジが加えられている点が特徴である。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

コロムビアミュージックエンタテインメントより発売。

オープニングテーマ
「参上!ぴゅるっとあさたろう」(※第48話のエンディングテーマにも使用)
作詞 - 大森祥子 / 作曲 - 浅田直 / 編曲 - 関淳二郎 / 歌 - 松原剛志
エンディングテーマ
「星の彼方へ」(第1話-第31話)
作詞 - 大森祥子 / 作曲 - 押谷沙樹 / 編曲 - 関淳二郎 / 歌 - 押谷沙樹
「風の歌、星の歌、私の歌」(第32話-第47話)
作詞 - 大森祥子 / 作曲 - 押谷沙樹 / 編曲 - 丸山和範 / 歌 - 堀江美都子

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 (絵コンテ)
演出
作画監督 美術 放送日
1 旅立ちのとうげ 米村正二 池田洋子 直井正博 渡辺佳人 2008年
10月12日
2 出会いの宿場町 佐々木憲世 佐久間信一
斎藤佑
石田勝則 10月19日
3 謎のゆうれい屋敷 (志田直俊)
広嶋秀樹
佐藤元 杦浦正一郎 10月26日
4 おまんじゅうは恋の味 丸尾みほ 門由利子 今木宏明 渡辺佳人 11月2日
5 弁天様のくれた赤ん坊 清水東 芝田浩樹 佐久間信一
斎藤佑
鹿野良行 11月9日
6 きゅうべえと磯菊の花 米村正二 うえだひでひと 岡辰也 杦浦正一郎 11月16日
7 嘘つき小僧すず吉 丸尾みほ 今澤哲男 竹田欣弘 渡辺佳人 11月23日
8 村を守った秘密箱 村山功 大塚健
広嶋秀樹
梨澤孝司 徳重賢 11月30日
9 くノ一の隠れ里 清水東 小川孝治 直井正博 石田勝則 12月7日
10 人情渡し船 米村正二 佐々木憲世 佐久間信一
斎藤佑
渡辺佳人 12月14日
11 鉄火肌火の玉おてつ 丸尾みほ うえだひでひと 岡辰也 杦浦正一郎 12月21日
12 はらぺこ侍必殺剣 村山功 芝田浩樹 今木宏明 鹿野良行 2009年
1月4日
13 大笑い一番勝負 清水東 門由利子 佐久間信一
斎藤佑
渡辺佳人! 1月11日
14 もろこし天狗党あらわる 米村正二 (志田直俊)
広嶋秀樹
竹田欣弘 杦浦正一郎 1月18日
15 道場やぶりやぶり 山田健一 今澤哲男 佐藤元 徳重賢 1月25日
16 初恋のおみよちゃん 丸尾みほ 佐々木憲世 梨澤孝司 渡辺佳人 2月1日
17 よわむし与作の土俵入り 清水東 小川孝治 直井正博 石田勝則 2月8日
18 海道一のねぎくらべ 山田健一 うえだひでひと 岡辰也 杦浦正一郎 2月15日
19 師匠は飲んべえ和尚 米村正二 芝田浩樹 佐久間信一
斎藤佑
渡辺佳人 2月22日
20 あやかしひそむ峠みち 村山功 細田雅弘
広嶋秀樹
佐藤元 徳重賢 3月1日
21 みそだまの悪だくみ 清水東 今澤哲男 今木宏明 鹿野良行 3月8日
22 財布すられたあさたろう 丸尾みほ 池田洋子 竹田欣弘
直井正博
渡辺佳人 3月15日
23 親子で染めた藍の色 村山功 (佐々木憲世)
広嶋秀樹
佐久間信一
斎藤佑
杦浦正一郎 3月22日
24 山賊もんえもんの涙(前編) 米村正二 うえだひでひと 岡辰也 石田勝則 3月29日
25 山賊もんえもんの涙(後編) (大塚健)
広嶋秀樹
梨澤孝司 渡辺佳人 4月5日
26 馬子のしんきち凧合戦 清水東 小川孝治 直井正博 徳重賢 4月12日
27 大事な大事なお客様 山田健一 今澤哲男 小泉昇 杦浦正一郎 4月19日
28 花嫁と荒くれ野武士 丸尾みほ 芝田浩樹 佐久間信一
斎藤佑
渡辺佳人 4月26日
29 咲いた笑顔のうなぎ飯 村山功 角銅博之 今木宏明 鹿野良行 5月3日
30 なみだの仇討ち 米村正二 うえだひでひと 岡辰也 杦浦正一郎 5月10日
31 夕陽を駆けた男意気 清水東 やしろ駿
小川孝治
石川修 渡辺佳人 5月17日
32 お菊という名の四天王 米村正二 地岡公俊 山室直儀 徳重賢 5月24日
33 にきち恋の指南役 村山功 角銅博之 梨澤孝司 石田勝則 5月31日
34 唄を歌わぬ歌うたい 丸尾みほ 細田雅弘 直井正博 渡辺佳人 6月7日
35 雨の矢矧橋 山田健一 畑野森生 佐久間信一
斎藤佑
杦浦正一郎 6月14日
36 聞いたかこれがうなり節 清水東 今澤哲男 今木宏明 鹿野良行 6月28日
37 ふたりを結んだねぎの花 - 池田洋子 石川修 渡辺佳人 7月5日
38 その名はもろこし光雲斎 米村正二 角銅博之 小泉昇 7月19日
39 きゅうべぇ運命の再会 芝田浩樹 竹田欣弘 徳重賢 7月26日
40 人生いろいろ雨の宿 丸尾みほ うえだひでひと 岡辰也 杦浦正一郎 8月2日
41 おようちゃんがやってきた 村山功 佐々木憲世 佐久間信一
斎藤佑
渡辺佳人 8月9日
42 五十年目の七夕月夜 丸尾みほ 細田雅弘 今木宏明 石田勝則 8月16日
43 おりんくの一のさだめ 清水東 角銅博之 直井正博 杦浦正一郎 8月23日
44 辻斬りげんえもん 村山功 今澤哲男 梨澤孝司 徳重賢 8月30日
45 朝霧の中の剣士 米村正二 うえだひでひと 岡辰也 渡辺佳人 9月6日
46 あばよ、こもも (池田洋子)
畑野森生
竹田欣弘 鹿野良行 9月13日
47 大決闘湖底の砦 (地岡公俊)
小川孝治
小泉昇 杦浦正一郎 9月20日
48 旅の終わり旅の始まり 芝田浩樹 小松こずえ 徳重賢 9月27日

放送局[編集]

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 備考
関東広域圏 テレビ朝日 2008年10月12日 - 2009年9月27日 日曜 6:30 - 7:00 テレビ朝日系列 制作局
秋田県 秋田朝日放送 2008年10月25日 - 12月27日
2008年12月28日
2009年1月10日 - 3月28日
2009年4月5日 - 7月26日
土曜 7:00 - 7:30
日曜 6:30 - 7:00
土曜 7:00 - 7:30
日曜 6:30 - 7:00
日本全域 BS朝日 2008年11月21日 - 2009年10月30日 金曜 17:00 - 17:30 BS放送 アニメストリート
テレ朝チャンネル 2008年12月3日 - 2009年11月18日 水曜 18:00 - 18:30 CS放送 リピート放送あり
福岡県 九州朝日放送 2009年3月29日 - 2010年3月14日 日曜 6:30 - 7:00 テレビ朝日系列
近畿広域圏 朝日放送 2009年4月12日 日曜 6:00 - 6:30 第1話のみ放送
長崎県 長崎文化放送 2009年4月12日 - 10月4日 日曜 6:30 - 7:00 第25話で打ち切り
山口県 山口朝日放送 2009年4月29日
2011年3月26日 - 4月9日
水曜 10:45 - 11:15
土曜 6:00 - 6:30
北海道 テレビ北海道 2010年10月2日 - 2011年3月26日
2011年4月5日 - 9月13日
土曜 6:00 - 6:30
火曜 7:30 - 8:00
テレビ東京系列 2011年3月12日は
前日発生した東日本大震災に伴う
報道特別番組のため休止。
愛媛県 愛媛朝日テレビ 2011年5月28日 - 2012年8月18日 土曜 6:30 - 7:00 テレビ朝日系列

映像ソフト化[編集]

本編のDVDは2009年2月21日から2010年1月21日にかけて発売。全12巻で、第1巻は2話、第10巻・第12巻は5話、他の各巻は4話収録。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 第49回 (12年度) 飯野 和好 「ねぎぼうずのあさたろう その1」”. 小学館児童出版文化賞. 日本児童教育振興財団. 2015年11月14日閲覧。
  2. ^ 第13回 2009年 アニメーション部門 審査委員会推薦作品”. 文化庁メディア芸術祭 歴代受賞作品. 文化庁. 2015年11月14日閲覧。

外部リンク[編集]

テレビ朝日 日曜朝6:30枠(2008年10月 - 2009年9月)
前番組 番組名 次番組
ねぎぼうずのあさたろう
※ここまでアニメ枠
仮面ライダーディケイド
(再放送)
※ここからは特撮ドラマ枠
BS朝日 アニメストリート金曜枠(2008年11月 - 2009年10月)
はたらキッズ マイハム組
ねぎぼうずのあさたろう
SLAM DUNK(再放送)